日本史年表へ戻る
江戸で薩長の志士と交流し長州藩尊攘派を率いる久坂玄瑞に感化された武市半平太は、土佐藩も薩長に負けず挙藩体制で尊攘運動に乗出すべく門人らを糾合して「土佐勤皇党」を結党した。武市半平太が首領、坂本龍馬が副首領格で、大石弥太郎・間崎哲馬・平井収二郎・中岡慎太郎・吉村寅太郎・那須信吾・田中光顕・土方久元・岡田以蔵らが名を連ね最終的に192人が加盟したが、上士は2人だけで他は郷士以下の身分だった。土佐勤皇党の絶対的領袖である武市半平太は、志士の間で久坂玄瑞を最も尊敬し、遅れて中央政局に出た土佐藩は長州藩の「破約攘夷」「草莽崛起」運動に追随し京都に「天誅」旋風を巻起すなど最も過激に活動した。久坂が武市へ宛てた手紙には(坂本龍馬が両雄の連絡役を務めた)、吉田松陰から受継いだ「草莽崛起論」が明記されている・・・「諸侯たのむに足らず、公卿もたのむに足らず、草莽の志士を糾合して義挙のほかに道はないと、私共話し合っています。失礼ながら貴藩も幣藩も滅亡しようと、大義が生かされれば苦しからず、両藩生きながらえても、大義が貫かれなくては無意味だと、友人たち話しています。」。武市半平太と久坂玄瑞の運動は、江戸幕府への勅使派遣で最高潮を迎えたが、八月十八日政変で一夜にして瓦解、自藩に退いた両名は失地回復かなわず共に非業の死を遂げた。