9 kuniomi

ひらの くにおみ

平野 国臣

1828年~1864年

70

有職故実マニアから攘夷運動に入り前時代的な異装で奇人視された福岡浪士、『尊攘英断録』で堂々と討幕を主張し有馬新七や吉村寅太郎を扇動し「大和行幸」に加担するが生野の変に敗れ京都六角獄舎で惨殺

同じ時代の人物

Sunhyou

基礎点

80

平野国臣は、有職故実マニアから攘夷運動に入り前時代的な異装で奇人視された福岡浪士、『尊攘英断録』で堂々と討幕を主張し有馬新七や吉村寅太郎を扇動し「大和行幸」に加担するが生野の変に敗れ京都六角獄舎で惨殺された。挙行は失敗し浪人運動の限界を示すに留まったが、討幕の導火線としての役割を果した。また、討幕の計画と新政府の方針を構想し文章にしたのは平野国臣のみであり、その後の歴史が『尊攘英断録』の通りに推移したことを考えると慧眼は評価されるべきである。足軽身分出身のうえ福岡藩に弾圧されながらも、真木和泉と並ぶ尊攘派浪士のリーダーとして歴史に名を残した。

-10

平野国臣は純粋激烈で憎めない人柄だが、島津久光の討幕挙兵を吹聴し寺田屋騒動の原因をつくった行動は軽率だった。

Shijitsu

1828

福岡藩足軽平野吉郎右衛門能栄の次男に平野国臣が出生

もっと見る

1840

アヘン戦争(~1842)

詳細を見る

もっと見る

1841

平野国臣が福岡藩足軽鉄砲頭の小金丸彦六の養子となり元服

もっと見る

1842

異国船打払令を緩和し薪水給付令施行

もっと見る

1845

平野国臣が普請方手付に就く

詳細を見る

もっと見る

1845

平野国臣が江戸勤番に就く

もっと見る

1848

平野国臣が福岡に帰国

もっと見る

1848

平野国臣が養家の娘お菊と結婚、翌年長男が誕生

もっと見る

1848

平野国臣が漢学・国学者の富永漸斎に入門、笛も習う

詳細を見る

もっと見る

1851

平野国臣が薩摩藩士の北条右門と知合う

詳細を見る

もっと見る

1853

[ペリー来航]マシュー・ペリー艦隊が浦賀に来航、フィルモア米大統領の親書交付

詳細を見る

もっと見る

1853

平野国臣が再び江戸勤番に就く

もっと見る

1854

平野国臣が福岡に帰国

もっと見る

1854

ペリー艦隊が再来航し日米和親条約締結(蘭露英仏と続く安政五ヶ国条約)、吉田松陰がアメリカ船での海外密航を企てるが失敗し自主して伊豆下田の牢に投獄される

詳細を見る

もっと見る

1855

平野国臣が長崎出張、秋月藩士で有職故実家の坂田諸遠に師事

もっと見る

1856

アロー号事件(~1860)~英仏連合軍が仕掛けた第二次アヘン戦争

詳細を見る

もっと見る

1857

平野国臣が養家を離縁し平野へ復姓、福岡藩士の役籍を失い浪人となる

詳細を見る

もっと見る

1857

平野国臣が梅田雲浜と知合う

もっと見る

1857

尚古主義を標榜する平野国臣が福岡藩主に犬追物復興を直訴、短期幽閉に処される

もっと見る

1857

富永漸斎が死去、平野国臣が坂田諸遠に入門し本格的に有職故実を修める

詳細を見る

もっと見る

1858

井伊直弼が大老に就任、一橋派の粛清が始まる(安政の大獄)

詳細を見る

もっと見る

1858

徳川家茂が14代将軍就任、一橋派が将軍継嗣問題に敗北

詳細を見る

もっと見る

1858

島津斉彬が幕府抗議のため藩兵5千を率いての上洛を計画

詳細を見る

もっと見る

1858

福岡浪士の平野国臣が北条右門より薩摩藩主島津斉彬の率兵上洛計画を聞き国事に参加すべく上京、西郷隆盛・伊地知正治・吉井友実・有村俊斎・月照らの薩摩藩志士グループに合流

もっと見る

1858

薩摩藩主の島津斉彬が急死し率兵上洛計画が頓挫(享年50。毒殺説あり)、養嗣子(島津久光の子)の島津忠義が12代藩主に就任し10代藩主の島津斉興(斉彬・久光の父)が実権を奪回

