日本史年表へ戻る
ソ連人リヒャルト・ゾルゲらの日本でのスパイ活動が発覚(ゾルゲ事件)、首謀者のゾルゲと尾崎秀美は死刑、他にソ連人・日本人17人が有罪判決を受けた。尾崎秀美は朝日新聞記者から近衛文麿首相の取巻きに連なり(おそらくソ連のために)日中戦争を推進した。西園寺公望の嫡孫(養嗣子の西園寺八郎の長男)西園寺公一が国家機密漏洩罪で懲役1年6ヶ月(執行猶予2年)の判決を受け廃嫡されている。