日本史年表へ戻る
薩摩藩主島津忠義・久光の一行が東海道を京都へと帰る途中に、生麦村付近で行列を遮ったイギリス人を殺傷した事件。事後処理を巡って外交問題に発展し翌年の薩英戦争へと繋がる。