日本史年表へ戻る
湯川秀樹は敗戦国日本に勇気を与えた初のノーベル賞受賞者、先に受賞したインドのラマンはアーリア人種であり非白人初の受賞といえる(文学賞は除く)。湯川秀樹は父と兄弟4人が京大・東大教授という学術一家の出身、父の蔵書から物理学に嵌り「物質はどこまで小さいか」答えを求め高校生にしてドイツ人著『量子論』などを読み耽った。面倒なことは「言わん」で片付ける無口な湯川秀樹は父に劣等視されたが、京都一中・三高・京大理学部物理学科と順調に進学した。湯川秀樹は玉城嘉十郎教授の研究室へ進んだが欧米との差に焦るばかりで芽が出ず、八木秀次教授に拾われ阪大講師の職を得たが三高・京大の同期で活躍著しい朝永振一郎(1965年ノーベル賞受賞)と比較・叱責された。しかし湯川秀樹の「天才の時間」も一見無聊な不遇期に訪れた。プランクが創始した量子力学は、1920年代ハイゼンベルクやシュレーディンガーの業績で躍進し、アインシュタインの相対性理論と並ぶ現代物理学の基礎理論へ発展しつつあった。湯川秀樹は、原子核内部で電気的に纏まれないはずの陽子と中性子を結ぶ「強い力」の「中間子」の存在を予測し1934年日本数学物理学会で仮説発表、翌年論文『素粒子の相互作用について』で未観測素粒子を理論的に予言した。28歳の湯川秀樹の大胆学説に日本学界の反応は鈍かったが、英訳論文が欧米で脚光を浴び1937年ソルベー会議参加の栄誉に浴しアインシュタインやオッペンハイマーと交流した。世界に認められた湯川秀樹は京大・東大で教授を務め、1947年パウエルらの「π中間子」発見で湯川理論が証明されコロンビア大学教授に栄進、1949年ノーベル物理学賞を受賞した。1953年湯川秀樹は帰国し京大基礎物理学研究所の初代所長に就任、「因果律の破れ」くらいしか業績は無かったが、日本物理学会会長として後進の指導に努め、1970年京大退官後も名誉教授に留まり1981年74歳で永眠した。帰国後の湯川秀樹はアインシュタインの反核運動に傾注し日本学界を指導、原子力委員会の委員に就いたが「俗物」正力松太郎委員長に抗議の辞表を叩き付け学者の矜持を示している。