日本史年表へ戻る
天狗党の水戸浪士が江戸城桜田門外で老中安藤信正を襲撃、現代人の感覚では被害者だが武士の流儀で安藤は失脚した。安藤信正が目玉政策として後援した長州藩士長井雅楽の「航海遠略策」は勅許寸前まで漕ぎ着けながら挫折し、長州藩では久坂玄瑞・木戸孝允・高杉晋作・周布政之助らが「破約攘夷」へ転換し長井を切腹へ追込んだ。長州藩をはじめ諸国の尊攘派は活気付いたが、安藤襲撃犯を出した水戸藩では藤田東湖の急死後に迷走を続けた徳川斉昭が没し佐幕派の諸生党が尊攘派を粛清、水戸天狗党の乱を経て諸生党が藩政を牛耳ったまま幕末を迎えた。