41 yamamotogonbe

やまもと ごんべえ

山本 権兵衛

1852年~1933年

90

西郷隆盛・従道兄弟の庇護下で軍政の才能を発揮、日清・日露戦争を勝利に導いた「日本海軍の父」

同じ時代の人物

Sunhyou

基礎点

90

薩摩藩出身にして薩英戦争以来の実戦経験者という恵まれた立場でスタートした山本権兵衛は、西郷隆盛・従道兄弟の庇護下で海軍の中枢を担う人材に成長、陸軍の一部だった海軍の分離独立を断行して組織・人事を確立し、日清・日露戦争では開戦準備から作戦計画を主導し勝利の立役者となった。正に「海軍の父」の称号に相応しい業績で、首相となった加藤友三郎・斉藤実・岡田啓介・米内光政をはじめ山本五十六・井上成美・財部彪など国際協調・良識派とされる海軍人は悉く山本権兵衛に抜擢され或いは薫陶を受けた者達である。また、日露戦争の英雄となった東郷平八郎は、軍事的才能はともかく命令を遵守する性格を山本権兵衛に買われ連合艦隊司令長官に抜擢された。山本権兵衛は軍事だけでなく国際感覚と政治センスに優れた政治家でもあり、海軍閥首領ながら伊藤博文・西園寺公望の政友会の支持を得て2度組閣し長期政権を期待されたが、虎ノ門事件・シーメンス事件の不運に見舞われ2度とも短命政権に終わった。

10

山本権兵衛は首相引退後は政治や軍事に口出しせず、見事な引際で後世に範を示した。統帥権干犯問題で艦隊派に担がれ軍拡と対米強硬路線の旗印となった東郷平八郎とは対照的であり、山本権兵衛の潔さが一層鮮明に映る。

-10

海軍人山本権兵衛の生涯は非の打ち所がない見事なものだが、あえて言えば、後に海軍暴走の元凶となる伏見宮博恭王の厚遇を指示したことと、その伏見宮と東郷平八郎を担ぐ艦隊派による良識派海軍人の粛清を黙認したことは失策であった。山本権兵衛に直接的な責任はないが、東郷・伏見宮の両元帥を抑えられる唯一の海軍人として果たすべき役割があったかも知れない。

Shijitsu

1852

薩摩藩の下級藩士山本五百助盛珉の六男山本権兵衛が鹿児島城下加治屋町にて出生

詳細を見る

もっと見る

1863

薩英戦争、11歳の山本権兵衛は雑役で従軍

詳細を見る

もっと見る

1867

島津久光が薩摩藩兵700を率いて上洛、西郷隆盛が先発し四候会議のお膳立て、小銃隊士として従軍

もっと見る

1867

薩摩藩主島津忠義が藩兵3千を率いて上洛(軍司令官は西郷隆盛)

もっと見る

1868

鳥羽伏見の戦いに官軍が圧勝、16歳の山本権兵衛は川村純義隊に属し八幡方面の実戦に参加

もっと見る

1868

黒田清隆・山縣有朋が北陸方面軍参謀として越後長岡へ出征、山本権兵衛も従軍

詳細を見る

もっと見る

1868

奥羽越列藩同盟が成立

詳細を見る

もっと見る

1868

河井継之助の長岡藩が降伏、北陸方面軍の山縣有朋隊は会津・黒田清隆隊は庄内へ転戦(山本権兵衛は黒田隊に所属)

もっと見る

1868

板垣退助の官軍に会津若松城を攻囲され会津藩が降伏、松平容保は江戸へ移され蟄居

詳細を見る

もっと見る

1868

盛岡藩に続き庄内藩が降伏、東北戦争終結

もっと見る

1869

土方歳三が弁天台場の戦いで戦死(享年35)、榎本武揚の五稜郭が降伏し函館戦争・戊辰戦争終結

詳細を見る

もっと見る

1869

山本権兵衛が西郷隆盛の紹介で勝海舟海軍卿に弟子入り

詳細を見る

もっと見る

1869

版籍奉還

詳細を見る

もっと見る

1869

築地に海軍操練所開設、勝海舟海軍卿の計いで山本権兵衛が入所

もっと見る

1869

兵制論争、大久保利通・薩摩士族が大村益次郎の政府直轄軍構想を廃し薩長土供出の御親兵に決定、大村益次郎は木戸孝允に慰留され兵部大輔に就任(大村は弟子の山田顕義を兵部大丞に就ける)

