91 kitazatoshibasaburou

きたざと しばさぶろう

北里 柴三郎

1853年~1931年

80

「血清療法の発明」で世界的細菌学者となるが東大閥に締出され福澤諭吉の援助で「伝染病研究所」「北里研究所」を創設、慶應義塾大学医学部と日本医師会の創立も主導した医学会の巨星

同じ時代の人物

Sunhyou

基礎点

70

北里柴三郎は「血清療法」を発明した東洋人初の世界的医学者にして北里研究所・慶應義塾大学医学部・日本医師会の創立者である。熊本阿蘇の庄屋に生れた北里柴三郎は、熊本医学校から東大医学部へ進み、内務省衛生局に出仕しドイツ留学を許された(同僚の後藤新平は生涯の親友となった)。独ベルリン大学に入った北里柴三郎は「近代細菌学の開祖」コッホに師事し研究に没頭、「破傷風菌純粋培養法」「破傷風菌抗毒素」を発見し1890年「血清療法」を発表し世界の医学会を驚かせた。ただし、1901年北里柴三郎は第1回ノーベル医学生理学賞の候補となったが人種的偏見から共同研究者ベーリングの単独受賞となり、また1894年には香港で「ペスト菌」を発見したが第一発見者は同時期に香港に居たイェルサンとなった。さて北里柴三郎は、欧米研究機関の招聘を断り国費留学の責務を果すべく帰国したが、緒方正規教授の「脚気病原菌説」を否定したことで東大医学部閥が牛耳る日本医学会から締出された。偉材の窮状を見兼ねた福澤諭吉が森村財閥の援助で1892年「伝染病研究所」を開設し北里柴三郎を所長に迎えたが、骨抜きを図る東大閥は「国立伝染病研究所」へ改組させ東大医学部への吸収を強行、北里所長以下全職員が一斉辞任する「伝研騒動」を引起した。1914年北里柴三郎は私立「北里研究所」を設立、北島多一・志賀潔(赤痢菌発見者)・秦佐八郎(梅毒特効薬発明者)ら研究員も挙って移籍し狂犬病・インフルエンザ・赤痢・発疹チフスなどの血清開発と伝染病研究を継続した。学閥に屈さず実力通り日本医学界の重鎮となった北里柴三郎は、結核療養施設・日本結核予防協会・貧民救済病院などの創設に努め、1916年府県医師会の統合により「大日本医師会」を発足させ初代会長に就任した(1923年法定化され「日本医師会」となる)。また北里柴三郎は、慶應義塾大学医学部の創設に尽力し初代学部長兼付属病院長を引受け、北里研究所から教授陣を派遣するなど無償で福澤諭吉の旧恩に報いている。北里柴三郎は男爵に叙され、慶大医学部長および日本医師会会長を北島多一に引継ぎ、78歳で永眠した。

10

北里柴三郎は学閥に阿ることなく真理追究という学者の矜持を貫いた。北里柴三郎は、医学会と医療行政を牛耳る東大医学部の出身ながら東大閥が固執する「脚気病原菌説」の誤りを指摘し、「血清療法」の発明で世界的医学者の評価を得たにも関わらず日本の医学界から締出された。慶應義塾の福澤諭吉に救われ「伝染病研究所」の所長に迎えられたが、伝染病研究所は東大医学部に吸収され、策謀に怒った北里柴三郎は職員を引連れ私立「北里研究所」を創設、東大医学部の対抗馬となる慶應義塾医学部の創立を主導し、現場の医師を糾合して「日本医師会」を立上げ初代会長に就任した。日本の学界は長年「象牙の塔」「白い巨頭」などと批判されつつ未だに学閥と権威主義が蔓延り、ノーベル賞受賞者を筆頭に頭脳流出に歯止めが掛からない状況が続くが、その牙城ともいうべき医学界の草創期において反学閥の北里柴三郎が東洋人初の快挙を成遂げ医師会などの枠組みを築いた事実は記憶されるべきだろう。

Shijitsu

1853

肥後阿蘇郡小国郷北里村の庄屋北里惟保の嫡子に北里柴三郎が出生

もっと見る

1853

ペリー来航

詳細を見る

もっと見る

1858

幕府が日米修好通商条約に無勅許調印、英仏蘭露とも同様(安政五カ国条約)

詳細を見る

もっと見る

1858

福澤諭吉が築地鉄砲洲の中津藩中屋敷で蘭学塾を開講(慶應義塾の起源)

