97 kishinobusuke

きし のぶすけ

岸 信介

1896年~1987年

100

戦前は満州国の統制経済を牽引し東條英機内閣の商工大臣も務めた「革新官僚」、米国要人に食込みCIAから資金援助を得つつ日米安保条約の不平等是正に挑んだ智謀抜群の「昭和の妖怪」

同じ時代の人物

Sunhyou

基礎点

80

「謎の発病」で退陣した石橋湛山に代わり自民党総裁を引継いだ岸信介が組閣した。「昭和の妖怪」岸信介は謎が多く真意が見えにくいが、アメリカの一枚上手を行く稀有な政治家であった。戦前の岸信介は統制経済を牽引した「革新官僚」で満州国総務庁次長として「弐キ参スケ」に数えられ、東條英機内閣の商工大臣を務めたことでA級戦犯容疑で投獄された。しかし獄中で岸信介が予見した通り東西冷戦に伴うアメリカの対日政策変更で不起訴のまま釈放され、1951年公職追放解除で政界に復帰した。社会党に拒まれた岸信介は実弟の佐藤栄作を頼り自由党に入るも吉田茂の従米路線に反対し除名処分、反吉田勢力が結党した日本民主党に加わり鳩山一郎総裁・重光葵副総裁に次ぐ幹事長に就任した。一方、岸信介は米国要人にも人脈を広げ国務長官・CIA長官のダレス兄弟と親密になりアイゼンハワー大統領にも食込んだ。1955年「保守合同」に際しダレス国務長官は保守政党への財政支援を示唆しCIAから巨額の資金が供与されたが(200万ドルとも1000万ドルとも)、受取り手の中心は岸信介であった。従米派とみられた岸信介首相はアメリカの期待に応え再軍備を推進したが、「戦前の大日本帝国の栄光を取り戻す」べく日米安保条約の不平等是正に挑みアジア重視の外交政策(外交三原則)に取組んだ。アイゼンハワー大統領は「安保改定」に理解を示したが米軍とCIAは岸信介政権を危険視し、池田勇人・三木武夫ら自民党従米派と「安保闘争」の妨害で本丸の日米行政協定には踏込めずに終わった。「新安保条約」成立直後に岸信介内閣は退陣したが安保闘争も忽ち終息、「学生運動指導者らに確たる目的はなく、従米派の政治家・財界人・新聞各社が岸信介内閣打倒のために仕掛けた扇動工作」との説が説得力を持った。岸信介は新安保の有効期限を10年に区切り以降は1年前予告で破棄できる条項をねじ込み「真の独立」を次代へ託したが、佐藤栄作以後の内閣は不変更新を続ける。2015年安倍晋三内閣は「集団的自衛権」を合法化したが、祖父の岸信介が目指した双務的体裁の実質化・米軍撤退・軍事的独立への再挑戦と信じたい。

10

岸信介は「昭和の妖怪」の渾名どおり常人には善悪の判別が難しいキャラクターだが、天才的智謀と愛国的信念の持主であったと思われる。戦前の岸信介は「革新官僚」の中心人物として統制経済を提唱し、「国家総動員体制」の陸軍統制派や「大政翼賛会」の近衛文麿首相と同志的関係にあり、東條英機内閣で商工相に補されたが、敗戦が決定的になると閣内不一致で東條内閣を退陣へ追込んだ。岸信介が満州国で行った壮大な実験的経済政策は成功を収め、戦後「傾斜生産方式」に代表される官僚主導の計画経済へ受継がれ日本復興の原動力となった。「開戦内閣」閣僚の岸信介はA級戦犯容疑で巣鴨プリズンに収監されたが、獄中にあってソ連の機関紙『プラウダ』などを入手して情報分析に励み、東西冷戦の激化に伴うアメリカの対日占領政策の変化を正確に予見していた。岸信介は『獄中日記』に「冷戦が起り始めている。このまま米国とソ連の対立が進めば、米国は自分を使いにくるだろう」と書き留め、後年「冷戦の推移は、巣鴨でのわれわれの唯一の頼みだった。これが悪くなってくれば、首を絞められずにすむだろうと思った」と述懐している。公職追放解除で政界復帰を果した岸信介は、米国要人に接近してアイゼンハワー大統領やダレス国務長官に食込み、CIAから巨額の資金援助を引出して「保守合同」を実現したが、首相に就任するとアメリカが嫌がるアジア重視の自主外交(外交三原則)を掲げ不平等安保の改定に挑戦した。猖獗を極めた「安保闘争」は岸信介内閣の総辞職で忽ち終息したが、打倒目標は日米安保条約より理解し難い岸首相個人だったのかも知れない。

10

従米派と見られた岸信介はアメリカの期待を担って組閣したが、首相に就任すると「国際連合中心・自由主義諸国との協調・アジアの一員としての立場の堅持」という「外交三原則」を掲げ自主外交に乗出した。岸信介は首相として初めて東南アジアおよびオセアニアの諸国を歴訪し、アメリカを刺激しかねない「東南アジア開発基金構想」を提唱した。岸信介首相の歴訪で戦争賠償問題は大きく前進しインドネシア・ラオス・カンボジア・南ベトナムと相次いで賠償協定を締結し国交回復を達成、日本政府が賠償額に相当する生産物やサービスを日本企業から調達し相手国に供与する方式を採ったため日本企業の東南アジア「再進出」にも道を拓いた。また岸信介首相は国際連合中心主義を実践し1958年日本は初めて国連安全保障理事会の非常任理事国となっている。岸信介は自民党きっての「親台湾派」「親韓国派」で退陣後も頻繁に両国を訪問、満州国以来旧知の朴正煕韓国大統領と池田勇人首相の間を取持ち日韓国交回復をサポートした。なお、軍事クーデターで発足した朴正煕政権は、国家予算を上回る日本の経済援助(日韓併合で同じ国だったので戦争賠償はありえない)で韓国経済を再建し李承晩が敷いた無闇な反日原理主義を改め本来の敵である反共反北へ舵を切ったが、盧泰愚の失脚で真当な軍事政権は終わり、金泳三以後の親北政権は教育により反日をエスカレートさせ「従軍慰安婦」と「靖国参拝」に特化した朴槿恵(父朴正煕の親日政策を自己批判)の反日専門政権へ至る。

Shijitsu

1896

山口県庁官吏(酒造業に転身)佐藤秀助の次男佐藤信介(岸信介)が吉敷郡山口町にて出生(佐藤栄作は実弟)

もっと見る

1898

列強による清の植民地争奪競争が激化

詳細を見る

もっと見る

1902

第一次日英同盟協約締結

詳細を見る

もっと見る

1904

日露戦争開戦

詳細を見る

もっと見る

1905

ポーツマス条約調印

詳細を見る

もっと見る

1906

南満州に関東都督府設置

詳細を見る

もっと見る

1906

南満州鉄道会社(満鉄)設立・後藤新平が初代総裁就任、アメリカの干渉が始まる

詳細を見る

もっと見る

1909

アメリカが満鉄の中立化を提唱

詳細を見る

もっと見る

1909

伊藤博文がハルビン駅頭で朝鮮人に射殺される(享年68)

詳細を見る

もっと見る

1910

伊藤博文暗殺を機に軍部・対外硬派が韓国併合を断行、韓国統監府を朝鮮総督府に改組し軍政を敷くが民生向上により義兵運動は沈静化

詳細を見る

もっと見る

1910

鮎川義介が大叔父井上馨の援助により戸畑鋳物株式会社(日立金属の前身)設立

詳細を見る

もっと見る

1910

佐藤秀助(婿養子)が次男の岸信介を実家岸家の養子に出す

もっと見る

1911

不平等条約改正で完全平等達成(関税自主権の完全回復)

