77 fukuzawayukichi

ふくざわ ゆきち

福澤 諭吉

1835年~1901年

70

慶應義塾の創始者にして「西洋事情」の紹介者、「脱亜論」が後世に禍根を残したが、大隈重信の黒幕として自由民権運動をリードした文明開化のカリスマ

同じ時代の人物

Sunhyou

基礎点

80

緒方洪庵の「適塾」で蘭学・蘭語を修めた福澤諭吉は、通商条約批准の遣米使節および文久遣欧使節に随行して米英の優勢を悟り英語を習得、英語教育を売りに「慶應義塾」を大発展させた。福澤諭吉は教育活動に励むかたわら、森有礼の明六社に参加し、『西洋事情』『西洋旅案内』『学問のすゝめ』『文明論之概略』などを刊行して大衆の洋化啓蒙活動を牽引し、慶應義塾と共に福澤派の牙城となる『時事新報』を創刊した。福澤諭吉は政治活動には一定の距離を置いたが、明治十四年政変で大隈重信が失脚すると、専横を強める伊藤博文・井上馨ら薩長藩閥と絶交し、福澤派・慶應義塾グループを母体に立憲改進党を発足させ「元筆頭参議」の大隈を党首に担いだ。大隈重信・犬養毅・矢野文雄・尾崎行雄ら福澤諭吉の門人は政界に隠然たる勢力を形成し、また三菱・三井など経済界へも多くの門下生を提供した。固い結束を誇り今日も政財界の一角を占める慶應義塾「三田会」の親玉という点において、福澤諭吉が日本国に及ぼした影響は計り知れないものがある。また福澤諭吉は、東大閥から締出された北里柴三郎を救済し国立伝染病研究所・北里研究所・慶応義塾大学医学部を創設、医学会にも大きな足跡を残している。

-10

福澤諭吉は、親友の後藤象二郎と共に金玉均の朝鮮独立党を支援したが、甲申事変が失敗に終わり朝鮮民衆の排日姿勢が強まるのをみて従来の「興亜論」を一変、『時事新報』社説で「脱亜論」を発表した。福澤諭吉は近隣諸国の支配層にも民意にも匙を投げ「亜細亜東方の悪友を謝絶する」といった強い論調で近代化を進めない清や朝鮮を非難する一方、「日本は近代化路線を邁進して西欧列強の仲間入りを果し、他のアジア諸国に対しては西欧列強と同じ手法で接すべし」と主張した。折りしも、日本国内では文明開化の進展に連れアジア蔑視の風潮が起りつつあり、世論の主流は興亜論から福澤諭吉の脱亜論へ移り、日清戦争開戦の機運が醸成されていった。没後の事ゆえ福澤諭吉に直接責任は無いが、脱亜論は大隈重信・加藤高明らの「対外硬」へ受継がれ大衆迎合パフォーマンスで先鋭化し「対華21カ条要求」の暴挙へ繋がったともいえよう。

Shijitsu

1835

豊前中津藩の下級藩士福澤百助の次男福澤諭吉が大坂堂島の藩蔵屋敷にて出生

もっと見る

1836

父福澤百助の死去に伴い福澤諭吉は中津へ転居

もっと見る

1838

緒方洪庵が大阪瓦町で医師開業、適々斎塾(適塾)を開く

詳細を見る

もっと見る

1843

福澤諭吉が儒学者白石照山の私塾「晩香堂」に入門

もっと見る

1846

大村益次郎が大阪遊学し緒方洪庵の適塾に入門、翌年から1年間長崎へ遊学

もっと見る

1848

久坂玄機(玄瑞の長兄)が緒方洪庵の適塾の塾頭となるが翌年長州藩に召還され医学所好生館の都講に就任、適塾塾頭は大村益次郎が後継

もっと見る

1849

福井藩士の橋本佐内が緒方洪庵の適塾に入門

もっと見る

1849

緒方洪庵が大阪古手町に除痘館を開き牛痘種痘法を開始

詳細を見る

もっと見る

1852

大鳥圭介が緒方洪庵の適塾に入門

もっと見る

1853

[ペリー来航]マシュー・ペリー艦隊が浦賀に来航、フィルモア米大統領の親書交付

詳細を見る

もっと見る

1853

大村益次郎が宇和島藩に仕官

詳細を見る

もっと見る

1854

久坂玄機が病死し弟の久坂玄瑞が家督を継ぎ医者坊主となる

もっと見る

1854

福澤諭吉が長崎遊学し蘭学を学ぶ

もっと見る

1855

福澤諭吉が大阪遊学し緒方洪庵の適塾に入門

もっと見る

1857

大村益次郎が宇和島藩士のまま最高学府の幕府講武所に招聘され教授に任じられる

詳細を見る

もっと見る

1857

福澤諭吉が最年少の22歳で適塾の塾頭となる

詳細を見る

もっと見る

1858

井伊直弼が大老に就任、一橋派の粛清が始まる(安政の大獄)

