日本史年表へ戻る
島津久光の文久の改革で幕政を握った徳川慶喜・松平春嶽が朝廷警護部隊の京都駐留を主張、幕府は土佐藩主に御親兵提供の言質を与えていたため拒否できなかった。京都守護職には「京都守護」の彦根藩が就くのが常道であったが、安政の大獄を行った井伊家の就任はさすがに憚られた。京都守護職は小浜藩ら数万石クラスの大名が就く京都所司代の上に立つため譜代の大大名が求められたが、白羽の矢が立ったのが彦根藩30万石に匹敵する会津藩28万石の松平容保であった。明らかな貧乏くじであり、国家老の西郷頼母らは必死に松平容保を制止したが、「藩祖である保科正之公は将軍家への忠誠を失えば我が子孫にあらずと遺訓されていたはず」という春嶽の言葉に窮した容保は結局引受けるはめとなった。