69 kawakamisouroku

かわかみ そうろく

川上 操六

1848年~1899年

80

薩摩軍閥のホープとしてモルトケ直伝のドイツ式軍制改革を主導した「近代陸軍の創始者」にして日清戦争の作戦(軍令)を担った「作戦の神様」

同じ時代の人物

Sunhyou

基礎点

80

明治維新から日清戦争まで僅か27年の間に日本は近代的軍隊を創り上げたが、陸軍の実務面では川上操六の功績が大きく「近代陸軍の創始者」と称された。薩摩藩士の川上操六は20歳で戊辰戦争に従軍、そのまま新政府軍へ進んで頭角を現し、西南戦争で軍歴を積み薩摩軍閥のホープと目された。軍隊の近代化を急ぐ明治政府は大山巌(薩摩)陸軍卿を団長とする軍事調査団を欧州へ派遣、随行した川上操六は同年生れの桂太郎(長州)と意気投合し、普仏戦争でフランスを下したドイツ陸軍に倣った軍制改革を決意した。軍事研究のため再び渡独した川上操六は(長州の乃木希典と同行)「近代軍制の創始者」と称された独軍参謀総長モルトケおよびワルデルゼー参謀次長に師事し、1年半みっちり学んで帰国すると参謀本部次長に復職し(参謀総長はお飾りの有栖川宮熾仁親王)大山巌陸相のもと矢継ぎ早に軍制改革を断行した。川上操六は先ず、陸軍省との区切りが曖昧で影が薄かった参謀本部の改革強化に乗出し「作戦計画の府」に恥じない組織に変貌させ、藩閥に拘らず有能な人材を集め育成したため参謀本部はエリート集団へ様変わりした。参謀本部に詰め切りの川上操六は夜は毛布にくるまって寝ながら一心不乱に陸軍改造事業に没頭し、師団制の整備充実・軍備兵制の近代化はもとより、戦術・情報・操典・兵站・衛生・通信・運輸・測量・行軍に至るまで全陸軍のあらゆる軍制が刷新され、早くも3年目の1892年には川上改革は一段落を迎えた。40歳そこそこで陸軍の近代化を牽引し参謀本部を「創始」した川上操六は「作戦の神様」と称され、長州閥の調整や軍政面を担当した桂太郎・児玉源太郎と共に「陸軍の三羽鴉」に数えられた。朝鮮を巡り清との関係が破綻すると伊藤博文首相は作戦会議を開催、軍制改革を完了した川上操六は「陸軍は勝てる」と断言し陸奥宗光外相と共に首脳陣を日清戦争に踏切らせ、征清総督府参謀長に就き内地から陸軍の出師計画や作戦軍略を差配した。川上操六は「日本海軍の父」山本権兵衛に比肩する偉業を果し、政治や藩閥に距離を置く良質な陸軍首脳であったが、日清戦争で死力を尽くし戦後4年目に惜しくも50歳で病没した。

Shijitsu

1848

薩摩藩士川上伝左衛門親徳の三男として出生

もっと見る

1858

薩摩藩主の島津斉彬が急死し率兵上洛計画が頓挫(享年50。毒殺説あり)、養嗣子(島津久光の子)の島津忠義が12代藩主に就任し10代藩主の島津斉興(斉彬・久光の父)が実権を奪回

