6 toshimichi

おおくぼ としみち

大久保 利通

1830年~1878年

130

島津久光を篭絡して薩摩藩を動かし岩倉具視と結んで明治維新を達成、盟友の西郷隆盛も切捨てる非情さで内治優先・殖産興業・富国強兵の路線を敷き近代国家の礎を築いた日本史上最高の政治家

詳細ページ

Episode

大久保利通は、大蔵省と工部省から殖産興業部門を分離し、司法省から警保寮(警察)も巻き取って、絶大な権限を有する内務省を設置、自ら初代内務卿となり辣腕を振るった。西郷隆盛ら征韓派が一掃され木戸孝允も病気で働けない状況のなか大久保は独裁体制を確立、参議の伊藤博文と大隈重信が側近として大久保を支えた。大久保政府の主眼は内地優先論に基づく殖産興業にあり、鉄道網の整備を進め、官営模範工場や農事試験場を設立して軽工業や農業の近代化を推進した。また岩崎弥太郎の三菱を手厚く保護し、国内海運業の育成と外国勢力の排除に努めた。外交面では、征韓論を抑えたものの、薩摩藩の不平士族のガス抜きのため台湾出兵を断行し、大久保自ら清国に乗込んで有利な講和条約をまとめた。征韓論争に敗れ帰郷した要人を核に各地で不平士族が蜂起し佐賀の乱・神風連の乱・秋月の乱・萩の乱に続き日本史上最悪の内戦となった西南戦争が勃発したが、大久保は怯まず断固たる姿勢で対応し新造の鎮台兵を動員して速やかに各個鎮圧し国内の治安を回復した。大久保利通は最も現実的な政治家だが、明確な長期ビジョンと意志を持っていた。大久保は「ようやく戦乱も収まって平和になった。よって維新の精神を貫徹することにするが、それには30年の時期が要る。明治元年から10年までの第一期は戦乱が多く創業の時期であった。明治11年から20年までの第二期は内治を整え、民産を興す即ち建設の時期で、私はこの時まで内務の職に尽くしたい。明治21年から30年までの第三期は後進の賢者に譲り発展を待つ時期だ。」と語り、岩倉具視への手紙には「国家創業の折には、難事は常に起るものである。そこに自分ひとりでも国家を維持するほどの器がなければ、つらさや苦しみを耐え忍んで、志を成すことなど、できはしない。」と記した。福地源一郎は大久保に「北洋の氷塊」の渾名を奉り「政治家に必要な冷血があふれるほどあった人物」と評している。

大久保利通は謹厳実直な人柄で圧倒的な威厳があり、大久保が内務省に登庁し靴音が廊下に響くと職員たちは私語を慎み庁舎内は水を打ったように静まり返ったといい、西郷の徳望とは異質だが人斬り半次郎と恐れられた桐野利秋も大久保には適わなかった。 身長178cmほどと当時としては大柄で、畳を一枚引きはがし頭上で回す「畳回し」を酒席で披露したという。

明治政府の最高実力者となった大久保利通は、伊藤博文と大隈重信に目を掛け、没後は両者が政治的後継者となった。明治十四年政変に敗れ自由民権運動へ転じた大隈は単なるハッタリ屋であったが、伊藤は大久保の現実路線と実利主義をよく受継ぎ内治優先・協調外交を展開しつつ日清戦争勝利で日本を列強の一角へ押上げた。一方、大久保利通が最も嫌ったのは、意外にも井上馨・山縣有朋らの汚職を糾弾した江藤新平で、両者の不仲は有名だった。征韓論争で西郷隆盛に与し下野した江藤新平が佐賀の乱を起すと、大久保利通は自ら鎮台兵を率いて鎮圧し東京での裁判を望む江藤を容赦なく斬首に処したうえ、日記には江藤を罵倒する言葉を記した。合理主義の能吏という点で両人は同型だが、大久保利通は小才が利いて大局眼に欠ける江藤に近親憎悪的感情を抱いたのかも知れない。

鹿児島城下の加治屋町は、甲突川東畔1万坪ほどの地域に貧しい下級藩士の屋敷が80戸ほど並ぶ狭い街区だったが、「維新の三傑」西郷隆盛・大久保利通を筆頭に伊地知正治・吉井友実・有村俊斎・西郷従道・大山巌・東郷平八郎・篠原国幹・村田新八・黒木為禎・山本権兵衛など錚々たる面々を輩出した。彼ら加治屋町出身の薩摩藩士と吉田松陰・松下村塾門下の長州藩士という少人数の2グループが幕末維新を成遂げたのは奇跡的であった。西郷隆盛と三歳年下の大久保利通は、幼少から竹馬の友として育ち、父親の影響で自然に島津斉彬派に属し、長じると近所の仲間を集めて尊攘派グループ「精忠組」を結成、島津久光を担いで雄藩薩摩を動かし討幕の急先鋒長州藩と同盟して徳川幕府を倒した。

西郷隆盛・大久保利通・吉井友実・伊地知正治・有村俊斎・有馬新七・大山正円・樺山三円ら後に精忠組の中核となる面々は、少年時代に誓光寺(鹿児島市草牟田町)の住職である無参和尚に師事し共に和漢学と禅を学んだ。

少年期の西郷隆盛は父の吉兵衛が仕えた赤山靭負から特に目をかけられた。島津斉彬派の赤山が切腹に処された際、西郷は夜通し泣き明かし同じ境遇の大久保利通と深い盟約を結び斉彬への忠誠を固くしたという。

島津斉彬が急死し守旧派の島津斉興が実権を奪回すると西郷隆盛は失望し精忠組は雌伏を余儀なくされた。しかし大久保利通は諦めることなく次代を睨んで島津久光に接近した。大久保利通は久光に取入るため囲碁を学んだが、終生の趣味となり岩倉具視などとよく打っていたという。

急進派有馬新七の扇動により、精忠組の多くが突出脱藩して浪人運動に走ろうとした。水戸尊攘派が大老井伊直弼を暗殺したうえで横浜を焼払って攘夷を実行し、有馬ら薩摩勢は京都御所を守衛し、東西呼応して幕政改革を断行する計画であった。大久保利通は命がけで説得にあたり、藩主島津忠義に頼んで精忠組の「義挙」を慰撫する諭告書を出してもらい辛うじて暴走を食止めた。薩摩急進派は脱落したが水戸尊攘派は桜田門外の変で大老井伊直弼暗殺を挙行、江戸の薩摩藩邸に居た有村次左衛門らは井伊襲撃に加わった。

桜田門外の変を指揮した関鉄之助が鹿児島へ来訪すると、熱狂した有馬新七ら精忠組急進派は再び突出脱藩を主張したが、挙藩一致の必要性を確信する大久保利通が必死の説得により制止した。そのときの大久保の言葉:「おはん方がどうしても出て行くというなら、おいを斬って、おいが死骸を越えて行きなされ。おいの目の玉の黒か間は、おいはとめるぞ。今はもう浪人運動ではいかんのだ!」「おお、見殺しにする。男子がこうと志をきめたら、義理や友情などにかまってはおられん。関殿だけではなか。この後もいろいろな人が来るじゃろうが、みんな見殺しにする。その覚悟でなければ、大事をなすことは出来ん!」

有馬新七ら薩摩藩急進派が真木和泉らと謀り、関白九条尚忠及び京都所司代酒井忠義邸の襲撃を企てた。これを知った島津久光は大久保利通を派遣し鎮撫を試みたが失敗、彼らの同志である尊攘派藩士から武術に優れた大山綱良・奈良原繁らを遣わし藩邸に呼び戻して自ら説得しようとしたが、拒否したため斬合いとなった。有馬ら6名が死亡し負傷した2名は後日切腹に処された。寺田屋には他にも大山巌・西郷従道・篠原国幹ら多数の尊攘派志士がいたが、大山綱良らが刀を捨てて飛込み必死の説得を行ったため投降した。寺田屋騒動は同志相打つ悲劇であったが、島津久光は跳ね返り藩士を容赦無く粛清、攘夷の過激化を嫌う孝明天皇の心象をよくしたことが後の八月十八日政変の成功に寄与したとも考えられる。寺田屋騒動に関与した他藩士5人は朝命で薩摩藩へ預けられたが(浪士の真木和泉は京都で一時幽閉され長州藩へ転じる)、怒りの収まらない久光は鹿児島へ送る船上で寺田屋同志の薩摩藩士に5人を斬らせ死骸を海へ捨てさせた。

有馬新七は、島津久光・大久保利通の挙藩一致方針に逆らい続け平野国臣の扇動に乗って討幕運動を激発し寺田屋騒動で誅殺された薩摩藩急進派の首領である。年少の西郷隆盛・大久保利通と共に鹿児島城下の加治屋町で育った有馬新七は、共に尊攘派グループを結成し(精忠組へ発展)、「天性急烈で、暴悍で、長者の教えに従わず、しばしば叱られた」という少年期の性格そのままに過激志士へ成長、叔父の坂木六郎から神影流剣術を学び、江戸へ遊学して最も大義名分を重視し純粋激烈な学風を誇る崎門学(山崎闇斎派朱子学)の山口菅山に入門した。有馬新七は、島津斉彬の懐刀として活躍する西郷隆盛に従い公武合体運動に挺身したが、斉彬が急死し薩摩藩の率兵上洛計画は頓挫、京都に先乗りした西郷と有馬は失意のなか鹿児島へ帰還した。このとき有馬新七が詠んだ「朝廷べに死ぬべき命ながらへてかへる旅路のいきどほろしも」の歌は第二次大戦中に編纂された「愛国百人一首」に採られ有名になった。西郷が奄美大島へ隠れ島津久光の謀臣となった大久保利通が精忠組の首領格になると、年長で最古参の有馬新七は過激派を束ね反発、挙藩一致の公武合体運動など手緩いと断じ即刻上洛して尊攘運動に挺身すべしと主張し「突出脱藩」騒ぎを起した。大久保の命懸けの説得に屈した有馬新七は、精忠組の分派活動へ奔り、父の縁故を頼って近衛家へ仕官を求めたり長崎外国商館の焼打ちを企てたりしたが、いずれも失敗に終わった。そうしたなか平野国臣が『尊攘英断録』を薩摩藩に献じ武力討幕を提案、大久保利通は体よく追払ったが渡りに船の有馬新七らは大いに賛同し、上洛した平野が「島津久光の討幕挙兵近し!」と触回り尊攘派志士を狂奔させた。そして島津久光が率兵上洛、有馬新七と急進派薩摩藩士は真木和泉らと関白九条尚忠及び京都所司代酒井忠義邸の襲撃を企てたが、久光の鎮撫使と斬合いになり道島五郎兵衛と揉合った有馬は「おいごと刺せ、おいごと刺せ」と叫び道島共々橋口吉之丞に串刺しにされ絶命した。この後、島津久光は公武合体を実現するが挫折、西郷隆盛・大久保利通は討幕へ転じ薩摩藩は挙藩一致で王政復古を成遂げる。