詳細を見る

もっと見る

1870

海軍操練所が海軍兵学寮に改称

詳細を見る

もっと見る

1871

明治政府が大村益次郎の徴兵制を退け(兵制論争)薩長土三藩の兵を徴し御親兵を創設

詳細を見る

もっと見る

1871

廃藩置県

詳細を見る

もっと見る

1872

明治政府が陸軍省・海軍省を創設し御親兵を廃して近衛兵を設置

もっと見る

1873

徴兵令布告

詳細を見る

もっと見る

1873

明治六年政変

詳細を見る

もっと見る

1873

内務省設立、大久保利通が初代内務卿兼参議として独裁政権確立(大久保政府)

詳細を見る

もっと見る

1873

最初の世界恐慌、帝国主義列強による世界分割競争が始まる

詳細を見る

もっと見る

1874

佐賀の乱

詳細を見る

もっと見る

1874

山本権兵衛が鹿児島に戻るが西郷隆盛に諭され海軍兵学寮に復籍

詳細を見る

もっと見る

1874

西郷隆盛の征韓論を退けた大久保利通が台湾出兵を強行、木戸孝允は参議を辞任し下野

詳細を見る

もっと見る

1874

山本権兵衛が海軍兵学寮を卒業し海軍少尉補に任官

もっと見る

1875

勝海舟に代わって榎本武揚が海軍卿となる

もっと見る

1876

海軍兵学寮が海軍兵学校に改称

もっと見る

1876

海軍兵学校の山本権兵衛がモンツ艦長のドイツ軍艦ビネタ号で航海実習

詳細を見る

もっと見る

1877

西南戦争、西郷隆盛が鹿児島城山にて自害(享年51)

詳細を見る

もっと見る

1878

大久保利通が紀尾井坂で不平士族に斬殺される(享年49)

もっと見る

1878

榎本武揚に代わって川村純義が海軍卿となる

もっと見る

1878

参謀本部設置

詳細を見る

もっと見る

1881

大隈重信一派が追放され薩長藩閥政府が現出(明治十四年の政変)、首班の伊藤博文は国会開設の詔で民権派と妥協

詳細を見る

もっと見る

1882

軍人勅諭公布

もっと見る

1882

朝鮮で壬午事変

詳細を見る

もっと見る

1884

朝鮮で甲申事変、自由党の板垣退助・後藤象二郎や福澤諭吉が金玉均の独立党を後援

詳細を見る

もっと見る

1885

第一次伊藤博文内閣発足、西郷従道が海軍大臣就任(海軍卿の川村純義は宮中顧問官へ転任)

詳細を見る

もっと見る

1887

山本権兵衛が海軍伝令使に補され西郷従道海相と昵懇となる

詳細を見る

もっと見る

1887

山本権兵衛が樺山資紀海軍省次官の欧米出張に随行

もっと見る

1888

黒田清隆内閣発足、西郷従道が海軍大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1888

鎮台制を師団制に改編

詳細を見る

もっと見る

1888

山本権兵衛が欧米出張から帰国、軍艦高雄・高千穂の艦長を歴任

もっと見る

1889

大日本帝国憲法発布

詳細を見る

もっと見る

1889

川上操六がドイツから帰国し参謀本部次長に復職、独軍参謀総長モルトケ直伝のドイツ式軍制改革や参謀本部強化を推進

詳細を見る

もっと見る

1890

第一次山縣有朋内閣発足、西郷従道が海軍大臣就任(樺山資紀に途中交代)

