日本史年表へ戻る
日中戦争勃発以降、軍需生産が最優先とされたた民需の生活物資が不足、遂に配給制が導入され自由に物を買えない次代が到来した。国家総動員法に基づき平沼騏一郎政府が1940年に砂糖とマッチの配給制を開始、1941年には米穀・清酒・木炭、1942年までにほぼ全ての生活物資が配給制となった。1944年に入って戦局が悪化すると生活物資不足と食糧難が一層深刻化し庶民は非正規に流通する闇物資を求めるよりほかに手がなくなった。闇物資の価格は高騰し、米価は大戦末期の1年間で10倍以上に跳ね上がった。