詳細を見る

もっと見る

1858

梅田雲浜らの工作により朝廷が条約撤廃・一橋派諸侯の復権を促す「戊午の密勅」を水戸藩・幕府・長州藩へ下す

詳細を見る

もっと見る

1858

西郷隆盛が水戸藩を見限り諸大藩への勅諚降下運動を展開、有馬新七は土佐藩等へ遊説

詳細を見る

もっと見る

1858

西郷隆盛の要請を受けた平野国臣が梅田雲浜・梁川星厳と連携し京都で勅諚降下工作

詳細を見る

もっと見る

1858

西郷隆盛の要請を受けた平野国臣が福岡へ帰国し藩主黒田長溥に率兵上洛を進言

詳細を見る

もっと見る

1858

安政の大獄、京都で梅田雲浜・梁川星厳が逮捕される

もっと見る

1858

平野国臣が月照を鹿児島へ送届ける

詳細を見る

もっと見る

1858

西郷隆盛が月照を伴い鹿児島へ帰国するが島津斉興の佐幕転換により月照・西郷の入水事件が発生、平野国臣も現場に

詳細を見る

もっと見る

1858

平野国臣が薩摩を追放され福岡へ送還される

詳細を見る

もっと見る

1859

神奈川・長崎・函館開港

もっと見る

1859

平野国臣が上京し月照に託された書簡を主人の近衛忠煕に手交

詳細を見る

もっと見る

1859

幕吏に追われる平野国臣が福岡を離れ備中連島に潜伏

詳細を見る

もっと見る

1859

島津斉興の死により島津久光が藩主島津忠義の国父として薩摩藩の実権を掌握

もっと見る

1860

清が英仏露と北京条約締結、半植民地化が決定的に

詳細を見る

もっと見る

1860

平野国臣が薩摩藩の使者として福岡藩主黒田長溥に建白書を提出

詳細を見る

もっと見る

1860

桜田門外の変~徳川斉昭の意を受けた水戸浪士らが江戸城桜田門外で大老井伊直弼を暗殺(享年48)

詳細を見る

もっと見る

1860

福岡藩が保守化し攘夷派を粛清、逃避行の平野国臣は久留米で真木和泉と会い薩摩藩に潜入するが大久保利通の反対で退去

詳細を見る

もっと見る

1860

ロシア軍艦が対馬に侵攻するがイギリスの圧力で退去

もっと見る

1861

平野国臣が潜伏地の天草下島にて『尊攘英断録』を著述、真木和泉から薩摩藩への建白を勧められ鹿児島へ潜行

もっと見る

1861

鹿児島へ向かう平野国臣が肥後熊本で清河八郎と会見

詳細を見る

もっと見る

1861

薩摩藩の実権を掌握し率兵上洛を期す島津久光が人事改革を断行し反抗勢力を一掃して小松帯刀・大久保利通らを抜擢

詳細を見る

もっと見る

1862

平野国臣が『尊攘英断録』を薩摩藩に献じ武力討幕を提案、大久保利通は追払うが有馬新七ら精忠組急進派が賛同し上洛した平野は「島津久光の討幕挙兵近し!」と吹聴し尊攘派は狂奔