平野国臣は、有職故実マニアから攘夷運動に入り前時代的な異装で奇人視された福岡浪士、『尊攘英断録』で堂々と討幕を主張し有馬新七や吉村寅太郎を扇動し「大和行幸」に加担するが生野の変に敗れ京都六角獄舎で惨殺された。福岡藩の足軽身分ながら尚古主義・有職故実に没頭し、婿入りした小金丸家を離縁して浪人となり、薩摩藩士北条右門との縁で西郷隆盛の公武合体運動に加わったが、島津斉彬の急死で薩摩藩の率兵上洛は頓挫し、鹿児島へ護送した月照は入水自殺し西郷は奄美大島で逼塞、平野国臣は福岡藩へ送還されたが幕府を恐れる黒田長溥は尊攘派を壊滅させた。捜査をかわし福岡を脱出した平野国臣は、逃避行のなか久留米の真木和泉に兄事して尊攘思想を深め(真木の娘お菊と恋愛)、潜伏地の肥後天草で『尊攘英断録』を執筆、討幕の計画と新政府の方針を構想し初めて文章にした快挙であった。平野国臣は、『尊攘英断録』を薩摩藩の島津久光・忠義父子へ建白すべく鹿児島へ潜行、挙藩一致・公武合体を堅持する大久保利通に門前払されたが、有馬新七ら精忠組急進派とは意気投合した。前向きに解釈した平野国臣は、島津久光の率兵上洛に先駆けて上京し「薩摩藩の国父久光が討幕の志を抱いて上洛する」と吹聴したため尊攘派志士は熱狂、有馬新七らは真木和泉に唆され関白九条尚忠及び京都所司代酒井忠義邸の襲撃を企てたが寺田屋騒動で上意討ちにされた。平野国臣は、島津久光の諫止に動いた黒田長溥を大坂で制止、寺田屋騒動は免れたが福岡へ連行され再び投獄された。が、長州・土佐藩の尊攘運動が隆盛になると福岡藩は慌てて平野国臣を赦免し京都へ派遣、平野は学習院出仕の官職を与えられ攘夷親征計画(大和行幸)に加担したが、先乗りした吉村寅太郎(平野の扇動で脱藩した土佐浪士)らは征伐され(大和天誅組の変)八月十八日政変で尊攘運動は瓦解、平野は河上弥市(高杉晋作の親友で奇兵隊2代総管)ら長州藩士と但馬生野で挙兵したが主将に担いだ沢宣嘉(七卿の一人)は軍資金を盗んで逃亡し反乱は忽ち鎮圧された。平野国臣は京都六角獄舎に投獄されたが、間もなく起った禁門の変の渦中に新撰組に惨殺された。

島津重豪は、娘の茂姫を将軍徳川家斉に入輿させたのをはじめ、子や孫を有力大名の養子や夫人に送込んだ。将軍家の正室は皇室・五摂家が慣例で大名家から迎えた前例は無かったが、重豪は金銀をばら撒いて慣例を破り、水戸藩に頼んで『大日本史』に島津氏の先祖は源頼朝の庶子と記載させ、鎌倉に立派な頼朝の墓を建てて箔付けした。重豪の縁戚外交・豪奢・「蘭癖」は藩財政の破綻を招いたが、幕末最有力の閨閥は曾孫の島津斉彬・久光が中央政局へ乗出す基盤ともなった。重豪は、嫡子の島津斉宣に薩摩藩主を継がせたが財政緊縮を図ったため隠居させ、斉宣嫡子の斉興を藩主に据え死ぬまで実権を保持した。斉興嫡子の斉彬の利発さに期待し手元に置いて可愛がったという。さて、調所広郷の藩政改革で藩財政は回復したが、藩主として散々苦労した島津斉興は極端な守旧派となり、重豪の薫陶で西洋好き・政治好きとなった嫡子の斉彬(生母は正室の弥姫)を嫌い庶子の久光(生母は側室お由羅の方)の擁立を画策、薩摩藩は真二つに割れ両派の抗争は長年に及んだ。斉興は、斉彬が40歳を過ぎても家督相続を拒み「お由羅騒動」で斉彬派を壊滅させたが(西郷隆盛・大久保利通の父親も斉彬派の末端に連なる)、中央進出を志す斉彬は、大叔父(重豪の実子)の福岡藩主黒田長溥を通じて老中阿部正弘を抱込み、沖縄密貿易を密告する苦肉の策で斉興を追詰め(調所広郷が引責自害)将軍徳川家慶の名で隠退に追込んだ。ようやく薩摩藩主に就いた島津斉彬は、富国強兵・殖産興業を掲げて集成館事業などの近代化政策に取組み、西郷隆盛を抜擢して雄藩連合・公武合体運動に乗出したが、大老井伊直弼を打倒すべく率兵上洛を号令した直後に突然死した(毒殺説あり)。嗣子無く没した斉彬の遺言により島津忠義(久光の長子)が薩摩藩主を継ぎ、斉興の死に伴い「国父」島津久光が実権を掌握、斉彬の遺志を継いで幕末政局に乗出した。明治維新後は忠義の島津宗家と久光の玉里島津家が侯爵に叙され、一族は閨閥を壮大に拡げつつ今日に至る。昭和天皇の香淳皇后は忠義の孫、現当主の島津修久は近衛文麿の外孫で細川護煕とは従兄弟である。

島津斉彬・久光は共に島津斉興の実子だが斉彬は嫡子で久光は庶子、斉彬を嫌う斉興は久光の擁立を画策したが藩主ながら身分制の壁に阻まれた。斉興正室の弥姫(周子)は鳥取藩主池田治道の娘、和漢の教養ある賢婦人で自らの手で斉彬を育てたといい、姉妹は佐賀藩主の鍋島斉直に入輿し直正を産んだ。従兄弟の島津斉彬と鍋島直正は幼少期から共に優秀で競争心があったかも知れず、斉彬が一橋派に与したのに対し直正は大老井伊直弼の親友だった。鍋島直正は、桜田門外事変後は中央政局に距離を置き西洋軍備の導入と藩士教育に注力、戊辰戦争の帰趨が決してから官軍に鞍替えしたがアームストロング砲など最新兵器の威力で肥前佐賀藩は薩長土肥の一角に滑り込んだ。さて島津斉彬は、徳川斉敦(将軍徳川家斉の実弟で一橋家当主)の娘英姫を正室に迎え、六男二女を生したが悉く夭逝し男系は断絶した。一方、島津久光を産んだお由羅の方は、江戸庶民の出自で(父親は船問屋・大工・八百屋など諸説あり)江戸薩摩藩邸へ奉公に上り、藩主斉興のお手が付いて老女島野の養女として側室に入った。江戸藩邸の正室弥姫に対し由羅は薩摩の「お国御前」とされ参勤交代の度に同行するほど寵愛された。由羅の囁き故かは不明だが、斉興は久光擁立を企て薩摩藩を二分する抗争が勃発、斉彬は後援者の主席老中阿部正弘と謀り琉球密貿易を事件化して実力者の調所広郷を自害させ、兵道家(山伏)による斉彬一家の呪詛調伏を弾劾したが反撃され壊滅(お由羅騒動)した。結局、阿部正弘の強権発動で斉興は隠居し斉彬が家督を奪ったが、呪詛の霊験か六男二女は悉く夭逝し斉彬も率兵上洛の直前に突然死、健在の斉興は久光長子の島津忠義を薩摩藩主に据え実権を奪回した。斉彬は琉球解放を危惧した斉興に毒殺された疑いが強く、そう信じた西郷隆盛は久光を毛嫌いし楯突いて遠島に処された。島津久光は、正室千百子との間に四男を生し、長子の忠義が島津宗家を継ぎ他の3人は各々島津分家を相続した。久光は維新の大功により分家を許され公爵玉里家を創設、側室の山崎武良子に産ませた島津忠済に相続させた。

膨大な借金で手の施しようがなくなった島津重豪は、臨時雇いの茶道方あがりの調所広郷を費用掛に登用し手腕を見定めて勝手方重役に抜擢し財政再建を厳命、調所は罵倒に耐えつつ商人を巡訪し浜村屋孫兵衛の支援を得て急場凌ぎの資金調達に成功、高名な済学者の佐藤信淵(元は出羽雄勝郡出身の医者)を招聘し荒療治の策を得た。調所広郷が窮余の一策として断行した250年賦・無利子償還は「薩摩藩の借金踏み倒し」と呼ばれ三都商人ら債権者の大反発を招いたが、一部の有力商人には密貿易品を扱わせるなど損失補填や便宜を図って取引関係を維持し米売買などの基幹業務を保全した。剛腕で債務整理を片付けると、調所広郷は重商主義改革を推進し藩の収入を大きく増やした。まず奄美大島・喜界島・徳之島の三島砂糖の惣買入制(専売制)を敷き、耕作から保管・運送・販売に至る経路を一元管理化して経費削減と増収を達成した。次に、島津重豪の小遣い稼ぎ(琉球支配委託料)を名目に琉球を通じた中国貿易の許可を獲得、認可上限の3万両を超えて取引を拡大し巨利を積んだが、後に超過部分が「密貿易」と断罪され調所の破滅を招いた。農政改革でも成果をあげたが、奄美群島の農民から砂糖を安く買い叩いたうえに重税を課し、薩摩藩内の領民にも苛斂誅求を行い村落ごと他藩領へ逃散する事件が頻発した。500万両の借金を踏倒したうえ準備金150万両を蓄えた調所広郷は筆頭家老へ上り詰め、斉興派と斉彬派の対立が起ると微妙な立場に立たされたが、島津重豪に似て蘭癖で政治好きの島津斉彬が藩主に就くと苦労が水泡に帰すと考え斉興に与した。親の斉興を弾劾できない島津斉彬は調所広郷を攻撃し老中阿部正弘と謀って琉球密貿易を密告するという苦肉の策を強行、江戸へ弁明に赴いた調所は斉興に罪が及ぶことを恐れ芝藩邸で服毒自殺した。図太い斉興は藩主に居座り、斉彬派は側室由羅による斉彬一家の呪詛調伏を弾劾したが、激怒した斉興は首謀者10名を切腹させ斉彬派を一掃した(お由羅騒動)。斉彬は孤立したが、老中阿部正弘と幕閣は強権発動で斉興を隠居させ斉彬を薩摩藩主に据えた。

島津斉彬は、曽祖父の島津重豪の薫陶で幼少から西洋文明に親しみ、西欧列強の帝国主義を知って日本の国難を憂い中央政界進出を志したが、重豪とは違い生活は質素であったという。好奇心旺盛で多趣味な島津斉彬は、蘭学のほかにも絵画・和歌・茶道・囲碁・将棋・釣り・朝顔栽培を嗜み、大柄の怪力で武芸もよくした。老中阿部正弘・将軍徳川家慶を動かし強硬手段で薩摩藩主に就いた島津斉彬は、隠居に追込んだ父の島津斉興に気を遣い閣僚をそのまま引継いだが、一方で西郷隆盛や大久保利通など有能な下級藩士を登用し育成した。勝海舟は斉彬の資質を高く評価し、薩摩藩が維新に多くの人材を出したのは斉彬の教化によるものだと語っている。島津斉彬は鹿児島市磯地区を中心にアジア初の近代的洋式工場群を建設した(集成館事業)。特に製鉄・造船・紡績に力を注ぎ、反射炉・溶鉱炉の建設に始まり、鉄砲・大砲に武器弾薬、洋式帆船に機械水雷の製造、ガス灯の実験など幅広い事業を展開した。鹿児島城下の民家全部の燈火をガス燈にする計画だったという。斉彬没後、財政問題などから集成館事業は一時縮小されたが、後に小松帯刀が再興に尽力した。薩摩藩は、薩英戦争の苦い経験から洋式技術導入の重要性を再認識し、集成館機械工場を再建、日本初の紡績工場である鹿児島紡績所を建造するなど日本の産業革命をリードした。

島津斉彬・松平春嶽・山内容堂・伊達宗城は幕末四賢候と称される。四賢候は公武合体による雄藩連合体制(譜代大名が牛耳ってきた幕府政治への参画)を目指し、将軍継嗣問題と絡めて一時政局をリードした。しかし、南紀派の井伊直弼が大老に就任して徳川家茂の将軍擁立を強行、徳川慶喜を推した四賢候ら一橋派は敗北し安政の大獄で弾圧された。四賢候の手足となって中央政局で活躍したのは謀臣の西郷隆盛(薩摩藩)・橋本左内(福井藩)・吉田東洋(土佐藩)・藤田東湖(水戸藩)らであった。松平春嶽は後年「世間では四賢侯などというが、本当の意味で賢侯だったのは島津斉彬公お一人であり、自分はもちろんのこと、水戸烈侯、山内容堂公、鍋島直正公なども到底及ばない」と語ったという。