詳細を見る

もっと見る

1891

山本権兵衛が西郷従道海相のもと海軍省大臣官房主事に就き海軍の分離独立改革を断行

詳細を見る

もっと見る

1891

第一次松方正義内閣発足、樺山資紀が海軍大臣就任

もっと見る

1891

帝政ロシアがシベリア鉄道起工

詳細を見る

もっと見る

1892

第二次伊藤博文内閣発足、仁礼景範が海軍大臣就任(西郷従道に途中交代)

詳細を見る

もっと見る

1893

日清戦争準備の作戦会議、伊藤博文首相が川上操六(陸軍)・山本権兵衛(海軍)の開戦論を採用

詳細を見る

もっと見る

1893

海軍軍令部設置

詳細を見る

もっと見る

1894

朝鮮で甲午農民戦争、日清両軍が朝鮮へ派兵し一触即発

詳細を見る

もっと見る

1894

山本権兵衛が大本営海軍大臣副官就任

もっと見る

1894

日清戦争勃発

詳細を見る

もっと見る

1895

下関条約で日清戦争終結、朝鮮(李朝)が初めて中国から独立しソウルに独立門建立

詳細を見る

もっと見る

1895

山本権兵衛が海軍省軍務局長就任

もっと見る

1895

三国干渉~露仏独が日本に遼東半島返還を要求

詳細を見る

もっと見る

1895

台湾総督府設置

詳細を見る

もっと見る

1895

朝鮮で親ロシア政権誕生、閔妃殺害事件

詳細を見る

もっと見る

1896

露清密約、ロシアが清から東清鉄道敷設権を獲得

詳細を見る

もっと見る

1896

第二次松方正義内閣発足、西郷従道が海軍大臣に復職

詳細を見る

もっと見る

1898

列強による清の植民地争奪競争が激化

詳細を見る

もっと見る

1898

第三次伊藤博文内閣発足、西郷従道が海軍大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1898

第一次大隈重信内閣(隈板内閣)発足、西郷従道が海軍大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1898

第二次山縣有朋内閣発足、山本権兵衛が海軍大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1899

地租増徴

詳細を見る

もっと見る

1900

軍部大臣現役武官制制定

詳細を見る

もっと見る

1900

北清事変

詳細を見る

もっと見る

1900

立憲政友会結成

詳細を見る

もっと見る

1900

第四次伊藤博文内閣(政友会)発足、山本権兵衛が海軍大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1901

第一次桂太郎内閣(長州・陸軍)発足、山本権兵衛が海軍大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1901

北京議定書調印

詳細を見る

もっと見る

1901

ロシアが日本に韓国中立化構想を提案、日露協商派と対露強硬派が対立

詳細を見る

もっと見る

1902

第一次日英同盟協約締結

詳細を見る

もっと見る

1902

西郷従道死去

もっと見る

1903

ロシアが満州撤兵不履行、日露協商(満韓交換論)交渉決裂

詳細を見る

もっと見る

1904

仁川沖海戦

詳細を見る

もっと見る

1904

日露戦争開戦

詳細を見る

もっと見る

1904

秋山真之が第一艦隊兼連合艦隊先任参謀に昇進し東郷平八郎司令官のもと作戦立案を担う

詳細を見る

もっと見る

1904

伊藤博文が金子堅太郎を対米工作に派遣

詳細を見る

もっと見る

1904

第一次日韓協約締結

詳細を見る

もっと見る

1904

遼陽会戦

詳細を見る

もっと見る

1905

旅順攻略

詳細を見る

もっと見る

1905

血の日曜日事件~ロシア革命が始まる

詳細を見る

もっと見る

1905

奉天会戦

詳細を見る

もっと見る

1905

日本海海戦

詳細を見る

もっと見る

1905

帝政ロシアで戦艦ポチョムキンの反乱

もっと見る

1905

第二次日英同盟協約締結

もっと見る

1905

ポーツマス条約調印

詳細を見る

もっと見る

1905

日比谷焼打事件

詳細を見る

もっと見る

1905

加藤友三郎が山本権兵衛の引きで海軍軍令部軍務局長に就任

もっと見る

1906

第一次西園寺公望内閣(政友会)発足、山本権兵衛に代わって斎藤実が海軍大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1906