詳細を見る

もっと見る

1858

幕府が日米修好通商条約に無勅許調印、英仏蘭露とも同様(安政五カ国条約)

詳細を見る

もっと見る

1858

福澤諭吉が築地鉄砲洲の中津藩中屋敷で蘭学塾を開講(慶應義塾の起源)

もっと見る

1859

安政の大獄により吉田松陰・橋本佐内・梅田雲浜らが処刑される

詳細を見る

もっと見る

1859

イギリス総領事ラザフォード・オールコックが着任

もっと見る

1860

清が英仏露と北京条約締結、半植民地化が決定的に

詳細を見る

もっと見る

1860

幕府が通商条約批准のための遣米使節を派遣、勝海舟艦長の咸臨丸が同行(随員に福澤諭吉ら)

詳細を見る

もっと見る

1860

桜田門外の変~徳川斉昭の意を受けた水戸浪士らが江戸城桜田門外で大老井伊直弼を暗殺(享年48)

詳細を見る

もっと見る

1860

幕府と攘夷派の間で兵庫開港問題が過熱

もっと見る

1860

宇和島藩士で幕府講武所教授の大村益次郎が木戸孝允の招聘で故郷の長州藩へ転籍、最先端の西洋知識で洋式軍制改革を推進

もっと見る

1860

米国から帰国した福澤諭吉が築地鉄砲洲に復帰し蘭学塾から英学塾へ方針転換

もっと見る

1860

福澤諭吉が木村摂津守の引きで中津藩籍のまま幕府外国方に出仕、公文書の翻訳にあたる

もっと見る

1860

福澤諭吉が『増訂華英通語』を出版

もっと見る

1862

幕府が第一回遣欧使節を派遣(文久遣欧使節)しロンドン覚書に調印(随員に福澤諭吉・福地源一郎・寺島宗則・箕作秋坪ら)

詳細を見る

もっと見る

1862

生麦事件~薩摩藩主島津忠義・久光の行列がイギリス人を殺傷

詳細を見る

もっと見る

1862

高杉晋作・久坂玄瑞・井上馨・伊藤博文ら長州藩士が神奈川外人襲撃を企てるが土佐藩の横槍で中止

詳細を見る

もっと見る

1862

高杉晋作・久坂玄瑞・井上馨・伊藤博文ら長州藩士がイギリス公使館焼き討ち

詳細を見る

もっと見る

1862

緒方洪庵が江戸幕府に招聘され奥医師兼西洋医学所頭取に就任・将軍徳川家茂の侍医として法眼の地位を与えられる

詳細を見る

もっと見る

1862

ヨーロッパから帰国した福澤諭吉が洋化啓蒙活動を開始

もっと見る

1863

緒方洪庵が江戸にて死去(享年54)

もっと見る

1863

長州藩が外国船を砲撃し攘夷決行(下関事件)、首謀者の久坂玄瑞は光明寺党を率い獅子奮迅の活躍

詳細を見る

もっと見る

1863

長州藩の伊藤博文・井上馨・山尾庸三・野村弥吉・遠藤謹助がイギリス留学(長州ファイブ)

詳細を見る

もっと見る

1863

薩英戦争~イギリス艦隊による生麦事件の報復、賠償金は幕府が負担

もっと見る

1863

幕府外国方の福澤諭吉が薩英戦争処理などに奔命

もっと見る

1863

八月十八日の政変~薩摩藩・会津藩が長州藩を追放し久坂玄瑞・木戸孝允・武市半平太らの破約攘夷運動が瓦解

詳細を見る

もっと見る

1864

フランス公使レオン・ロッシュ着任

もっと見る

1864

幕府が神戸海軍操練所を開設し勝海舟は軍艦奉行・2千石に昇進

詳細を見る

もっと見る

1864

禁門の変

詳細を見る

もっと見る

1864

徳川慶喜が長州追討の勅命を得て第一次長州征討を決行

詳細を見る

もっと見る

1864

馬関戦争~英仏蘭米の四国連合艦隊が下関を攻撃し長州藩を降伏させる

詳細を見る

もっと見る

1864

福澤諭吉が外国奉行支配調役次席翻訳御用出仕(幕府直参旗本)

