日本史年表へ戻る
王貞治は東京本所のラーメン屋の生れで中華民国籍である。慶大野球部の兄に憧れ野球を始めた王貞治は荒川博に見出され早稲田実業高校へ進学、1年夏から4度の甲子園出場を果し2年春には3試合連続完封の活躍で優勝投手に輝いた。1959年スカウト垂涎の王貞治は破格の契約金と背番号1の鳴物入りで巨人に入団、開幕戦から野手でスタメン出場し「天覧試合」で長嶋茂雄とのアベック本塁打1号を記録したが成績は伸び悩んだ。1962年プロ4年目に臨んだ王貞治は荒川博打撃コーチとの猛特訓で「一本足打法」を会得し、いきなり本塁打王と打点王の二冠達成、以後引退まで19年連続で30本塁打以上を打ち続けた。王貞治は「酒・タバコ・女全部やめて」野球に打込み「天井から吊り下げた糸の先に付けた紙を、日本刀で切る」練習法は同僚を威圧、ライバルの野村克也も「王の素振りに比べれば私のそれなんて、遊びみたいなものだった」と驚嘆した。川上哲治のMLB流野球と練習熱心な「ON砲」に感化された巨人は常勝軍団となり1965年から9年連続日本一を達成(V9)、プロ野球人気を確立し「球界の盟主」に君臨した。1974年巨人はセリーグ10連覇を逃し長嶋茂雄は現役を退いたが、王貞治の打棒は衰えず1980年40歳まで現役を続け本塁打王15回(868本)・打点王13回(2170打点)・三冠王2回・シーズンMVP9回という超絶記録を打立てた。ハンク・アーロンのMLB本塁打記録756本を破った王貞治は日本プロ野球で初めて本場米国に認められ、「世界の王」は国民栄誉賞第1号に輝いた。現役引退後も王貞治は巨人に留まり助監督3年を経て監督を5年務めたが成績振るわず1988年電撃解任、長い浪人を経て1994年福岡ダイエーホークスの監督に招聘された。「人格者」の王貞治は粘り強く弱小ホークスを育成し1999年初の日本一達成、翌年の日本シリーズで長嶋巨人との「ON対決」を実現し、2006年WBC日本代表の初代監督を引受け世界一に輝いた。2005年ホークスはソフトバンク傘下へ移り大型補強で強豪チームへ変貌、2008年68歳の王貞治は監督を秋山幸二に譲り球団会長に就任した。