47 katotakaaki

かとう たかあき

加藤 高明

1860年~1926年

20

外務官僚から外相を歴任し対華21カ条要求等の対外硬路線を主導、岩崎弥太郎の女婿故に政界で重宝がられ、桂太郎の同志会を承継し首相となった三菱のシンデレラ

同じ時代の人物

Sunhyou

基礎点

20

東大法学部を主席で卒業した加藤高明は、岩崎弥之助に青田買いされ岩崎弥太郎の長女春治と結婚し三菱社員となったが、陸奥宗光外相の引きで外務官僚に転じ駐英公使・大使として日清戦争と条約改正に奔走、第四次伊藤博文内閣に外相で初入閣した。「対外硬」急先鋒の加藤高明は桂太郎内閣の日露戦争講和を「軟弱外交は失敗した」と攻撃し世論を扇動、国際関係の悪化を招き西園寺公望内閣で外相辞任に追込まれたが、なんと桂太郎に鞍替えして外相に返咲き、第二次大隈重信内閣の第一次世界大戦参戦と「対華21カ条要求」で主導的役割を果した。国際常識を無視した対華21カ条要求の暴挙は、当然ながら列強に圧殺され国内向けパフォーマンスに終始したが、日中戦争泥沼化と今日まで続く「反日」の元凶となり末代まで禍根を残した。加藤高明は伊藤博文・陸奥宗光に属したが、政友会総裁を継いだ西園寺公望に対外硬を敬遠されると駐英大使・外相の餌に釣られ桂太郎に乗換え、桂の急死で打算が狂ったが桂の同志会(憲政会)を継ぎ反政友会政党の首領に納まった。西園寺公望が唯一の元老となり首相指名権を握ると「苦節十年」寝返りのツケを払わされたが、宿敵の政友会と合同して清浦奎吾の「超然主義内閣」を倒し念願の首相職を手に入れた(護憲三派による第二次護憲運動)。加藤高明は帝大卒・官僚出身の首相第一号、後継の若槻禮次郞が第二号である。外相ポスト欲しさに伊藤博文・大隈重信・桂太郎(山縣有朋)の間を浮遊し、首相ポスト欲しさに政友会と手を組んだ加藤高明の無節操はむしろ見事だが、金権政治が進むなか三菱の財力ゆえに不誠実が許されチヤホヤされ続けたとも言える。政権目当ての「護憲三派体制」はすぐに崩壊し2年後に加藤高明首相は急死、後継の若槻禮次郞・濱口雄幸が組閣したが政友会との政権争い明け暮れ、政治ソッチノケの二大政党の対立抗争は政党政治の崩壊を招いた。なお、加藤内閣で成立した普通選挙法は原敬・犬養毅・尾崎行雄ら政党人の努力の結晶であり、加藤高明に個人として特筆すべき業績は無い。

