日本史年表へ戻る
アメリカの優秀な諜報機関は開戦後間もなく日本の外交暗号解読に成功し、ミッドウェー海戦後には海軍最高の暗号も筒抜けとなった。連合艦隊司令長官の山本五十六は、無傷のラバウル基地を視察機で発ちブイン飛行場へ向かったが、暗号を解読した米軍戦闘機にブーゲンビル上空で狙い撃ちされ墜落死した。山本五十六元帥は異例の国葬で送られ、盟友の米内光政が葬儀委員長を務めた。