日本史年表へ戻る
伊達政宗は、会津蘆名氏を滅ぼして南奥羽150万石を領し佐竹義重・上杉景勝を脅かした「独眼流」、豊臣秀吉・徳川家康の隙を窺い減封されるも外交と演出で仙台藩62万石・伊予宇和島藩10万石を保ち野望を秘めて慶長遣欧使節を派した天下御免の横着者である。出羽米沢城に拠り南奥羽11郡余に君臨した奥州探題伊達輝宗の嫡子で、疱瘡で右目を失い生母義姫に嫌われたが1584年18歳で家督を承継、翌年叛臣大内定綱を匿い輝宗を拉致した畠山義継を父諸共に銃殺し、佐竹義重率いる南奥羽連合軍の来援をかわして二本松城を奪取した(人取橋の戦い)。会津黒川城主蘆名亀王丸が夭逝すると弟政道の入嗣を企てるが佐竹義重に敗北(次男佐竹義広が蘆名氏を相続)、1588年大崎氏の内紛に軍事介入するも最上義光に敗れ(大崎合戦)佐竹・蘆名・相馬に攻め込まれたが伊達成実・片倉景綱の堅守と大内定綱の寝返りで撃退に成功(郡山合戦)、翌年蘆名義広を滅ぼして黒川城に入り佐竹方諸豪を掃討して会津四郡・仙道七郡を平定し北の大崎・葛西氏も掌握した(摺上原の戦い)。伊達政宗は、父祖譲りの外交術で豊臣秀吉・前田利家・浅野長政・徳川家康らに取入りつつ、惣無事令を無視して近隣諸豪を倒し北条氏政と同盟して佐竹挟撃を狙ったが、小田原落城を目前に秀吉に投降を決意、盛毒嫌疑で義姫(最上義光の妹)を放逐し弟政道を暗殺して禍根を断ち主戦派の伊達成美に留守を託して小田原へ参陣、禿髪に白麻の陣羽織の異装で秀吉を和らげ家康・利家らの取成しで助命されるも本領の出羽米沢城72万石に戻された。会津若松城に入封した蒲生氏郷を追出すべく葛西大崎一揆を扇動するが金箔の磔柱の演出で助命され岩出山城58万石へ減転封、関白秀次への接近が裏目に出て隠居・伊予転封を命じられるも家康に救われ、秀吉が没すると家康の六男忠輝に娘を縁付け、関ヶ原の戦いに乗じて上杉景勝を攻めるも家康の叱責で渋々矛を収め仙台藩62万石が確定した。家康・秀忠・家光への忠勤に励みながら慶長遣欧使節を派して幕府転覆を窺い、大坂陣では味方討ちを疑われながら庶長子伊達秀宗の伊予宇和島藩10万石の立藩を認められ和霊騒動を凌いで領土を保った。