詳細を見る

もっと見る

1912

孫文ら辛亥革命が南京に中華民国を樹立し北洋軍閥・袁世凱の反旗で清朝滅亡

詳細を見る

もっと見る

1912

明治天皇が崩御し大正天皇が即位

もっと見る

1914

第一次世界大戦勃発、世界的物資不足のなか日本は特需景気を満喫

詳細を見る

もっと見る

1914

大隈重信政府が日英同盟を名分にドイツに宣戦布告し南洋諸島・山東省青島を占領

もっと見る

1915

大隈重信内閣が袁世凱政府に「対華21カ条要求」を突きつける

詳細を見る

もっと見る

1916

寺内正毅内閣(長州・陸軍)発足

詳細を見る

もっと見る

1917

イギリスの強要により日本海軍の艦隊が地中海へ出動

もっと見る

1917

レーニンらボルシェヴィキがロマノフ朝ロシアを滅ぼし世界初の社会主義政権を樹立(ロシア革命)

詳細を見る

もっと見る

1918

シベリア出兵

詳細を見る

もっと見る

1918

第一次世界大戦終結

詳細を見る

もっと見る

1919

パリ講和会議・ベルサイユ条約で第一次世界大戦の講和成立(日本全権は西園寺公望・牧野伸顕)、重光葵も随行

詳細を見る

もっと見る

1919

岸信介が岸良子と結婚し岸家を相続

もっと見る

1920

国際連盟が発足し日本は英仏伊と共に常任理事国に列す

詳細を見る

もっと見る

1920

岸信介が東京帝国大学法学部法律学科(独法)を卒業し農商務省出仕

もっと見る

1920

鮎川義介が久原財閥を承継し日産コンツェルンを形成

詳細を見る

もっと見る

1921

高橋是清内閣(政友会)発足

詳細を見る

もっと見る

1921

アメリカの工作により日英同盟が廃棄となる

詳細を見る

もっと見る

1921

加藤友三郎海相・幣原喜重郎駐米大使がワシントン海軍軍縮条約調印を断行

詳細を見る

もっと見る

1922

山縣有朋死去

もっと見る

1922

加藤友三郎内閣(海軍)発足

詳細を見る

もっと見る

1922

加藤友三郎首相が日本軍のシベリア撤兵を断行

詳細を見る

もっと見る

1922

ソビエト社会主義共和国連邦樹立、スターリンが最高指導者となる

詳細を見る

もっと見る

1923

関東大震災

詳細を見る

もっと見る

1923

第二次山本権兵衛内閣(海軍)発足

詳細を見る

もっと見る

1924

清浦奎吾内閣(貴族院)発足

詳細を見る

もっと見る

1924

佐藤栄作が東京帝国大学法学部法律学科(独法)卒業、親戚の松岡洋右の引きで鉄道省に入省し門司鉄道局等勤務

もっと見る

1924

加藤高明内閣(憲政会)発足、幣原喜重郎が外務大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1925

日ソ基本条約調印、国交樹立

もっと見る

1925

農商務省が商工省と農林省に分割、岸信介は商工省配属

もっと見る

1925

普通選挙法制定

詳細を見る

もっと見る

1926

第一次若槻禮次郞内閣(憲政会)発足、幣原喜重郎が外相就任

詳細を見る

もっと見る

1926

孫文の死に伴い蒋介石が広東の国民政府を掌握し北伐開始

詳細を見る

もっと見る

1926

幣原喜重郎外相が英米からの中国派兵要請を拒否

もっと見る

1926

岸信介が1年間の欧米出張

もっと見る

1926

大正天皇が崩御し昭和天皇が即位

もっと見る

1927

片岡直温蔵相の失言により金融恐慌が発生

詳細を見る

もっと見る

1927

蒋介石軍が南京の日英領事館襲撃(南京事件)、対中国不干渉方針の幣原喜重郎外相が「軟弱外交」の批判を浴びる

もっと見る

1927

蒋介石が南京国民政府を樹立、第一次国共合作崩壊

詳細を見る

もっと見る

1927

田中義一内閣(長州・陸軍・政友会)発足

詳細を見る

もっと見る

1927

高橋是清蔵相が金融恐慌を沈静化、高橋は蔵相を依願退職

詳細を見る

もっと見る

1928

陸軍中央で「満蒙領有」方針が現れる

詳細を見る

もっと見る

1928

蒋介石の国民革命軍が張作霖(日本の傀儡)の北京政府を打倒し北伐完了

詳細を見る

もっと見る

1928

張作霖爆殺事件(満州某重大事件)、陸軍中堅幕僚の暴走が始まる

詳細を見る

もっと見る

1928

張学良が奉天軍閥を承継、関東軍と対立し「満州問題」が深刻化

詳細を見る

もっと見る

1928

石原莞爾が関東軍作戦参謀に就任

詳細を見る

もっと見る

1929

永田鉄山の二葉会に木曜会が合流し「一夕会」が発足

詳細を見る

もっと見る

1929

岸信介が商工大臣官房文書課長任官

もっと見る

1929

濱口雄幸内閣(民政党)発足、幣原喜重郎が外相就任

詳細を見る

もっと見る

1929

軍部や松岡洋右満鉄副総裁の扇動で「満蒙生命線論」が興隆

詳細を見る

もっと見る

1929

世界恐慌始まる、軍需主導で日本経済は1934年に回復

詳細を見る

もっと見る

1929

農産物価格が暴落し農家が大打撃を受ける

詳細を見る

もっと見る

1930

金解禁(金本位制復帰)

詳細を見る

もっと見る

1930

幣原喜重郎外相と海軍条約派がロンドン海軍軍縮条約調印を断行

詳細を見る

もっと見る

1930

鳩山一郎・犬養毅ら政友会が統帥権干犯問題を引起し東郷平八郎・伏見宮博恭王を担ぐ艦隊派(軍拡反米英派)が海軍主流となる

詳細を見る

もっと見る

1930

濱口雄幸首相銃撃事件

詳細を見る

もっと見る

1931

第二次若槻禮次郞内閣(民政党)発足、幣原喜重郎が外相就任

詳細を見る

もっと見る

1931

永田鉄山軍事課長ら「五課長会」が「満蒙問題解決方策の大綱」を決定し関東軍へ「1年間の隠忍自重方針」を通達

詳細を見る

もっと見る

1931

中村震太郎大尉殺害事件、万宝山事件、陸軍首脳が武力解決を決意

詳細を見る

もっと見る

1931

関東軍参謀の石原莞爾・板垣征四郎らが柳条湖事件を起し満州事変勃発

詳細を見る

もっと見る

1931

朝鮮駐留軍の林銑十郎司令官が独断で越境増援、若槻禮次郞内閣が追認

詳細を見る

もっと見る

1931

軍事費の急増が始まる

詳細を見る

もっと見る

1931

新聞各紙の満州事変礼賛報道で好戦ムードが蔓延

詳細を見る

もっと見る

1931

石原莞爾ら満州事変首謀者が「満蒙問題解決案」を策定

詳細を見る

もっと見る

1931

十月事件、若槻禮次郞首相・幣原喜重郎外相らがテロの標的となる

詳細を見る

もっと見る

1931

若槻禮次郞内閣が満州国建国方針を決定

詳細を見る

もっと見る

1931

外相退任の幣原喜重郎が隠退し対英米協調・対中不干渉の「幣原外交」が終焉

詳細を見る

もっと見る

1931

犬養毅内閣(政友会)発足、一夕会系の荒木貞夫が陸相就任

詳細を見る

もっと見る

1932

関東軍が満州全域を制圧

詳細を見る

もっと見る

1932

第一次上海事変

詳細を見る

もっと見る

1932

軍拡反米英派(艦隊派)首領の伏見宮博恭王が海軍軍令部長(総長へ改称)就任(~1941)