詳細を見る

もっと見る

1862

平野国臣の扇動により土佐藩の吉村寅太郎・坂本龍馬らが脱藩

詳細を見る

もっと見る

1862

福岡藩主黒田長溥が島津久光を諫止すべく京都へ向かうが平野国臣の制止で帰国

詳細を見る

もっと見る

1862

平野国臣が大阪で薩摩藩の捕吏に捕らえられ福岡藩へ引渡し、福岡へ戻った平野は寺田屋騒動の難を逃れる

詳細を見る

もっと見る

1862

島津久光が率兵上洛、随行した大久保利通・小松帯刀は岩倉具視らと公武合体運動に奔走するが有馬新七・真木和泉らは討幕挙兵工作に狂奔

詳細を見る

もっと見る

1862

寺田屋騒動、扇動者の平野国臣は難を逃れる

詳細を見る

もっと見る

1862

平野国臣が福岡へ向かう船中で福岡藩の捕吏に捕らえられ福岡荒津の浜の牢に1年間投獄される

もっと見る

1862

薩摩藩の島津久光が率兵江戸入りし幕政改革を断行(文久の改革)・謀臣の大久保利通と小松帯刀が暗躍、徳川慶喜を将軍後見職・松平春嶽を政治総裁職にねじ込む

詳細を見る

もっと見る

1862

長州藩が薩摩藩の公武合体運動に対抗すべく航海遠略策を放棄し破約攘夷へ転換

詳細を見る

もっと見る

1862

久坂玄瑞・武市半平太らの工作により長州藩世子毛利定広が勅旨を奉じて江戸へ下り幕府に将軍上洛と攘夷決行を督責

詳細を見る

もっと見る

1862

京都で攘夷派志士による天誅事件が頻発

詳細を見る

もっと見る

1862

武市半平太・久坂玄瑞の工作により朝廷が攘夷督促と親兵提供を命ずる勅使(正使三条実美)を江戸へ派遣、土佐藩主山内豊範が供奉

詳細を見る

もっと見る

1862

会津藩主松平容保が京都守護職として入洛

詳細を見る

もっと見る

1863

京都守護職松平容保の配下に壬生浪士組(新撰組)結成

詳細を見る

もっと見る

1863

長州藩・土佐藩の圧力により将軍徳川家茂が初の上洛、朝廷に5月10日の攘夷決行を約束

詳細を見る

もっと見る

1863

尊攘派隆盛の時局に対応すべく福岡藩が平野国臣を赦免し上京させる

詳細を見る

もっと見る

1863

長州藩が外国船を砲撃し攘夷決行(下関事件)、首謀者の久坂玄瑞は光明寺党を率い獅子奮迅の活躍

詳細を見る

もっと見る

1863

長州藩の高杉晋作が奇兵隊を創設、一流蘭学者の大村益次郎が長州藩諸隊の洋式軍制改革・軍備増強を推進

詳細を見る

もっと見る

1863

尊攘派公卿の姉小路公知が暗殺される

詳細を見る

もっと見る

1863

攘夷親征計画(大和行幸)

詳細を見る

もっと見る

1863

平野国臣が朝廷より学習院出仕に任じられる

詳細を見る

もっと見る

1863

中山忠光・吉村寅太郎らによる大和天誅組の変

詳細を見る

もっと見る

1863

三条実美の命により平野国臣が大和天誅組の抑止に赴く

詳細を見る

もっと見る

1863

八月十八日の政変~薩摩藩・会津藩が長州藩を追放し久坂玄瑞・木戸孝允・武市半平太らの破約攘夷運動が瓦解

詳細を見る

もっと見る

1863

河上弥市・平野国臣らによる生野の変、平野は京都六角獄舎に投獄される

詳細を見る

もっと見る

1863

島津久光の建議により参預会議発足~公武合体論の実現

詳細を見る

もっと見る

1863

長州藩で世子毛利定広の上洛決定、真木和泉の扇動により出兵論が過熱

詳細を見る

もっと見る

1864

参預会議が瓦解し公武合体運動が挫折

詳細を見る

もっと見る

1864

徳川慶喜が将軍後見職を辞して江戸幕府を離れ禁裏御守衛総督となり京都政局を牛耳る

詳細を見る

もっと見る

1864

天狗党の乱~武田耕雲斎ら水戸尊攘派の暴発と瓦解

詳細を見る

もっと見る

1864

池田屋事件

詳細を見る

もっと見る

1864

禁門の変、禁裏御守衛総督徳川慶喜・京都守護職松平容保の指揮のもと薩会連合軍が長州軍を撃退し一会桑政権樹立

詳細を見る

もっと見る

1864

京都六角獄舎にて新撰組に殺害される(享年37)

詳細を見る

もっと見る

1891

吉田松蔭・高杉晋作・久坂玄瑞・周布政之助・武市半平太・中岡慎太郎・坂本龍馬・吉村寅太郎・平野国臣・有馬新七・宮部鼎蔵ら明治維新の功労者に追贈正四位(有馬のみ従四位)

もっと見る

Kouyuuroku

黒田長溥

つれない殿様

もっと見る

島津斉彬

長溥血縁の薩摩藩主

もっと見る

島津久光

斉彬庶弟・寺田屋騒動で上意討ちを命令

もっと見る

島津忠義

薩摩藩主を継いだ久光長子

もっと見る

北条右門

薩摩の盟友

もっと見る

有馬新七

薩摩の盟友

もっと見る

西郷隆盛

薩摩の首領

もっと見る

大久保利通

平野嫌いな薩摩の同志

もっと見る

伊地知正治

薩摩の同志

もっと見る

吉井友実

薩摩の同志

もっと見る

有村俊斎

薩摩の同志

もっと見る

村田新八

薩摩の同志

もっと見る

月照

西郷が無理心中で死なせた同志

もっと見る

真木和泉

兄貴分

もっと見る

梅田雲浜

貧乏同志

もっと見る

橋本左内

イケメン同志

もっと見る

関鉄之助

水戸の同志

もっと見る

清河八郎

謀略同志

もっと見る

久坂玄瑞

長州の同志

もっと見る

吉村寅太郎

土佐の盟友

もっと見る

武市半平太

土佐勤皇党首領

もっと見る

坂本龍馬

土佐の同志

もっと見る

久坂玄瑞

長州の同志

もっと見る

河上弥市

長州の同志

もっと見る

中岡慎太郎

長州系土佐浪士

もっと見る

三条実美

長州系公卿

もっと見る

姉小路公知

長州系公卿

もっと見る

沢宣嘉

裏切らった公卿

もっと見る

岩倉具視

薩摩系公卿

もっと見る

富永漸斎

国学の師匠

もっと見る

坂田諸遠

有職故実の師匠

もっと見る