日本史年表へ戻る
近衛文麿首相が使命とする国家総動員の新体制運動を推進するため、大政翼賛会が結成された。政友会や民政党などすべての政党は解散して大政翼賛会に吸収され、正に挙国一致の政治体制が完成した。近衛の思惑はさておき、大政翼賛会はすぐに軍部と内務省の支配下に置かれ、戦争協力の御用機関と化した。