日本史年表へ戻る
ジャニー喜多川(喜多川擴)はLA育ちの日本人(父は高野山米国別院の職業僧)、第二次大戦中は日系移民の強制収容を逃れ和歌山に移住したが、戦後姉の喜多川泰子(メリー喜多川)とLAに戻り高校・大学に就学した。LA公演で美空ひばりの知遇を得たジャニー喜多川は芸能界を志し、1952年米軍の諜報員に選ばれ上智大学生の身分で日本帰国、米軍官舎ワシントンハイツで優雅に暮らしつつバンドを組み芸能活動を始めた。ジャニー喜多川は近所の少年を集め草野球チームを作ったが、映画『ウエスト・サイド物語』に少年愛を刺激され1962年「青井輝彦」ら4人を選んで「ジャニーズ」を結成し「ジャニーズ事務所」を開業した。「ジャニーズ」「フォーリーブス」「郷ひろみ」は電撃解散・移籍で失ったが、ジャニー喜多川は「敬語禁止」「YOU~しちゃいなよ」の軽いノリで美少年を育み続け、1979年『3年B組金八先生』でデビューした「田原俊彦」「近藤真彦」が大ブレイク、「シブがき隊」「少年隊」「男闘呼組」と続き「アイドル全盛期」の立役者となった。1987年の「光GENJI」ブームを最期に「アイドル氷河期」が到来しジャニー喜多川は試練の時を迎えたが、1991年デビューの「SMAP」がバラエティ路線で国民的アイドルへ躍進、「V6」「TOKIO」「嵐」「KinKi Kids」「KAT-TUN」と続き、メディアミックスを駆使し似たようなスターを間断なく輩出するジャニーズ事務所は吉本興業と並ぶテレビ業界の覇者となった。一方、元ホモ愛人らが相次いでジャニー喜多川の暴露本を刊行、枕営業は芸能界の常識だが同性愛ゆえに耳目を集め、ジャニーズ事務所は文芸春秋社を名誉毀損で訴えたが2004年最高裁はホモ行為強要の事実を認め訴えを棄却した。しかしジャニー喜多川の「アイドル帝国」はマスコミに叩かれず、「コンサートのプロデュース数」「ナンバーワン・シングルのプロデュース数」「チャート1位アーティスト輩出数」でギネス記録を獲得している。ジャニー喜多川は80歳を過ぎメリー喜多川は娘の藤島ジュリー景子への世襲を公言、2016年飯島三智が謀反しSMAP脱退騒動を起したが忽ち鎮圧された。