詳細を見る

もっと見る

1861

薩摩藩の実権を掌握し率兵上洛を期す島津久光が人事改革を断行し反抗勢力を一掃して小松帯刀・大久保利通らを抜擢

詳細を見る

もっと見る

1862

島津久光が率兵上洛するが寺田屋騒動で有馬新七ら過激藩士を粛清

詳細を見る

もっと見る

1862

薩摩藩の島津久光が率兵江戸入りし幕政改革を断行(文久の改革)・謀臣の大久保利通と小松帯刀が暗躍、徳川慶喜を将軍後見職・松平春嶽を政治総裁職にねじ込む

詳細を見る

もっと見る

1864

禁門の変

詳細を見る

もっと見る

1864

徳川慶喜が長州追討の勅命を得て第一次長州征討を決行

詳細を見る

もっと見る

1864

長州藩恭順により第一次長州征討が停戦・征長軍全権に任じられた西郷隆盛が宥和路線を主導

詳細を見る

もっと見る

1865

徳川慶喜の策動により将軍徳川家茂が上洛し第二次長州征討を号令

詳細を見る

もっと見る

1866

薩長同盟

詳細を見る

もっと見る

1866

徳川慶喜の策動により将軍徳川家茂が上洛し兵6万を率いて第二次長州征討開始(四境戦争)、薩摩藩は公式に出兵を拒絶

詳細を見る

もっと見る

1866

徳川慶喜が朝廷から征長停止の勅令を獲得し幕府敗北・長州藩勝利で四境戦争終結、勝海舟が安芸厳島に乗込み停戦交渉

詳細を見る

もっと見る

1867

徳川慶喜が各国公使に兵庫開港を宣言、幕府は勢いを盛返すが警戒を強める薩長首脳は討幕へ傾く

詳細を見る

もっと見る

1867

島津久光が薩摩藩兵700を率いて上洛、西郷隆盛が先発し四候会議のお膳立て

もっと見る

1867

京都で島津久光・松平春嶽・山内容堂・伊達宗城の四候会議開催

詳細を見る

もっと見る

1867

将軍徳川慶喜と四候の二条城会談が決裂、薩摩藩が武力討幕の方針を固める

詳細を見る

もっと見る

1867

徳川慶喜が二条城で大政奉還を発表

もっと見る

1867

大久保利通・西郷隆盛・岩倉具視の謀略により朝廷が薩長などに討幕の密勅を下す

詳細を見る

もっと見る

1867

朝廷が幕府の大政奉還を勅許

もっと見る

1867

西郷隆盛と木戸孝允が山口で討幕挙兵を確認、西郷は薩摩へ

もっと見る

1867

薩摩藩主島津忠義が周防国三田尻で長州藩世子毛利広封と会見し討幕出兵を協約

詳細を見る

もっと見る

1867

薩摩藩主島津忠義が藩兵3千を率いて上洛(軍司令官は西郷隆盛)

もっと見る

1867

長州藩世子毛利定広が藩兵1千余を率いて上洛(薩摩藩を警戒し出兵に反対した大村益次郎は掛助役に左遷)

もっと見る

1867

王政復古の大号令

詳細を見る

もっと見る

1867

三職の設置

詳細を見る

もっと見る

1867

小御所会議(最初の三職会議)で薩摩藩の大久保利通・西郷隆盛と朝臣の岩倉具視が徳川慶喜の辞官納地を強行採決

詳細を見る

もっと見る

1867

大阪城に退去した徳川慶喜が辞官納地を拒否、諸外国に徳川政権による外交継続を宣言

もっと見る

1868

鳥羽伏見の戦いに官軍が圧勝~戊辰戦争始まる、20歳の川上操六は薩軍下士官として従軍

もっと見る

1868

徳川慶喜が松平容保・松平定敬を伴って大阪城を脱出し軍艦で江戸へ逃げ帰る

詳細を見る

もっと見る

1868

明治天皇が徳川慶喜追討の親征を宣言、薩摩(西郷隆盛)・長州・佐土原・大村の東海道軍と薩長・土佐(板垣退助)など諸藩混成の東山道軍が江戸へ進発、徳川慶喜は小栗忠順ら主戦派を退け恭順派の勝海舟に全権を託す

