日本史年表へ戻る
航海遠略策を朝廷に建白した翌月、長井雅楽と連携して公武合体運動を推進していた安藤信正が坂下門外の変の責任をとって老中を退いた。安藤失脚で幕閣の後ろ盾を失った長州藩は木戸孝允・久坂玄瑞ら尊攘派の運動により公武周旋路線を放棄し長井は切腹処分、朝廷もまた薩摩藩島津久光の公武周旋案に乗り換えた。