島津久光は、質朴・剛健で保守的な性格であり、利発で学問好きだったが専ら国学と漢学を好み洋楽は嫌いだった。こうした性格が守旧派の父島津斉興に気に入られ、開明的な兄島津斉彬との後継争いを招く原因となった。斉彬が没したとき既に42歳と高齢だった島津久光は藩主に就かず、長子の島津忠義を斉彬に入嗣させ藩主とした。藩政を奪回した島津斉興は薩摩藩を保守佐幕路線へ急転回させ斉彬派を弾圧して西郷隆盛・月照の入水事件などを引起したが(久光のせいではない)、斉興の死により実権を握った「国父」の島津久光は兄斉彬の雄藩連合・公武合体運動を踏襲し中央政局へ踏出した。参勤交代・江戸住みの経験が無く中央政局に疎い島津久光の政治的手腕を疑う藩士が多く、西郷隆盛は「ジゴロ(田舎者)に斉彬公の真似は無理でごわす」と面罵したが、久光は敢然と反抗勢力を追払い大久保利通・小松帯刀を要路に就け率兵上洛を挙行した。京都から江戸へ乗込んだ久光は、クーデターで幕府政治改革を強行、一橋派の徳川慶喜と松平春嶽を幕閣の中枢に送込み、参預会議を発足させて見事に公武合体を果した(文久の改革)。

島津斉興が没し薩摩藩の実権を掌握した島津久光は上洛に反対する勢力を一掃し薩摩藩の人事を刷新、家老の喜入摂津・側役の小松帯刀・御小納戸役の中山尚之助が藩首脳に就き大久保利通が裏で糸を引く体制となった。精忠組からも多くが抜擢され、リーダーの大久保利通が御小納戸役(西郷不在)、有村俊斎と吉井友実が徒目付、有馬新七は造士館訓導に任命された。精忠組は中下級武士を中心に構成された尊攘派グループ。盟主は西郷隆盛と大久保利通、中核メンバーに有馬新七・有村俊斎・伊地知正治・岩下方平・海江田信義・吉井友実など。寺田屋騒動での同士討ちの悲劇を乗越え、最後まで久光政権を支えて討幕に導いた。

小松帯刀は、島津久光・門閥とのパイプ役として大久保利通・西郷隆盛を後援し幕末薩摩藩の挙藩体制を支えた名宰相である。薩摩喜入5500石の肝付家に生れ薩摩吉利2600石の小松氏に入嗣した貴公子であったが、偉ぶらない人柄で人望が篤く精忠組の活動に理解を示したことから大久保利通の推挙で島津久光政権の首脳となった。小松帯刀は、島津斉彬が遺した集成館事業を再興し薩摩藩の近代化を推進しつつ、保守佐幕へ傾きがちな門閥閣僚を抑え気分屋の久光を励まし討幕路線へ導いた。生来の虚弱体質で肺病持ちであったが、幼年から文武に打込み示現流剣術も修めている。イギリス外交官として多くの志士と交わったアーネスト・サトウは著書『一外交官の見た明治維新』の中で「小松は私の知っている日本人の中で一番魅力のある人物、家老の家柄だがそういう階級の人間に似合わず、政治的な才能があり態度がすぐれ、友情が厚くそんな点で人々に傑出していた。」と評している。愛妻家で新婦の千賀を連れて霧島の栄之尾温泉に滞在、日本初の新婚旅行ともいわれる。小松帯刀といえば坂本龍馬との情誼が有名だろう。神戸海軍操練所・海軍塾が幕命で閉鎖された際、親分の勝海舟は坂本龍馬以下30余名の塾生を小松帯刀に託し、小松は坂本らを大坂薩摩藩邸に引取り親密な間柄となった。公武合体を見限り討幕へ傾いた西郷隆盛・大久保利通は長州藩への接近を図り、幕府の圧力で輸入取引を塞がれた長州藩のために薩摩藩名義で武器や艦船を購入し提供したが、小松帯刀はダミーとして亀山社中を設立し洋式操船術を学んだ坂本らに貿易・輸送実務を任せ、薩長の仲介役となった坂本は薩長同盟に奔走した。寺田屋事件で重傷を負い薩摩藩に匿われた坂本龍馬は愛人の寺田屋お龍を伴い霧島山や温泉場を巡訪、「日本初の新婚旅行」といわれるが実は小松帯刀が先達である。生来病弱な小松帯刀は維新後間もなく病没したが、西郷隆盛・大久保利通の上司である小松が存命なら西南戦争の悲劇は避けられたかも知れない。

西郷隆盛は、薩摩藩を率いて討幕を成遂げた「維新の三傑」である。大久保利通ら地元の青年を集めて尊攘派グループ「精忠組」を結成し、下級藩士ながら薩摩藩主島津斉彬に抜擢され名代として将軍継嗣問題に奔走したが、斉彬が大老井伊直弼打倒の上洛軍を発動した直後に突然死し、絶望した西郷は勤皇僧月照を抱え錦江湾で入水自殺を図った。大久保が藩政を握ると西郷隆盛は復帰するが島津久光と衝突し遠島処分、2年の罪人生活の後に再び召還されると薩長同盟、戊辰戦争、明治政府樹立へと直走った。維新後は唯一の大将として全国民の輿望を担い廃藩置県や徴兵制を後押ししたが、政府高官の奢侈と腐敗に悲憤慷慨し、征韓論を大久保利通・木戸孝允・岩倉具視に退けられ下野、西郷が戻った鹿児島は「私学校王国」と化し大久保政府は対決姿勢を明示した。我が身を部下に預けた西郷隆盛は西南戦争の首領に担がれ上京軍を起すが熊本城や田原坂で政府軍に敗北、鹿児島城下の城山に追込まれ自殺した。

神と仰ぐ島津斉彬の突然死に失望落胆した西郷隆盛は、鹿児島へ戻り順聖公(斉彬)の墓前で殉死する決意であった。これを聞きつけた月照は「今や貴下は薩摩藩の西郷ではなく天下の西郷である。今こそ亡君の精神を受継ぎ身命を捧げて国家のために働かねばならぬ」と励まし西郷を制止した。月照は、五摂家筆頭近衛家の祈祷僧で勤皇家として知られ、関白近衛忠煕との繋ぎ役として薩摩藩主島津斉彬と謀臣西郷隆盛の宮廷工作を支えたが、安政の大獄で京都を追われ鹿児島錦江湾で入水自殺を遂げた(無理心中を図った西郷は蘇生)。島津氏は平安時代に近衛家の荘官として南九州に土着したのが興りで、幕末に至って両家は一層親交を深め、島津斉興の娘興子(郁姫)を娶った近衛忠煕は斉彬の公武合体運動に共鳴し宮廷工作を担った。月照と無理心中を図るも一人生残った西郷隆盛は一月余り病床に臥したが、看病にあたった大久保利通・吉井友実・有村俊斎らは自殺を恐れ刃物類を全て隠したという。

島津久光を愚弄した西郷隆盛は、死罪を免れたものの死一等を減じた重罪人として遠島に処された。百方解決に努めたが久光の怒りは解けず万策尽きた大久保利通は西郷を海辺へ誘い刺し違えて死のうと言ったが、西郷は大久保を宥め後事を託して従容と流罪についた。西郷隆盛は、徳之島に3ヶ月牢居した後、厳刑を求める久光の命令で更に遠い沖永良部島へ移され2ヶ月の幽閉で半死半生となったが、牢番の土持政照が私費を投じて牢屋を改築し待遇を改善、西郷は久光が望んだ獄死を免れた。西郷は土持と義兄弟の約を交わし、後々まで感謝したという。

徳川慶喜・会津藩主松平容保に薩摩藩が加担し、孝明天皇の支持を得て、得意の絶頂で大和行幸を画策した長州藩と尊攘派公家を武力クーデターにより京都から追放した(八月十八日の政変)。薩摩・会津藩兵が御所を囲むかなかで朝議が行われ、大和行幸の中止、長州藩主毛利敬親・定広父子と尊攘派公家の処罰等を決議した。堺町御門警備の任を解かれた長州藩士千余人は京都から追出され失脚した三条実美・三条西季知・四条隆謌・東久世通禧・壬生基修・錦小路頼徳・澤宣嘉の公卿7人を伴い長州へ下った(七卿落ち)。長州藩の久坂玄瑞・木戸孝允と土佐藩の武市半平太が主導した「破約攘夷」「草莽崛起」運動は、病的な外国人嫌いながら過激な攘夷運動を嫌う孝明天皇の叡慮と徳川慶喜・松平容保と薩摩藩の共同謀議により一夜にして瓦解し、勤皇藩を自認し朝廷の権威回復を志した長州藩は皮肉にも天皇に掣肘された。

徳川慶喜は、大老井伊直弼に14代将軍就任を阻まれたが島津久光の文久の改革で幕政を掌握、長州征討を強行するもまさかの完敗で薩摩藩は薩長同盟へ鞍替え、大政奉還で体制温存を図り辞官納地を拒否しながら土壇場で恭順へ転じた最後の将軍である。股肱の臣である松平容保・定敬兄弟と新撰組、小栗忠順ら抗戦派幕臣をあっさり見捨て、宗家・慶喜家・水戸家の徳川3家が最高位の公爵に叙され慶喜は徳川将軍中最高齢の77歳まで生延びた。水戸藩主徳川斉昭の七男で御三卿一橋家に入嗣した徳川慶喜は、一橋派の将軍候補に担がれたが安政の大獄で挫折した。が、薩摩藩の島津久光は、率兵江戸へ乗込み徳川慶喜を将軍後見職・松平春嶽を政治総裁職にねじ込み、八月十八日政変で「破約攘夷」の長州藩を締出し「参預会議」で公武合体を実現した。が、禁門の変で自信を深めた徳川慶喜が専横を強め参預会議は挫折、禁裏御守衛総督に就いて半独立の気勢を示し、松平容保・定敬を京都守護職・所司代に任じて京都を制圧(一会桑政権)、武力補強のため水戸天狗党を呼び寄せたが幕府が強硬策に出ると自ら追討軍に加わり捨て殺しにした。幕威発揚を期す徳川慶喜は長州征討を断行、長州藩は恭順し征長軍全権の西郷隆盛は宥和的措置で矛を収めたが、高杉晋作が長州藩政を奪回し再び幕府に挑戦した。徳川慶喜は直ちに長州再征を号令したが、薩摩藩の妨害で足止めされ薩長同盟が成立、6万の大軍ながら軍備に劣る幕府軍は高杉晋作・大村益次郎の洋式軍隊に完敗し大阪城の将軍徳川家茂も急死、小倉城陥落で慶喜は「長州大討入り」を撤回した。小栗忠順の日仏同盟構想(売国的条件による借款と軍事支援)に力を得た将軍徳川慶喜は、参預会議で長州藩赦免を拒否し薩摩藩は討幕を決意、「徳川家を盟主とする大名共和制」を期待し大政奉還するも辞官納地を強要された。大阪城の徳川慶喜は無視し諸外国に徳川政権継続を宣言したが、鳥羽伏見の敗報に接すると軍艦で江戸へ逃げ戻り上野寛永寺に謹慎、主戦派を追放し恭順派の勝海舟に全権を委ねた。徳川宗家を継いだ徳川家達は駿府70万石から公爵に叙され、徳川慶喜も公爵・貴族院議員に栄達した。

