日本史年表へ戻る
薩長の動きに追いつこうと焦る武市半平太は、藩主山内豊範の参勤交代出立に際し遂に挙藩勤皇を阻む吉田東洋の暗殺を決断した。武市は、那須信吾・大石団蔵・安岡嘉助の3人を刺客に定めて隙を探らせ、重臣の山内民部に暗殺計画を告げて挙行後の対処を依頼、東洋が藩主に『日本外史』の講義をした帰路を襲うことに決し那須らを差し向けた。暗殺現場は凄惨であった。真暗な闇夜で、東洋が城を退出したのは10時過ぎ、供をしていた甥の後藤象二郎と別れた後、帯屋町の自宅付近で那須が後ろから切りつけた。吉田は持っていた傘を投げつけ「不届き者!」と連呼しながら猛然と反撃したが、安岡の背後からの一刀が致命傷となり「無念!」と一声あげて斃れた。那須らは吉田の首級を河野万寿弥ら同志に渡し、脱走して周防三田尻に向かった。吉田の首級は高知西部の雁切河原の高札場に斬姦状をつけて晒された。犯行後、新おこぜ組(後藤象二郎・板垣退助など)ら東洋派と土佐勤皇党は一触即発の事態となったが、吉田の専断を憎む山内民部ら重臣の多くが武市を支持し東洋派を一掃、武市が白札郷士小頭の卑職ながら土佐藩政を掌握することとなった。吉田家は家名取潰しとなり、暗殺事件は不問にふされた。