Shijitsu

1860

尾張藩の下級藩士服部重文の次男加藤高明が海東郡佐屋にて出生

もっと見る

1872

服部総吉(加藤高明)が親戚の加藤家に入嗣

もっと見る

1873

岩崎弥太郎が三菱商会を設立

詳細を見る

もっと見る

1881

加藤高明が帝国大学法科(東大法学部)を主席で卒業

もっと見る

1881

加藤高明が三菱に入社し海運業研究のためイギリス遊学

詳細を見る

もっと見る

1881

開拓使官有物払下げ事件

詳細を見る

もっと見る

1881

明治十四年の政変

詳細を見る

もっと見る

1882

薩長藩閥政府が岩崎弥太郎の郵便汽船三菱会社に「第三命令書」を交付し事業妨害

詳細を見る

もっと見る

1882

福澤諭吉・慶應義塾派が立憲改進党を結成し大隈重信を党首に担ぐ

詳細を見る

もっと見る

1882

西郷従道・黒田清隆ら薩摩閥と井上馨が三菱潰しのため共同運輸会社を設立

詳細を見る

もっと見る

1884

郵便汽船三菱会社と共同運輸会社の船舶が衝突事故を起し薩長藩閥政府が和解に乗出す

詳細を見る

もっと見る

1884

伊藤博文の計いで陸奥宗光がヨーロッパ遊学、加藤高明らと交流

詳細を見る

もっと見る

1885

岩崎弥太郎が共同運輸会社との死闘の最中に東京六義園にて死去(享年51)、弟の岩崎弥之助が三菱を承継

詳細を見る

もっと見る

1885

西郷従道農商務卿の和解勧告を岩崎弥之助が受入れ共同運輸会社が郵便汽船三菱会社を併合し日本郵船会社が発足

詳細を見る

もっと見る

1885

福澤諭吉が「脱亜論」を発表

詳細を見る

もっと見る

1885

第一次伊藤博文内閣発足、大隈重信が外務大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1886

岩崎弥之助が三菱社設立

詳細を見る

もっと見る

1886

加藤高明が帰国、岩崎弥太郎の長女春治と結婚

もっと見る

1886

陸奥宗光が帰国、伊藤博文の引きで外務省出仕

もっと見る

1887

陸奥宗光の勧めで加藤高明が外務省出仕し大隈重信外相の秘書官となる

もっと見る

1888

陸奥宗光が駐英公使就任

もっと見る

1889

大日本帝国憲法発布

詳細を見る

もっと見る

1889

大隈重信外相が玄洋社来島恒喜に襲撃される

詳細を見る

もっと見る

1890

第一次山縣有朋内閣発足、青木周蔵が外務大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1890

岩村通俊に代わって陸奥宗光が農商務大臣就任、陸奥は原敬を重用

詳細を見る

もっと見る

1890

大隈重信の外相辞任に伴い加藤高明が大蔵省に転出

もっと見る

1890

第一回衆議院総選挙で民党が過半数を獲得

詳細を見る

もっと見る

1890

第一回帝国議会開催

もっと見る

1891

第一次松方正義内閣発足、青木周蔵が外務大臣就任(榎本武揚と途中交代)

もっと見る

1891

伊藤博文配下の伊東巳代治が東京日日新聞(毎日新聞)を買収

もっと見る

1892

第二回衆議院総選挙、松方正義政府が大選挙干渉するも民党勝利

もっと見る

1892

第二次伊藤博文内閣発足、陸奥宗光が外務大臣就任(西園寺公望と途中交代)

詳細を見る

もっと見る

1892

陸奥宗光の外相就任に伴い加藤高明が外務省に復帰し駐英公使に就任(のち大使)

もっと見る

1893

三菱社が三菱合資会社に改組、岩崎弥之助が岩崎久弥(弥太郎の嫡子)に三菱3代目を禅譲

もっと見る

1893

岩崎弥太郎の功により嫡子の岩崎久弥が男爵を受爵、三菱2代目の岩崎弥之助も別に男爵家を樹立

もっと見る

1894

不平等条約改正(領事裁判権・片務的最恵国待遇の撤廃)

詳細を見る

もっと見る

1894

朝鮮で甲午農民戦争、日清両軍が朝鮮へ派兵し一触即発

詳細を見る

もっと見る

1894

日清戦争勃発

詳細を見る

もっと見る

1895

下関条約で日清戦争終結、朝鮮(李朝)が初めて中国から独立しソウルに独立門建立

詳細を見る

もっと見る

1895

三国干渉~露仏独が日本に遼東半島返還を要求

詳細を見る

もっと見る

1895

台湾総督府設置

詳細を見る

もっと見る

1895

朝鮮で親ロシア政権誕生、閔妃殺害事件

詳細を見る

もっと見る

1896

露清密約、ロシアが清から東清鉄道敷設権を獲得

詳細を見る

もっと見る

1896

病気の陸奥宗光に代わって西園寺公望文相が外相兼任

詳細を見る

もっと見る

1896

第二次松方正義内閣発足、西園寺公望が外相就任(大隈重信、西徳二郎と交代)

詳細を見る

もっと見る

1896

岩崎弥之助が第4代日銀総裁就任

詳細を見る

もっと見る

1897

陸奥宗光死去

もっと見る

1898

列強による清の植民地争奪競争が激化

詳細を見る

もっと見る

1898

第三次伊藤博文内閣発足、西徳二郎が外相就任

詳細を見る

もっと見る

1898

憲政党結成~2大民党の合同

詳細を見る

もっと見る

1898

第一次大隈重信内閣(隈板内閣)発足、大隈が外相兼任

詳細を見る

もっと見る

1898

第二次山縣有朋内閣発足、青木周蔵が外相就任

詳細を見る

もっと見る

1900

北清事変

詳細を見る

もっと見る

1900

立憲政友会結成

詳細を見る

もっと見る

1900

第四次伊藤博文内閣(政友会)発足、加藤高明が外相で初入閣

詳細を見る

もっと見る

1901

第一次桂太郎内閣(長州・陸軍)発足、曾禰荒助蔵相の臨時兼任を経て小村寿太郎が外務大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1901