詳細を見る

もっと見る

1932

血盟団事件

詳細を見る

もっと見る

1932

満州国建国

詳細を見る

もっと見る

1932

国際連盟が満州国にリットン調査団を派遣

詳細を見る

もっと見る

1932

上海天長節爆弾事件

詳細を見る

もっと見る

1932

五・一五事件~海軍将校が武装蜂起し犬養毅首相を殺害(享年77)政党内閣が終焉

詳細を見る

もっと見る

1932

斎藤実内閣(海軍)発足

詳細を見る

もっと見る

1932

斎藤実内閣が満州国を承認

もっと見る

1932

国際連盟ジュネーブ特別総会開幕、松岡洋右首席全権の対外硬演説に日本大衆が沸く

もっと見る

1933

松岡洋右首席全権が国際連盟総会で脱退劇を演じ斎藤実政府は満州撤退勧告を拒否

詳細を見る

もっと見る

1933

重光葵が外務次官就任

詳細を見る

もっと見る

1934

林銑十郎が陸相に就任し永田鉄山ら統制派が陸軍中央を掌握

詳細を見る

もっと見る

1934

岡田啓介内閣(海軍)発足

詳細を見る

もっと見る

1934

日本経済が世界恐慌前の水準に回復、軍需主導で更なる高度成長が続く

詳細を見る

もっと見る

1935

岸信介が商工省工務局長任官

もっと見る

1936

二・二六事件

詳細を見る

もっと見る

1936

広田弘毅内閣(外務官僚)発足~軍国主義化が一気に加速

詳細を見る

もっと見る

1936

「満州開拓移民推進計画」決定

詳細を見る

もっと見る

1936

商工官僚の岸信介が満州国国務院へ転出し統制経済を牽引

もっと見る

1936

日独防共協定調印

詳細を見る

もっと見る

1936

広田弘毅内閣が「北守南進政策」を決定

詳細を見る

もっと見る

1936

西安事件

詳細を見る

もっと見る

1936

ワシントン・ロンドン海軍軍縮条約廃棄

詳細を見る

もっと見る

1937

林銑十郎内閣(陸軍)発足

詳細を見る

もっと見る

1937

第一次近衛文麿内閣(公家・外相広田弘毅)発足~亡国の貴公子登場

詳細を見る

もっと見る

1937

岸信介が満州国産業部次長に就任し(のち総務省次長)「産業開発五ヵ年計画」で統制経済を推進

詳細を見る

もっと見る

1937

盧溝橋事件で日中戦争が始まる

詳細を見る

もっと見る

1937

近衛文麿内閣の増派決定で日中戦争拡大

詳細を見る

もっと見る

1937

日本軍が北京・天津・上海を攻略(第二次上海事変)

もっと見る

1937

石原莞爾の停戦案を近衛文麿首相と陸軍統制派が拒否

詳細を見る

もっと見る

1937

第二次国共合作成立

詳細を見る

もっと見る

1937

鮎川義介が石原莞爾ら陸軍の要請に応じ満州重工業開発株式会社を設立し日産の重工業部門を満州へ移転

詳細を見る

もっと見る

1937

近衛文麿内閣が統制経済推進のため企画院を開設

もっと見る

1937

日本軍が国民政府の首都南京を占領

もっと見る

1938

日本軍が武漢三鎮を占領するが蒋介石の国民政府は重慶へ退避

詳細を見る

もっと見る

1938

近衛文麿首相がトラウトマンの日中戦争和解案を拒絶

詳細を見る

もっと見る

1938

近衛文麿首相が「国民政府を対手とせず」と発表(第一次近衛声明)

詳細を見る

もっと見る

1938

国家総動員法公布~軍国主義化の決定打

詳細を見る

もっと見る

1938

近衛文麿首相が「東亜新秩序声明」~欧米を激しく挑発

詳細を見る

もっと見る

1939

平沼騏一郎内閣(右翼・司法官僚)発足

詳細を見る

もっと見る

1939

ナチス・ドイツから日独伊三国同盟の提案を受ける

詳細を見る

もっと見る

1939

ノモンハン事件勃発

詳細を見る

もっと見る

1939

天津事件、アメリカが日米通商航海条約破棄を通告

詳細を見る

もっと見る

1939

独ソ不可侵条約調印

詳細を見る

もっと見る

1939

阿部信行内閣(陸軍)発足

詳細を見る

もっと見る

1939

ドイツ軍がポーランド侵攻、英仏が独に宣戦布告し第二次世界大戦勃発

もっと見る

1939

岸信介が満州から帰国し商工次官に就任

もっと見る

1939

企画院事件発生、岸信介ら革新官僚が赤化思想として糾弾される

もっと見る

1939

武藤章が陸軍省軍務局長兼調査部長就任

詳細を見る

もっと見る

1940

米内光政内閣(海軍)発足

詳細を見る

もっと見る

1940

日本が汪兆銘を擁立して南京に中華民国政府を樹立

詳細を見る

もっと見る

1940

日本軍による重慶爆撃

詳細を見る

もっと見る

1940

イタリアが英仏に宣戦布告

もっと見る

1940

ナチス・ドイツ軍がパリを占領しフランス降伏

詳細を見る

もっと見る

1940

第二次近衛文麿内閣(公家)発足(松岡洋右外相・東條英機陸相)

詳細を見る

もっと見る

1940

アメリカが対日屑鉄輸出を全面禁止、ABCD包囲網による経済封鎖が本格化

詳細を見る

もっと見る

1940

「バトル・オブ・ブリテン」でイギリスがナチス・ドイツの本土上陸作戦を阻止

詳細を見る

もっと見る

1940

近衛文麿内閣が日独伊三国同盟を決定し英米が正面敵となる

詳細を見る

もっと見る

1940

日本軍が北部仏領インドシナへ進駐し南進政策始動

詳細を見る

もっと見る

1940

陸軍統制派で最強硬の田中新一が参謀本部第1部長に就任、対米妥協論の武藤章軍務局長と対立

詳細を見る

もっと見る

1940

近衛文麿首相が大政翼賛会を結成し総裁就任

詳細を見る

もっと見る

1940

海軍の出師準備発令

詳細を見る

もっと見る

1940

最後の元老西園寺公望死去

詳細を見る

もっと見る

1940

岡敬純・石川信吾ら対米強硬派が海軍を完全掌握し海軍国防政策委員会を設置

詳細を見る

もっと見る

1941

アメリカがレンドリース法を成立させ連合国へ大規模軍事支援開始

もっと見る

1941

企画院事件で小林一三商工相と岸信介商工次官が対立し両者辞任(後任商工相は豊田貞次郎)

もっと見る

1941

松岡洋右外相がナチス・ドイツのヒトラーを表敬訪問、シンガポール攻撃を吹込まれる

詳細を見る

もっと見る

1941

松岡洋右外相がスターリンを訪問し電撃的に日ソ中立条約調印

詳細を見る

もっと見る

1941

野村吉三郎駐米大使の日米和解交渉が松岡洋右外相の妨害により停止

詳細を見る

もっと見る

1941

独ソ戦開戦

詳細を見る

もっと見る

1941

第三次近衛文麿内閣(公家)発足、松岡洋右外相を放逐

詳細を見る

もっと見る

1941

関東軍特種演習~対ソ連開戦に備えた関東軍増強

詳細を見る

もっと見る

1941

南部仏領インドシナ進駐開始

詳細を見る

もっと見る

1941

アメリカが在米日本資産を凍結し英蘭らも追随

もっと見る

1941

アメリカが対日石油輸出全面禁止

詳細を見る

もっと見る

1941

御前会議で「帝国国策遂行要領」を定め対米開戦決意

詳細を見る

もっと見る

1941

東條英機内閣(陸軍)発足、岸信介が商工大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1941

アメリカの最後通牒(ハル・ノート)で日米交渉が決裂し御前会議で対米開戦決定

詳細を見る

もっと見る

1941

ナチス・ドイツ軍がモスクワ攻略に失敗し後退が始まる

詳細を見る

もっと見る

1941

日本海軍の真珠湾攻撃・陸軍のマレー侵攻で太平洋戦争勃発

詳細を見る

もっと見る

1942

日本軍が香港・マニラ・シンガポールを攻略

もっと見る

1942

日本軍がインドネシア全域を占領し石油供給源を獲得(シーレーン断絶で宝の持ち腐れとなる)

詳細を見る

もっと見る

1942

東條英機首相が武藤章軍務局長をフィリピン方面軍に左遷

詳細を見る

もっと見る

1942

翼賛選挙、岸信介商工相が衆議院議員初当選(~1943)

