8 shinsichi

ありま しんしち

有馬 新七

1825年~1862年

40

島津久光・大久保利通の挙藩一致方針に逆らい続け平野国臣の扇動に乗って討幕運動を激発し寺田屋騒動で誅殺された薩摩藩急進派の首領

同じ時代の人物

Sunhyou

基礎点

60

有馬新七は、島津久光・大久保利通の挙藩一致方針に逆らい続け平野国臣の扇動に乗って討幕運動を激発し寺田屋騒動で誅殺された薩摩藩急進派の首領である。結果は最悪だったが、自ら捨石となって大事を成遂げようとした心意気は見事で、薩摩藩が本腰を入れて中央政局に乗出す契機になったとの見方もできよう。統制好きで浪人嫌いな島津久光の犠牲者ともいえる。

-20

有馬新七は、純粋激烈な攘夷志士であったが、一派のリーダーとしては大局眼も政治力も不足していた。大久保利通への対抗心で目が曇ったか、浪人運動から挙藩運動へ移る時勢を見誤り、平野国臣の扇動に乗せられ、幕末一のトラブルメーカー真木和泉の無謀な討幕計画に飛付いて暴発、直接的には何も成遂げられず十余人の同志を道連れに犬死した。

Shijitsu

1825

薩摩藩郷士坂木四郎兵衛の子として坂木正義(有馬新七)が伊集院郷にて出生、のち四郎兵衛が城下士有馬家に入嗣し一家は鹿児島城下の加治屋町へ移住

もっと見る

1838

有馬新七が元服

もっと見る

1840

アヘン戦争(~1842)

詳細を見る

もっと見る

1842

異国船打払令を緩和し薪水給付令施行

もっと見る

1843

有馬新七が江戸へ遊学し崎門学(山崎闇斎派朱子学)で高名な山口菅山に入門

もっと見る

1845

有馬新七が京都にて梅田雲浜ら尊攘派志士と交流

詳細を見る

もっと見る

1846

フランスが琉球の開国を要求

もっと見る

1850

薩摩藩の西郷隆盛・大久保利通らが若手藩士グループを結成(精忠組に発展)

