87 toyodasakichi

とよだ さきち

豊田 佐吉

1867年~1930年

70

国産初の動力織機など特許84件・実用新案35件を誇る「発明王」、繊維産業の没落で「紡績財閥」は壊滅したが長男の豊田喜一郎がトヨタ自動車を創業

同じ時代の人物

Sunhyou

基礎点

70

豊田佐吉は、国産初の動力織機など特許84件・実用新案35件を誇る「発明王」、繊維産業の衰退で「紡績財閥」は壊滅したが長男豊田喜一郎のトヨタ自動車の礎となった。愛知県湖西市で家業の大工を手伝ううち発明家を志した豊田佐吉は、出奔して東京の工場を徘徊し臥雲辰致の「ガラ紡」に感銘、変人扱いされながら納屋で研究に没頭し国産初の動力織機「豊田式木鉄混製力織機」を完成、人力織機の10~20倍の生産性と品質均一化を実現した。豊田佐吉は綿布製造に乗出したが販社の三井物産は織機に注目、格安な豊田式木鉄混製力織機は忽ち輸入織機に取って代り、家内制手工業の綿織物業が大規模工場・大量生産へシフトする起爆剤となった。1906年三井物産の出資で「豊田式織機株式会社」が発足し(現豊和工業)、常務取締役兼技師長の豊田佐吉は製品改良に励んだが、日露戦争後の反動不況で業績が急落し責任を押付けられ追放された。新天地を求める豊田佐吉は右腕の西川秋次を伴い欧米を巡察したが自分の技術が最高と確信し帰国、1912年名古屋市で「豊田自働織布工場」を開業すると、第一次大戦に伴う物資不足で綿布注文が殺到し急成長を遂げ「豊田紡織株式会社」(現トヨタ紡織)へ改組した。海外進出を念願する豊田佐吉は、最大輸出先の中国の関税引上げ(大英帝国の特恵関税・保護貿易化)に対処すべく三井物産の支援を得て上海に輸出代替工場を開設(豊田紡織廠)、西川秋次を送込み「在華紡」の一角へ成長させた。十余年で「豊田財閥」を築いた豊田佐吉は、本丸の紡績事業を婿養子の豊田利三郎に任せ、東大工学部を出た豊田喜一郎と共に「豊田自動織機試験工場」で再び織機開発に没入、1925年動力織機の完全版「無停止杼換式自動織機(G型自動織機)」を完成させ翌年「株式会社豊田自動織機製作所」を設立した。1929年世界恐慌で繊維不況が始まり、豊田佐吉は翌年63歳で病没したが、豊田喜一郎はトヨタ自動車創業へ動き始めた。その後、第二次大戦による輸出断絶で豊田佐吉が築いた紡績事業は壊滅したが、トヨタ紡織・豊田自動織機は自動車事業の一翼を担い今も創業者の名を伝えている。

Shijitsu

1867

愛知県湖西市山口で農民兼大工を営む豊田伊吉の嫡子に豊田佐吉が出生

もっと見る

1867

王政復古の大号令

詳細を見る

もっと見る

1868

明治天皇即位礼、明治に改元

もっと見る

1869

版籍奉還

詳細を見る

もっと見る

1869

四民平等~華族・士族・平民の三身分制の実施

詳細を見る

もっと見る

1871

廃藩置県

詳細を見る

もっと見る

1872

新橋-横浜間に鉄道が開通

詳細を見る

もっと見る

1872

渋沢栄一の主導で官営工場富岡製糸場操業開始

詳細を見る

もっと見る

1872

渋沢栄一の主導で三井小野組合銀行(後の第一国立銀行)が設立され国立銀行条例制定

詳細を見る

もっと見る

1873

徴兵令布告

詳細を見る

もっと見る

1873

岩崎弥太郎が三菱商会を設立

詳細を見る

もっと見る

1873

地租改正法・地租改正条例布告

詳細を見る

もっと見る

1876

国立銀行条例改正、国立銀行の隆盛が始まる

詳細を見る

もっと見る

1876

三井銀行および三井物産設立

もっと見る

1876

安田善次郎が第三国立銀行を設立し「銀行王」への道を踏出す

詳細を見る

もっと見る

1877

西南戦争、西郷隆盛が鹿児島城山にて自害(享年51)