もっと見る

1865

徳川慶喜の策動により将軍徳川家茂が上洛し第二次長州征討を号令

詳細を見る

もっと見る

1865

イギリス公使ハリー・パークス着任

もっと見る

1865

薩摩藩が五代友厚・寺島宗則・森有礼らを西欧視察に派遣

詳細を見る

もっと見る

1865

幕府がフランスからの借款で横須賀製鉄所起工

詳細を見る

もっと見る

1865

徳川慶喜が長崎・横浜・函館開港の勅許を獲得

詳細を見る

もっと見る

1866

薩長同盟

詳細を見る

もっと見る

1866

日本人の海外渡航が正式に認められる

もっと見る

1866

福澤諭吉が『西洋事情』初編刊行(1870年完成)

もっと見る

1866

徳川慶喜の策動により将軍徳川家茂が上洛し兵6万を率いて第二次長州征討開始(四境戦争)、薩摩藩は公式に出兵を拒絶

詳細を見る

もっと見る

1866

徳川慶喜が朝廷から征長停止の勅令を獲得し幕府敗北・長州藩勝利で四境戦争終結、勝海舟が安芸厳島に乗込み停戦交渉

詳細を見る

もっと見る

1866

徳川慶喜が15代将軍就任

もっと見る

1867

徳川慶喜が各国公使に兵庫開港を宣言、幕府は勢いを盛返すが警戒を強める薩長首脳は討幕へ傾く

詳細を見る

もっと見る

1867

徳川慶喜が二条城で大政奉還を発表

もっと見る

1867

大久保利通・西郷隆盛・岩倉具視の謀略により朝廷が薩長などに討幕の密勅を下す

詳細を見る

もっと見る

1867

王政復古の大号令

詳細を見る

もっと見る

1867

小御所会議(最初の三職会議)で薩摩藩の大久保利通・西郷隆盛と朝臣の岩倉具視が徳川慶喜の辞官納地を強行採決

詳細を見る

もっと見る

1867

大阪城に退去した徳川慶喜が辞官納地を拒否、諸外国に徳川政権による外交継続を宣言

もっと見る

1867

福澤諭吉が幕府の軍艦受取委員会随員として渡米

もっと見る

1867

福澤諭吉が『西洋旅案内』刊行

もっと見る

1868

鳥羽伏見の戦いに官軍が圧勝~戊辰戦争始まる

もっと見る

1868

徳川慶喜が松平容保・松平定敬を伴って大阪城を脱出し軍艦で江戸へ逃げ帰る

詳細を見る

もっと見る

1868

陸奥宗光の献策により維新政府が外交団と協議、各国は局外中立を表明

詳細を見る

もっと見る

1868

明治天皇が徳川慶喜追討の親征を宣言、薩摩(西郷隆盛)・長州・佐土原・大村の東海道軍と薩長・土佐(板垣退助)など諸藩混成の東山道軍が江戸へ進発、徳川慶喜は小栗忠順ら主戦派を退け恭順派の勝海舟に全権を託す