加藤友三郎が山本権兵衛の引きで海軍次官に就任

もっと見る

1906

第二次日韓協約締結、日本が朝鮮を保護国化し文治派の伊藤博文が初代韓国統監に就任

詳細を見る

もっと見る

1906

南満州に関東都督府設置

詳細を見る

もっと見る

1906

南満州鉄道会社(満鉄)設立・後藤新平が初代総裁就任、アメリカの干渉が始まる

詳細を見る

もっと見る

1907

山本権兵衛が伯爵を受爵

もっと見る

1907

帝国国防方針において海軍が「八八艦隊」建造計画を決定

詳細を見る

もっと見る

1907

韓国軍隊解散、ハーグ密使事件、第三次日韓協約締結

詳細を見る

もっと見る

1907

第一次日露協約締結

詳細を見る

もっと見る

1908

第二次桂太郎内閣(長州・陸軍)発足、斎藤実が海軍大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1909

アメリカが満鉄の中立化を提唱

詳細を見る

もっと見る

1909

伊藤博文がハルビン駅頭で朝鮮人に射殺される(享年68)

詳細を見る

もっと見る

1910

伊藤博文暗殺を機に軍部・対外硬派が韓国併合を断行、韓国統監府を朝鮮総督府に改組し軍政を敷くが民生向上により義兵運動は沈静化

詳細を見る

もっと見る

1911

第二次西園寺公望内閣(政友会)発足、斎藤実が海軍大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1912

孫文ら辛亥革命が南京に中華民国を樹立し北洋軍閥・袁世凱の反旗で清朝滅亡

詳細を見る

もっと見る

1912

明治天皇が崩御し大正天皇が即位

もっと見る

1912

二個師団増設問題、陸軍が軍部大臣現役武官制を楯に西園寺公望内閣を倒す

詳細を見る

もっと見る

1912

第三次桂太郎内閣(長州・陸軍)発足、斎藤実が海軍大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1913

第一次護憲運動、大正政変

詳細を見る

もっと見る

1913

第一次山本権兵衛内閣(薩摩・海軍)発足、斎藤実が海軍大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1913

軍部大臣現役武官制緩和

詳細を見る

もっと見る

1914

シーメンス事件、第一次山本権兵衛内閣が退陣し山本および斎藤実海相が予備役編入

詳細を見る

もっと見る

1914

第二次大隈重信内閣(同志会)発足、八代六郎が海軍大臣就任(加藤友三郎に途中交代)

詳細を見る

もっと見る

1914

第一次世界大戦勃発、世界的物資不足のなか日本は特需景気を満喫

詳細を見る

もっと見る

1914

大隈重信政府が日英同盟を名分にドイツに宣戦布告し南洋諸島・山東省青島を占領

もっと見る

1914

パナマ運河開通

詳細を見る

もっと見る

1915

大隈重信首相・加藤高明外相が袁世凱の中華民国に「対華21カ条要求」を宣告

詳細を見る

もっと見る

1915

井上馨死去

もっと見る

1916

寺内正毅内閣(長州・陸軍)発足、加藤友三郎が海軍大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1917

イギリスの強要により日本海軍の艦隊が地中海へ出動

もっと見る

1917

レーニンらボルシェヴィキがロマノフ朝ロシアを滅ぼし世界初の社会主義政権を樹立(ロシア革命)

詳細を見る

もっと見る

1918

秋山真之死去

もっと見る

1918

シベリア出兵

詳細を見る

もっと見る

1918

原敬内閣(政友会)発足、加藤友三郎が海軍大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1918

第一次世界大戦終結

詳細を見る

もっと見る

1919

パリ講和会議・ベルサイユ条約で第一次世界大戦の講和成立(日本全権は西園寺公望・牧野伸顕)