もっと見る

1942

ミッドウェー海戦で日本海軍大敗

詳細を見る

もっと見る

1942

鮎川義介が満州重工業開発総裁を辞任し日産コンツェルンは満州から全面撤退

詳細を見る

もっと見る

1942

東條英機首相が田中新一参謀本部第1部長をビルマ方面軍に左遷

詳細を見る

もっと見る

1943

スターリングラード攻防戦でソ連軍がドイツ軍を撃退

詳細を見る

もっと見る

1943

日本軍がソロモン沖海戦で敗北しガダルカナル島撤退

詳細を見る

もっと見る

1943

谷正之に代わり重光葵が外相就任

もっと見る

1943

ムッソリーニのイタリアが早々に連合国に降伏

もっと見る

1943

商工省が軍需省へ改組され東條英機首相が軍需相兼任、岸信介商工相は国務大臣兼軍需次官に降格

もっと見る

1943

東條英機首相・重光葵外相が東京で大東亜会議を開催

詳細を見る

もっと見る

1943

米英中が「カイロ宣言」発表

詳細を見る

もっと見る

1944

東條英機の意を受けた牟田口廉也が無用無謀のインパール作戦を強行

詳細を見る

もっと見る

1944

マリアナ沖海戦敗北・サイパン島陥落で日本の敗戦が決定的となる

詳細を見る

もっと見る

1944

伏見宮博恭王の示唆により軍令部で特攻作戦の計画が具体化

詳細を見る

もっと見る

1944

小磯國昭内閣(陸軍)発足

詳細を見る

もっと見る

1944

小磯國昭内閣が徴兵年齢を拡大し「根こそぎ動員」

詳細を見る

もっと見る

1944

レイテ沖海戦で日本海軍が壊滅し南方補給路が断絶(伏見宮博恭王元帥の示唆で「特攻作戦」始動)

詳細を見る

もっと見る

1945

昭和天皇・マッカーサー会談(以後11回)

もっと見る

1945

連合軍総司令部(GHQ)による間接統治開始(~1952)

詳細を見る

もっと見る

1945

近衛文麿国務相がマッカーサーと会談、生存を賭けて憲法改定起草に乗出す

詳細を見る

もっと見る

1945

幣原喜重郎内閣(外務官僚・従米路線)発足、吉田茂が外相就任

詳細を見る

もっと見る

1945

GHQが五大改革指令

詳細を見る

もっと見る

1945

マッカーサーが日本軍の武装解体完了を宣言

もっと見る

1945

国際連合発足

もっと見る

1945

GHQが財閥解体指令

詳細を見る

もっと見る

1945

日本社会党(片山哲書記長)・日本自由党(鳩山一郎総裁)・日本進歩党(町田忠治総裁)の結党が相次ぐ

もっと見る

1945

陸軍省・海軍省が復員省に改組され700万人以上の復員軍人を処理

もっと見る

1945

松本蒸治国務相(松本委員会)が憲法改正四原則を発表

詳細を見る

もっと見る

1945

衆議院議員選挙法改定(婦人参政権容認)、「GHQ解散」

もっと見る

1945

米英ソがヤルタ会談(ソ連の対日参戦を秘密合意)

詳細を見る

もっと見る

1945

陸海軍統帥部が「本土決戦完遂基本要綱」を決定

詳細を見る

もっと見る

1945

東京大空襲はじめ米軍の空爆で全国主要都市が焼け野原と化す

詳細を見る

もっと見る

1945

硫黄島陥落で日本軍は本土制空権も完全喪失

詳細を見る

もっと見る

1945

沖縄戦が始まる

詳細を見る

もっと見る

1945

ソ連が日ソ中立条約廃棄を通告

詳細を見る

もっと見る

1945

吉田茂が近衛上奏文事件で憲兵隊に2ヶ月間拘置され反軍部の「勲章」獲得

詳細を見る

もっと見る

1945

鈴木貫太郎内閣(海軍)発足

詳細を見る

もっと見る

1945

ハリー・S・トルーマン(共和党)が米大統領就任(~1953)

もっと見る

1945

ドイツが連合国に降伏

もっと見る

1945

鈴木貫太郎政府がソ連を仲介とする日米和解工作に動く

詳細を見る

もっと見る

1945

アメリカが原子爆弾実験に成功しトルーマン大統領が日本への投下命令

詳細を見る

もっと見る

1945

連合国がポツダム宣言発表

詳細を見る

もっと見る

1945

トルーマンが広島に原子爆弾投下

詳細を見る

もっと見る

1945

スターリンがソ連軍に対日参戦発令、原子爆弾開発を厳命

詳細を見る

もっと見る

1945

ソ連が日ソ中立条約を破り満州・樺太・朝鮮へ侵攻

詳細を見る

もっと見る

1945

トルーマンが長崎に原子爆弾投下

詳細を見る

もっと見る

1945

日本がポツダム宣言に基づく降伏を通告

詳細を見る

もっと見る

1945

玉音放送

もっと見る

1945

東久邇宮稔彦王内閣(公家)発足、重光葵が外相就任(吉田茂に途中交代)

もっと見る

1945

日本政府が進駐軍兵士専用の「特殊慰安施設(売春施設)」設置

詳細を見る

もっと見る

1945

東久邇宮稔彦王首相の「一億総懺悔」発言で敗戦原因究明がうやむやとなる

詳細を見る

もっと見る

1945

マッカーサー連合軍最高司令官が着任し連合軍進駐開始

詳細を見る

もっと見る

1945

日本代表の重光葵外相が降伏文書に調印し第二次世界大戦終結、ソ連は満州侵略を止めず北朝鮮まで制圧

詳細を見る

もっと見る

1945

GHQが陸海軍解体指令

もっと見る

1945

GHQが言論統制を発動し民間検閲支隊による徹底的な検閲を開始

詳細を見る

もっと見る

1945

東條英機逮捕でGHQの戦犯狩り開始、岸信介もA級戦犯容疑で収監される

詳細を見る

もっと見る

1945

GHQが自主路線の重光葵外相を更迭し超従米路線の吉田茂に外相交代

詳細を見る

もっと見る

1945

米国務省が「降伏後における米国の初期対日方針」決定

詳細を見る

もっと見る

1946

天皇の「人間宣言」(神格否定の詔書公表)

もっと見る

1946

GHQが公職追放を発動し軍関係者を中心に約21万人が遭難(1951年解除)

詳細を見る

もっと見る

1946

GHQが日本政府から沖縄施政権を剥奪

もっと見る

1946

GHQが幣原喜重郎内閣の第一次農地改革法案を拒否し徹底的改革を命令

もっと見る

1946

GHQが松本委員会の憲法草案を拒否し「押付け憲法」を幣原喜重郎内閣が受諾

詳細を見る

もっと見る

1946

インフレ抑制のため預金封鎖・新円切替を断行

もっと見る

1946

GHQ指令に基づき労働組合法公布

詳細を見る

もっと見る

1946

新選挙法による初の衆議院総選挙で鳩山一郎の自由党が勝利(初の女性議員39名が誕生)

もっと見る

1946

重光葵が巣鴨拘置所に投獄されA級戦犯容疑で起訴される

詳細を見る

もっと見る

1946

GHQが持株会社整理委員会を設置し財閥解体を本格化

詳細を見る

もっと見る

1946

極東国際軍事裁判(東京裁判)開始(~1948)

詳細を見る

もっと見る

1946

GHQが自主路線の鳩山一郎を公職追放し第一党自由党の後継総裁に吉田茂が就任

もっと見る

1946

第一次吉田茂内閣(自由党・外務官僚・従米路線の祖)発足、吉田茂が外相兼任

詳細を見る

もっと見る

1946

吉田茂内閣がGHQ指令に従い破壊的改革を強いる第二次農地改革法を制定

詳細を見る

もっと見る

1946

吉田茂首相がGHQ作成「押付け憲法」を押通し日本国憲法公布

詳細を見る

もっと見る

1946

吉田茂内閣で「戦後処理費(米軍駐留経費)」が膨張し一般歳出の32%を占める

詳細を見る

もっと見る

1947

佐藤栄作が運輸次官就任

もっと見る

1947

トルーマン米大統領が「トルーマン・ドクトリン」発表(ギリシア・トルコへの支援表明により共産主義勢力と戦う決意を示唆)