詳細を見る

もっと見る

1850

12代将軍徳川家慶・老中阿部正弘が薩摩藩主島津斉興に引退勧告

詳細を見る

もっと見る

1850

井伊直亮が死去し弟の井伊直弼が15代彦根藩主に就任、藩政改革に着手し譜代筆頭として幕政に乗出す

もっと見る

1851

島津斉彬が老中阿部正弘を後ろ盾に父の島津斉興を引退させ11代薩摩藩主に就任、富国強兵・殖産興業を掲げ集成館事業など藩政改革に着手

もっと見る

1852

同志の有村俊斎・大山正円・樺山三円が江戸出府

もっと見る

1852

彦根藩主井伊直弼が長野主膳を知行150石で藩士に召抱え藩校弘道館の国学教授に任じる

詳細を見る

もっと見る

1853

[ペリー来航]マシュー・ペリー艦隊が浦賀に来航、フィルモア米大統領の親書交付

詳細を見る

もっと見る

1853

徳川斉昭が江戸防備のため大砲74門を幕府に献上、老中安倍正弘の要請により幕府海防参与に就任

もっと見る

1853

海防参与徳川斉昭の献策により幕府が大船建造を解禁

もっと見る

1853

徳川家定が13代将軍就任、将軍継嗣問題が勃発

もっと見る

1854

ペリー艦隊が再来航し日米和親条約締結(蘭露英仏と続く安政五ヶ国条約)、吉田松陰がアメリカ船での海外密航を企てるが失敗し自主して伊豆下田の牢に投獄される

詳細を見る

もっと見る

1854

ロシア艦隊が長崎に来航し通商を求める

詳細を見る

もっと見る

1854

薩摩藩主島津斉彬が参勤交代で江戸入り、中小姓として随行した西郷隆盛を江戸藩邸で御庭方役に任じ直属の謀臣に抜擢

詳細を見る

もっと見る

1855

安政の大地震、徳川斉昭のブレーン藤田東湖が圧死

詳細を見る

もっと見る

1855

徳川斉昭の要求により南紀派の老中松平乗全・忠固を更迭、堀田正睦が老中首座就任

詳細を見る

もっと見る

1855

薩摩藩が日本初の国産蒸気船を開発

詳細を見る

もっと見る

1855

薩摩藩が国産2号となる洋式軍艦昇平丸(帆船)を建造、幕府に献上

詳細を見る

もっと見る

1856

アロー号事件(~1860)~英仏連合軍が仕掛けた第二次アヘン戦争

詳細を見る

もっと見る

1856

水戸藩の石川島造船所(IHIの前身)が洋式帆船「旭日丸」を建造し幕府に献上

詳細を見る

もっと見る

1856

薩摩藩主島津斉彬が一門の島津敬子(篤姫)を将軍徳川家定に入輿させる・西郷隆盛が諸業務を担当

詳細を見る

もっと見る

1857

薩摩藩主島津斉彬が下級藩士の西郷隆盛・大久保利通を徒目付に登用、有馬新七は江戸藩邸糾合方に就任

詳細を見る

もっと見る

1857

阿部正弘死去

詳細を見る

もっと見る

1858

老中首座堀田正睦が条約勅許取得に失敗(岩倉具視・大原重徳らの廷臣八十八卿列参事件)

詳細を見る

もっと見る

1858

井伊直弼が大老に就任、一橋派の粛清が始まる(安政の大獄)

詳細を見る

もっと見る

1858

幕府が日米修好通商条約に無勅許調印、英仏蘭露とも同様(安政五カ国条約)

詳細を見る

もっと見る

1858

徳川家茂が14代将軍就任、一橋派が将軍継嗣問題に敗北

詳細を見る

もっと見る

1858

島津斉彬が幕府抗議のため藩兵5千を率いての上洛を計画

詳細を見る

もっと見る

1858

西郷隆盛・有馬新七が島津斉彬に先発して上洛し準備工作

詳細を見る

もっと見る

1858

薩摩藩主の島津斉彬が急死し率兵上洛計画が頓挫(享年50。毒殺説あり)、養嗣子(島津久光の子)の島津忠義が12代藩主に就任し10代藩主の島津斉興(斉彬・久光の父)が実権を奪回

詳細を見る

もっと見る

1858

梅田雲浜らの工作により朝廷が条約撤廃・一橋派諸侯の復権を促す「戊午の密勅」を水戸藩・幕府・長州藩へ下す

詳細を見る

もっと見る

1858

西郷隆盛が水戸藩を見限り諸大藩への勅諚降下運動を展開、有馬新七は土佐藩等へ遊説

詳細を見る

もっと見る

1858

有馬新七が江戸で勅諚降下工作

詳細を見る

もっと見る

1858

江戸城無断登城事件、大老井伊直弼が無断で江戸登城した徳川斉昭・徳川慶喜・松平春嶽・徳川慶勝を謹慎に処す

詳細を見る

もっと見る

1858

西郷隆盛が月照を伴い鹿児島へ帰国するが島津斉興の佐幕転換により月照・西郷の入水事件が発生

詳細を見る

もっと見る

1859

神奈川・長崎・函館開港

もっと見る

1859

安政の大獄で大老井伊直弼が一橋派諸侯の処分を断行、徳川斉昭・慶喜は蟄居に処される

もっと見る

1859

安政の大獄により吉田松陰・橋本佐内・梅田雲浜らが処刑される

詳細を見る

もっと見る

1859

有馬新七が京都を経て鹿児島へ帰国

詳細を見る

もっと見る

1859

島津斉興の死により島津久光が藩主島津忠義の国父として薩摩藩の実権を掌握

もっと見る

1859

大久保利通が有馬新七ら精忠組の突出脱藩騒動を抑える

詳細を見る

もっと見る

1860

清が英仏露と北京条約締結、半植民地化が決定的に

詳細を見る

もっと見る

1860

桜田門外の変~徳川斉昭の意を受けた水戸浪士らが江戸城桜田門外で大老井伊直弼を暗殺(享年48)