詳細を見る

もっと見る

1877

第一回内国勧業博覧会開催

詳細を見る

もっと見る

1878

福地源一郎・渋沢栄一ら有力財界人の出願により東京株式取引所設立

詳細を見る

もっと見る

1882

渋沢栄一主導で大阪紡績(現東洋紡)株式会社設立、紡績業の発展を牽引

詳細を見る

もっと見る

1885

専売特許条例施行

もっと見る

1885

第一次伊藤博文内閣発足(太政官制の廃止と内閣制度の開始)

詳細を見る

もっと見る

1885

高橋是清が森有礼の引きで農商務省専売特許所長に就任し欧米出張

もっと見る

1886

豊田佐吉が東京へ出奔し各地の工場を見学

もっと見る

1886

岩崎弥之助が三菱社設立

詳細を見る

もっと見る

1886

藤岡市助・大倉喜八郎らが東京電燈(現東京電力)設立、全国各地で電力普及が進む

詳細を見る

もっと見る

1886

企業勃興~起業ブームが始まる

詳細を見る

もっと見る

1887

高橋是清が特許法を完成し特許局長に昇進

もっと見る

1887

安田善次郎が安田家の資産管理会社「安田保善社」設立

詳細を見る

もっと見る

1889

大日本帝国憲法発布

詳細を見る

もっと見る

1889

東海道本線が全通(新橋-神戸間)

もっと見る

1890

豊田佐吉が再び東京へ出奔し第3回内国勧業博覧会を見学

もっと見る

1890

東京・横浜で電話サービス開始

もっと見る

1890

豊田佐吉が「豊田式木製人力織機」を発明し翌年特許取得

もっと見る

1894

豊田佐吉の長男に豊田喜一郎が誕生

もっと見る

1894

不平等条約改正(領事裁判権・片務的最恵国待遇の撤廃)

詳細を見る

もっと見る

1894

日清戦争勃発

詳細を見る

もっと見る

1895

下関条約で日清戦争終結、朝鮮(李朝)が初めて中国から独立しソウルに独立門建立

詳細を見る

もっと見る

1895

三国干渉~露仏独が日本に遼東半島返還を要求

詳細を見る

もっと見る

1896

豊田佐吉が動力織機「豊田式木鉄混製力織機」を発明し繊維業界を席巻(2年後特許取得)

詳細を見る

もっと見る

1897

松方正義首相・岩崎弥之助日銀総裁が貨幣法を制定し金本位制移行を断行

詳細を見る

もっと見る

1897

豊田佐吉が石川藤八の援助で乙川綿布合資会社を設立し動力織機製綿布を発売

もっと見る

1898

列強による清の植民地争奪競争が激化

詳細を見る

もっと見る

1901

官営八幡製鉄所操業

詳細を見る

もっと見る

1902

第一次日英同盟協約締結

詳細を見る

もっと見る

1904

日露戦争開戦

詳細を見る

もっと見る

1904

井上馨の依頼を受け高橋是清が日露戦費調達のため渡欧米

詳細を見る

もっと見る

1905

ポーツマス条約調印

詳細を見る

もっと見る

1905

三井の越後屋が三越呉服店へ改称しデパートメントストア宣言

詳細を見る

もっと見る

1906

井上勝・桂太郎ら長州閥主導で鉄道国有法が成立し幹線鉄道国有化

詳細を見る

もっと見る

1906

南満州に関東都督府設置

詳細を見る

もっと見る

1906

南満州鉄道会社(満鉄)設立・後藤新平が初代総裁就任、アメリカの干渉が始まる

詳細を見る

もっと見る

1906

豊田佐吉が三井物産の出資を得て豊田式織機株式会社(現豊和工業)を設立し常務取締役兼技師長に就任

もっと見る

1907

北浜銀行主導で箕面有馬電気軌道(阪急電鉄)設立、岩下清周は浪人の小林一三を実質上の経営者に招聘

詳細を見る

もっと見る

1909

伊藤博文がハルビン駅頭で朝鮮人に射殺される(享年68)