もっと見る

1868

徳川慶喜が上野寛永寺に謹慎し主戦派の松平容保・松平定敬・小栗忠順らを江戸から追放し恭順派の勝海舟に全権委任、徳川家達に徳川宗家の家督を譲る

詳細を見る

もっと見る

1868

東海道軍筆頭参謀の西郷隆盛が勝海舟との会談で総攻撃を中止し江戸城無血開城、長州藩の大村益次郎や佐賀藩の江藤新平は薩摩藩の専断に反発

もっと見る

1868

奥羽越列藩同盟が成立

詳細を見る

もっと見る

1868

西郷隆盛・大村益次郎の官軍が上野彰義隊を殲滅

詳細を見る

もっと見る

1868

木戸孝允の版籍奉還の献策を長州藩主毛利敬親が承諾

詳細を見る

もっと見る

1868

明治天皇が江戸城に入城~実質的な東京遷都

詳細を見る

もっと見る

1868

太政官設置

詳細を見る

もっと見る

1868

旧幕府海軍の榎本武揚らが軍艦8隻を奪い江戸を脱出、仙台で旧幕府軍を吸収し箱館五稜郭で蝦夷共和国樹立を宣言するが旗艦の開陽丸が座礁沈没

詳細を見る

もっと見る

1868

明治天皇即位礼、明治に改元

もっと見る

1868

板垣退助の官軍に会津若松城を攻囲され会津藩が降伏、松平容保は江戸へ移され蟄居

詳細を見る

もっと見る

1868

盛岡藩に続き庄内藩が降伏、東北戦争終結

もっと見る

1869

土方歳三が弁天台場の戦いで戦死(享年35)、榎本武揚の五稜郭が降伏し函館戦争・戊辰戦争終結

詳細を見る

もっと見る

1869

版籍奉還

詳細を見る

もっと見る

1869

奇兵隊などの長州藩諸隊の廃止に伴い脱退騒動が起るが木戸孝允は武力鎮圧を断行し130余人を処刑

詳細を見る

もっと見る

1869

兵制論争、大久保利通・薩摩士族が大村益次郎の政府直轄軍構想を廃し薩長土供出の御親兵に決定、大村益次郎は木戸孝允に慰留され兵部大輔に就任(大村は弟子の山田顕義を兵部大丞に就ける)

詳細を見る

もっと見る

1869

大村益次郎が京都三条木屋町の旅館で会食中に急進的な兵制改革に反発する元長州藩士8人に襲われ大阪にて死去(享年46)、郷里の山口市鋳銭司に葬られる

詳細を見る

もっと見る

1869

山縣有朋と西郷従道が軍制視察のため渡欧

詳細を見る

もっと見る

1871

明治政府が大村益次郎の徴兵制を退け(兵制論争)薩長土三藩の兵を徴し御親兵を創設

詳細を見る

もっと見る

1871

川上操六が明治政府出仕、薩摩軍人として累進

もっと見る

1871

廃藩置県

詳細を見る

もっと見る

1871

岩倉使節団派遣

詳細を見る

もっと見る

1872

司法省に警保寮を設置(警察組織の発足)

詳細を見る

もっと見る

1872

明治政府が陸軍省・海軍省を創設し御親兵を廃して近衛兵を設置

もっと見る

1872

山城屋事件、絶体絶命の山縣有朋は西郷隆盛に救われ初代陸軍卿に就任し徴兵令準備に奔走

詳細を見る

もっと見る

1873

山縣有朋が陸軍卿就任

もっと見る

1873

徴兵令布告

詳細を見る

もっと見る

1873

岩倉使節団が帰国

もっと見る

1873

明治六年政変

詳細を見る

もっと見る

1873

内務省設立、大久保利通が初代内務卿兼参議として独裁政権確立(大久保政府)