もっと見る

1868

徳川慶喜が上野寛永寺に謹慎し主戦派の松平容保・松平定敬・小栗忠順らを江戸から追放し恭順派の勝海舟に全権委任、徳川家達に徳川宗家の家督を譲る

詳細を見る

もっと見る

1868

東海道軍筆頭参謀の西郷隆盛が勝海舟との会談で総攻撃を中止し江戸城無血開城、長州藩の大村益次郎や佐賀藩の江藤新平は薩摩藩の専断に反発

もっと見る

1868

福澤諭吉が明治政府からの出仕要請を謝辞、以後終生官職に就かず

もっと見る

1868

福澤諭吉が私塾を芝新銭座(浜松町)に移転し慶應義塾と改称

もっと見る

1868

奥羽越列藩同盟が成立

詳細を見る

もっと見る

1868

西郷隆盛・大村益次郎の官軍が上野彰義隊を殲滅

詳細を見る

もっと見る

1868

官軍が高崎市に隠遁した小栗忠順を襲い斬首

もっと見る

1868

木戸孝允の版籍奉還の献策を長州藩主毛利敬親が承諾

詳細を見る

もっと見る

1868

明治天皇が江戸城に入城~実質的な東京遷都

詳細を見る

もっと見る

1868

太政官設置

詳細を見る

もっと見る

1868

旧幕府海軍の榎本武揚らが軍艦8隻を奪い江戸を脱出、仙台で旧幕府軍を吸収し箱館五稜郭で蝦夷共和国樹立を宣言するが旗艦の開陽丸が座礁沈没

詳細を見る

もっと見る

1868

明治天皇即位礼、明治に改元

もっと見る

1868

板垣退助の官軍に会津若松城を攻囲され会津藩が降伏、松平容保は江戸へ移され蟄居

詳細を見る

もっと見る

1868

盛岡藩に続き庄内藩が降伏、東北戦争終結

もっと見る

1869

土方歳三が弁天台場の戦いで戦死(享年35)、榎本武揚の五稜郭が降伏し函館戦争・戊辰戦争終結

詳細を見る

もっと見る

1869

版籍奉還

詳細を見る

もっと見る

1869

四民平等~華族・士族・平民の三身分制の実施

詳細を見る

もっと見る

1869

兵制論争、大久保利通・薩摩士族が大村益次郎の政府直轄軍構想を廃し薩長土供出の御親兵に決定、大村益次郎は木戸孝允に慰留され兵部大輔に就任(大村は弟子の山田顕義を兵部大丞に就ける)

詳細を見る

もっと見る

1869

大村益次郎が京都三条木屋町の旅館で会食中に急進的な兵制改革に反発する元長州藩士8人に襲われ大阪にて死去(享年46)、郷里の山口市鋳銭司に葬られる

もっと見る

1871

廃藩置県

詳細を見る

もっと見る

1871

岩倉使節団派遣

詳細を見る

もっと見る

1871

福澤諭吉の慶應義塾が三田の現在地に移転

もっと見る

1872

福澤諭吉が『学問のすゝめ』初編刊行(1876年完成)

詳細を見る

もっと見る

1872

木戸孝允文部卿の主導により学制制定

詳細を見る

もっと見る

1873

徴兵令布告

詳細を見る

もっと見る

1873

森有礼・福澤諭吉らが明六社結成、『明六雑誌』刊行

もっと見る

1873

岩崎弥太郎が三菱商会を設立

詳細を見る

もっと見る

1873

明治六年政変

詳細を見る

もっと見る

1873

内務省設立、大久保利通が初代内務卿兼参議として独裁政権確立(大久保政府)

詳細を見る

もっと見る

1873

最初の世界恐慌、帝国主義列強による世界分割競争が始まる

詳細を見る

もっと見る

1873

江藤新平司法卿の追及により尾去沢銅山汚職が事件化、井上馨が大蔵大輔を引責辞任し実業界へ転じる

もっと見る

1874

愛国公党が政府に『民撰議院設立建白書』を提出

詳細を見る

もっと見る

1874

西郷隆盛の征韓論を退けた大久保利通が台湾出兵を強行、木戸孝允は参議を辞任し下野

詳細を見る

もっと見る

1874

福澤諭吉の慶應義塾に幼稚舎開設

もっと見る

1875

福澤諭吉が『文明論之概略』刊行

もっと見る

1875

江華島事件

詳細を見る

もっと見る

1875

讒謗律・新聞紙条例公布

詳細を見る

もっと見る

1875

『明六雑誌』廃刊、森有礼・福澤諭吉らの明六社解散

もっと見る

1876

大久保利通政府が黒田清隆全権特使の艦砲外交により李氏朝鮮と日朝修好条規を締結

詳細を見る

もっと見る

1877

西南戦争、西郷隆盛が鹿児島城山にて自害(享年51)

詳細を見る

もっと見る

1877

木戸孝允が京都にて死去(享年45)、京都霊山護国神社に葬られる

もっと見る

1877

東京開成学校と東京医学校が統合され東京大学創立

もっと見る

1878

大久保利通が紀尾井坂で不平士族に斬殺される(享年49)

もっと見る

1879

伊藤博文の要請により井上馨が外務卿就任

もっと見る

1880

安田善次郎の主導で共済五百名社発足(安田生命保険の前身)