松平春嶽は、島津久光の文久の改革で幕政を握るも徳川慶喜の暴走を許し公武合体に挫折、徳川家擁護で「薩長土肥」入りを逃したが横井小楠を招き福井藩で民主主義を育んだ「四賢候」である。御三卿田安家の八男ながら従兄の将軍徳川家慶の後援で福井藩主となり、将軍徳川家定の継嗣争いで徳川慶喜を担ぎ一橋派「四賢候」に数えられたが、大老井伊直弼に敗れ藩主職を奪われた。が、薩摩藩の島津久光が率兵江戸へ乗込みクーデターを成功させると、松平春嶽は政治総裁職に就き将軍後見職の徳川慶喜と共に幕政を掌握した。松平春嶽は徳川慶喜を大所高所に置き実質的な政権運営は自ら行う腹積りであったが、慶喜は意外にも我を張り「公武合体のためには攘夷やむなし」と主張する春嶽に対し「攘夷など無理」と対抗、外国人嫌いの孝明天皇は「即時攘夷」に固執し参預会議は膠着状態に陥った。松平春嶽は、会津藩主松平容保に汚れ役の京都守護職を押付けながら自分は政治総裁職を放出し福井へ帰国、横井小楠の献策に従い公武合体政権を樹立すべく「挙藩上洛計画」を試みたが中根雪江ら守旧派の反対で頓挫した。禁門の変後、専横を強める徳川慶喜は京都に「一会桑政権」を樹立し長州征討を強行、松平春嶽の福井藩は幕府軍の主力を担ったが、征長軍全権の西郷隆盛は宥和的措置で矛を収めた。高杉晋作が長州藩政を奪回すると徳川慶喜は長州再征を断行したが、薩摩藩は薩長同盟へ転じ幕府軍はまさかの完敗、松平春嶽は薩摩藩の側に立って長州赦免を説いたが慶喜は小栗忠順の日仏同盟構想を頼みに妥協を拒否、島津久光は西郷隆盛・大久保利通に討幕のゴーサインを出した。徳川慶喜は大政奉還で体制温存を図ったが薩摩藩は小御所会議で辞官納地を強要、松平春嶽は山内容堂と共に反抗したがねじ伏せられ自ら慶喜への伝達使を務めた。板垣退助の参戦を黙認した土佐藩の山内容堂と異なり、松平春嶽は戊辰戦争に距離を置き、横井小楠や由利公正が新政府の参与に任じられたものの福井藩は「薩長土肥」に入れなかった。薩長の公爵・土肥の侯爵に対し福井藩主松平茂昭は家格並の伯爵に留められたが、勝海舟らの運動により特別に侯爵を与えられた。

松平容保は、徳川慶喜から京都守護職を押付けられ討幕派の目の敵にされた挙句に見捨てられ孤立、自己保身のため大義なき戦いを強行し会津人と東国諸藩を巻き添えにした「賊軍の将」である。美濃高須藩主の六男に生れた松平容保は、松平容敬の婿養子に入り会津藩主を承継、島津久光の文久の改革で幕政を握った徳川慶喜・松平春嶽から「藩祖保科正之の遺訓」を持出され彦根藩の代わりに京都守護職を引受けた。生来病弱で神経質な松平容保はしばしば病臥しつつ、実弟の伊勢桑名藩主松平定敬を京都所司代に任じ、会津の藩財政を犠牲にして「一会桑政権」を支え、新撰組・見廻組を駆使して志士狩りに励み孝明天皇から信頼された。辞官納地を拒否した徳川慶喜が大阪城へ退くと、会津・桑名藩士は激発し鳥羽伏見の戦いを起したが官軍の洋式軍備と「錦旗」の前に完敗、徳川慶喜は松平容保・定敬を連れて大阪城を脱出し江戸へ逃避した。絶対恭順へ転じた徳川慶喜は上野寛永寺に謹慎し火種の松平容保・定敬と小栗忠順ら抗戦派幕閣を追放、甲州戦線に追い遣られた新撰組残党(甲陽鎮撫隊)は板垣退助の官軍に撃破され投降した近藤勇は斬首された。会津へ逃れた松平容保は、養子の松平喜徳(徳川慶喜の実弟)に藩主を譲り謹慎・恭順して赦免を請うたが赦されず、「江戸市中取締」で追討対象とされた庄内藩と提携し中央情勢に疎い東北諸藩を巻込んで同盟を結成、薩長が赦免を拒否すると軍事同盟へ発展し(奥羽越列藩同盟)会津若松城には幕府残党が参集した。守るべき幕府も将軍も無いのに松平容保は朝敵の汚名を雪ぐべく西郷頼母ら恭順派を退け徹底抗戦を強行、領民が挙って官軍に協力し白虎隊の悲劇も起るなか会津藩士は女子供に至るまで奮闘したが、板垣退助の官軍に攻囲され降伏した。死罪を免れた松平容保は江戸に蟄居し、会津藩は改易されたが松平容大が陸奥斗南藩3万石の立藩を赦され子爵に叙された。旧会津藩士は不毛の下北半島で辛酸を舐め、東北人は「賊軍」として差別されたが、日光東照宮の宮司職を与えられた松平容保は平穏な余生を送り孝明天皇の宸翰と御製を後生大事に首にかけ59歳まで生延びた。

八月十八日政変の巻返しを期す長州藩が池田屋事件を受け激発、藩主毛利敬親の冤罪雪辱と京都守護職松平容保らの排除を名目に京都へ攻込み、徳川慶喜(禁裏御守衛総督)の指揮のもと京都御所を守る会津・桑名藩兵と市街戦に及んだ(禁門の変または蛤御門の変)。西郷隆盛率いる薩摩藩兵が慶喜方で参戦し敗北した長州藩は久坂玄瑞・入江九一・来島又兵衛・真木和泉ら尊攘派中核メンバーが戦死し京都の尊攘派は壊滅(木戸孝允は逃亡失踪)、京都政局は徳川慶喜・会津藩・桑名藩の天下となった(一会桑政権)。この挙兵に際し木戸孝允・高杉晋作・周布政之助らは慎重論をとなえたが、真木和泉ら過激派浪士の扇動に乗った来島又兵衛・久坂玄瑞らの主戦論を抑えられなかった。戦闘は一日で終了したが、京都市外は「どんどん焼け」と呼ばれる大火に見舞われ3万戸の家屋や社寺が消亡した。この事件による長州人の薩摩・会津に対する怨念は深く(薩奸会賊)維新後も尾を引いた。

幕府軍艦奉行の勝海舟から「日本人同士の争いは西欧列強を利するのみ」と長州宥和を促された薩摩藩(征長軍大参謀)の西郷隆盛は、征長総督徳川慶勝に武力衝突を回避する穏当策を提言、慶勝は西郷を征長軍全権に任じ長州藩との折衝を委ねた。西郷隆盛は、岩国藩主吉川監物を通じて禁門の変で上京した国司信濃・益田弾正・福原越後の三家老切腹、四参謀斬首、三条実美ら五卿の追放を降伏条件として提示、長州藩主父子が謝罪文書を提出し恭順したため開戦は回避された(第一次長州征討)。これに対し、奇兵隊などの諸隊には不満を抱く者が多く、高杉晋作は即時挙兵を主張したが、俗論党に懐柔された奇兵隊総督赤根武人をはじめ諸隊の長官は応じなかった。徳川慶喜政権の後ろ盾であった薩摩藩は長州征討を機に幕府批判へ転じ薩長同盟・討幕へ突進んだが、西郷隆盛を長州宥和へ転換させた勝海舟の役割は非常に大きかった。西郷隆盛は大久保利通への書簡で「勝氏へ初めて面会し候ところ実に驚き入り候人物にて、どれだけ知略これあるやら知れぬ塩梅に見受け申し候」「英雄肌で、佐久間象山よりもより一層、有能であり、ひどく惚れ申し候」と評している。勝海舟は幕臣でありながら雄藩諸侯や尊攘派志士と広く交流、西郷隆盛が神と仰いだ島津斉彬とも懇意であり、開国の利と幕藩体制変革の必要性を説いて反幕府陣営に大きな影響を与えた。幕府首脳で軍艦奉行も務めた勝海舟の言葉は非常に重く、討幕を奨励するような言説は志士たちを大いに勇気づけたに違いない。この3年後に薩摩藩が戊辰戦争を引起すと、勝海舟は徳川慶喜を説いて絶対恭順を決意させ、幕府代表として西郷隆盛に会い江戸城無血開城を成遂げた。

第二次長州征討を前に長州藩が生残る道は薩長同盟しかなかったが、政府首脳の木戸孝允は禁門の変の恨み「薩賊会奸」に感情を捕われ西郷隆盛が下関会談を反故にし面子を潰された一件を言い募り上洛を逡巡した。現実的な高杉晋作は「薩摩の芋が何を」と言いつつも藩論を薩長和解に纏め、長州藩主毛利敬親に受けの良い井上馨の奔走で藩命を取付け、高杉を代役に立てようとする木戸に対し「木戸さん1人が殺されても長州藩は問題ない」と突撥ね背中を押した。会津藩兵・新撰組が厳重に警護する京都に潜入した木戸孝允は、京都の小松帯刀邸で西郷隆盛・小松帯刀と会談し軍事同盟たる薩長同盟を締結した(攻守同盟だが第二次長州征討について薩摩藩は表面上中立を保ち後方支援に留める)。土佐浪士の坂本龍馬は薩摩方・中岡慎太郎は長州方として両藩の斡旋に奔走、薩長同盟の場に同席した坂本は木戸の要請で約定書に裏書した。浪人で薩摩方の坂本に担保力は無く、非命に散った武市半平太や吉村寅太郎に報いるためか、土佐藩の参加を含んだものと考えられる。実際この直後に土佐藩は、中岡慎太郎の斡旋で板垣退助・谷干城が薩土密約を、坂本龍馬の仲介で後藤象二郎が薩土同盟を結んでいる。薩土同盟は大政奉還と共に無視されたが、板垣退助は独断で戊辰戦争に賛成し薩土密約を果した土佐藩は「薩長土肥」の末座に滑り込んだ。中岡慎太郎は三条実美ら五卿の世話を焼くため大宰府に行っており会盟の場面に立会えなかったが、同志の福岡藩士早川勇曰く・・・「薩長和解は、坂本龍馬が仕遂げたというても過言でないが、私は内実の功労は中岡慎太郎が多いと思う。中岡は、高杉がまだ長州藩の内訌を回復せぬ前、四境には兵がかこんでおり、ことに遊撃隊に身をおいてその苦心は一方ならぬものがあった。坂本は私どもが五卿を迎えて国にかえった後に長州に来た人であるから、どれだけの功労があったか知らぬが、私は中岡の功労はよく知っている」。

