日本史年表へ戻る
電気技師を父にもつ井深大は、早稲田大学理工学部在学中に「走るネオン」の特許を取り「学生発明家」と持て囃されパリ万博で金賞を獲得した。東芝に落ちた井深大はベンチャー企業へ進み1940年日本光音工業の出資で「日本測定器」を設立し常務就任、軍需で業績を伸ばしつつ戦時科学技術研究会委員に任じられ祖国の勝利を願い兵器開発に邁進した。しかし敗戦で軍需工場の日本測定器は閉鎖され、井深大は疎開先の長野から同志7人と帰京し1946年「東京通信工業」を設立、海軍技術将校の盛田昭夫も合流した。当初は社員20余名がラジオ修理で糊口を凌いだが、井深大が名誉社長に迎えた岳父(元文相)前田多門の後援で石坂泰三・石橋湛山ら大物の出資を得るなど恵まれた船出であった。井深大は「真面目ナル技術者ノ技能ヲ、最高度ニ発揮セシムベキ自由闊達ニシテ愉快ナル理想工場ノ建設」を掲げ「人がやらないことをやる。優れた製品を作る。それについては妥協しない」と宣言し果敢に新分野に挑戦、「東芝のモルモット」と揶揄されつつ、国産初のテープレコーダーを経て1955年国産初のトランジスタラジオを発売すると低価格を武器に世界市場を席巻、株式公開を果し社名を商標「SONY」へ統一した。井深大とソニーは挑戦を続け、世界初のトランジスタテレビ、家庭用ビデオ・テープレコーダー、「トリニトロン」方式のカラーテレビなど技術優位を世界に示し、超能力研究や超幼児教育にまで手を拡げた。また盛田昭夫の経営手腕も冴え、ADR発行・NYSE上場など国際金融の分野でもソニーは先駆者であった。1971年井深大は盛田昭夫に社長を譲ったが、存命中ソニーは創業理念を失わなかった。「ビデオ戦争」でソニーのベータ方式は松下電器産業のVHS方式に敗れたが、1979年発売の「ウォークマン」が革命的大ヒット、米CBSレコードやコロンビア映画の買収で日本叩きの矢面に立つも「PlayStation」など新機軸で地位を保った。1997年井深大は89歳で永眠、多磨霊園の墓碑には「自由闊達 井深大」と刻字された。2年後に盛田昭夫も他界し、出井伸之社長は日本潰しの波に呑まれソニーは独自性と競争力を喪失した。