詳細を見る

もっと見る

1860

桜田門外の変の指揮者関鉄之助が鹿児島来訪、有馬新七らが再び突出脱藩騒ぎを起すが大久保利通が制止

詳細を見る

もっと見る

1860

徳川斉昭が蟄居中に急死(享年61)、幕府は融和路線に転じ徳川慶喜・松平春嶽らを赦免

もっと見る

1860

ロシア軍艦が対馬に侵攻するがイギリスの圧力で退去

もっと見る

1861

薩摩藩の実権を掌握し率兵上洛を期す島津久光が人事改革を断行し反抗勢力を一掃して小松帯刀・大久保利通らを抜擢、有馬新七は造士館訓導に抜擢される

詳細を見る

もっと見る

1862

平野国臣が『尊攘英断録』を薩摩藩に献じ武力討幕を提案、大久保利通は追払うが有馬新七ら精忠組急進派が賛同し上洛した平野は「島津久光の討幕挙兵近し!」と吹聴し尊攘派は狂奔

詳細を見る

もっと見る

1862

上洛を期す島津久光の召還命令により西郷隆盛が鹿児島へ帰還

詳細を見る

もっと見る

1862

島津久光が率兵上洛、随行した大久保利通・小松帯刀は岩倉具視らと公武合体運動に奔走するが有馬新七・真木和泉らは討幕挙兵工作に狂奔

詳細を見る

もっと見る

1862

島津久光が西郷隆盛を遠島に処す

詳細を見る

もっと見る

1862

大久保利通が御小納戸頭取に昇進し名実共に島津久光の側近となる

もっと見る

1862

寺田屋騒動、島津久光が有馬新七らを上意討ち(享年38)

詳細を見る

もっと見る

1891

吉田松蔭・高杉晋作・久坂玄瑞・周布政之助・武市半平太・中岡慎太郎・坂本龍馬・吉村寅太郎・平野国臣・有馬新七・宮部鼎蔵ら明治維新の功労者に追贈正四位(有馬のみ従四位)

もっと見る

Kouyuuroku

島津斉彬

偉大な主君

もっと見る

島津久光

上意討ちを命じた主君

もっと見る

島津忠義

薩摩藩主を継いだ久光長子

もっと見る

西郷隆盛

精忠組首領

もっと見る

大久保利通

精忠組の政敵

もっと見る

小松帯刀

大久保派

もっと見る

吉井友実

精忠組同志

もっと見る

伊地知正治

精忠組同志

もっと見る

有村俊斎

精忠組同志

もっと見る

大山正円

精忠組同志

もっと見る

樺山三円

精忠組同志

もっと見る

有村次左衛門

井伊直弼を討った同志

もっと見る

有村雄助

井伊直弼を討った同志

もっと見る

柴山愛次郎

寺田屋騒動で共に討たれた同志

もっと見る

橋口壮介

寺田屋騒動で共に討たれた同志

もっと見る

西田直五郎

寺田屋騒動で共に討たれた同志

もっと見る

弟子丸龍助

寺田屋騒動で共に討たれた同志

もっと見る

橋口伝蔵

寺田屋騒動で共に討たれた同志

もっと見る

田中謙助

寺田屋騒動で切腹した同志

もっと見る

森山新五左衛門

寺田屋騒動で切腹した同志

もっと見る

篠原国幹

生延びた寺田屋同志

もっと見る

西郷従道

生延びた寺田屋同志

もっと見る

大山巌

生延びた寺田屋同志

もっと見る

大山綱良

寺田屋で戦った同志

もっと見る

奈良原繁

寺田屋で戦った同志

もっと見る

真木和泉

久留米の同志

もっと見る

平野国臣

福岡の同志

もっと見る

関鉄之助

水戸の同志

もっと見る

月照

西郷が無理心中で死なせた同志

もっと見る

梅田雲浜

貧乏同志

もっと見る

橋本左内

イケメン同志

もっと見る

久坂玄瑞

長州の同志

もっと見る

山口菅山

崎門学の師匠

もっと見る