徳川慶喜の策動により第二次長州征討が勃発し幕府軍は芸州口・石州口・大島口・小倉口から山口へ進軍したが(四境戦争)、山陽道を守る高杉晋作の軍艦奇襲により大島口から撃退され、山陰道では大村益次郎が浜田城を攻落し石州口を封鎖した。小倉口が決戦場となったが、作戦上の意見対立から熊本藩兵が戦線離脱し、大阪城に陣取る将軍徳川家茂の急死を知った小倉藩主・老中の小笠原長行は本営を抜け出し長崎へ逃走、孤立した小倉藩兵は自ら城に火を放ち小倉城は落城、長州藩の勝利が決定的となった。家茂から徳川家の家督を継いだ徳川慶喜は、自身の長州大討入りを宣言したが小倉城陥落を知り断念した。徳川慶喜から講和交渉を一任された勝海舟は、安芸厳島へ赴き長州藩代表の井上馨・広沢真臣と会談し止戦協定を結んだが、徳川慶喜は二面外交の策を弄し朝廷に工作して征長停止の停戦の勅命を得たうえ小栗忠順が推進するフランスとの同盟(売国的条件による借款と軍事支援)に飛付いた。決死の覚悟で敵地に乗込んだ勝海舟は激怒し辞職願いを叩き付けて江戸へ帰った。翌年長州藩は小倉藩とも講和し完勝で四境戦争を終結、武力政権たる徳川幕府の権威は地に落ちたが、面従腹背の徳川慶喜はフランスを頼りに巻返しを図った。戦勝の立役者である高杉晋作は、病身に鞭打ち最前線で戦闘指揮にあたったが肺結核の病状が悪化、小倉城陥落を見届けると遂に動けなくなり、井上馨や伊藤博文に「ここまでやったのだからこれからが大事じゃ、しっかりやってくれろ、しっかりやってくれろ」の言葉を遺し27歳の若さで病没した。山縣有朋は結核の感染を恐れ見舞いを避けたという。

第二次長州征討の最中に大阪城に陣取る将軍徳川家茂が急逝、徳川慶喜は喪を秘して戦争を継続し自ら出馬すべく「長州大討入り」を勇ましく宣言し、孝明天皇に頼み岩清水八幡宮への戦勝祈願までやらせた。が、小倉城陥落の敗報を聞くとあっさり進発を撤回し薩長に近い勝海舟に講和交渉を命令、直後に孝明天皇が崩御した。孝明天皇は、病的な外国人嫌いだが長州藩の過激な尊攘運動を嫌い徳川慶喜に好意的で禁門の変や長州征討を支持し続けた。徳川慶喜は大きな後ろ盾を喪い、14歳で即位した明治天皇は後に岩倉具視ら薩長派公卿の傀儡となる。さて、嗣子の無い将軍徳川家茂は、江戸を発つとき万一のときには田安亀之助(徳川家達)を跡継ぎにと言い残したが、老中の板倉勝静や小笠原長行は3歳の将軍では難局に対処できないとして徳川慶喜に将軍就任を要請した。徳川慶喜は「将軍継嗣問題のとき野心を疑われて不愉快な思いをした。いま将軍職を引受ければ、その悪評を裏付けることになろう」などと逡巡、このため先ず徳川宗家のみを相続し4ヶ月の間をおいて孝明天皇の説得により将軍就任という体裁をとった。徳川慶喜の説得にあたった松平春嶽は「ねじあげの酒飲み」(口ではもう飲みたくないといいながら、杯を勧めないと機嫌が悪くなり、結局はまた飲む)と評している。徳川慶喜は将軍就任に際し側近に王政復古を匂わせる発言をし諌められたともいわれる。

朝廷は京都に近い兵庫の開港を拒絶し続けたが、徳川慶喜は異人嫌いの孝明天皇の死に乗じ公卿を説得して勅許を獲得、安政五カ国条約の障害を片付けた幕府は諸外国に面目を施し参預会議は将軍慶喜の独壇場となった。が、皮肉にも幕権回復を警戒する薩長首脳に討幕を決意させる結果を招いた。長州藩の木戸孝允は「家康の再来を見るがごとし。軍制も改革され幕府は衰運再び勃興する勢いにある」と慨嘆し、薩摩藩の島津久光は公武合体を完全に放棄し西郷隆盛・大久保利通の討幕方針を承認した。

松平春嶽・島津久光・山内容堂・伊達宗城(四候)と将軍徳川慶喜が二条城で参会したが、長州赦免先決を主張する四候と兵庫開港先決を主張する慶喜が対立し、結局慶喜が押切る形で長州赦免問題が曖昧なまま会議は終結した。山内容堂は真先に見切りをつけて早々に帰国の途につき、島津久光は大久保利通・西郷隆盛・小松帯刀に討幕方針への転換を了承し鹿児島へ退去、西郷らは岩倉具視を抱込んで朝廷を掌握し武力討幕へ邁進した。中岡慎太郎の盟友である小笠原唯八は山内容堂に随い土佐へ戻ったが、江戸で形勢を観望していた板垣退助が入れ替わるように上京し同志に加わった。

大酒呑みの山内容堂は「鯨海酔候」と自称し豪傑を気取ったが、アルコール中毒症が疑われ重度の歯槽膿漏も患っていた。そのためか、根気と集中力を欠き、体調不良を理由に重要な会議にも欠席しがちで、気に入らないと物事を投出す場面が多々あった。四候会議の根回しで高知を訪れた西郷隆盛は、山内容堂から上洛の承諾を得るも「酔えば勤皇・覚めれば佐幕」を懸念し、シラフの容堂が「此度は東山の土となるつもりぞ」と決意表明したことを福岡孝悌から聞いてから高知を去り伊達宗城を説くため宇和島へ向かった。大恩ある徳川家の運命を決した小御所会議(最初の三職会議)は山内容堂の一世一代の見せ場であったが、「鯨海酔候」はこの日も泥酔状態で遅参したうえ大声で喚き散らす醜態を演じ「2、3の公卿が幼沖の天子を擁し権威を恣にしようとしている」との失言(事実だが)を岩倉具視に叱責され沈黙、松平春嶽も徳川慶喜の出席要請を断念した。山内容堂は徳川慶喜が目論む「徳川宗家を中心とする列候会議」(徳川家を盟主とする大名共和制)を代弁したが無視され、西郷隆盛の「ただ、ひと匕首あるのみ」(慶喜1人を殺せば片付く簡単なことだ)という気迫が議場を制し、後藤象二郎は大久保利通に丸め込まれ、薩摩藩の思惑通り徳川慶喜の辞官納地が決議された。最初の難関を突破した西郷隆盛と大久保利通は武力討幕へ邁進、幕府を挑発して鳥羽伏見の戦いを引起し「朝敵」徳川慶喜を討つ大義名分を獲得した。

山内容堂は、「幕末四賢候」に列したが謀臣吉田東洋の死後は「酔えば勤皇、覚めれば佐幕」の迷走、勇み足で武市半平太を殺して中央政局から脱落し大政奉還建白で徳川家擁護を図るも薩長に無視された土佐のアル中藩公である。西郷隆盛ら他藩士をも「単純な佐幕派のほうがはるかに始末がいい」と憤慨させた。12代土佐藩主の弟の子ながら嫡流が相次いで没し幸運にも土佐藩主となった。「鯨海酔侯」と豪傑を気取り学識も豊富な山内容堂は、織田信長に自己投影し中央進出を志したが襲封当初は家老連の圧迫で思うに任せず、吉田東洋に不遇を救われた。大目付の吉田東洋は、家老や家族の私生活をスパイし非行を見つけて失脚へ追込み、重臣に分散した権力を藩庁の直轄下におく中央集権化を断行、安政の大獄も追い風となり藩主専制を確立した。山内容堂は恩人の吉田東洋に藩政を託し(参政)吉田はよく期待に応えたが、特権を奪われた重臣連は吉田を憎み武市半平太の吉田暗殺に加担した。山内容堂は島津斉彬・松平春嶽・伊達宗城と共に「四賢候」と称され将軍継嗣問題に乗出したが、書類作成や藩外折衝は専ら吉田東洋が担い、吉田の死で舵を失った。山内容堂は、武市半平太が長州藩と提携し「破約尊攘」運動を牽引すると気前良く外交を委ねたが、下克上に機嫌を損ね突如弾圧へ転換、第一次長州征討が起ると勇み足で武市を誅殺し土佐勤皇党を掃討した。が、長州藩では高杉晋作が功山寺決起で藩政を奪回し薩長同盟を結び第二次長州征討で幕府軍に完勝、慌てた山内容堂は後藤象二郎(吉田東洋の義理甥)を参政に任じ、後藤は坂本龍馬・中岡慎太郎を抱込んで薩摩藩に接近し大政奉還建白で政局復帰を果した。が、武力討幕を期す薩摩藩は小御所会議で徳川慶喜の辞官納地を強行、徳川家擁護を図る山内容堂は猛反発するが泥酔状態で遅参し暴言を吐いて自滅し、鳥羽伏見の戦いで官軍が圧勝しても出兵を逡巡、板垣退助が土佐勤皇党の残党「迅衝隊」を率い独断参戦し土佐藩は辛くも「薩長土肥」に食込んだ。山内容堂は下克上の明治政府に馴染めず隠退、薩長専制に「武市半平太が生きていれば」と憤りつつも酒池肉林の生活を続け46歳で没した。

徳川慶喜は、大政奉還で討幕の対象たる幕府を消滅させ、徳川氏は最大版図を領する大名共和制の盟主として実権を保持する目論みであった(或いは、江戸幕閣の無能を嫌い京都に留まり続けた徳川慶喜は、世襲制と幕藩体制の限界を悟り一代の大統領的地位を望んだのかも知れない)。が、徳川氏打倒による武力革命を決意する薩摩藩の大久保利通・西郷隆盛は、朝廷が幕府の大政奉還を勅許する直前に討幕の密勅を強行、宮廷工作は岩倉具視が担当したが正式の手続きを経ない偽勅であったとされる。これにより大政奉還は有名無実化、大久保利通・西郷隆盛は幕府を挑発して鳥羽伏見の戦いを引起し、晴れて「朝敵」慶喜追討の勅を得て戊辰戦争に引きずり込んだ。大政奉還を無視され辞官納地を迫られた徳川慶喜は、一度はこれを拒否し抵抗の姿勢を示したが、鳥羽伏見の敗報を聞くと松平容保・松平定敬を伴って密かに大阪城を脱出し江戸へ逃げ帰った。幕臣は恭順派と抗戦派の真二つに割れたが、徳川慶喜は絶対恭順に決し上野寛永寺に謹慎、薩長が目の敵にする松平容保・松平定敬や小栗忠順ら抗戦派の幕閣を江戸から追払い恭順派の勝海舟に全権を委ねた。近藤勇・土方歳三ら新撰組の残党も江戸へ来たが、勝海舟は勝ったら大名にしてやるなどと甘言を弄して甲州戦線へ追遣り、「甲陽鎮撫隊」は甲州勝沼の戦いで板垣退助の東山道軍に完敗、投降した近藤勇は斬首され、土方歳三は大鳥圭介の幕府陸軍に合流し会津へ向かった。松平容保は会津若松城に戻って官軍を迎え撃ち、松平定敬は越後柏崎を経て会津戦争・函館戦争と転戦した。西郷隆盛との会談で江戸城無血開城を果した勝海舟は、明治政府で旧幕臣としては異例の出世を遂げ外務大臣・海軍大臣相当職や参議・元老院議官・枢密顧問官を歴任し伯爵にも叙されたが、積極的な政治参加を控えたらしく具体的な業績はほとんど無い。一方、勝海舟は旧幕臣の保護活動には地位をフル活用して熱心に取組み余生を捧げた感がある。徳川宗家と徳川慶喜家への公爵授爵は勝海舟の尽力の賜物であり、旧幕臣には就職斡旋や資金援助に奔走し牧之原台地に茶畑を拓いて入植を推進した。