もっと見る

1863

緒方洪庵死去

もっと見る

1863

八月十八日の政変~薩摩藩・会津藩が長州藩を追放し久坂玄瑞・木戸孝允・武市半平太らの破約攘夷運動が瓦解

詳細を見る

もっと見る

1864

禁門の変

詳細を見る

もっと見る

1864

徳川慶喜が長州追討の勅命を得て第一次長州征討を決行

詳細を見る

もっと見る

1864

馬関戦争~英仏蘭米の四国連合艦隊が下関を攻撃し長州藩を降伏させる

詳細を見る

もっと見る

1864

長州藩恭順により第一次長州征討が停戦・征長軍全権に任じられた西郷隆盛が宥和路線を主導

詳細を見る

もっと見る

1865

徳川慶喜の策動により将軍徳川家茂が上洛し第二次長州征討を号令

詳細を見る

もっと見る

1866

薩長同盟

詳細を見る

もっと見る

1866

徳川慶喜の策動により将軍徳川家茂が上洛し兵6万を率いて第二次長州征討開始(四境戦争)、薩摩藩は公式に出兵を拒絶

詳細を見る

もっと見る

1866

徳川慶喜が朝廷から征長停止の勅令を獲得し幕府敗北・長州藩勝利で四境戦争終結、勝海舟が安芸厳島に乗込み停戦交渉

詳細を見る

もっと見る

1866

徳川慶喜が15代将軍就任

もっと見る

1867

徳川慶喜が各国公使に兵庫開港を宣言、幕府は勢いを盛返すが警戒を強める薩長首脳は討幕へ傾く

詳細を見る

もっと見る

1867

薩摩藩が武力討幕の方針を固める

詳細を見る

もっと見る

1867

徳川慶喜が二条城で大政奉還を発表

もっと見る

1867

大久保利通・西郷隆盛・岩倉具視の謀略により朝廷が薩長などに討幕の密勅を下す

詳細を見る

もっと見る

1867

王政復古の大号令

詳細を見る

もっと見る

1868

鳥羽伏見の戦いに官軍が圧勝~戊辰戦争始まる

もっと見る

1868

明治天皇が徳川慶喜追討の親征を宣言、薩摩(西郷隆盛)・長州・佐土原・大村の東海道軍と薩長・土佐(板垣退助)など諸藩混成の東山道軍が江戸へ進発、徳川慶喜は小栗忠順ら主戦派を退け恭順派の勝海舟に全権を託す

もっと見る

1868

奥羽越列藩同盟が成立

詳細を見る

もっと見る

1868

太政官設置

詳細を見る

もっと見る

1868

明治天皇即位礼、明治に改元

もっと見る

1869

北里柴三郎が熊本藩校時習館に入学

もっと見る

1869

土方歳三が弁天台場の戦いで戦死(享年35)、榎本武揚の五稜郭が降伏し函館戦争・戊辰戦争終結

詳細を見る

もっと見る

1869

版籍奉還

詳細を見る

もっと見る

1869

四民平等~華族・士族・平民の三身分制の実施

詳細を見る

もっと見る

1870

熊本藩校時習館閉鎖に伴い北里柴三郎が退校

もっと見る

1871

オランダ人マンスフェルトを迎え熊本藩立医学所が発足(廃藩置県に伴い官立医学所兼病院へ改組)、北里柴三郎が入学

もっと見る

1871

廃藩置県

詳細を見る

もっと見る

1871

岩倉使節団派遣

詳細を見る

もっと見る

1872

木戸孝允文部卿の主導により学制制定

詳細を見る

もっと見る

1873

徴兵令布告

詳細を見る

もっと見る

1873

地租改正法・地租改正条例布告

詳細を見る

もっと見る

1873

明治六年政変

詳細を見る

もっと見る

1873

内務省設立、大久保利通が初代内務卿兼参議として独裁政権確立(大久保政府)

詳細を見る

もっと見る

1873

最初の世界恐慌、帝国主義列強による世界分割競争が始まる

詳細を見る

もっと見る

1874

西郷隆盛の征韓論を退けた大久保利通が台湾出兵を強行、木戸孝允は参議を辞任し下野

詳細を見る

もっと見る

1874

マンスフェルトが任期満了により帰国

もっと見る

1875

北里柴三郎が東京医学校(東京大学医学部の前身)入学

もっと見る

1876

秩禄処分

詳細を見る

もっと見る

1877

西南戦争、西郷隆盛が鹿児島城山にて自害(享年51)