詳細を見る

もっと見る

1880

板垣退助ら土佐派が国会期成同盟結成

もっと見る

1881

福澤諭吉の肝煎りで明治生命保険会社設立

もっと見る

1881

岩崎弥太郎が高島炭鉱を後藤象二郎から買取る

詳細を見る

もっと見る

1881

開拓使官有物払下げ事件

詳細を見る

もっと見る

1881

大隈重信一派が追放され薩長藩閥政府が現出(明治十四年の政変)、首班の伊藤博文は国会開設の詔で民権派と妥協

詳細を見る

もっと見る

1881

自由党結成

詳細を見る

もっと見る

1881

松方正義が参議兼大蔵卿に就任し松方財政が始まる

詳細を見る

もっと見る

1882

福澤諭吉が『時事新報』を創刊

もっと見る

1882

板垣退助遭難事件

詳細を見る

もっと見る

1882

福澤諭吉・慶應義塾派が立憲改進党を結成し大隈重信を党首に担ぐ

詳細を見る

もっと見る

1882

西郷従道・黒田清隆ら薩摩閥と井上馨が三菱潰しのため共同運輸会社を設立

詳細を見る

もっと見る

1882

朝鮮で壬午事変

詳細を見る

もっと見る

1882

松方正義主導で日本銀行開業、安田善次郎・三野村利助が創立事務御用掛を務める、福澤諭吉も支援

もっと見る

1882

大隈重信が東京専門学校創立(早稲田大学)

もっと見る

1882

集会条例改定、自由民権運動が激化

詳細を見る

もっと見る

1882

伊藤博文が立憲制視察のため渡欧

詳細を見る

もっと見る

1883

鹿鳴館完成~外務卿井上馨の条約改正交渉

もっと見る

1884

松方デフレによる不況深刻化

もっと見る

1884

秩父事件

詳細を見る

もっと見る

1884

朝鮮で甲申事変、自由党の板垣退助・後藤象二郎や福澤諭吉が金玉均の独立党を後援

詳細を見る

もっと見る

1885

福澤諭吉が「脱亜論」を発表

詳細を見る

もっと見る

1885

大阪事件

詳細を見る

もっと見る

1885

岩崎弥太郎が共同運輸会社との死闘の最中に東京六義園にて死去(享年51)、弟の岩崎弥之助が三菱を承継

詳細を見る

もっと見る

1885

西郷従道農商務卿の和解勧告を岩崎弥之助が受入れ共同運輸会社が郵便汽船三菱会社を併合し日本郵船会社が発足

詳細を見る

もっと見る

1885

第一次伊藤博文内閣発足(太政官制の廃止と内閣制度の開始)

詳細を見る

もっと見る

1886

岩崎弥之助が三菱社設立

詳細を見る

もっと見る

1886

学校令公布

詳細を見る

もっと見る

1886

民権諸派の大同団結運動が始まる(発起人の後藤象二郎は黒田清隆内閣に懐柔される)

詳細を見る

もっと見る

1887

保安条例

詳細を見る

もっと見る

1887

鹿鳴館外交と条約改正に失敗した井上馨が外務大臣を辞任、伊藤博文首相が兼務ののち大隈重信へ交代

詳細を見る

もっと見る

1888

黒田清隆内閣発足

詳細を見る

もっと見る

1889

大日本帝国憲法発布

詳細を見る

もっと見る

1889

大隈重信外相が玄洋社来島恒喜に襲撃される

詳細を見る

もっと見る

1889

北里柴三郎・ベーリングが破傷風菌純粋培養法に成功

もっと見る

1890

第一次山縣有朋内閣発足

詳細を見る

もっと見る

1890

第一回衆議院総選挙で民党が過半数を獲得

詳細を見る

もっと見る

1890

教育勅語発令

詳細を見る

もっと見る

1890

第一回帝国議会開催

もっと見る

1890

北里柴三郎が破傷風の血清療法を発明、ベーリングと共同でジフテリアに応用

詳細を見る

もっと見る

1890

福澤諭吉の慶應義塾に大学部開設

もっと見る

1891

第一次松方正義内閣発足

もっと見る

1891

内村鑑三不敬事件

詳細を見る

もっと見る

1892

北里柴三郎がドイツ留学から帰国、福澤諭吉・森村市左衛門の援助により伝染病研究所(北里研究所の前身)設立

詳細を見る

もっと見る

1892

第二回衆議院総選挙、松方正義政府が大選挙干渉するも民党勝利

もっと見る

1892

第二次伊藤博文内閣発足

詳細を見る

もっと見る

1893

三菱社が三菱合資会社に改組、岩崎弥之助が岩崎久弥(弥太郎の嫡子)に三菱3代目を禅譲

もっと見る

1893

北里柴三郎が日本最初の結核サナトリウム「土筆ヶ岡養生園」(北里研究所病院の前身)設立

もっと見る

1894

不平等条約改正(領事裁判権・片務的最恵国待遇の撤廃)