詳細を見る

もっと見る

1909

豊田佐吉が自動杼換装置を発明し特許取得

もっと見る

1909

日本の製糸業輸出が世界一となる

詳細を見る

もっと見る

1910

伊藤博文暗殺を機に軍部・対外硬派が韓国併合を断行、韓国統監府を朝鮮総督府に改組し軍政を敷くが民生向上により義兵運動は沈静化

詳細を見る

もっと見る

1910

鮎川義介が大叔父井上馨の援助により戸畑鋳物株式会社(日立金属の前身)設立

詳細を見る

もっと見る

1910

小平浪平が久原房之助の出資を得て日立鉱山傘下に日立製作所創業

詳細を見る

もっと見る

1910

豊田佐吉が三井物産と対立し豊田式織機(現豊和工業)を追放される

もっと見る

1910

豊田佐吉が西川秋次を伴い欧米巡察(ニューヨークで高峰譲吉博士と知合う)

もっと見る

1911

不平等条約改正で完全平等達成(関税自主権の完全回復)

詳細を見る

もっと見る

1912

孫文ら辛亥革命が南京に中華民国を樹立し北洋軍閥・袁世凱の反旗で清朝滅亡

詳細を見る

もっと見る

1912

明治天皇が崩御し大正天皇が即位

もっと見る

1912

豊田佐吉が名古屋市に豊田自働織布工場設立(現トヨタ紡織)

もっと見る

1913

小林一三の箕面有馬電気軌道(阪急)が宝塚新温泉内に「宝塚唱歌隊」結成(「宝塚歌劇団」へ改称)

詳細を見る

もっと見る

1914

第一次世界大戦勃発、世界的物資不足のなか日本は特需景気を満喫

詳細を見る

もっと見る

1915

大隈重信首相・加藤高明外相が袁世凱の中華民国に「対華21カ条要求」を宣告

詳細を見る

もっと見る

1915

豊田佐吉が長女愛子の婿養子に児玉利三郎を迎える

もっと見る

1915

大戦景気により東京株式市場暴騰

もっと見る

1917

レーニンらボルシェヴィキがロマノフ朝ロシアを滅ぼし世界初の社会主義政権を樹立(ロシア革命)

詳細を見る

もっと見る

1918

豊田佐吉の豊田自働織布工場が豊田紡織株式会社へ改組(現トヨタ紡織)

詳細を見る

もっと見る

1918

インフレ進行で小作争議が蔓延し「米騒動」で寺内正毅内閣退陣

詳細を見る

もっと見る

1918

シベリア出兵

詳細を見る

もっと見る

1918

第一次世界大戦終結

詳細を見る

もっと見る

1919

パリ講和会議・ベルサイユ条約で第一次世界大戦の講和成立(日本全権は西園寺公望・牧野伸顕)

詳細を見る

もっと見る

1920

国際連盟が発足し日本は英仏伊と共に常任理事国に列す

詳細を見る

もっと見る

1920

鮎川義介が久原財閥を承継し日産コンツェルンを形成

詳細を見る

もっと見る

1920

小平浪平の日立製作所が鮎川義介の日産傘下で再編され株式会社へ改組

もっと見る

1920

豊田喜一郎が東京帝国大学工学部機械工学科卒業

もっと見る

1920

豊田佐吉が三井物産の支援を得て上海に紡織工場建設(豊田紡織廠)

もっと見る

1920

日本が初めて債権国となる

詳細を見る

もっと見る

1921

安田善次郎が大磯の別荘で右翼生年に刺殺される

詳細を見る

もっと見る

1921

神戸三菱・川崎両造船所ストライキ(戦前最大規模の労働争議)

