27 katamori

まつだいら かたもり

松平 容保

1836年~1893年

0

徳川慶喜から京都守護職を押付けられ討幕派の目の敵にされた挙句に見捨てられ孤立、自己保身のため大義なき戦いを強行し会津人と東国諸藩を巻き添えにした「賊軍の将」

同じ時代の人物

Sunhyou

基礎点

60

松平容保は、京都守護職として徳川慶喜の「一会桑政権」を支え新撰組・見廻組を駆使して尊攘派志士の取締りに活躍した幕府末期の要人である。

-60

会津戦争を起した松平容保は殿様として安穏な余生を送り、嫡子の松平容大は華族に列したが、不毛の下北半島に押込められた旧会津藩士は塗炭の苦しみに喘ぎ、巻添えを喰った東北人は永く「朝敵」と差別された。松平容保一人を生かすための犠牲は甚大で、幕末維新史で敵味方の双方からこれほど恨みを買った人物はいないだろう。明治維新後、松平容保や新撰組は朝敵とされ世間も冷淡視したが、薩長藩閥政治の弊害が広がるなか1928年に刊行された子母澤寛の『新撰組始末記』より判官贔屓と英雄視が始まり、現在では「幕府への忠義を貫いて薩長の横暴に対抗し会津戦争に敗れた悲劇の武将」というイメージが定着している。松平容保の京都守護職就任は、結果として徳川慶喜の雄藩離れと専横を促したが、幕府の家来としては忠義の名に値し八月十八日政変や禁門の変・尊攘派志士取締りにおける貢献は重要であった。が、大政奉還で幕府が消滅し主君の徳川慶喜が絶対恭順へ転じた後の松平容保の行動に大義名分は成り立たず、徳川氏に殉じるなら潔く絶対恭順に従うか慶喜なり家達なりの警護にあたるべきだった。孝明天皇から感謝された松平容保は勤皇の志を篤くしたが、朝廷への忠義を尽くすなら明治天皇と政府を対象とすべきで、朝命に反して会津戦争を引起し「奥羽越列藩同盟」で東北諸藩まで巻込んだ行動に大義は無い。政治力が乏しく病弱で優柔不断な松平容保は、徳川慶喜・松平春嶽に損役の京都守護職を強要されて断り切れず、維新後は激昂する会津藩士の抗戦論に引きずられたに過ぎないのだろう。薩長に赦免を拒否されると松平容保は決然と恭順を翻し、降伏を勧める国家老の西郷頼母らを排除し珍しく決断力を発揮したが、自己保身と朝敵の汚名雪辱が目的であり「我が身かわいさ」と非難されても仕方がない。

Shijitsu

1836

美濃高須藩主松平義建の六男松平容保が江戸四谷藩邸にて出生

もっと見る

1837

水戸藩主徳川斉昭と水戸学派が実権を掌握し藩校弘道館を開設し藩政改革を始動

詳細を見る

もっと見る

1838

松平斉善の急逝に伴い松平春嶽が末期養子となり16代福井藩主に就任、中根雪江ら改革派が藩政改革を始動

詳細を見る

もっと見る

1840

アヘン戦争(~1842)

