日本史年表へ戻る
太田氏は、扇谷上杉家の家宰(筆頭重臣)を世襲した家柄で、道灌の父太田資清は文武両道の智将で「東国無双の案者(知恵者)」と称された。資清の嫡子太田道灌は、父の盟友で山内上杉家家宰の長尾景仲の娘を妻に迎え、両上杉家連携のかすがいとなった。弟の太田資忠は道灌を支えて奮戦したが、長尾景春の乱で戦死した。道灌の嫡子太田資康は、元服と同時に都鄙合体で和睦した足利成氏へ人質に出され、父が主君扇谷上杉定正に謀殺され長享の乱が起ると山内上杉顕定に身を転じた。父仇の定正が死去すると扇谷家に帰参し江戸城に戻ったが、舅の三浦義同が北条早雲に攻められると援軍に馳せ参じ、相模三浦で戦死したとも、権勢を妬む主君扇谷上杉朝良に暗殺されたとも伝わる。資康の後嗣太田資高は、扇谷上杉家を見限り、後北条氏2代目氏綱に従い娘を妻に迎えた。太田道灌の子孫は幾流にも分れ後北条氏・里見氏・佐竹氏に属したが、養子資家の子孫が武蔵岩槻城主となり太田資正などが出て最も栄えた。後北条氏滅亡後、徳川家康の家臣となった太田重正とその後嗣で譜代大名に列した資宗は、道灌・資康・資高の嫡流を称したが疑問視する向きが強い。