もっと見る

1947

総選挙、片山哲の社会党が第一党に躍進

もっと見る

1947

GHQ作成日本国憲法施行

もっと見る

1947

GHQ・吉田茂首相が米軍駐留経費増額に反抗する石橋湛山蔵相を公職追放

詳細を見る

もっと見る

1947

片山哲内閣(社会党・キリスト教徒)発足、芦田均が外相兼副総理就任

詳細を見る

もっと見る

1947

マーシャル米国務長官が「マーシャル・プラン」発表(西欧諸国への復興援助表明により東西対立が先鋭化、ソ連はコメコン設立で対抗)

もっと見る

1947

毛沢東の共産党軍が大反攻を開始し蒋介石の国民政府軍を圧倒、アメリカは防共のためアジア戦略変更を迫られる

詳細を見る

もっと見る

1947

芦田均外相がアメリカ政府に米軍の「有事駐留」を提案し怒りを買う

もっと見る

1947

昭和天皇がGHQに「沖縄の恒久的軍事占領が望ましい」と伝達

もっと見る

1947

過度経済力集中排除法(財閥解体の施行細則)施行

詳細を見る

もっと見る

1947

民法改正(夫婦平等・戸主権や長子相続権の廃止・自由結婚など)

もっと見る

1948

ロイヤル米陸軍長官演説(占領経費削減と「反共の防波堤」構築のため、日本経済の破壊から自給自足促進への戦略転換を提言)

詳細を見る

もっと見る

1948

李承晩と金日成の対立で米ソ合同委員会による南北朝鮮統一工作が破綻

もっと見る

1948

ジョージ・ケナンが来日し米国政府の日本解体緩和方針をマッカーサーに伝達

詳細を見る

もっと見る

1948

民主党を離脱した幣原喜重郎グループ(田中角栄も)が自由党に合流し民主自由党成立(吉田茂総裁)

詳細を見る

もっと見る

1948

日独占領政策を担うドレイパー米陸軍次官が日本視察し経済破壊政策の緩和を米政府に勧告(ジョンストン=ドレイパー報告)

詳細を見る

もっと見る

1948

芦田均内閣(民主党・外務官僚・自主路線)発足、芦田均が外相兼任

詳細を見る

もっと見る

1948

佐藤栄作が運輸次官を辞任し吉田茂の引きで民主自由党入り

もっと見る

1948

アメリカ軍政のもと大韓民国樹立宣言

もっと見る

1948

ソ連が「ベルリン封鎖」を強行し冷戦緊迫化

もっと見る

1948

ソ連共産党の指導下に金日成が朝鮮民主主義人民共和国樹立

もっと見る

1948

GHQ参謀第2部=東京地検特捜部が民政局打倒のため昭和電工疑獄を創出し芦田均内閣が総辞職

詳細を見る

もっと見る

1948

GHQ参謀第2部が民政局を打倒し第二次吉田茂内閣(民主自由党・外務官僚・従米路線の祖)発足、吉田茂が外相兼任

詳細を見る

もっと見る

1948

米政府が「国家安全保障会議文書」において日本経済の破壊から復興への180度戦略転換を確定

詳細を見る

もっと見る

1948

GHQが日本解体方針を緩和し「経済安定九原則」発表

もっと見る

1948

東條英機らA級戦犯7名の死刑執行、岸信介ら不起訴の戦犯容疑者は釈放

詳細を見る

もっと見る

1949

衆議院総選挙、吉田茂の与党民主自由党が単独過半数獲得

もっと見る

1949

佐藤栄作(民主自由党吉田茂派)が山口2区から出馬し衆議院議員初当選(~1975)

もっと見る

1949

池田勇人(民主自由党吉田茂派)が広島2区から出馬し衆議院議員初当選(~1965)

もっと見る

1949

幣原喜重郎が衆議院議長就任(~1951)

もっと見る

1949

第三次吉田茂内閣(民主自由党・外務官僚・従米路線の祖)発足、吉田茂が外相就任(岡崎勝男に途中交代)

もっと見る

1949

米軍が日本の再軍備方針を決定

詳細を見る

もっと見る

1949

ドッジ・ライン(GHQによる超緊縮財政政策)が深刻な反動デフレを引起し日本産業界は壊滅に瀕す

詳細を見る

もっと見る

1949

北大西洋条約機構(NATO)発足

もっと見る

1949

ソ連の核実験成功で東西冷戦が本格化

もっと見る

1949

毛沢東の共産党が国共内戦を制し北京で中華人民共和国樹立を宣言、アメリカで日本再軍備(反共の防波堤)要請が一層高まる

もっと見る

1950

中ソ友好同盟相互援助条約成立、アメリカで日本再軍備(反共の防波堤)要請が一層高まる

もっと見る

1950

吉田茂首相が池田勇人蔵相・宮澤喜一秘書官を派米し米軍駐留継続と単独講和を申入れ

もっと見る

1950

トルーマン米大統領がダレス米講和特使を派日(1951年までに4回来日)

詳細を見る

もっと見る

1950

朝鮮戦争勃発、米軍の特需で日本経済は蘇生しアメリカは破壊から復興へ対日政策を転換

詳細を見る

もっと見る

1950

GHQと反共の吉田茂首相がレッド・パージを開始し約1万2千人を公職追放(逆コース)

もっと見る

1950

GHQ指令を受け吉田茂政府が国家警察予備隊(自衛隊)創設

詳細を見る

もっと見る

1951

国家警察予備隊(自衛隊)の組織化完了、軍隊批判に対し吉田茂首相が「自衛のための戦力は合憲」と発言

詳細を見る

もっと見る

1951

トルーマン米大統領が対立するマッカーサー連合軍最高司令官を罷免しリッジウェイ大将に交代(ウィロビー参謀第2部長も退官)

詳細を見る

もっと見る

1951

自由党に鳩山一郎の派閥が起り吉田茂の主流派と勢力伯仲

もっと見る

1951

公職追放解除、岸信介も政界復帰

詳細を見る

もっと見る

1951

サンフランシスコ講和条約および日米安保条約調印、衆参両院が批准承認

詳細を見る

もっと見る

1951

講和条約の恩赦で重光葵ら戦犯受刑者が釈放される

もっと見る

1952

吉田茂政権が自由な米軍駐留と治外法権を認める日米行政協定(安保条約の施行細則)調印

詳細を見る

もっと見る

1952

サンフランシスコ講和条約・日米安保条約・行政協定が発効、GHQは廃止され日本は独立を達成

詳細を見る

もっと見る

1952

吉田茂首相腹心の岡崎勝男が隠蔽工作により宮澤喜一の行政協定批判を回避、外相に抜擢される

詳細を見る

もっと見る

1952

岸信介が日本再建連盟結成

もっと見る

1952

ロバート・D・マーフィー米大使就任(~1953)

もっと見る

1952

自由党で吉田茂派と鳩山一郎派の溝が深まり吉田首相は抜打解散で対抗

もっと見る

1952

衆議院総選挙、自由党が圧勝し鳩山一郎ら公職追放解除者が衆議院議席の42%を占める、岸信介の日本再建連盟は大敗

もっと見る

1952

鳩山一郎への首相禅譲密約により第四次吉田茂内閣(自由党・外務官僚・従米路線の祖)発足、岡崎勝男が外務大臣就任

もっと見る

1953

ドワイト・D・アイゼンハワー(共和党)が米大統領就任(~1961)

もっと見る

1953

ジョン・フォスター・ダレスが米国務長官就任(~1959)、引き続き対日政策を主導

もっと見る

1953

吉田茂首相が衆議院を「バカヤロー解散」、鳩山一郎・広川弘禅が分派し分党派自由党結成

もっと見る

1953

右派社会党に入党を断られた岸信介が福田赳夫ら配下と共に佐藤栄作のツテで与党自由党に入党

もっと見る

1953

岸信介(自由党)が山口2区から出馬し衆議院議員に当選(~1979)

もっと見る

1953

ソ連に人類史上最悪の恐怖政治を敷いたスターリンが死去、フルシチョフがベリヤ・マレンコフを粛清し後継体制確立

もっと見る

1953

第五次吉田茂内閣(自由党・外務官僚・従米路線の祖)発足、岡崎勝男が外務大臣就任

もっと見る

1953

ジョン・M・アリソン米大使就任(~1957)