詳細を見る

もっと見る

1841

天保の改革(~1845)~老中水野忠邦による重農主義復古政策

もっと見る

1842

異国船打払令を緩和し薪水給付令施行

もっと見る

1844

水戸藩守旧派の工作により幕府が徳川斉昭を隠居・謹慎処分、嫡子の徳川慶篤が10代藩主となる

詳細を見る

もっと見る

1845

水野忠邦が罷免され、開明派の阿部正弘が老中首座となる

もっと見る

1846

松平容保が8代会津藩主松平容敬の養子となる

詳細を見る

もっと見る

1850

井伊直亮が死去し弟の井伊直弼が15代彦根藩主に就任、藩政改革に着手し譜代筆頭として幕政に乗出す

もっと見る

1851

島津斉彬が老中阿部正弘を後ろ盾に父の島津斉興を引退させ11代薩摩藩主に就任、富国強兵・殖産興業を掲げ集成館事業など藩政改革に着手

もっと見る

1852

松平容敬が死去し養嗣子の松平容保が9代会津藩主となる

もっと見る

1852

彦根藩主井伊直弼が長野主膳を知行150石で藩士に召抱え藩校弘道館の国学教授に任じる

詳細を見る

もっと見る

1853

[ペリー来航]マシュー・ペリー艦隊が浦賀に来航、フィルモア米大統領の親書交付

詳細を見る

もっと見る

1853

徳川斉昭が江戸防備のため大砲74門を幕府に献上、老中安倍正弘の要請により幕府海防参与に就任

もっと見る

1853

海防参与徳川斉昭の献策により幕府が大船建造を解禁

もっと見る

1853

徳川家定が13代将軍就任、将軍継嗣問題が勃発

もっと見る

1854

ペリー艦隊が再来航し日米和親条約締結(蘭露英仏と続く安政五ヶ国条約)、吉田松陰がアメリカ船での海外密航を企てるが失敗し自主して伊豆下田の牢に投獄される

詳細を見る

もっと見る

1854

ロシア艦隊が長崎に来航し通商を求める

詳細を見る

もっと見る

1855

徳川斉昭の要求により南紀派の老中松平乗全・忠固を更迭、堀田正睦が老中首座就任

詳細を見る

もっと見る

1856

アロー号事件(~1860)~英仏連合軍が仕掛けた第二次アヘン戦争

詳細を見る

もっと見る

1857

阿部正弘死去

詳細を見る

もっと見る

1858

老中首座堀田正睦が条約勅許取得に失敗(岩倉具視・大原重徳らの廷臣八十八卿列参事件)

詳細を見る

もっと見る

1858

井伊直弼が大老に就任、一橋派の粛清が始まる(安政の大獄)

詳細を見る

もっと見る

1858

幕府が日米修好通商条約に無勅許調印、英仏蘭露とも同様(安政五カ国条約)

詳細を見る

もっと見る

1858

徳川家茂が14代将軍就任、一橋派が将軍継嗣問題に敗北

詳細を見る

もっと見る

1858

薩摩藩主島津斉彬が幕府抗議のため藩兵5千を動員し上洛を計画

詳細を見る

もっと見る

1858

薩摩藩主の島津斉彬が急死し率兵上洛計画が頓挫(享年50。毒殺説あり)、養嗣子(島津久光の子)の島津忠義が12代藩主に就任し10代藩主の島津斉興(斉彬・久光の父)が実権を奪回

詳細を見る

もっと見る

1858

梅田雲浜らの工作により朝廷が条約撤廃・一橋派諸侯の復権を促す「戊午の密勅」を水戸藩・幕府・長州藩へ下す

詳細を見る

もっと見る

1858

江戸城無断登城事件、大老井伊直弼が無断で江戸登城した徳川斉昭・徳川慶喜・松平春嶽・徳川慶勝を謹慎に処す

詳細を見る

もっと見る

1859

神奈川・長崎・函館開港

もっと見る

1859

安政の大獄で大老井伊直弼が一橋派諸侯の処分を断行、松平春嶽は隠居を強制され養嗣子の松平茂昭が17代福井藩主となる

もっと見る

1859

安政の大獄により吉田松陰・橋本佐内・梅田雲浜らが処刑される

詳細を見る

もっと見る

1859

島津斉興の死により島津久光が藩主島津忠義の国父として薩摩藩の実権を掌握

もっと見る

1860

清が英仏露と北京条約締結、半植民地化が決定的に

詳細を見る

もっと見る

1860

桜田門外の変~徳川斉昭の意を受けた水戸浪士らが江戸城桜田門外で大老井伊直弼を暗殺(享年48)

詳細を見る

もっと見る

1860

徳川斉昭が蟄居中に急死(享年61)、幕府は融和路線に転じ徳川慶喜・松平春嶽らを赦免

もっと見る

1860

ロシア軍艦が対馬に侵攻するがイギリスの圧力で退去

もっと見る

1861

薩摩藩の実権を掌握し率兵上洛を期す島津久光が人事改革を断行し反抗勢力を一掃して小松帯刀・大久保利通らを抜擢

詳細を見る

もっと見る

1862

島津久光が率兵上洛するが寺田屋騒動で有馬新七ら過激藩士を粛清

詳細を見る

もっと見る

1862

島津久光が率兵江戸入りし幕政改革を断行(文久の改革)・謀臣の大久保利通・小松帯刀が暗躍

詳細を見る

もっと見る

1862

勝海舟が軍艦奉行並に任じられる(1千石)