詳細を見る

もっと見る

1894

北里柴三郎が香港でペスト菌を発見(第一発見者の栄誉は同時期に香港に居たイェルサンが獲得)

もっと見る

1894

日清戦争勃発

詳細を見る

もっと見る

1895

下関条約で日清戦争終結、朝鮮(李朝)が初めて中国から独立しソウルに独立門建立

詳細を見る

もっと見る

1895

三国干渉~露仏独が日本に遼東半島返還を要求

詳細を見る

もっと見る

1896

第二次松方正義内閣発足

詳細を見る

もっと見る

1897

北里柴三郎の伝染病研究所で志賀潔が赤痢菌発見

もっと見る

1898

列強による清の植民地争奪競争が激化

詳細を見る

もっと見る

1898

第三次伊藤博文内閣発足

詳細を見る

もっと見る

1898

憲政党結成~2大民党の合同

詳細を見る

もっと見る

1898

第一次大隈重信内閣(隈板内閣)発足~初の政党内閣

詳細を見る

もっと見る

1898

福澤諭吉が『時事新報』に『福翁自伝』を掲載(~1899)

もっと見る

1898

第二次山縣有朋内閣発足

詳細を見る

もっと見る

1899

勝海舟死去

もっと見る

1900

治安警察法公布

詳細を見る

もっと見る

1900

立憲政友会結成

詳細を見る

もっと見る

1900

第四次伊藤博文内閣(政友会)発足

詳細を見る

もっと見る

1901

北里柴三郎が第1回ノーベル医学生理学賞の候補となるが共同研究者のベーリングが単独受賞

もっと見る

1901

福澤諭吉が死去(享年66)

もっと見る

Kouyuuroku

緒方洪庵

大師匠

もっと見る

大村益次郎

そりが合わない適塾の同門

もっと見る

橋本左内

適塾の同門

もっと見る

大鳥圭介

適塾の同門にして親友

もっと見る

箕作秋坪

適塾の同門

もっと見る

長與專齋

適塾の同門

もっと見る

佐野常民

適塾の同門

もっと見る

横井小楠

交流は無いが自由主義の同志

もっと見る

江川坦庵

尊敬する人物

もっと見る

勝海舟

不仲の上役

もっと見る

木村摂津守

幕閣の庇護者

もっと見る

ジョン万次郎

幕閣仲間

もっと見る

中島三郎助

幕閣仲間

もっと見る

福地源一郎

幕閣仲間

もっと見る

栗本鋤雲

幕閣仲間

もっと見る

松本良順

幕閣仲間

もっと見る

寺島宗則

遊学仲間

もっと見る

大隈重信

実は門人

もっと見る

後藤象二郎

何故か大好き

もっと見る

板垣退助

民権のカリスマ

もっと見る

岩崎弥太郎

門下生を大量派遣

もっと見る

岩崎弥之助

三菱2代目

もっと見る

荘田平五郎

三菱に送込んだ門人

もっと見る

中上川彦次郎

「三井中興の祖」となった甥にして門人

もっと見る

豊川良平

岩崎弥太郎の従兄弟にして三菱に送込んだ門人

もっと見る

犬養毅

大隈のブレーンに就けた門人

もっと見る

矢野文雄

大隈のブレーンに就けた門人

もっと見る

尾崎行雄

大隈のブレーンに就けた門人

もっと見る

森有礼

明六社仲間

もっと見る

西周

明六社仲間

もっと見る

箕作麟祥

明六社仲間

もっと見る

榎本武揚

嫁の親戚故に助命嘆願

もっと見る

黒田清隆

榎本の同志

もっと見る

木戸孝允

学制の同志

もっと見る

伊藤博文

大隈失脚で絶交

もっと見る

井上馨

大隈失脚で絶交

もっと見る

山縣有朋

大隈失脚で絶交

もっと見る

大久保利通

明治政府のドン

もっと見る

南方熊楠

友人

もっと見る

北里柴三郎

応援した偉材

もっと見る

安田善次郎

「日本初生保」のライバル

もっと見る

金玉均

応援したが失望

もっと見る