もっと見る

1953

朝鮮戦争休戦、反動需要減に日銀の金融引き締めが拍車をかけ長期不況に陥る

もっと見る

1953

鳩山一郎が分自党を解消し吉田茂の自由党に復党、三木武吉・河野一郎・石橋湛山らが離脱し日本自由党結成

もっと見る

1953

岸信介が自民党憲法調査会会長に就任

もっと見る

1953

奄美群島が本土復帰

もっと見る

1954

アメリカの圧力により吉田茂政府が国家警察予備隊を常設軍隊「自衛隊」へ改組(陸上13万人・海上1万5千人・航空6千人)

もっと見る

1954

吉田茂首相の自由党が従米路線に反抗する岸信介を除名

もっと見る

1954

反抗勢力が日本民主党に合同し(鳩山一郎総裁・重光葵副総裁・岸信介幹事長)内閣不信任決議で吉田茂内閣を打倒

もっと見る

1954

第一次鳩山一郎内閣(民主党・党人派・自主路線)発足、重光葵が外相兼副総理就任

詳細を見る

もっと見る

1954

高度経済成長はじまる(~1973)

詳細を見る

もっと見る

1955

総選挙、鳩山一郎首相の民主党政権は絶対多数を獲得できず憲法改正を断念し対ソ外交に注力

もっと見る

1955

第二次鳩山一郎内閣(民主党・党人派・自主路線)発足、重光葵が外相兼副総理就任

詳細を見る

もっと見る

1955

アジア・アフリカ会議(バンドン会議)開催

もっと見る

1955

ワルシャワ条約機構(WTO)発足

もっと見る

1955

日本の保守合同に対しダレス米国務長官が財政支援を示唆しCIAは岸信介を通じ巨額資金供与

詳細を見る

もっと見る

1955

重光葵外相・岸信介がワシントンでダレス米国務長官と会談、在日米軍撤退・防衛分担金廃止提案を一蹴される

詳細を見る

もっと見る

1955

日本がGATT(関税及び貿易に関する一般協定)加盟

詳細を見る

もっと見る

1955

左右社会党統一(鈴木茂三郎委員長・浅沼稲次郎書記長、衆院156議席・参院69議席)

もっと見る

1955

保守合同で自由民主党(鳩山一郎総裁・岸信介幹事長、衆院299議席・参院69議席)が発足し「55年体制」開始

もっと見る

1955

第三次鳩山一郎内閣(自民党・党人派・自主路線)発足、重光葵が外相兼副総理就任

詳細を見る

もっと見る

1955

アメリカの意を受けた中曽根康弘主導で「原子力の平和利用」促進のための原子力基本法成立

詳細を見る

もっと見る

1956

原子力基本法に基づき原子力委員会が発足し正力松太郎が初代委員長就任(委員にノーベル物理学賞受賞の湯川秀樹ら)

詳細を見る

もっと見る

1956

フルシチョフの「スターリン批判」演説が西側に伝わり「雪どけ」機運高まる

もっと見る

1956

日ソ国交回復を期す鳩山一郎内閣の河野一郎農相・重光葵外相らが相次いでモスクワ訪問

もっと見る

1956

スエズ動乱(第二次中東戦争)でイスラエル軍が勝利するが米ソの支持を得たエジプトがスエズ運河を国有化

もっと見る

1956

鳩山一郎政府が経済白書に「もはや戦後ではない」と記し戦後復興完了を宣言

詳細を見る

もっと見る

1956

日本・フィリピン国交回復(賠償金1980億円・借款900億円)

もっと見る

1956

自主路線の鳩山一郎内閣が日ソ国交回復を達成

詳細を見る

もっと見る

1956

日ソ国交回復を受け国際連合が日本の加盟を承認、重光葵外相の国連総会演説が賞賛される

詳細を見る

もっと見る

1956

石橋湛山内閣(自民党・言論人・自主路線)発足、岸信介が外務大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1956

謎の急病に倒れた石橋湛山首相に代わり岸信介外相が首相臨時代理を務める

もっと見る

1957

アメリカに抵抗し自主外交を牽引した重光葵が謎の突然死(享年69)

詳細を見る

もっと見る

1957

自主外交を掲げた石橋湛山首相が謎の発病により首相辞任

詳細を見る

もっと見る

1957

鳩山一郎が自民党を離党し吉田茂派の佐藤栄作らが自民党復帰

もっと見る

1957

ダグラス・マッカーサー2世が米大使就任(~1961)、日本政府をリード

もっと見る

1957

第一次岸信介内閣(自民党・経済官僚・自主路線)発足、岸信介が外務大臣兼任(藤山愛一郎と途中交代)

詳細を見る

もっと見る

1957

欧州経済共同体(EEC)発足

もっと見る

1957

岸信介首相が台湾の蒋介石を訪問し日華協力委員会を発足させ副会長就任

もっと見る

1957

岸信介首相が「憲法は自衛のための核兵器保有を禁ずるものではない」と発言、自衛隊の軍備拡張計画(第一次防衛力整備計画)を承認

もっと見る

1957

原子力政策推進のため科学技術庁が発足し米CIAに属す正力松太郎が初代長官就任、湯川秀樹が原子力委員会委員辞任で抗議

詳細を見る

もっと見る

1957

岸信介が首相として初めてビルマ・インド・インドネシア・パキスタン・セイロン・タイ・台湾を歴訪

詳細を見る

もっと見る

1957

岸信介首相が訪米しアイゼンハワー大統領・ダレス国務長官に自衛隊増強と引換えに日米安保条約改定を打診

詳細を見る

もっと見る

1957

岸信介首相が「外交三原則」でアジア重視の外交方針を宣言

詳細を見る

もっと見る

1957

岸信介首相がインドネシアのスカルノ大統領を訪問し賠償交渉打開

もっと見る

1958

日本が初めて国連安全保障理事会の非常任理事国となる

もっと見る

1958

日本・インドネシア国交回復(賠償金803億円・無償供与636億円・借款1440億円)

詳細を見る

もっと見る

1958

岸信介首相が個人特使の矢次一夫を韓国に派遣し李承晩大統領に国交回復を打診

もっと見る

1958

総選挙、岸信介首相の与党自民党は大勝できず憲法改正を断念し安保改定に注力

もっと見る

1958

第二次岸信介内閣(自民党・経済官僚・自主路線)発足、藤山愛一郎が外務大臣就任、佐藤栄作が大蔵大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1958

岸信介内閣が「勤務評定問題」で日協組を攻撃し対立が深まる

もっと見る

1958

岸信介内閣が警職法改正案(警察権限の拡大)を提出するが反対運動により廃案

もっと見る

1958

全学連・社会党・総評が岸信介政権を攻撃し「安保闘争」が過熱

詳細を見る

もっと見る

1958

毛沢東の「大躍進」政策で中国経済が壊滅し数千万人が餓死(~1960)

もっと見る

1958

毛沢東が台湾侵攻を図るが米軍の抵抗で断念(台湾海峡クライシス)

もっと見る

1959

鳩山一郎死去

もっと見る

1959

ジョン・フォスター・ダレス米国務長官が病気により辞任

もっと見る

1959

「大躍進」の大失敗で毛沢東が一時失脚し劉少奇・鄧小平が経済再建を始動

もっと見る

1960

日本・ベトナム国交回復(賠償金140億円・借款59億円)

詳細を見る

もっと見る

1960

安保闘争のなか岸信介首相が日米新安保条約・地位協定調印を強行

詳細を見る

もっと見る

1960

毛沢東の「修正主義批判」により中ソ対立が表面化(~1989)