北京議定書調印

詳細を見る

もっと見る

1901

ロシアが日本に韓国中立化構想を提案、日露協商派と対露強硬派が対立

詳細を見る

もっと見る

1902

第一次日英同盟協約締結

詳細を見る

もっと見る

1902

外相を退いた加藤高明が第7回総選挙で衆議院議員初当選

もっと見る

1903

幣原喜重郎が岩崎弥太郎の末娘雅子と結婚

もっと見る

1904

日露戦争開戦

詳細を見る

もっと見る

1904

第一次日韓協約締結

詳細を見る

もっと見る

1904

三菱が伊東巳代治から東京日日新聞(毎日新聞)を買収、加藤高明が社長に就く

もっと見る

1905

第二次日英同盟協約締結

もっと見る

1905

ポーツマス条約調印

詳細を見る

もっと見る

1905

桂太郎政府がアメリカと桂・タフト協定

詳細を見る

もっと見る

1905

日比谷焼打事件

詳細を見る

もっと見る

1906

第一次西園寺公望内閣(政友会)発足、加藤高明が外務大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1906

第二次日韓協約締結、日本が朝鮮を保護国化し文治派の伊藤博文が初代韓国統監に就任

詳細を見る

もっと見る

1906

井上勝・桂太郎ら長州閥主導で鉄道国有法が成立し幹線鉄道国有化

詳細を見る

もっと見る

1906

南満州に関東都督府設置

詳細を見る

もっと見る

1906

南満州鉄道会社(満鉄)設立・後藤新平が初代総裁就任、アメリカの干渉が始まる

詳細を見る

もっと見る

1906

対米関係悪化で行き詰まった加藤高明に代わって林薫が外相就任

詳細を見る

もっと見る

1907

韓国軍隊解散、ハーグ密使事件、第三次日韓協約締結

詳細を見る

もっと見る

1907

第一次日露協約締結

詳細を見る

もっと見る

1908

岩崎弥之助死去

もっと見る

1908

第二次桂太郎内閣(長州・陸軍)発足、寺内正毅陸相の臨時兼任を経て小村寿太郎が外相就任

詳細を見る

もっと見る

1908

加藤高明が桂太郎に鞍替えし駐英大使に就任(~1913)

詳細を見る

もっと見る

1909

アメリカが満鉄の中立化を提唱

詳細を見る

もっと見る

1909

伊藤博文がハルビン駅頭で朝鮮人に射殺される(享年68)

詳細を見る

もっと見る

1910

伊藤博文暗殺を機に軍部・対外硬派が韓国併合を断行、韓国統監府を朝鮮総督府に改組し軍政を敷くが民生向上により義兵運動は沈静化

詳細を見る

もっと見る

1911

不平等条約改正で完全平等達成(関税自主権の完全回復)

詳細を見る

もっと見る

1911

第二次西園寺公望内閣(政友会)発足、内田康哉が外務大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1912

孫文ら辛亥革命が南京に中華民国を樹立し北洋軍閥・袁世凱の反旗で清朝滅亡

詳細を見る

もっと見る

1912

明治天皇が崩御し大正天皇が即位

もっと見る

1912

第三次桂太郎内閣(長州・陸軍)発足、桂太郎が外相兼任(加藤高明と途中交代)

詳細を見る

もっと見る

1913

加藤高明が駐英大使から外相へ転任

もっと見る

1913

桂太郎の立憲同志会発足、加藤高明が加盟

詳細を見る

もっと見る

1913

第一次護憲運動、大正政変

詳細を見る

もっと見る

1913

第一次山本権兵衛内閣(薩摩・海軍)発足、牧野伸顕が外務大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1913

桂太郎が死去(享年65)、加藤高明が同志会総理を継ぐ

もっと見る

1914

第二次大隈重信内閣(同志会)発足、加藤高明が外務大臣就任(石井菊次郎と途中交代)

