日本史年表へ戻る
薩摩藩・長州藩・土佐藩が参集した京都は尊攘派志士のルツボとなり「天誅」と称して開国主義者や公武合体派を殺傷する事件が頻発、なかでも薩摩藩の田中新兵衛と中村半次郎・熊本藩の河上彦斎・土佐藩の岡田以蔵の四人は「人斬り」と呼ばれ恐怖の対象となった。岡田以蔵と田中新兵衛は武市半平太の影響下にあり(岡田は子分で田中は義兄弟)、武市は「攘夷の元締め」「暗殺問屋」と恐れられ暗殺を依頼する公家もあったという。田中新兵衛は長州系公卿の姉小路公知の暗殺嫌疑を掛けられ割腹自殺(朔平門外の変)、中村半次郎(桐野利秋)は薩摩「私学校党」の主戦派で西郷隆盛と共に西南戦争で戦死、佐久間象山を斬殺した河上彦斎は明治政府に反抗し斬刑に処された。岡田以蔵は、高知城下の麻田直養の剣術道場で武市半平太と出会い武市道場へ移籍、足軽の出自を蔑まない武市の信奉者となり土佐勤皇党に加盟した。武市半平太は岡田以蔵の激しく敏捷な剣法を評価し、岡田は志士仲間に認められたい一心で田中新兵衛と競うように暗殺を繰返した。武市半平太が山内容堂に召還されると、袂を別ち京都に残った岡田以蔵は単なる狂犬となり、遊郭に入浸りで身を持崩し、坂本龍馬ら同志からも見放され(岡田は坂本の依頼で勝海舟の用心棒を務めた)、遂に盗賊に落ちぶれて強盗を犯し幕吏に逮捕された。土佐藩へ送還された岡田以蔵は、志士時代に追い求めた「武士の誇り」の欠片もなく、拷問に怯えて武市半平太と土佐勤皇党の所業を洗いざらい自白したのち「無宿人以蔵」として斬首された。