詳細を見る

もっと見る

1862

長州藩が薩摩藩の公武合体運動に対抗すべく航海遠略策を放棄し破約攘夷へ転換

詳細を見る

もっと見る

1862

久坂玄瑞・武市半平太らの工作により長州藩世子毛利定広が勅旨を奉じて江戸へ下り幕府に将軍上洛と攘夷決行を督責

もっと見る

1862

生麦事件~薩摩藩主島津忠義・久光の行列がイギリス人を殺傷

もっと見る

1862

京都で攘夷派志士による天誅事件が頻発

詳細を見る

もっと見る

1862

武市半平太・久坂玄瑞の工作により朝廷が攘夷督促と親兵提供を命ずる勅使(正使三条実美)を江戸へ派遣、土佐藩主山内豊範が供奉

詳細を見る

もっと見る

1862

会津藩主松平容保が京都守護職として入洛

詳細を見る

もっと見る

1863

京都守護職松平容保の配下に壬生浪士組(新撰組)結成

詳細を見る

もっと見る

1863

長州藩・土佐藩の圧力により将軍徳川家茂が初の上洛、朝廷に5月10日の攘夷決行を約束

詳細を見る

もっと見る

1863

松平春嶽が徳川慶喜の専横に怒り政治総裁職を辞任し福井に帰国

もっと見る

1863

幕府が神戸海軍操練所の設立を許可、勝海舟は土佐浪士の受皿として坂本龍馬を塾頭に神戸海軍塾を設立

詳細を見る

もっと見る

1863

長州藩が外国船を砲撃し攘夷決行(下関事件)、首謀者の久坂玄瑞は光明寺党を率い獅子奮迅の活躍

詳細を見る

もっと見る

1863

長州藩の高杉晋作が奇兵隊を創設、一流蘭学者の大村益次郎が長州藩諸隊の洋式軍制改革・軍備増強を推進

詳細を見る

もっと見る

1863

尊攘派公卿の姉小路公知が暗殺される

詳細を見る

もっと見る

1863

攘夷親征計画(大和行幸)

詳細を見る

もっと見る

1863

福井藩の松平春嶽・横井小楠が挙藩上洛計画を企てるが中根雪江ら守旧派の反対で決行直前に中止

詳細を見る

もっと見る

1863

中山忠光・吉村寅太郎らによる大和天誅組の変

詳細を見る

もっと見る

1863

薩英戦争~イギリス艦隊による生麦事件の報復

詳細を見る

もっと見る

1863

八月十八日の政変~薩摩藩・会津藩が長州藩を追放し久坂玄瑞・木戸孝允・武市半平太らの破約攘夷運動が瓦解

詳細を見る

もっと見る

1863

島津久光の建議により参預会議発足~公武合体論の実現

詳細を見る

もっと見る

1863

三条実美ら七卿が在所する周防三田尻の招賢閣に尊攘派浪士が参集、真木和泉・宮部鼎蔵・中岡慎太郎の指揮で活発に尊攘運動を展開

詳細を見る

もっと見る

1863

近藤勇・土方歳三の試衛館派が京都守護職松平容保の意を受けて水戸派の芹沢鴨・新見錦らを殺害し新撰組の独裁体制を確立

詳細を見る

もっと見る

1863

河上弥市・平野国臣らによる生野の変

詳細を見る

もっと見る

1863

長州藩で世子毛利定広の上洛決定、真木和泉の扇動により出兵論が過熱

詳細を見る

もっと見る

1863

将軍徳川家茂が二度目の上洛

もっと見る

1864

参預会議が瓦解し公武合体運動が挫折

詳細を見る

もっと見る

1864

徳川慶喜が将軍後見職を辞して江戸幕府を離れ禁裏御守衛総督となり京都政局を牛耳る

詳細を見る

もっと見る

1864

天狗党の乱~武田耕雲斎ら水戸尊攘派の暴発と瓦解

詳細を見る

もっと見る

1864

幕府が神戸海軍操練所を開設し勝海舟は軍艦奉行・2千石に昇進

詳細を見る

もっと見る

1864

池田屋事件

詳細を見る

もっと見る

1864

禁門の変、禁裏御守衛総督徳川慶喜・京都守護職松平容保の指揮のもと薩会連合軍が長州軍を撃退し一会桑政権樹立

詳細を見る

もっと見る

1864

新撰組が褒称され隊士募集により組織拡大、尊攘派志士の伊東甲子太郎が一派を率いて加入

詳細を見る

もっと見る

1864

徳川慶喜が長州追討の勅命を得て第一次長州征討を決行

詳細を見る

もっと見る

1864

馬関戦争~英仏蘭米の四国連合艦隊が下関を攻撃し長州藩を降伏させる

詳細を見る

もっと見る

1864

西郷隆盛が勝海舟に会い長州藩への融和路線に転換

詳細を見る

もっと見る

1864

神戸海軍塾生の不祥事により勝海舟が江戸に召還され軍艦奉行罷免、坂本龍馬ら神戸海軍塾生を薩摩藩の小松帯刀・西郷隆盛に託す

詳細を見る

もっと見る

1864

長州藩で俗論党(佐幕恭順派)が主導権を握り正義派(尊攘派)を粛清、絶望した周布政之助が山口にて自殺(享年42)