岩倉具視は、大久保利通の盟友として薩摩藩の朝廷工作を担い討幕の密勅・辞官納地を成功させた豪腕公卿、王政復古の大号令で朝廷から世襲制を排除し自ら太政官の最高位に就いたが公家優遇に固執し立憲制・自由民権運動に反対した。1851年から1994年まで流通した五百円札の肖像画にみるように岩倉具視は公家らしからぬイカツイ容貌で、幼少期は「岩吉」長じて「山賊の親分」などと形容されたが、見た目どおり豪傑肌で胆力があり、洛北岩倉村での蟄居時代には糊口を凌ぐため自宅を賭場として博徒に貸与したといわれる。和宮降嫁の首謀者として久坂玄瑞・武市半平太に打倒され5年間も隠遁したが、希少な硬骨公家を大久保利通は見逃さず、孝明天皇没後に薩摩藩の名代として朝廷に乗込んだ岩倉具視は偽勅批判を恐れず討幕の密勅を強行し、小御所会議で徳川慶喜の辞官納地を強行採決した。が、他に見るべき業績は無く、岩倉具視は政治理念よりも朝廷の発揚と自身の出世のために動いたようにみえる。少壮期より世襲公卿に反発した岩倉具視は、関白九条尚忠が推す条約勅許に異を唱え同類の軽輩公家を扇動して「八十八卿列参事件」を起したが、安政の大獄で佐幕へ転じ、井伊直弼暗殺に伴い公武合体派が盛返すと意を受けて和宮降嫁を推進したが、尊攘派の猛攻で失脚した。蟄居中に大久保利通と邂逅した岩倉具視は忽ち武力討幕論に迎合し、大政奉還が成ると王政復古の大号令に摂関と朝臣の世襲制排除を盛込み、三条実美と共に太政官の最上位に就き宿願を果した。なお、本心佐幕派の孝明天皇の崩御は討幕への一大転機で毒殺が噂されたが、真先に疑われたのは岩倉具視だった。新政府の重鎮となってからも岩倉具視は大久保利通を支える役割を果し、「岩倉使節団」から戻り明治六年政変が起ると西郷隆盛ら征韓派の追放に加担したが、秩禄処分で士族特権を奪いながら旧公家のみを優遇する政策が士族反乱に油を注ぎ、自由民権運動には決して妥協しなかった。反動勢力の首魁と化した岩倉具視が没すると、伊藤博文は華族令で旧武士層に幅広く爵位を振舞い、太政官制を廃止して内閣制度を発足させた。

官軍が江戸へ迫ると、彰義隊と称する旧幕臣が輪王寺の宮を担いで上野寛永寺(徳川将軍家の霊所)に立篭もり一戦を辞さない構えをとった。が、徳川慶喜の恭順で大義名分を失うと主戦派の天野八郎(上野国の名主出身)らが撤兵を説く頭取の渋沢成一郎(一橋家家臣で渋沢栄一の従兄、こののち榎本武揚に従い箱館戦争に従軍)らを追出し大義無き賊軍と化した。坊主ながら首謀者の覚王院義観は諫止する勝海舟・山岡鉄舟を逆に挑発し江戸市中だけでなく諸藩に檄文を送って反官軍熱を煽り立て、彰義隊は博徒や無頼漢が大勢を占める暴徒集団と化し江戸中心部を無法地帯に陥れた。官軍主力の薩摩藩は、禁門の変で幕府に与しながら密かに薩長同盟を結び、長州藩が第二次長州征討に勝利すると強硬な討幕路線へ転換、戊辰戦争が始まると西郷隆盛(東海道軍筆頭参謀)は徳川家赦免へ転じ江戸総攻撃を中止した。他藩は薩摩藩の変転と専断に憤り長州藩の大村益次郎や佐賀藩の江藤新平は西郷隆盛が勝海舟に騙されたと糾弾し朝廷へ武力討伐を促した。江戸城無血開城を果した西郷隆盛は不戦に努めたが、江戸府判事として京都から乗込んだ薩摩嫌いの大村益次郎は黙々と兵器や軍用金を調達し戦争準備を終えると軍議で必勝策を開陳、兵員不足を理由に慎重論を説く有村俊斎(西郷の子分で横柄な態度が他藩人から憎まれた)を「君は戦を知らぬ」と侮辱し、西郷を説伏せ武力討伐に決した。かくして上野戦争が始まり、西郷隆盛率いる薩摩勢は主戦場の黒門口を攻撃、搦手口から後背を衝いた長州勢はぐずついたが江藤新平率いる佐賀藩のアームストロング砲が威力を発揮し諸藩の砲撃に晒された彰義隊は潰走し捕えられた天野八郎らは処刑、作戦用兵を一人で取仕切った大村益次郎の武名は天下に轟いた。なお、大村益次郎は翌年京都で兇漢に襲われ死亡したが、大村を憎悪する有村俊斎が扇動したという噂が立った。徳川家の守衛たらんと発足した彰義隊だが、官軍に大戦果を与えただけに終わり、西郷隆盛の奔走で100万石以上もらえるはずだった徳川家達(徳川慶喜の後継者)は封地を駿府70万石に減らされた。

大村益次郎(村田蔵六)は、木戸孝允の招聘で長州藩に出仕し適塾仕込みの洋式兵学と武器輸入で近代的軍隊を創建、浜田城制圧や上野彰義隊との戦争を指揮し維新後は徴兵制・近代的国軍建設を進めたが暴漢に襲われ横死した「日本陸軍の創始者」である。周防の村医の嫡子に生れた大村益次郎は、防府の梅田幽斎(シーボルトの弟子)に師事し豊後日田の咸宜園にも遊学、22歳で大坂の適塾に入門し長崎遊学を経て塾頭に就いたが、父の懇請で帰郷し村医を開業した。が、2年後のペリー来航で蘭学者の需要が急増し、無愛想の治療下手で評判の悪い大村益次郎は早々に医業を畳み宇和島藩に仕官、砲台建設や洋式軍艦製造を差配し、藩主伊達宗城に従い江戸へ出ると麹町に蘭学塾「鳩居堂」を開講、幕府に招聘され蕃書調所を経て最高学府の講武所教授に栄達した。一流洋式兵学者の名声を博した大村益次郎は、長州藩に軍制改革を託され藩政に参画(政務座役)、藩校明倫館や私塾「普門塾」で兵卒を熱血指導し「火吹き達磨」と渾名された。尊攘運動に関与せず俗論党からも重宝された大村益次郎は、禁門の変後も重職に留まり、高杉晋作が藩政を奪回すると但馬出石から木戸孝允を呼戻して指導者に迎え、正規軍と奇兵隊など諸隊を統合再編して軍事教練を施しミニエー銃・ゲベール銃を大量購入して長州藩軍を洋式軍隊へ変貌させた。第二次長州征討では山陰方面軍を指揮、新式兵器と巧みな用兵で浜田城を攻落し「その才知、鬼の如し」と評された。薩摩藩嫌いの大村益次郎は戊辰戦争出兵に反対し左遷されたが、すぐに上京を命じられ諸藩献上の御親兵を訓練し伏見に兵学寮を開設、江戸の治安回復を託されると兵員不足を危惧する薩摩藩士を一喝し西郷隆盛を説伏せて武力討伐を断行し上野彰義隊を殲滅した。大村益次郎は、明確なプランのもと近代的国軍建設に邁進、持論の徴兵制は兵制論争で退けられたが、軍政のトップ(兵部大輔)に就いて京都河東操練所・兵学寮の開設や軍事工場建設を進めたが兇漢に襲われ横死、「西国(薩摩)から敵が来るから四斤砲をたくさんこしらえろ」との遺言は8年後の西南戦争で的中した。靖国神社境内には今も大村益次郎の銅像が聳える。

軍事で鬼才を発揮した大村益次郎だが、政治力には関心が薄い或いはセンスが乏しく過剰な薩摩嫌いは自身の活躍の場を狭めた。薩摩藩は、禁門の変で幕府に与し長州藩を追落しながら密かに薩長同盟を結び、長州藩が第二次長州征討に勝利すると強硬な討幕路線へ転換、戊辰戦争が始まると西郷隆盛は徳川家赦免へ転じ江戸総攻撃を中止した。西郷隆盛・大久保利通の抜群の政治力の為せる業だが、大村益次郎には単なる反覆変転に映り、鳥羽伏見の戦いを制した薩摩藩が長州藩へ出兵を求めると猛反対、江戸無血開城が成ると西郷隆盛が勝海舟や大久保一翁に騙されたと憤慨し、自ら無法地帯と化した江戸へ乗込むと兵員不足を理由に慎重論を説く有村俊斎(西郷の子分で横柄な態度が他藩人から憎まれた)を「君は戦を知らぬ」と侮辱し上野彰義隊の武力討伐を断行した。長州軍首領として明治政府に入った大村益次郎は、見事な近代的軍事国家のプランを持ちながら兵制論争で桐野利秋ら薩摩士族と対立し徴兵制を頓挫させられ、間もなく暴漢に襲われ落命した。暗殺犯は長州士族だが有村俊斎の差金という噂がたった。大村益次郎の遺志を継いだ山縣有朋は西郷隆盛を味方につけて徴兵制を実現したが、大村に薩摩藩と妥協する要領があれば横死せずに済んだかも知れず、フランス流国民軍を志向した愛弟子の山田顕義が軍政を継げば山縣有朋は現場の大将で終わり歪な陸軍長州閥や文民統治の排除は無かったかも知れない。

明治政府は王政復古に功労のあった公家・大名・士族に対して家禄の他に賞与として賞典禄を下賜した。支給期間によって永世禄・終身禄および年限禄の3種に分類される。最高は公家の三条実美・岩倉具視の5千石、士族では西郷隆盛の2千石が最高で、大久保利通・木戸孝允・広沢真臣1800石、大村益次郎1500石、後藤象二郎・板垣退助1000石、由利公正800石、黒田清隆700石、山田顕義・山縣有朋・前原一誠600石、寺島秋介450石、福岡孝悌・辻将曹400石、桂太郎250石、江藤新平・島義勇・土方久元100石と続いた。決めたのは大久保利通と木戸孝允だが、薩摩藩士の数が少な過ぎ、長州藩士では高杉晋作と共に長州維新を成遂げた井上馨や伊藤博文の名がないのに大した功の無い広沢・前原・寺島・桂が選ばれている。後世からみても不自然極まる論功行賞であり、伊藤はこの件で「いつまでも家人扱いする」木戸孝允に失望し大久保利通へ鞍替えした。

王政復古の後、西郷隆盛や大久保利通は薩摩藩のくびきを脱し朝臣として独自の立場で動くようになった。頑迷固陋の度を強める島津久光は維新後の政治改革についていけず、保守反動的な言動を繰返して明治政府を困らせ西郷や大久保の罷免まで要求した。かといって新政府の運営に加わるわけではなく上京要請をしばしば断り、余生のほとんどを鹿児島に引篭もって過ごした。廃藩置県の勅令に憤怒した島津久光は抗議の意を込めて自邸の庭で一晩中花火を打上げさせた(廃藩置県に露骨に反感を示した唯一の例)。風俗の洋式化にも激しく抵抗し、太陽暦・洋風玉座・学校制度からキリスト教解禁、外国人との結婚許可にまで反対し明治政府に洋風化廃止をしつこく要求、自身は生涯髷を切らず帯刀和装で通した。西南戦争が起ると、薩摩に居た島津久光は明治天皇からの要請もあり公式には中立を通したが、西郷隆盛に対する大久保利通政府の不当な挑発を激しく非難した。島津久光が没すると鹿児島で国葬が執行われたが、葬送のため新たに道路が整備され熊本鎮台から儀仗兵1大隊が派遣された。