詳細を見る

もっと見る

1877

木戸孝允が京都にて死去(享年45)、京都霊山護国神社に葬られる

もっと見る

1877

東京開成学校と東京医学校が統合され東京大学創立

もっと見る

1878

大久保利通が紀尾井坂で不平士族に斬殺される(享年49)

もっと見る

1880

北里柴三郎と同郷・同期の緒方正規が東京大学医学部を卒業しドイツ留学

もっと見る

1881

大隈重信一派が追放され薩長藩閥政府が現出(明治十四年の政変)、首班の伊藤博文は国会開設の詔で民権派と妥協

詳細を見る

もっと見る

1881

後藤新平が24歳で愛知県医学校(名古屋大学医学部)の校長兼病院長となる

もっと見る

1882

板垣退助遭難事件、後藤新平が診察にあたる

詳細を見る

もっと見る

1882

大隈重信が東京専門学校創立(早稲田大学)

もっと見る

1882

後藤新平が軍医本部次長石黒忠悳の引きで内務省衛生局出仕

もっと見る

1883

北里柴三郎が東京大学医学部を卒業し内務省衛生局出仕、同僚の後藤新平と親友になる

もっと見る

1883

北里柴三郎が大蔵官僚松尾臣善(のち第6代日銀総裁)の長女乕と結婚

もっと見る

1884

大山巌陸軍卿を団長とする軍事調査団が渡欧、随員の桂太郎・川上操六がドイツ式陸軍建設を推進

詳細を見る

もっと見る

1884

緒方正規がドイツ留学から帰国し東大医学部教授兼内務省衛生局試験所所長に就任

もっと見る

1885

福澤諭吉が「脱亜論」を発表

詳細を見る

もっと見る

1885

第一次伊藤博文内閣発足(太政官制の廃止と内閣制度の開始)

詳細を見る

もっと見る

1885

北里柴三郎が緒方正規の計いでドイツ留学

もっと見る

1885

北里柴三郎が緒方正規教授の脚気病原菌説を否定し東大医学部との確執が始まる

もっと見る

1886

北里柴三郎がベルリン大学で細菌学のコッホ研究室に入る

もっと見る

1886

帝国大学医科大学に衛生学教室が発足し緒方正規が初代教授に就任

もっと見る

1886

企業勃興~起業ブームが始まる

詳細を見る

もっと見る

1889

大日本帝国憲法発布

詳細を見る

もっと見る

1889

川上操六がドイツから帰国し参謀本部次長に復職、独軍参謀総長モルトケ直伝のドイツ式軍制改革や参謀本部強化を推進

詳細を見る

もっと見る

1889

北里柴三郎・ベーリングが破傷風菌純粋培養法に成功

もっと見る

1890

北里柴三郎が破傷風の血清療法を発明、ベーリングと共同でジフテリアに応用

詳細を見る

もっと見る

1890

福澤諭吉の慶應義塾に大学部開設

もっと見る

1891

内村鑑三不敬事件

詳細を見る

もっと見る

1892

後藤新平が長與專齋の推薦で長與の後任の内務省衛生局長に就任

もっと見る

1892

北里柴三郎がドイツ留学から帰国、福澤諭吉・森村市左衛門の援助により伝染病研究所(北里研究所の前身)設立

詳細を見る

もっと見る

1893

後藤新平が「相馬事件」への連座で5ヶ月間収監され内務省衛生局長失職

もっと見る

1893

北里柴三郎が日本最初の結核サナトリウム「土筆ヶ岡養生園」(北里研究所病院の前身)設立

もっと見る

1894

北里柴三郎が香港でペスト菌を発見(第一発見者の栄誉は同時期に香港に居たイェルサンが獲得)

もっと見る

1894

日清戦争勃発

詳細を見る

もっと見る

1895

下関条約で日清戦争終結、朝鮮(李朝)が初めて中国から独立しソウルに独立門建立

詳細を見る

もっと見る

1895

後藤新平が石黒忠悳軍医総監の推薦で臨時陸軍検疫部事務官長となり児玉源太郎と邂逅

詳細を見る

もっと見る

1895

三国干渉~露仏独が日本に遼東半島返還を要求

詳細を見る

もっと見る

1895

台湾総督府設置

詳細を見る

もっと見る

1896

アジア諸国からの留学生受入れ開始(周恩来、蒋介石、魯迅、朴正煕等)