詳細を見る

もっと見る

1920

国際連盟が発足し日本は英仏伊と共に常任理事国に列す

詳細を見る

もっと見る

1921

バーデン・バーデン密約~永田鉄山ら陸軍中堅幕僚の策動が始まる

詳細を見る

もっと見る

1921

高橋是清内閣(政友会)発足、加藤友三郎が海軍大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1921

アメリカの工作により日英同盟が廃棄となる

詳細を見る

もっと見る

1921

加藤友三郎海相・幣原喜重郎駐米大使がワシントン海軍軍縮条約調印を断行

詳細を見る

もっと見る

1922

陸軍長州閥を築いた山縣有朋が政敵の伊藤博文・大隈重信・板垣退助や子飼の桂太郎・寺内正毅の誰よりも長寿を保ち84歳で死去

もっと見る

1922

加藤友三郎内閣(海軍)発足、加藤首相は海軍大臣を兼務(財部彪に途中交代)

詳細を見る

もっと見る

1922

加藤友三郎首相が日本軍のシベリア撤兵を断行

詳細を見る

もっと見る

1922

ソビエト社会主義共和国連邦樹立、スターリンが最高指導者となる

詳細を見る

もっと見る

1923

関東大震災

詳細を見る

もっと見る

1923

第二次山本権兵衛内閣(海軍)発足、財部彪が海軍大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1923

虎ノ門事件

詳細を見る

もっと見る

1924

清浦奎吾内閣(貴族院)発足、村上格一が海軍大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1924

加藤高明内閣(憲政会)発足、財部彪が海軍大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1925

日ソ基本条約調印、国交樹立

もっと見る

1925

陸軍の永田鉄山の主導により軍事教練が始まる

詳細を見る

もっと見る

1925

普通選挙法制定

詳細を見る

もっと見る

1926

第一次若槻禮次郞内閣(憲政会)発足、財部彪が海軍大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1926

大正天皇が崩御し昭和天皇が即位

もっと見る

1927

田中義一内閣(長州・陸軍・政友会)発足、岡田啓介が海軍大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1927

永田鉄山らが陸軍内に「二葉会」を結成

詳細を見る

もっと見る

1927

鈴木貞一・石原莞爾らが陸軍内に「木曜会」を結成

詳細を見る

もっと見る

1928

陸軍中央で「満蒙領有」方針が現れる

詳細を見る

もっと見る

1928

蒋介石の国民革命軍が張作霖(日本の傀儡)の北京政府を打倒し北伐完了

詳細を見る

もっと見る

1928

張作霖爆殺事件(満州某重大事件)、陸軍中堅幕僚の暴走が始まる

詳細を見る

もっと見る

1928

張学良が奉天軍閥を承継、関東軍と対立し「満州問題」が深刻化

詳細を見る

もっと見る

1928

石原莞爾が関東軍作戦参謀に就任

詳細を見る

もっと見る

1929

永田鉄山の二葉会に木曜会が合流し「一夕会」が発足

詳細を見る

もっと見る

1929

濱口雄幸内閣(民政党)発足、財部彪が海軍大臣就任(安保清種、濱口雄幸に途中交代)

詳細を見る

もっと見る

1929

軍部や松岡洋右満鉄副総裁の扇動で「満蒙生命線論」が興隆

詳細を見る

もっと見る

1929

世界恐慌始まる、軍需主導で日本経済は1934年に回復

詳細を見る

もっと見る

1930

幣原喜重郎外相と海軍条約派がロンドン海軍軍縮条約調印を断行

詳細を見る

もっと見る

1930

鳩山一郎・犬養毅ら政友会が統帥権干犯問題を引起し東郷平八郎・伏見宮博恭王を担ぐ艦隊派(軍拡反米英派)が海軍主流となる

詳細を見る

もっと見る

1930

濱口雄幸首相銃撃事件

詳細を見る

もっと見る

1930

山本五十六が海軍航空本部技術部長に就任し航空兵力拡充を推進

詳細を見る

もっと見る

1931

第二次若槻禮次郞内閣(民政党)発足、安保清種が海軍大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1931

