日本史年表へ戻る
将軍徳川家茂の上洛に際し、尊攘派浪士の清河八郎(出羽庄内藩領清川村の豪農出身)は幕府を唆し「浪士組」を創らせた。恩赦を餌に前科者まで掻き集めたため実態は愚連隊であり、江戸小石川伝通院を出発した234人は大半が浮浪者然で蓑ゴザの乞食姿もあり、紋付羽織姿は芹沢鴨一党のみで、講武所仕官に挫折した近藤勇は破れかぶれで「試衛館」の門人を率い加盟したのだという。清河八郎は浪士組を「勤皇兵」として朝廷に献じたのち江戸の尊攘運動に投入する腹だったが、佐幕家の芹沢鴨ら水戸派と近藤勇・土方歳三ら試衛館派は猛反対、京都に留まって「壬生浪士組」を称し豪商から強奪した金で自活生活に入った。一方、清河八郎の先導で江戸へ戻った浪士組は、幕府直轄の「新徴組」に改組され江戸市中取締の庄内藩へ預けられた。長州藩の奇兵隊と同じく庶民徴募の義勇兵は画期的であったが、清河八郎の策謀は完全に裏目に出て京都と江戸に強力な佐幕派浪士集団が発足、尊攘派にも見放された清河は麻布一ノ橋で幕府刺客の佐々木只三郎らに斬殺された。八月十八日の政変が起ると、京都守護職松平容保の会津藩に雇われた壬生浪士組は仙洞御所前・御所南門の警備で武威を示し、「新撰組」の隊名を授かり会津藩から報奨金と月俸制を獲得、芹沢鴨と近藤勇の両局長は大御番頭取の格式で月俸50両・副長の土方歳三は40両・沖田総司ら副長助勤が30両・平隊士が10両であった。当時、会津藩は京都守護職の重負担に喘ぎ国元では反対派の勢いが強く、高録なうえ死傷時保障も要する正規藩士の動員は避けたい状況にあって、戦意旺盛で使捨て可能・違法捜査も厭わない武装傭兵集団の存在は渡りに船であった。だが、幕臣部隊の「見廻組」と違い元来愚連隊で独立志向の強い新撰組は統制に馴染まず、手柄を求めて過激化し池田屋事件などで尊攘派志士と京都市民に恨まれ、長州藩から目の敵にされた松平容保は恭順も赦されず会津藩は武力討伐の対象とされた。