もっと見る

1896

北里柴三郎が緒方正規にペスト学説の誤りを指摘され自説を撤回

もっと見る

1897

北里柴三郎の伝染病研究所で志賀潔が赤痢菌発見

もっと見る

1898

列強による清の植民地争奪競争が激化

詳細を見る

もっと見る

1898

児玉源太郎が第4代台湾総督就任(~1906)、後藤新平を民政局長に抜擢し植民地経営に成功

もっと見る

1898

福澤諭吉が『時事新報』に『福翁自伝』を掲載(~1899)

もっと見る

1898

緒方正規が帝国大学医科大学学長就任

もっと見る

1899

北里柴三郎の伝染病研究所が東大閥の圧力で国立・内務省管へ改編(北里は所長留任)

もっと見る

1901

北里柴三郎が第1回ノーベル医学生理学賞の候補となるが共同研究者のベーリングが単独受賞

もっと見る

1901

福澤諭吉死去

もっと見る

1902

第一次日英同盟協約締結

詳細を見る

もっと見る

1903

岩崎弥之助の援助により大隈重信の東京専門学校が早稲田大学に昇格

もっと見る

1903

後藤新平が貴族院勅撰議員となる(~1929)

もっと見る

1904

日露戦争開戦

詳細を見る

もっと見る

1905

ポーツマス条約調印

詳細を見る

もっと見る

1906

北里柴三郎が日本連合医学会会頭および帝国学士院会員に就任

もっと見る

1906

南満州鉄道会社(満鉄)設立・後藤新平が初代総裁就任、アメリカの干渉が始まる

詳細を見る

もっと見る

1908

第二次桂太郎内閣(長州・陸軍)発足、後藤新平が逓信大臣兼初代鉄道院総裁就任

詳細を見る

もっと見る

1909

伊藤博文がハルビン駅頭で朝鮮人に射殺される(享年68)

詳細を見る

もっと見る

1910

伊藤博文暗殺を機に軍部・対外硬派が韓国併合を断行、韓国統監府を朝鮮総督府に改組し軍政を敷くが民生向上により義兵運動は沈静化

詳細を見る

もっと見る

1910

北里柴三郎の伝染病研究所で秦佐八郎が梅毒特効薬「サルバルサン」発見

もっと見る

1912

明治天皇が崩御し大正天皇が即位

もっと見る

1913

日本結核予防協会が発足し北里柴三郎が副会頭に就任

もっと見る

1914

第一次世界大戦勃発、世界的物資不足のなか日本は特需景気を満喫

詳細を見る

もっと見る

1914

大隈重信政府が日英同盟を名分にドイツに宣戦布告し南洋諸島・山東省青島を占領

もっと見る

1914

国立伝染病研究所が文部省移管で東大医学部に吸収され北里柴三郎所長以下全職員が辞任

もっと見る

1914

伝染病研究所を追われた北里柴三郎が私立北里研究所設立

詳細を見る

もっと見る

1915

大隈重信首相・加藤高明外相が袁世凱の中華民国に「対華21カ条要求」を宣告

詳細を見る

もっと見る

1915

北里柴三郎が恩賜財団済生会芝病院(東京都済生会中央病院の前身)を設立し初代院長就任

もっと見る

1916

寺内正毅内閣(長州・陸軍)発足、後藤新平が内務大臣就任(水野錬太郎に途中交代)

詳細を見る

もっと見る

1916

府県医師会統合により大日本医師会が発足し北里柴三郎が初代会長就任

もっと見る

1917

慶應義塾大学医学科(医学部)創立、尽力した北里柴三郎が初代学部長兼付属病院長に就任

もっと見る

1918

インフレ進行で小作争議が蔓延し「米騒動」で寺内正毅内閣退陣

詳細を見る

もっと見る

1918

後藤新平がシベリア出兵推進のため内務大臣から外務大臣へ転任(後任内相は水野錬太郎)

もっと見る

1918

シベリア出兵

詳細を見る

もっと見る

1918

第一次世界大戦終結

詳細を見る

もっと見る

1919

パリ講和会議・ベルサイユ条約で第一次世界大戦の講和成立(日本全権は西園寺公望・牧野伸顕)