永田鉄山軍事課長ら「五課長会」が「満蒙問題解決方策の大綱」を決定し関東軍へ「1年間の隠忍自重方針」を通達

詳細を見る

もっと見る

1931

中村震太郎大尉殺害事件、万宝山事件、陸軍首脳が武力解決を決意

詳細を見る

もっと見る

1931

関東軍参謀の石原莞爾・板垣征四郎らが柳条湖事件を起し満州事変勃発

詳細を見る

もっと見る

1931

朝鮮駐留軍の林銑十郎司令官が独断で越境増援、若槻禮次郞内閣が追認

詳細を見る

もっと見る

1931

軍事費の急増が始まる

詳細を見る

もっと見る

1931

新聞各紙の満州事変礼賛報道で好戦ムードが蔓延

詳細を見る

もっと見る

1931

石原莞爾ら満州事変首謀者が「満蒙問題解決案」を策定

詳細を見る

もっと見る

1931

若槻禮次郞内閣が満州国建国方針を決定

詳細を見る

もっと見る

1931

犬養毅内閣(政友会)発足、一夕会系の荒木貞夫が陸相就任、大角岑生が海軍大臣就任

詳細を見る

もっと見る

1932

関東軍が満州全域を制圧

詳細を見る

もっと見る

1932

第一次上海事変

詳細を見る

もっと見る

1932

軍拡反米英派(艦隊派)首領の伏見宮博恭王が海軍軍令部長(総長へ改称)就任(~1941)

詳細を見る

もっと見る

1932

血盟団事件

詳細を見る

もっと見る

1932

満州国建国

詳細を見る

もっと見る

1932

国際連盟が満州国にリットン調査団を派遣

詳細を見る

もっと見る

1932

上海天長節爆弾事件

詳細を見る

もっと見る

1932

五・一五事件~海軍将校が武装蜂起し犬養毅首相を殺害(享年77)政党内閣が終焉

詳細を見る

もっと見る

1932

斎藤実内閣(海軍)発足、岡田啓介が海軍大臣就任(大角岑生と途中交代)

詳細を見る

もっと見る

1932

斎藤実内閣が満州国を承認

もっと見る

1933

松岡洋右首席全権が国際連盟総会で脱退劇を演じ斎藤実政府は満州撤退勧告を拒否

詳細を見る

もっと見る

1933

永田鉄山・統制派と小畑敏四郎・皇道派の対立が始まる

詳細を見る

もっと見る

1933

「海軍の父」山本権兵衛が死去(享年81)

もっと見る

Kouyuuroku

島津久光

主君

もっと見る

島津忠義

若殿

もっと見る

西郷隆盛

第一の恩人

もっと見る

西郷従道

良き上司

もっと見る

大山巌

薩摩藩の先輩

もっと見る

大久保利通

薩摩閥のボス

もっと見る

川村純義

最初の上司

もっと見る

樺山資紀

上司

もっと見る

仁礼景範

上司

もっと見る

伊東祐亨

偉大な先輩

もっと見る

左近充隼太

無念の友人

もっと見る

篠原国幹

怖い先輩

もっと見る

黒田清隆

薩摩藩の先輩

もっと見る

松方正義

薩摩藩の先輩

もっと見る

川上操六

薩摩藩の優秀な陸軍人

もっと見る

東郷平八郎

抜擢して大成功

もっと見る

島村速雄

よくやった

もっと見る

上村彦之丞

よくやった

もっと見る

片岡七郎

よくやった

もっと見る

秋山真之

よくやった

もっと見る

斎藤実

海軍の後継者

もっと見る

岡田啓介

海軍の後継者

もっと見る

加藤友三郎

海軍の後継者

もっと見る

米内光政

良識派の後輩

もっと見る

山本五十六

良識派の後輩

もっと見る

井上成美

良識派の後輩

もっと見る

松本和

不肖の後輩

もっと見る

加藤寛治

不肖の後輩

もっと見る

伏見宮博恭王

痛恨のエラー

もっと見る

勝海舟

海軍卿

もっと見る

榎本武揚

海軍卿

もっと見る

モンツ

第二の恩人

もっと見る

伊藤博文

良き理解者

もっと見る

山縣有朋

陸軍長州閥のドン

もっと見る

井上馨

長州閥の重鎮

もっと見る

陸奥宗光

伊藤派の切れ者

もっと見る

桂太郎

山縣の後継者

もっと見る

小村寿太郎

桂派の外交官

もっと見る