もっと見る

1921

豊田喜一郎が豊田佐吉の豊田紡織に入社、欧米視察へ出され英国プラット・ブラザーズ社で工場実習

もっと見る

1921

バーデン・バーデン密約~永田鉄山ら陸軍中堅幕僚の策動が始まる

詳細を見る

もっと見る

1921

アメリカの工作により日英同盟が廃棄となる

詳細を見る

もっと見る

1922

ソビエト社会主義共和国連邦樹立、スターリンが最高指導者となる

詳細を見る

もっと見る

1923

関東大震災

詳細を見る

もっと見る

1923

豊田佐吉が愛知県刈谷町に豊田自動織機試験工場を開設し豊田喜一郎に実務を託す

もっと見る

1924

早川徳次が大阪阿倍野に早川金属工業研究所を設立(シャープ創業)、国産初の安価な鉱石ラジオで急成長

詳細を見る

もっと見る

1925

豊田佐吉・豊田喜一郎の父子が「無停止杼換式自動織機(G型自動織機)」を発明し特許取得

詳細を見る

もっと見る

1925

東京放送局がラジオ放送開始

詳細を見る

もっと見る

1926

豊田佐吉が株式会社豊田自動織機製作所を設立し(現豊田自動織機)豊田喜一郎が常務取締役就任

もっと見る

1927

片岡直温蔵相の失言により金融恐慌が発生

詳細を見る

もっと見る

1927

高橋是清蔵相が金融恐慌を沈静化、高橋は蔵相を依願退職

詳細を見る

もっと見る

1928

蒋介石の国民革命軍が張作霖(日本の傀儡)の北京政府を打倒し北伐完了

詳細を見る

もっと見る

1928

張作霖爆殺事件(満州某重大事件)、陸軍中堅幕僚の暴走が始まる

詳細を見る

もっと見る

1928

張学良が奉天軍閥を承継、関東軍と対立し「満州問題」が深刻化

詳細を見る

もっと見る

1928

八木秀次東北帝大教授がテレビアンテナの原型「八木アンテナ」を開発、日本では理解されないが欧米の軍隊で採用が進む

もっと見る

1929

東京石川島造船所(現IHI)から石川島自動車製造所(現いすゞ自動車)が独立

もっと見る

1929

永田鉄山の二葉会に木曜会が合流し「一夕会」が発足

詳細を見る

もっと見る

1929

トーキー映画が日本上陸し映画産業が興隆

詳細を見る

もっと見る

1929

軍部や松岡洋右満鉄副総裁の扇動で「満蒙生命線論」が興隆

詳細を見る

もっと見る

1929

豊田喜一郎が欧米出張しG型自動織機を売込み、英国プラット・ブラザーズ社と特許譲渡契約締結

もっと見る

1929

世界恐慌始まる、軍需主導で日本経済は1934年に回復

詳細を見る

もっと見る

1929

農産物価格が暴落し農家が大打撃を受ける

詳細を見る

もっと見る

1929

世界的な繊維業界不況がはじまる

もっと見る

1930

豊田喜一郎が帰国し自動車事業参入準備に着手

もっと見る

1930

金解禁(金本位制復帰)

詳細を見る

もっと見る

1930

豊田佐吉が死去(享年63)

もっと見る

Kouyuuroku

豊田喜一郎

優秀な息子

もっと見る

豊田利三郎

娘婿

もっと見る

豊田英二

優秀な甥

もっと見る

豊田章一郎

もっと見る

豊田達郎

もっと見る

飯田新七

喜一郎の岳父

もっと見る

西川秋次

大番頭

もっと見る

石田退三

将来の逸材

もっと見る

神谷正太郎

将来の逸材

もっと見る

臥雲辰致

憧れの発明家

もっと見る

高橋是清

特許の恩人

もっと見る

石川藤八

故郷の恩人

もっと見る

児玉一造

三井の恩人

もっと見る

藤野亀之助

三井の恩人

もっと見る

井上馨

三井首脳

もっと見る

渋沢栄一

井上の右腕で財界のドン

もっと見る

三野村利助

三井仲間

もっと見る

中上川彦次郎

三井仲間

もっと見る

益田孝

三井仲間

もっと見る

團琢磨

三井仲間

もっと見る

大倉喜八郎

長州系武器商人

もっと見る

小林一三

阪急の奇才

もっと見る

鮎川義介

喜一郎のライバル

もっと見る

小平浪平

鮎川の部下

もっと見る

八木秀次

お見逸れしました

もっと見る