詳細を見る

もっと見る

1919

緒方正規死去、北里柴三郎が弔辞を述べる

もっと見る

1919

後藤新平が拓殖大学(前身は桂太郎が創立した台湾協会学校)学長に就任(~1929)

もっと見る

1919

医師会令公布

もっと見る

1920

国際連盟が発足し日本は英仏伊と共に常任理事国に列す

詳細を見る

もっと見る

1920

後藤新平が東京市長就任(~1923)、安田善次郎の支援を得て大規模都市開発「八億円計画」を立案

もっと見る

1921

北里柴三郎ら医学者が発起人となり森下博薬房(現森下仁丹)が赤線検温器株式会社(現テルモ)設立

もっと見る

1923

関東大震災

詳細を見る

もっと見る

1923

「大日本医師会」の法定化で「日本医師会」が発足し北里柴三郎が初代会長に就任

もっと見る

1924

清浦奎吾内閣(貴族院)発足

詳細を見る

もっと見る

1924

北里柴三郎が男爵を受爵

もっと見る

1926

大正天皇が崩御し昭和天皇が即位

もっと見る

1927

片岡直温蔵相の失言により金融恐慌が発生

もっと見る

1927

高橋是清蔵相が金融恐慌を沈静化、高橋は蔵相を依願退職

詳細を見る

もっと見る

1928

張作霖爆殺事件(満州某重大事件)、陸軍中堅幕僚の暴走が始まる

詳細を見る

もっと見る

1928

張学良が奉天軍閥を承継、関東軍と対立し「満州問題」が深刻化

詳細を見る

もっと見る

1928

後藤新平が伯爵へ昇叙

もっと見る

1929

永田鉄山の二葉会に木曜会が合流し「一夕会」が発足

詳細を見る

もっと見る

1929

後藤新平が「政界の惑星」のまま(首相になれず)死去(享年71)

もっと見る

1929

軍部や松岡洋右満鉄副総裁の扇動で「満蒙生命線論」が興隆

詳細を見る

もっと見る

1929

世界恐慌始まる、軍需主導で日本経済は1934年に回復

詳細を見る

もっと見る

1931

関東軍参謀の石原莞爾・板垣征四郎らが柳条湖事件を起し満州事変勃発

詳細を見る

もっと見る

1931

朝鮮駐留軍の林銑十郎司令官が独断で越境増援、若槻禮次郞内閣が追認

詳細を見る

もっと見る

1931

軍事費の急増が始まる

詳細を見る

もっと見る

1931

新聞各紙の満州事変礼賛報道で好戦ムードが蔓延

詳細を見る

もっと見る

1931

北里柴三郎が死去(享年78)

もっと見る

Kouyuuroku

ローベルト・コッホ

細菌学の大師匠

もっと見る

コンスタント・ゲオルグ・ファン・マンスフェルト

熊本医学校の師匠

もっと見る

パウル・エールリッヒ

コッホ門下の先輩・ノーベル賞受賞者

もっと見る

フリードリヒ・レフラー

細菌学の先生

もっと見る

エミール・フォン・ベーリング

ノーベル賞独り占めした共同研究者

もっと見る

長与専斎

マンスフェルト門下の先輩

もっと見る

石黒忠悳

東大医学部閥のドン

もっと見る

緒方正規

東大医学部同期にして同郷・同年生れの宿敵

もっと見る

森鴎外

東大医学部閥の脚気病原菌説論者

もっと見る

後藤新平

親友

もっと見る

福澤諭吉

スポンサー

もっと見る

森村市左衛門

スポンサー

もっと見る

北島多一

後継者

もっと見る

志賀潔

弟子・赤痢菌発見者

もっと見る

秦佐八郎

弟子・梅毒特効薬サルバルサン発見者

もっと見る

宮島幹之助

弟子・寄生虫研究者

もっと見る

高野六郎

北里研究所第3代所長

もっと見る

野口英世

有名になった弟子

もっと見る

鈴木梅太郎

タカジアスターゼ

もっと見る

清浦奎吾

同郷の後ろ盾

もっと見る

徳富蘇峰

同郷の文人

もっと見る

塩原又策

三共創業者

もっと見る

高峰譲吉

アドレナリン

もっと見る

緒方収二郎

洪庵の六男

もっと見る

緒方洪庵

偉大な先達

もっと見る

森下博

テルモ仲間

もっと見る

松尾臣善

岳父・第6代日銀総裁

もっと見る

湯川秀樹

日本人初のノーベル賞受賞者

もっと見る