もっと見る

1960

韓国で「四月革命」が起り反日専門の李承晩大統領がハワイに亡命

もっと見る

1960

日米新安保条約・地位協定発効

詳細を見る

もっと見る

1960

安保闘争によりアイゼンハワー米大統領の訪日中止

もっと見る

1960

岸信介首相が大野伴睦配下の右翼暴漢に刺され翌日内閣総辞職

もっと見る

1960

第一次池田勇人内閣(自民党・財務官僚・従米路線)発足

詳細を見る

もっと見る

1960

第二次池田勇人内閣(自民党・財務官僚・従米路線)発足

詳細を見る

もっと見る

1960

池田勇人内閣が「所得倍増計画」を閣議決定

詳細を見る

もっと見る

1960

ベトナム戦争勃発(~1975)、韓国などアジア諸国が派兵するなか池田勇人政府は軍事協力を拒否

もっと見る

1961

アイゼンハワー米大統領が退任演説で「軍産複合体」の危険性を警告

詳細を見る

もっと見る

1961

ジョン・F・ケネディ(民主党)が米大統領就任(~1963)

もっと見る

1961

エドウィン・O・ライシャワー米大使就任(~1966)、日米蜜月関係を演出し沖縄返還に奔走

もっと見る

1961

朴正煕(岸信介の友人・朴槿恵の父)が軍事クーデターで韓国大統領に就き無闇な反日原理主義から反共へ路線転換

もっと見る

1961

東ドイツが「ベルリンの壁」建設

もっと見る

1961

朴正煕韓国大統領が来日し友人の岸信介が池田勇人首相との国交回復交渉をサポート

もっと見る

1962

キューバ危機、フルシチョフ首相のミサイル撤去決断により核戦争回避

もっと見る

1962

池田勇人内閣が米政府の反対を押切り中国と「LT貿易」合意

詳細を見る

もっと見る

1963

米ソ英が部分的核実験停止条約調印

もっと見る

1963

安倍晋太郎が山口1区で落選し岳父の岸信介を慌てさせる

もっと見る

1963

リンドン・ジョンソン(民主党)が米大統領就任(~1969)

もっと見る

1963

第三次池田勇人内閣(自民党・財務官僚・従米路線)発足

詳細を見る

もっと見る

1963

日本がGATT11条国へ移行(為替・貿易原則自由化)

詳細を見る

もっと見る

1964

警視庁が暴力団全国一斉取締り(「第一次頂上作戦」)を開始

もっと見る

1964

日本がIMF8条国へ移行(為替取引制限撤廃)

詳細を見る

もっと見る

1964

マッカーサー死去

もっと見る

1964

日本が経済協力開発機構(OECD)加盟

詳細を見る

もっと見る

1964

米軍の謀略でトンキン湾事件発生、北爆によりベトナム戦争激化

もっと見る

1964

ソ連でフルシチョフが失脚しブレジネフ政権へ移行

もっと見る

1964

中国が核実験に成功(米ソ英仏に次ぐ5番目の保有国)

もっと見る

1964

第一次佐藤栄作内閣(自民党・鉄道官僚・自主路線)発足

詳細を見る

もっと見る

1965

佐藤栄作首相が訪米しジョンソン大統領と会談、ベトナム戦争への軍事協力を断りつつ沖縄・小笠原の施政権問題解決方針を確認

詳細を見る

もっと見る

1965

日韓基本条約調印

もっと見る

1965

池田勇人死去

もっと見る

1965

日本・ビルマ(ミャンマー)国交回復(賠償金1224億円)

詳細を見る

もっと見る

1965

日韓国交回復(無償供与1080億円・借款720億円・民間借款1080億円超)

もっと見る

1966

政権奪還を図る毛沢東が文化大革命を発動し中国が内乱状態となる(~1976)

もっと見る

1967

公害問題が深刻化し四大公害訴訟はじまる(水俣病・第二水俣病・四日市ぜんそく・イタイイタイ病)

もっと見る

1967

安倍晋太郎(岸信介の娘婿)が衆議院議員復活当選

もっと見る

1967

第二次佐藤栄作内閣(自民党・鉄道官僚・自主路線)発足

詳細を見る

もっと見る

1967

中国が水爆実験実施(米ソに次ぐ3番目の水爆保有国)

もっと見る

1967

東南アジア諸国連合(ASEAN)発足

もっと見る

1967

吉田茂死去

もっと見る

1968

全共闘運動が全国の大学に広がる

もっと見る

1968

小笠原諸島が本土復帰

もっと見る

1968

佐藤栄作内閣が国連に核保有国の行動規制を提言

詳細を見る

もっと見る

1968

米ソ英仏中を含む62か国が核拡散防止条約調印

もっと見る

1968

日本のGDPがアメリカに次ぐ世界2位となる

もっと見る

1969

リチャード・ニクソン(共和党)が米大統領就任(~1974)

もっと見る

1969

朴正煕と親しい岸信介が日韓協力委員会を設立し会長就任

もっと見る

1969

岸信介が佐藤栄作首相の要請で渡米しニクソン大統領と沖縄返還の下交渉

もっと見る

1969

佐藤栄作首相とニクソン米大統領が沖縄返還を基本合意、核兵器持込み容認と日本の繊維輸出自主規制を密約

詳細を見る

もっと見る

1969

冷戦のデタント時代(~1979)

もっと見る

1970

第三次佐藤栄作内閣(自民党・鉄道官僚・自主路線)発足

詳細を見る

もっと見る

1970

佐藤栄作内閣が日米新安保条約・地位協定の継続を選択

詳細を見る

もっと見る

1971

ニクソン米大統領が訪中宣言(ニクソン・ショック)、繊維問題の報復で日本は蚊帳の外

詳細を見る

もっと見る

1971

ニクソン米大統領がドル兌換停止宣言(ニクソン・ショック)、ブレトン・ウッズ体制(金本位制に基づく対ドル固定相場制)が崩壊し急激な円高が日本の輸出産業を直撃

詳細を見る

もっと見る

1971

アメリカの支持により中国が国際連合に加盟(台湾中華民国は脱退)

もっと見る

1972

沖縄返還

詳細を見る

もっと見る

1972

岸信介の後継者で佐藤栄作首相が推す福田赳夫を田中角栄が破り自民党総裁選に勝利(角福戦争)

もっと見る

1972

第一次田中角栄内閣(自民党・土建業・自主路線)発足

詳細を見る

もっと見る

1972

田中角栄首相が訪中し日中国交正常化(台湾が日本に国交断絶を通告し台湾断交)、ニクソン・キッシンジャー米政権は激怒

詳細を見る

もっと見る

1972

第二次田中角栄内閣(自民党・土建業・自主路線)発足

詳細を見る

もっと見る

1973

第四次中東戦争、エジプト・シリア軍の先制攻撃にイスラエル軍が大苦戦

もっと見る

1973

第一次オイルショック(狂乱物価と省エネブーム)で高度経済成長が終焉、田中角栄内閣の「日本列島改造」は挫折し福田赳夫の総需要抑制策へ転換

詳細を見る

もっと見る

1973

愛知揆一の急死を受け福田赳夫が蔵相就任、総需要抑制政策への転換で田中角栄内閣の「日本列島改造論」が挫折

もっと見る

1974

ジェラルド・R・フォード(共和党)が米大統領就任(~1977)

もっと見る

1974

立花隆が『文藝春秋』で「田中角栄研究 その人脈と金脈」を発表、アメリカと従米派による田中角栄下しが始まる

詳細を見る

もっと見る

1974

三木武夫内閣(自民党・従米路線)発足

詳細を見る

もっと見る

1975

佐藤栄作死去、日本武道館で大隈重信以来の「国民葬」(葬儀委員長は田中角栄)

もっと見る

1975

第1回先進国首脳会議(サミット)開催、米英仏日独伊が参加

もっと見る

1975

戦後2度目の国債発行、赤字国債発行が恒常化(~1989)

詳細を見る

もっと見る

1976

田中角栄前首相がロッキード事件で逮捕される

詳細を見る

もっと見る

1976

毛沢東が死去し華国鋒が中国最高指導者を継承、四人組逮捕により文化大革命終結

もっと見る

1976

福田赳夫内閣(自民党・財務官僚・自主路線)発足

詳細を見る

もっと見る

1977

ジミー・カーター(民主党)が米大統領就任(~1981)

