日本史年表へ戻る
大老井伊直弼は水戸藩に戊午の密勅の返納を強要、水戸天狗党は猛反対したが、藩主徳川慶篤は父の徳川斉昭の承認を得て従った。が、このとき幕閣が水戸藩の改易に言及したため天狗党は激昂し大老井伊直弼の暗殺を決意(徳川斉昭が直接指示を下し愛蔵の象嵌細工の鉄砲を授け、この鉄砲が致命弾を放ったともいわれる)、関鉄之助が指揮する水戸脱藩浪士に薩摩藩の有村雄助・次左衛門兄弟が加わり江戸城桜田門外で登城前の大老井伊直弼を斬殺した(桜田門外の変)。この一挙により幕府は融和路線に転じ全国の尊攘派志士は一層発奮、薩長など雄藩の中央政局復帰への道も開かれた。しかし襲撃犯を出した水戸藩では佐幕派の諸生党が力を得て尊攘派の天狗党が退潮するという皮肉な結果となった。