木戸孝允(桂小五郎)は、吉田松陰・久坂玄瑞・高杉晋作の遺志を継ぎ薩長同盟して討幕を仕上げた長州藩首領にして「維新の三傑」、明治維新後3年で最難関の廃藩置県を成遂げ憲法制定を志したが大久保利通と対立し西南戦争の渦中に病没した。先を見通す識見に優れ、久坂玄瑞と「破約攘夷」運動を主導したが池田屋事件・禁門の変を間一髪で生延び、明治政府ではリベラルな政策を牽引した。木戸孝允は、長州藩医の和田家に生れ中級藩士桂家に入嗣、藩校明倫館で俊秀を謳われ兵学教授の吉田松陰に兄事した。幼少から剣術に打込み、19歳で江戸四大道場の練兵館に入門すると翌年には免許皆伝、塾頭・師範代を任され剣名を馳せたが、ペリー来航で国事に目覚め江川坦庵や中島三郎助から海外知識を習得した。長州藩に出仕した木戸孝允は、大村益次郎を招聘して洋式軍制改革を推進し、久坂玄瑞と共に「航海遠略策」の長井雅楽を斃して藩論を「破約攘夷」へ転換し外国船砲撃(下関事件)や攘夷親征計画(大和行幸)を主導したが八月十八日政変で一夜にして瓦解、周布政之助・高杉晋作と共に出兵論を抑えたが池田屋事件で決壊し禁門の変が勃発、久坂は戦死し長州藩は朝敵となった。開戦直前に失踪した木戸孝允は、変装して京都を脱出し但馬出石に潜伏、第一次長州征討・馬関戦争で長州藩が窮地に陥っても動かず、高杉晋作が藩政を奪回すると指導者に迎えられ、薩長同盟を結び討幕へ突進んだ。明治政府の首班に就いた木戸孝允は、「五箇条の御誓文」で民主主義を宣言し、版籍奉還・廃藩置県を断行、四民平等・学制制定で国民皆学の平等社会を実現し、奇兵隊など長州諸隊の反乱を断固鎮圧した。岩倉使節団から戻った木戸孝允は、教育・政体優先の立場から征韓論に反対し憲法制定へ動いたが、大久保利通と対立し台湾出兵に抗い下野、立憲を条件に参与に復帰すると立憲政体の詔書を発布し地方官会議を開いたが大久保の内務省に無効化され、病状が悪化した木戸は秩禄処分を機に大久保政府を去った。木戸孝允の予見通り特権を奪われた不平士族の反乱が続発し、西南戦争が起ると自ら鎮撫使を希望したが「西郷、もういい加減にせんか」の言葉を残し病没した。

長州藩の木戸孝允は、戊辰戦争の最中に早くも郡県制による中央集権制化を構想し三条実美・岩倉具視に版籍奉還の建白書を提出、このときは時期尚早として見送られたが、戊辰戦争の帰趨が定まり世が落着くと長州藩主毛利敬親に率先して版籍奉還するよう建言し承諾を得た。1869年、木戸孝允は薩摩藩の大久保利通・土佐藩の後藤象二郎と連携し薩長土肥の4藩主連署で朝廷に上表を提出させ、全藩主が追随して領地(版図)と領民(戸籍)を天皇へ返還した(版籍奉還)。この時点では旧藩主がそのまま知藩事に任じられ実質的変動はなかったが、1871年木戸孝允・大久保利通・西郷隆盛は薩長土三藩の兵を徴し御親兵を創設、幕府を倒した朝廷の権威と直轄軍の武力を背景に、藩を廃止して中央集権化し地方統治を中央管下の府県に一元化する廃藩置県を断行した。版籍奉還で知藩事へ横滑りした旧藩主は領国支配権を召上げられ原則東京在住を義務付けられたが、十分な身分と収入を補償され、表立った反対運動は起らなかった(薩摩藩の島津久光のみは鹿児島に引篭り生涯反抗姿勢を続けた)。「維新の三傑」の連携プレイで最初にして最大の難関をクリアした明治政府は、殖産興業と徴兵制導入で富国強兵に邁進、財政を圧迫する士族特権を秩禄処分で剥奪し、1877年西南戦争で西郷隆盛を斃し不平士族反乱を根絶、維新から僅か10年で近代的中央主権国家の礎を築いた。

廃藩置県の断行を目論む明治政府は独自の武力を必要としたが、国民皆兵・徴兵制の早期実施を目指し藩兵に依拠しない政府直属軍の創設を主張する大村益次郎・木戸孝允と、武士身分に固執する薩摩士族が鋭く対立(兵制論争)、大久保利通が士族擁護に傾き1871年薩長土3藩供出の士族兵による御親兵が創設された。西洋兵学の大家である大村益次郎は、諸藩兵の廃止と鎮台兵の設置、徴兵制の導入、兵学校による職業軍人の育成、兵器工場の建設といった近代的軍事国家へのプランを明確に描いていた。兵制論争に敗れた大村益次郎は、辞表を出したが木戸孝允に慰留され軍政のトップ(兵部大輔)に就き、愛弟子の山田顕義(兵部大丞)と共に京都河東操練所(士官訓練施設)など軍事施設の設置、兵学寮の開設とフランス人教官の招聘、火薬工場や造兵廠の建設などを着々と進めたが、急激な兵制改革に反発する長州士族に襲われ横死した。なお京都河東操練所には、後に陸軍長州閥を仕切る児玉源太郎や寺内正毅らが学んだ。さて、大村益次郎没後の1873年、山縣有朋が薩摩の西郷従道を引込み西郷隆盛を動かして徴兵制を実現した。維新の原動力であるうえ士族の数が断トツで多い薩摩が頑強に抵抗したが、徴兵令を支持する西郷隆盛が島津久光・桐野利秋・前原一誠ら反対派を抑えた。が、士族の特権剥奪は不平士族反乱の原因となり、西郷隆盛も西南戦争を起すはめになった。この後、兵部大輔の前原一誠は黒田清隆と衝突して辞め萩の乱を起し戦死、大村益次郎の遺志を継いだ山田顕義は軍を追われ政治家に転進、唯一の陸軍大将である西郷隆盛は西南戦争で落命し、運よく軍のトップに立った山縣有朋は大日本帝国憲法に統帥権を挿入して政府の干渉を受けない「天皇の軍隊」を構築、配下で陸軍を牛耳り陸軍長州閥は児玉源太郎・桂太郎・寺内正毅・田中義一へ受継がれた。山田顕義と与党の鳥尾小弥太・谷干城・三浦梧楼らは、フランスの国民軍に近いものを構想し、山縣流の外征を前提とした軍備拡張は国家財政の重荷となり国力を弱めると主張したが容れられなかった。

岩倉使節団は、政府首脳陣や留学生を含む総勢107名で構成され、欧米諸国、アジア植民地を歴訪した。使節派遣の狙いは不平等条約改正にあったが時期尚早であることが分かり、その下交渉と親交・視察が目的となった。正使は岩倉具視で副使は木戸孝允と大久保利通、伊藤博文らが補佐した。随行員は福地源一郎・田中光顕・山田顕義・佐々木高行・村田新八・新島襄・吉井友実、留学生は中江兆民・團琢磨・牧野伸顕・津田梅子・山川捨松・平田東助・大鳥圭介など。岩倉・大久保不在の留守政府は太政大臣三条実美と参議の西郷隆盛・井上馨・大隈重信・板垣退助・後藤象二郎・江藤新平・大木喬任らに託された。

日本との国交を拒絶する李氏朝鮮に修好条約締結を迫るため西郷隆盛は自身の派遣を閣議決定したが(征韓論)、遣欧使節より帰国した岩倉具視・木戸孝允・大久保利通と大隈重信・大木喬任らの内治優先論に覆され西郷派遣は無期限延期となり、これを不服とする西郷隆盛・板垣退助・副島種臣・江藤新平・後藤象二郎ら参議と征韓論に同調する軍人・官僚600余名が大挙辞職し下野する大事件に発展した(明治六年政変)。征韓論の背景には廃藩置県で失業した50万人に及ぶ士族の雇用問題があった。政変後、革新の木戸孝允と保守の岩倉具視が相克し岩倉寄りの大久保利通が木戸を宥めつつ独裁的指導力を発揮する構図となった(大久保政府)。木戸孝允は、西郷・大久保を巻込んで廃藩置県を成遂げると「廃藩置県を断行して四民平等をなした以上は、教育を進めて人文を開き、もって立憲国にしなければならない」と憲法制定を政治目標に定め、学制と国民皆学の充実を図り、言論出版を奨励し、軍事においては大村益次郎のフランス流市民兵構想を後援した(大村は暗殺され山縣有朋らが「天皇の軍隊」に仕立てる)。木戸孝允の基本理念は大久保利通の殖産興業・富国強兵に通じるものであったが、乏しい政府財政と人的資源を巡って優先順位や進め方で両者は対立、粘り強い戦略家の大久保が長州の伊藤博文・井上馨や肥前の大隈重信を自陣へ引込んで勝利し木戸孝允はヘソを曲げて放り出した(土佐の板垣退助や後藤象二郎は征韓論に与し下野)。木戸孝允と大久保利通の関係について、徳富蘇峰は「両人の関係は、性の合わない夫婦のように離れれば淋しさを感じ、会えば窮屈を感じる。要するに一緒にいる事もできず、離れる事もできず、付かず離れずの間であるより、他に方便がなかった」と語り、松平春嶽は薩摩藩への恨み節もあろうが「木戸は至って懇意なり。練熟家にして、威望といい、徳望といい、勤皇の志厚きことも衆人の知るところなり。帝王を補助し奉り、内閣の参議を統御して、衆人の異論なからしむるは、大久保といえども及びがたし。木戸の功は、大久保の如く顕然せざれど、かえって、大久保に超過する功多し。いわゆる天下の棟梁というべし」と評した。

台風で遭難した琉球藩御用船が台湾に漂着、乗員54名が先住民により惨殺された。明治政府は清政府に事件の賠償などを求めたが清政府は台湾は「化外の民」としてこれを拒絶、日本で台湾征討の機運が高まった。この事件を知った清アモイ駐在のアメリカ総領事チャールズ・ルジャンドルは「野蛮人を懲罰するべきだ」と明治政府を煽った。大久保利通は、佐賀の乱勃発で政治問題化した不平士族のガス抜きに丁度良いと考え台湾出兵を決断、参議の大隈重信を台湾蕃地事務局長官、陸軍中将西郷従道を台湾蕃地事務都督に任命して軍事行動の準備に入った。こうした薩摩系の動きに対し、長州系は征韓論を廃しておきながら台湾出兵を行うのは矛盾するとして反対し木戸孝允が参議を辞任し下野した。慌てた大久保政府は中止を決定したが、西郷従道が旧薩摩藩士を中核とする征討軍3千名を組織し台湾出兵を強行、大久保は已む無しの態で追認を与え、征討軍は瞬く間に台湾を制圧した。清はイギリス駐日行使パークスを抱込んで抗議したが、大久保が自ら北京に乗込み交渉した結果、清は台湾出兵を「保民の義挙」と認め遭難民への見舞金10万両(テール)及び戦費賠償金40万両の計50万両を日本側に支払うこと、これと引換えに日本は征討軍を撤退させることに合意した。政権運営に長州閥首領を欠かせない大久保利通は、伊藤博文・井上馨を遣わして木戸孝允を慰撫し立憲政体樹立・三権分立・二院制議会確立の条件を呑んで参議に復帰させた。

木戸孝允は、西郷隆盛の征韓論を廃しながら台湾出兵を強行した大久保利通に反発し参議を辞任し下野したが、政権運営に長州閥首領を欠かせない大久保は伊藤博文・井上馨を遣わして慰撫、憲法制定を志す木戸は立憲政体樹立・三権分立・二院制議会の確立を条件に参議に復帰し、直ちに三条実美・板垣退助と連名で奏上し大久保政府に「立憲政体の詔書」を発布させた。岩倉具視は辞任を仄めかし立憲に断固反対する姿勢を示したが、大久保利通が宥めた。木戸孝允は、二院制議会の実現に向け地方官会議を挙行したが大久保利通の内務省に抑えられ機能せず終わり、不平士族を逆撫でする性急な秩禄処分に異を唱えるが退けられ、病状悪化のため再び参議を辞任し西南戦争の渦中に西郷隆盛を案じながら病没した。