詳細を見る

もっと見る

1873

最初の世界恐慌、帝国主義列強による世界分割競争が始まる

詳細を見る

もっと見る

1874

佐賀の乱

詳細を見る

もっと見る

1874

西郷隆盛の征韓論を退けた大久保利通が台湾出兵を強行、木戸孝允は参議を辞任し下野

詳細を見る

もっと見る

1875

黒田清隆開拓使長官の主導により榎本武揚駐露特命全権公使が樺太・千島交換条約を締結

詳細を見る

もっと見る

1875

江華島事件

詳細を見る

もっと見る

1876

大久保利通政府が黒田清隆全権特使の艦砲外交により李氏朝鮮と日朝修好条規を締結

詳細を見る

もっと見る

1876

廃刀令布告

もっと見る

1876

秩禄処分

詳細を見る

もっと見る

1876

神風連の乱

詳細を見る

もっと見る

1876

秋月の乱

詳細を見る

もっと見る

1876

萩の乱

詳細を見る

もっと見る

1877

西南戦争、歩兵第13連隊長心得として従軍

詳細を見る

もっと見る

1877

木戸孝允が京都にて死去(享年45)、京都霊山護国神社に葬られる

もっと見る

1878

大久保利通が紀尾井坂で不平士族に斬殺される(享年49)

もっと見る

1878

参謀本部設置

詳細を見る

もっと見る

1878

川上操六が歩兵第13連隊長任官

もっと見る

1880

陸軍卿の西郷従道が参議・農商務卿に転出し大山巌が陸軍卿就任

もっと見る

1880

川上操六が歩兵第8連隊長・近衛歩兵第1連隊長を歴任

もっと見る

1881

大隈重信一派が追放され薩長藩閥政府が現出(明治十四年の政変)、首班の伊藤博文は国会開設の詔で民権派と妥協

詳細を見る

もっと見る

1882

軍人勅諭公布

もっと見る

1882

朝鮮で壬午事変

詳細を見る

もっと見る

1884

大山巌陸軍卿を団長とする軍事調査団が渡欧、随員の桂太郎・川上操六がドイツ式陸軍建設を推進

詳細を見る

もっと見る

1884

朝鮮で甲申事変、自由党の板垣退助・後藤象二郎や福澤諭吉が金玉均の独立党を後援

詳細を見る

もっと見る

1885

福澤諭吉が「脱亜論」を発表

詳細を見る

もっと見る

1885

川上操六が参謀本部次長就任(参謀長は山縣有朋内務卿が兼務)

もっと見る

1885

第一次伊藤博文内閣発足(太政官制の廃止と内閣制度の開始)、大山巌が陸軍大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1886

臨時陸軍制度審査委員会発足、桂太郎・川上操六・児玉源太郎(陸軍三羽烏)が軍制改革を牽引

詳細を見る

もっと見る

1886

川上操六が近衛歩兵第2旅団長就任

もっと見る

1887

川上操六がドイツ遊学し独軍参謀総長のモルトケに師事(乃木希典が同行)

詳細を見る

もっと見る

1888

黒田清隆内閣発足、大山巌が陸軍大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1888

鎮台制を師団制に改編

詳細を見る

もっと見る

1889

大日本帝国憲法発布

詳細を見る

もっと見る

1889

川上操六がドイツから帰国し参謀本部次長に復職、独軍参謀総長モルトケ直伝のドイツ式軍制改革や参謀本部強化を推進

詳細を見る

もっと見る

1890

第一次山縣有朋内閣発足、大山巌が陸軍大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1890

岩村通俊に代わって陸奥宗光が農商務大臣就任、陸奥は原敬を重用

詳細を見る

もっと見る

1890

第一回帝国議会開催

もっと見る

1891

山本権兵衛が西郷従道海相のもと海軍省大臣官房主事に就き海軍の分離独立改革を断行

詳細を見る

もっと見る

1891

第一次松方正義内閣発足、大山巌が陸軍大臣就任(高島鞆之助に途中交代)

もっと見る

1891

帝政ロシアがシベリア鉄道起工

詳細を見る

もっと見る

1892

第二次伊藤博文内閣発足、大山巌が陸軍大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1893

日清戦争準備の作戦会議、伊藤博文首相が川上操六(陸軍)・山本権兵衛(海軍)の開戦論を採用

詳細を見る

もっと見る

1893

海軍軍令部設置

詳細を見る

もっと見る

1893

清国出張

もっと見る

1894

不平等条約改正(領事裁判権・片務的最恵国待遇の撤廃)