もっと見る

1977

カーター米大統領が在韓地上軍の削減を発表し米国の「アジア離れ」が始まる

もっと見る

1977

福田赳夫首相がASEANを歴訪し「福田ドクトリン」「全方位平和外交」声明

詳細を見る

もっと見る

1977

第10期3中全会で鄧小平が復活し中共中央の実権を掌握

もっと見る

1978

A級戦犯の死刑者7人および獄中病死者5人が「国家のための殉難者」として靖国神社に合祀される

詳細を見る

もっと見る

1978

日中平和友好条約締結

詳細を見る

もっと見る

1978

鄧小平が日中平和友好条約批准で訪日し昭和天皇と会談し新日鉄・トヨタ・松下電器等を視察

もっと見る

1978

第11期3中全会で鄧小平指導部が文革否定・改革開放路線決定

もっと見る

1978

「日米防衛協力のための指針(ガイドライン)」運用開始

もっと見る

1978

自民党総裁選で現職首相の福田赳夫が田中角栄の支持を得た大平正芳(宏池会)にまさかの敗北

もっと見る

1978

第一次大平正芳内閣(自民党・財務官僚・従米路線)発足

詳細を見る

もっと見る

1979

鄧小平が訪米し米中国交樹立、「米中対ソ」の対立構図が鮮明となる

もっと見る

1979

ホメイニーのイスラム勢力が米英の傀儡パーレビ王朝を滅ぼし(イラン革命)第二次オイルショック発生

もっと見る

1979

大平正芳首相が訪米し福田赳夫前首相の「全方位外交」を引込め「日米同盟」を強調

詳細を見る

もっと見る

1979

解散総選挙で与党自民党が大敗、福田赳夫が首相指名選に挑むが田中角栄の支持で大平正芳首相が防衛(四十日抗争)

もっと見る

1979

岸信介が地盤を吹田愰に譲り政界引退(衆院選不出馬)

もっと見る

1979

第二次大平正芳内閣(自民党・財務官僚・従米路線)発足

詳細を見る

もっと見る

1979

アフガニスタン紛争で米ソ衝突(~1989)、デタントが終焉し冷戦が激化

もっと見る

1980

内閣不信任決議を受け大平正芳内閣が「ハプニング解散」総選挙

もっと見る

1980

大平正芳首相が総選挙の最中に心不全で急死(享年70)、田中角栄の支持で大平派の鈴木善幸が自民党総裁を後継

もっと見る

1980

鈴木善幸内閣(自民党・漁協職員・自主路線)発足

詳細を見る

もっと見る

1980

ワインバーガー米国防長官の防衛費増額要請を鈴木善幸首相が拒否

もっと見る

1980

イラン・イラク戦争勃発(アメリカによるイラン叩き)(~1988)

もっと見る

1981

ロナルド・レーガン(共和党)が米大統領就任(~1989)~軍核戦争と富裕層減税で「双子の赤字」膨張、日本経済的視政策への転換

詳細を見る

もっと見る

1982

第一次中曽根康弘内閣(自民党・従米路線)発足

詳細を見る

もっと見る

1983

中曽根康弘首相が韓国の全斗煥大統領を訪問、アメリカの対韓経済援助40億ドルの肩代わり献金を決定

もっと見る

1983

中曽根康弘首相が訪米し「不沈空母」発言が物議を醸すが訂正せず

もっと見る

1983

ロッキード事件裁判で田中角栄元首相に懲役4年・追徴金5億円の有罪判決

詳細を見る

もっと見る

1983

第二次中曽根康弘内閣(自民党・従米路線)発足

詳細を見る

もっと見る

1985

プラザ合意(中曽根康弘内閣による円高容認)、1ドル240円から一気に円高が加速し日本経済の長期低迷と製造業の空洞化が始まる

詳細を見る

もっと見る

1985

レーガン米大統領とゴルバチョフソ連書記長がジュネーヴで会談し核軍縮協議を開始

もっと見る

1985

ソ連でゴルバチョフが政権を掌握しペレストロイカ(再建)・グラスノスチ(情報公開)を断行

もっと見る

1985

アメリカが通商法301条に基づき100%関税など日本製品への制裁を開始

詳細を見る

もっと見る

1986

ソ連チェルノブイリ原子力発電所事故

もっと見る

1986

第三次中曽根康弘内閣(自民党・従米路線)発足

詳細を見る

もっと見る

1986

「円高不況」打開のため積極的な金融・財政政策が採られ「バブル景気」が始まる

詳細を見る

もっと見る

1987

岸信介が死去(享年90)

もっと見る

Kouyuuroku

東條英機

「弐キ参スケ」仲間・商工相として倒閣に加担

もっと見る

星野直樹

「弐キ参スケ」仲間

もっと見る

鮎川義介

同郷の遠縁で「弐キ参スケ」仲間

もっと見る

松岡洋右

同郷の親戚で「弐キ参スケ」仲間

もっと見る

石原莞爾

満州の先駆者

もっと見る

板垣征四郎

満州の先駆者

もっと見る

武藤章

暴走陸軍の謀主

もっと見る

田中新一

暴走陸軍の謀主

もっと見る

南次郎

東條派

もっと見る

瀬島龍三

満州人脈

もっと見る

笹川良一

満州人脈

もっと見る

児玉誉士夫

満州人脈

もっと見る

里見甫

満州アヘン王

もっと見る

椎名悦三郎

満州人脈

もっと見る

大平正芳

満州人脈

もっと見る

近衛文麿

同志

もっと見る

平沼騏一郎

同志

もっと見る

小林一三

企画院事件で刺し違えた商工相

もっと見る

木戸幸一

商工省の先輩・反東條の同志

もっと見る

米内光政

反東條の同志

もっと見る

岡田啓介

反東條の同志

もっと見る

鈴木貫太郎

反東條の同志

もっと見る

橋本欣五郎

反東條の同志

もっと見る

北一輝

尊敬する右翼

もっと見る

大川周明

尊敬する右翼

もっと見る

上杉慎吉

右翼の師匠

もっと見る

我妻栄

東大同窓の親友

もっと見る

三輪寿壮

東大同窓の親友

もっと見る

伍堂卓雄

商工省の先輩

もっと見る

村瀬直養

商工省の先輩

もっと見る

重光葵

偉大な先輩

もっと見る

鳩山一郎

反吉田の領袖

もっと見る

石橋湛山

気の毒な同志

もっと見る

河野一郎

鳩山派の大番頭

もっと見る

大野伴睦

池田後継指名で対立

もっと見る

三木武吉

鳩山派の大番頭

もっと見る

福田赳夫

後継者

もっと見る

吉田茂

GHQの代理人

もっと見る

岡崎勝男

重光から吉田に乗り換えた男

もっと見る

幣原喜重郎

吉田の傀儡

もっと見る

池田勇人

吉田の愛弟子

もっと見る

佐藤栄作

実弟ながら吉田派

もっと見る

田中角栄

福田のライバル

もっと見る

竹下登

田中派簒奪者

もっと見る

宮澤喜一

池田の秘書官

もっと見る

大平正芳

池田の秘書官

もっと見る

藤山愛一郎

「外交三原則」の外相

もっと見る

安倍晋太郎

女婿

もっと見る

安倍晋三

もっと見る

吹田愰

地盤の後継者

もっと見る

グルー

ゴルフ仲間の米大使

もっと見る

ワイナー

CIA人脈

もっと見る

アレン・ダレス

親密な元CIA長官

もっと見る

パケナム

『ニューズ・ウィーク』東京支局長・英語の先生

もっと見る

カーン

親密な『ニューズ・ウィーク』東京支局部長

もっと見る

トルーマン

米大統領

もっと見る

アイゼンハワー

親密な米大統領

もっと見る

マッカーサー

旧王

もっと見る

ジョン・フォスター・ダレス

新王・好敵手

もっと見る

クレーギー

米大使

もっと見る

マーフィー

米大使

もっと見る

アリソン

米大使

もっと見る

ダグラス・マッカーサー2世

理解ある米大使

もっと見る

ライシャワー

米大使

もっと見る

蒋介石

親密な台湾総統

もっと見る

蒋経国

親密な台湾総統

もっと見る

李承晩

日本嫌い

もっと見る

朴正煕

満州人脈

もっと見る

スカルノ

国交回復

もっと見る