詳細を見る

もっと見る

1914

第一次世界大戦勃発、世界的物資不足のなか日本は特需景気を満喫

詳細を見る

もっと見る

1914

大隈重信政府が日英同盟を名分にドイツに宣戦布告し南洋諸島・山東省青島を占領

もっと見る

1915

大隈重信首相・加藤高明外相が袁世凱の中華民国に「対華21カ条要求」を宣告

詳細を見る

もっと見る

1915

大浦兼武の選挙汚職事件により与党同志会の加藤高明外相・若槻禮次郞蔵相・大浦兼武内相が辞任

もっと見る

1915

加藤高明が貴族院議員に勅撰される

もっと見る

1916

加藤高明が子爵に昇叙

もっと見る

1916

寺内正毅内閣(長州・陸軍)発足

詳細を見る

もっと見る

1916

非政友会政党が合同し憲政会発足・同志会の加藤高明が総裁に就任

詳細を見る

もっと見る

1918

原敬内閣(政友会)発足

詳細を見る

もっと見る

1918

第一次世界大戦終結

詳細を見る

もっと見る

1919

朝鮮で三・一独立運動が起る

もっと見る

1919

パリ講和会議・ベルサイユ条約で第一次世界大戦の講和成立(日本全権は西園寺公望・牧野伸顕)

詳細を見る

もっと見る

1920

国際連盟が発足し日本は英仏伊と共に常任理事国に列す

詳細を見る

もっと見る

1921

原敬首相が東京駅で暴漢に刺殺される(享年65)、高橋是清が政友会総裁を継ぐ

もっと見る

1921

高橋是清内閣(政友会)発足

詳細を見る

もっと見る

1921

アメリカの工作により日英同盟が廃棄となる

詳細を見る

もっと見る

1921

加藤友三郎海相・幣原喜重郎駐米大使がワシントン海軍軍縮条約調印を断行

詳細を見る

もっと見る

1922

陸軍長州閥を築いた山縣有朋が政敵の伊藤博文・大隈重信・板垣退助や子飼の桂太郎・寺内正毅の誰よりも長寿を保ち84歳で死去

もっと見る

1922

加藤友三郎内閣(海軍)発足

詳細を見る

もっと見る

1923

関東大震災

詳細を見る

もっと見る

1923

第二次山本権兵衛内閣(海軍)発足

詳細を見る

もっと見る

1924

清浦奎吾内閣(貴族院)発足

詳細を見る

もっと見る

1924

護憲三派による第二次護憲運動

詳細を見る

もっと見る

1924

加藤高明内閣(憲政会)発足、幣原喜重郎(加藤とは岩崎弥太郎の相婿)が外相就任

詳細を見る

もっと見る

1925

日ソ基本条約調印、国交樹立

もっと見る

1925

治安維持法制定

もっと見る

1925

陸軍の永田鉄山の主導により軍事教練が始まる

詳細を見る

もっと見る

1925

高橋是清に代わって田中義一が政友会総裁就任

詳細を見る

もっと見る

1925

普通選挙法制定

詳細を見る

もっと見る

1926

加藤高明が首相在任中に死去(享年66)、与党憲政会を継いだ若槻禮次郞が加藤内閣を受継ぐ

詳細を見る

もっと見る

Kouyuuroku

岩崎春路

妻にして出世の糸口

もっと見る

岩崎弥太郎

岳父

もっと見る

岩崎弥之助

三菱二代目

もっと見る

岩崎久弥

三菱三代目

もっと見る

岩崎小弥太

三菱四代目

もっと見る

幣原喜重郎

三菱の相婿

もっと見る

陸奥宗光

偉大なボス

もっと見る

伊藤博文

政治の親分

もっと見る

西園寺公望

嫌われたので桂に乗り換え

もっと見る

伊東巳代治

東日の買収相手

もっと見る

大隈重信

対外硬のボスにして三菱仲間

もっと見る

井上馨

伊藤の兄弟分

もっと見る

桂太郎

政敵転じて盟友

もっと見る

山縣有朋

桂のボス

もっと見る

青木周蔵

山縣派の外相

もっと見る

小村寿太郎

ライバル

もっと見る

寺内正毅

山縣の子分

もっと見る

田中義一

山縣の子分

もっと見る

児玉源太郎

優秀だけど嫌い

もっと見る

大浦兼武

ライバル

もっと見る

河野広中

政党仲間

もっと見る

若槻禮次郞

政党の後継者

もっと見る

濱口雄幸

政党の後継者

もっと見る

片岡直温

不肖の同輩

もっと見る

板垣退助

喧嘩相手のカリスマ

もっと見る

原敬

盟友転じて政敵

もっと見る

高橋是清

政敵転じて盟友

もっと見る

犬養毅

政党仲間

もっと見る

三浦梧楼

ご老公

もっと見る

清浦奎吾

攻撃目標

もっと見る

林薫

外交仲間

もっと見る

重光葵

幣原外交のホープ

もっと見る

井上勝

いらんことしい

もっと見る