詳細を見る

もっと見る

1894

朝鮮で甲午農民戦争、日清両軍が朝鮮へ派兵し一触即発

詳細を見る

もっと見る

1894

大本営設置に伴い川上操六参謀次長が陸軍上席参謀兼兵站総監就任

もっと見る

1894

日清戦争勃発

詳細を見る

もっと見る

1895

川上操六が征清総督府参謀長就任

もっと見る

1895

下関条約で日清戦争終結、朝鮮(李朝)が初めて中国から独立しソウルに独立門建立

詳細を見る

もっと見る

1895

三国干渉~露仏独が日本に遼東半島返還を要求

詳細を見る

もっと見る

1895

台湾総督府設置

詳細を見る

もっと見る

1895

川上操六が日清戦争の功により子爵を受爵

もっと見る

1895

朝鮮で親ロシア政権誕生、閔妃殺害事件

詳細を見る

もっと見る

1896

露清密約、ロシアが清から東清鉄道敷設権を獲得

詳細を見る

もっと見る

1896

第二次松方正義内閣発足、大山巌が陸軍大臣就任(高島鞆之助に途中交代)

詳細を見る

もっと見る

1897

朝鮮が大韓帝国と改称

もっと見る

1898

列強による清の植民地争奪競争が激化

詳細を見る

もっと見る

1898

川上操六が参謀総長就任

もっと見る

1898

第三次伊藤博文内閣発足、桂太郎が陸軍大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1898

第一次大隈重信内閣(隈板内閣)発足~初の政党内閣、桂太郎が陸軍大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1898

第二次山縣有朋内閣発足、桂太郎が陸軍大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1899

川上操六が死去(享年50)

もっと見る

1970

大山巌がヨーロッパ遊学、普仏戦争観戦

もっと見る

Kouyuuroku

モルトケ

軍制の師匠

もっと見る

ワルデルゼー

軍制の師匠

もっと見る

西郷隆盛

薩摩藩のドン

もっと見る

篠原国幹

西郷隆盛の子分

もっと見る

村田新八

西郷隆盛の子分

もっと見る

桐野利秋

西郷隆盛の子分

もっと見る

辺見十郎

西郷隆盛の子分

もっと見る

大久保利通

薩摩藩のドン

もっと見る

大山巌

薩摩陸軍閥のドン

もっと見る

西郷従道

薩摩海軍閥のドン

もっと見る

黒田清隆

薩摩閥仲間

もっと見る

松方正義

薩摩閥仲間

もっと見る

川村純義

薩摩閥仲間

もっと見る

樺山資紀

薩摩閥仲間

もっと見る

黒木為楨

薩摩閥仲間

もっと見る

川村景明

薩摩閥仲間

もっと見る

山本権兵衛

薩摩閥の偉材

もっと見る

伊藤祐亨

薩摩閥仲間

もっと見る

井上良馨

薩摩閥仲間

もっと見る

東郷平八郎

薩摩閥仲間

もっと見る

日高壮之丞

薩摩閥仲間

もっと見る

上原勇作

薩摩閥仲間

もっと見る

島津久光

かつての主君

もっと見る

島津忠義

かつての若様

もっと見る

木戸孝允

長州藩のドン

もっと見る

大村益次郎

陸軍の父

もっと見る

山田顕義

大村の腹心

もっと見る

伊藤博文

長州藩のドン

もっと見る

山縣有朋

陸軍長州閥のドン

もっと見る

井上馨

長州藩の重鎮

もっと見る

児玉源太郎

長州藩の偉材

もっと見る

乃木希典

ドイツ留学仲間

もっと見る

谷干城

西南戦争仲間

もっと見る

陸奥宗光

日清戦争の同志

もっと見る