大隈重信が木戸孝允と大久保利通を評して曰く「木戸は創業の人なり。大久保は守成の人なり。木戸は自動的の人なり。大久保は他動的の人なり。木戸は慧敏闊達の人なり。大久保は沈黙重厚の人なり。もし、主義をもって判別せば、木戸は進歩主義を執る者にして、大久保は保守主義を奉ずる者なり。諸般の事物に対しては、その意見議論、まったく衝突し、その衝突は自(おのずか)ら二人の代表せる薩長の軋轢となり、その軋轢は延いて、進歩主義と保守主義との一消一長を為し、遂には維新革命の事業より、立憲政制の端をも開くに至れり」

政府は台湾出兵に係る海上輸送業務を国策会社「日本国郵便蒸気船会社」に依頼したが拒否され、やむなく依頼した三菱の岩崎弥太郎は即決快諾し社運を賭けて協力した。郵船は大量の保有船舶を回す間に国内輸送シェアを三菱に奪われることを危惧したというが、経営母体である三井などの政商は井上馨ら長州閥と昵懇で、台湾出兵に反対し下野した木戸孝允に気兼ねしたとも考えられる。一方、岩崎弥太郎が「人間は一生のうち、必ず一度は千載一遇の好機に遭遇するものである。しかし凡人はこれを捕えずして逸してしまう。これを捕捉するには、透徹明敏の識見と、周密なる注意と、豪邁なる胆力が必要である。」と物語ったように三菱にとって台湾出兵は飛躍への画期となった。感謝した大久保利通は「政府の保護のもと民間会社を育成し、この会社に海運事業を一任する」という一社独占による海運業振興策を採用し三菱商会を「保護育成会社」に指定、大久保の意を受けた駅逓頭の前島密は「第一命令書」を交付し「政府の依頼を優先し航路開設の命令に応じる見返りとして、台湾出兵時に貸与した政府船10隻に2隻を加えた12隻を無償貸与し年間25万円の運航費助成金を与える、1年間の試用期間を経て15年間継続」という大盤振る舞いを約束、更に大久保政府は非協力的と断じた郵船を解散させて三菱に引継がせ(郵便汽船三菱会社へ改称)、岩崎弥太郎には民間人異例の勲四等旭日小綬章のオマケも付けた。政府の12隻と郵船の18隻を合わせ三菱の保有船舶は40隻に膨らみ全国汽船総トン数の70%以上を占める「三菱海上王国」が出現、西南戦争でピークを迎えたが、大久保利通の暗殺で岩崎弥太郎は政界の後ろ盾を失い大隈重信(福澤諭吉)の立憲改進党に肩入れしたことで薩長藩閥の猛反撃に遭遇、弥太郎の憤死に伴い弟の岩崎弥之助は海運業からの撤退を選択した。

岩崎弥太郎は、後藤象二郎に重宝され土佐藩の貿易商社「土佐商会」を掌握、維新後独立し大久保利通の保護政策と台湾出兵・西南戦争の特需に乗じて「三菱海上王国」を現出させたが大隈重信に肩入れし薩摩閥との激闘の渦中に憤死した三菱財閥の創始者である。土佐安芸郡の地下浪人から学問による立身を志して江戸に上ったが、父岩崎弥次郎のリンチ事件により急遽帰国、奉行所の白壁に「官は賄賂をもって成り、獄は愛憎によって決す」と大書して投獄された。2年間の獄中生活を終えて郷里で蟄居したが、吉田東洋の少林塾に入門したことで出世の糸口を掴み、吉田が参政に復帰すると下級役人に登用された。吉田暗殺後しばらく帰農したが、武市半平太失脚により藩政を掌握した後藤象二郎に召還され、長崎で貿易実務を任された。土佐藩には輸出産品がないのに武器弾薬調達は急務で土佐商会の経営は難渋したが、接待攻勢と悪徳商法で何とか幕末を乗り切った。維新後、岩崎弥太郎は、政府出仕を諦めて商事専念を決意、土佐商会を引継いで独立し三菱商会を発足させた。三菱商会は、間もなく起った台湾出兵で輸送業務を一手に引受けたことで飛躍、功労成って大久保利通政府から保護育成会社に指定され、最大手だった日本国郵便蒸気船会社を吸収、続く西南戦争でも政府御用として業績を伸張させ、全国汽船総トン数の70%以上を占める「三菱海上王国」を現出させた。ところが、明治十四年政変で大隈重信が失脚すると、薩長閥政府は黒田清隆・西郷従道を筆頭に公然と三菱への猛攻を開始、自由党系新聞が「海坊主退治」と煽り立てたため世論も三菱弾劾を後押しした。薩摩閥と三井の井上馨は三菱潰しのため共同運輸会社を設立、熾烈な競争の末に両者の経営は行き詰まった。岩崎弥太郎は必死の抵抗を続けたが、死闘の最中51歳で無念の憤死を遂げた。後を継いだ弟の岩崎弥之助は苦渋の決断で三菱の海運部門を共同運輸に譲渡し両社合併して日本郵船が発足した。三菱は本業の海運業を失ったが、岩崎弥之助が残された鉱山採掘・造船・倉庫・水道・為替・樟脳製造・製糸・保険などを発展させ今日に続く三菱財閥の基礎を築き、日本郵船も三菱傘下に取戻した。

財政支出の約30%を占める士族への家禄支給額は明治政府の大きな負担であり、また徴兵令で民兵軍が創設されると軍役の対価という家禄の意義も失われた。そこで大久保利通政府は、士族に家禄の5~14年分にあたる金禄公債証書を与え代わりに家禄と賞典禄の支給を停止した。士族は毎年5~10%の利子を受取り元金は段階的に償却される約定であったが、受給者の大半を占める下級士族の利子所得は家計費の3割に満たず多くは金禄公債を売却し没落した。四民平等、徴兵令、廃刀令に続く秩禄処分により下級士族は全ての特権を剥奪され、こののち頻発する不平士族反乱の決定的要因となった。

西南戦争は、西郷隆盛を盟主に担ぐ旧薩摩藩士が起した不平士族反乱で日本史上最大の内乱事件である。徴兵令、廃刀令、秩禄処分と続いた士族の特権剥奪政策に対する不満は全国に蔓延し、佐賀の乱を皮切りに既に各地で不平士族反乱が起っていたが、薩摩藩は維新の功労があるだけに不満は大きく、さらに他藩より武家率が数倍も高く武士の絶対数が多かったことも災いし(全国士族の1割とも)、空前の大規模反乱に発展した。征韓論争に敗れて鹿児島に退いた西郷隆盛は、暴発を抑えるため私学校を作って統制に努めたが、逆に求心力となって続々と不平士族が参集、鹿児島は中央政府から独立した「私学校王国」の様相を呈した。そして遂に暴発事件が起ると、西郷は、篠原国幹・村田新八・桐野利秋・辺見十郎太ら私学校党幹部に身を委ね、「陳情」を名分に中央への進軍を開始した。大久保利通率いる明治政府は、即座に断固鎮圧の断を下し、鹿児島県逆徒征討総督の有栖川宮熾仁親王以下、実質的な指揮官(参軍)には山縣有朋陸軍中将と川村純義海軍中将を任命、徴兵制で発足したばかりの鎮台兵を大挙派兵し、また旧士族を急募して編成した警察兵も続々と投入した。戦域は鹿児島県から熊本県、宮崎県、大分県にまで拡大、戦死者は官軍6,403人・西郷軍6,765人に及び、激戦の末に西郷隆盛はじめ反乱軍の幹部は悉くが戦死、反乱は鎮圧された。このとき戦った官軍には、司令官の大山巌中将・谷干城少将、参謀長の樺山資紀中佐のほか、児玉源太郎少佐・川上操六少佐・奥保鞏少佐・乃木希典少佐など後の大物軍人が数多く従軍した。西南戦争で政府が費やした戦費は4156万円の巨額に及び深刻な財政難に陥って富国強兵政策の重大な足枷となった。さらに、西南戦争の最中に木戸孝允は「西郷、いいかげんにせんか」の言葉を残して病没、その西郷隆盛も間もなく戦死、残った大久保利通も翌年不平士族の凶刃に斃れた。柱石たる「維新の三傑」を一気に喪った悪影響は計り知れず、明治日本にとって最も不幸な大災難であった。ただ、岩崎弥太郎の三菱・大倉喜八郎・三井など政商たちに戦時特需をもたらし飛躍の契機を与えたことは、せめてもの救いであった。

西南戦争で西郷隆盛が自決したとの知らせを受けた大久保利通は号泣し、鴨居に頭をぶつけながら家の中を歩き回り、「おはんの死と共に、新しか日本がうまれる。強か日本が」と絶叫したといい、紀尾井坂で暗殺される直前に太政官府へ向かう馬車の中で西郷の手紙を読んでいたという。「大西郷」「南洲翁」人気が根強い鹿児島県では今日に至るまで大久保の人気は低い。鹿児島市電の加治屋町駅前の目抜き通りに立派な大久保の銅像がそびえるが、西南戦争百周年に際して西郷像があって大久保像がないのを不自然とする他県人の声に応えて建てられたものである。

明治維新後の軍部は、西郷隆盛の薩摩閥と大村益次郎の長州閥が勢力を二分したが、西南戦争で西郷隆盛と共に桐野利秋・村田新八・篠原国幹ら薩摩閥を担うべき人材が戦死、大山巌や西郷従道は残ったものの長州閥が俄然優勢となった。長州藩の木戸孝允・大村益次郎・伊藤博文は文民統治を重視したが、運よく奇兵隊幹部から長州軍人のトップに納まった山縣有朋は木戸の死でタガが外れ、長州閥で陸軍を牛耳り政治に乗出して軍拡を推進、伊藤の没後は直系の桂太郎・寺内正毅・田中義一を首相に据え政府に君臨した。外征志向の山縣有朋は強大な軍隊を志し、プロシア流の皇帝直属軍すなわち「天皇の統帥権を大義名分とする自律的な軍隊」の建設に邁進、軍事予算の獲得と外征に励みつつ軍部大臣現役武官制などで文民統治を排除した。「金があれば早稲田の杜を水底に沈めたい」ほど政党嫌いの山縣有朋は自由民権運動の弾圧に執念を燃やしたが、これも「国民の軍隊」を作らせないための自己防衛であった。大村益次郎の遺志を継いだ山田顕義と三好重臣・鳥尾小弥太・三浦梧楼・谷干城らはフランス流の市民軍を構想し「外征を前提とした軍拡は国家財政の重荷となりむしろ国力を弱める」と正論を説いたが、山縣有朋は官有物払下げ事件に乗じ山田一派を追放、思惑どおり政府や国民の干渉を受けない自律的な軍隊を作り上げた。山縣有朋は死ぬまで極端な長州優遇人事を貫いたが、優秀な野津道貫・児玉源太郎らが死ぬと人材が枯渇、山縣の死の前年に「バーデン・バーデン密約」を交し長州閥打倒で結束した永田鉄山・小畑敏四郎・東條英機・石原莞爾ら中堅幕僚「一夕会」が下克上で陸軍を乗取り満州事変・日中戦争・仏印進駐・対米開戦へと暴走した。一方、当初陸軍の一部だった海軍では、薩摩人の山本権兵衛が西郷従道を擁して大胆な組織・人事改革を行い日清・日露戦争の活躍で陸軍から完全独立、出身地に拘らない人材登用で加藤友三郎(広島)・斎藤実(仙台)・岡田啓介(福井)・米内光政(岩手)・山本五十六(越後長岡)・井上成美(仙台)・鈴木貫太郎(下総関宿)らを輩出したが、後継指名した伏見宮博恭王が艦隊派首領となり対米開戦を主導した。