日本史年表へ戻る
吉田松陰は公武合体論者であったが、大老井伊直弼の暴政のなか次第に幕府不要論へ傾き、井伊を支える老中間部詮勝及び水野忠央の襲撃を画策、再び野山獄へ投獄されたが獄中で先鋭化し討幕挙兵を公言するに至った。吉田松蔭は、俗論党が根強い長州藩の因循に失望し、諸国有志が脱藩上洛し天皇を担いで天下を動かすべしとする「草莽崛起論」を唱え、動きの遅い周布正之助や長井雅楽など正義派の同志まで弾劾した。過激化する吉田松陰を松下村塾生も持余し半ば狂人視するようになり、江戸に居た高杉晋作・久坂玄瑞は血判状を送って師を諌めたが松陰は逆ギレ、安政の大獄で逮捕された梅田雲浜の脱獄救出を赤根武人に命じ、参勤交代で江戸へ向かう長州藩主毛利敬親を京都で強引に担出し討幕の兵を起すべく画策した。吉田松陰は先発上京する連絡員を募ったが応じる者は無く、無理やり承諾させた入江九一・野村和作兄弟はノイローゼとなったが前原一誠らが苦肉の策で藩庁へ通報し出発直前に逮捕され事無きを得た。そうしたなか吉田松陰は江戸へ召喚され評定所の尋問を受けた。安政の大獄の核心は一橋派による戊午の密勅事件と条約勅許妨害であり、吉田松陰は不関与で嫌疑の梅田雲浜との通謀も無実であったが、国士を自認する松陰はペリー来航以来の幕府政治を滔々と論難し勢い余って間部要撃計画まで自白、驚いた幕府は松陰を伝馬獄へ移し小塚原刑場で斬首に処した。処刑前は眼光炯々幽鬼の相貌であったが、江戸送りの段階では「死生一如」の境地に達し見送りに来た門弟達を優しく迎えて遺志を託し、司獄の福川犀之助の計いで帰宅を許され家族と今生の別れをした。伝馬獄の吉田松陰は、高杉晋作へ「死んで不朽の名を残す見込みがあるなら、いつ死んでも構わない。生きて大業をなす見込みがあるならば、あくまで生きるべきである。」と言葉を贈り、『留魂録』を著述して「身はたとい武蔵の野辺に朽ちぬともとどめおかまし大和魂」の辞世を遺した。処刑の二日後、江戸に居た木戸孝允・伊藤博文らが遺骸をもらい受けて小塚原に仮葬し目印に巨石を設置、その4年後に高杉晋作らが世田谷若林に改葬し松蔭神社を建てた。