詳細を見る

もっと見る

1864

長州藩恭順により第一次長州征討が停戦・征長軍全権に任じられた西郷隆盛が宥和路線を主導

詳細を見る

もっと見る

1864

高杉晋作が前原一誠・中岡慎太郎の遊撃隊60人・伊藤博文の力士隊30人のみで功山寺挙兵を決行(奇兵隊の山縣有朋らは日和見)

詳細を見る

もっと見る

1865

高杉晋作率いる諸隊が大田・絵堂の戦いに勝利し正義派が長州藩の政権を奪回

詳細を見る

もっと見る

1865

禁門の変で失踪した木戸孝允が長州藩に戻り藩政を掌握

詳細を見る

もっと見る

1865

徳川慶喜の策動により将軍徳川家茂が上洛し第二次長州征討を号令

詳細を見る

もっと見る

1865

幕府がフランスからの借款で横須賀製鉄所起工

詳細を見る

もっと見る

1865

徳川慶喜が長崎・横浜・函館開港の勅許を獲得

詳細を見る

もっと見る

1865

西郷隆盛が鹿児島へ戻り藩主父子に情勢を報告、同伴した坂本龍馬に薩長同盟の密計を託し小松帯刀主導で亀山社中を設立

詳細を見る

もっと見る

1865

山内容堂が不敬罪で武市半平太を切腹させ(享年37)土佐勤皇党が壊滅

詳細を見る

もっと見る

1865

長州藩が亀山社中を介して大量の洋式武器とユニオン号を購入

詳細を見る

もっと見る

1865

薩摩藩の西郷隆盛・大久保利通らが上京し宮廷工作で幕府の長州再征を妨害

もっと見る

1866

勝海舟が軍艦奉行に復職(5千石)

詳細を見る

もっと見る

1866

薩長同盟

詳細を見る

もっと見る

1866

徳川慶喜の策動により将軍徳川家茂が上洛し兵6万を率いて第二次長州征討開始(四境戦争)、薩摩藩は公式に出兵を拒絶

詳細を見る

もっと見る

1866

薩摩藩が幕府からの再三の出兵要請を拒否し朝廷に長州再征反対を建白

もっと見る

1866

高杉晋作の活躍で老中小笠原長行が守る小倉城が陥落し長州藩の勝利が決定的となる(高杉は肺結核が悪化し翌年病没)

詳細を見る

もっと見る

1866

将軍徳川家茂が大阪城で急死し徳川慶喜が徳川宗家の家督を相続、自身の長州大討入りを宣言するが小倉城陥落を知り断念

もっと見る

1866

徳川慶喜が朝廷から征長停止の勅令を獲得し幕府敗北・長州藩勝利で四境戦争終結、勝海舟が安芸厳島に乗込み停戦交渉

詳細を見る

もっと見る

1866

徳川慶喜が15代将軍就任

もっと見る

1866

孝明天皇崩御

もっと見る

1867

孝明天皇崩御に伴う大赦で長州系の三条実美ら五卿のほか九条尚忠・岩倉具視ら公卿が赦免される

もっと見る

1867

徳川慶喜が各国公使に兵庫開港を宣言、幕府は勢いを盛返すが警戒を強める薩長首脳は討幕へ傾く

詳細を見る

もっと見る

1867

坂本龍馬の亀山社中が薩摩藩から土佐藩へ転籍し土佐海援隊に改編

詳細を見る

もっと見る

1867

佐幕派の近藤勇・土方歳三と対立した勤皇派の伊東甲子太郎・藤堂平助らが新撰組を脱退し孝明天皇「御陵衛士」を結成、近藤派の斎藤一がスパイとして潜入

もっと見る

1867

島津久光が薩摩藩兵700を率いて上洛、西郷隆盛が先発し四候会議のお膳立て

もっと見る

1867

京都で島津久光・松平春嶽・山内容堂・伊達宗城の四候会議開催

詳細を見る

もっと見る

1867

将軍徳川慶喜と四候の二条城会談が決裂、薩摩藩が武力討幕の方針を固める

詳細を見る

もっと見る

1867

新撰組の隊士全員が幕臣に採用され旗本格(三百俵)に栄進した近藤勇は幕府・朝廷に征長論を主張、新撰組屯所を西本願寺から下京不動寺村へ移転

もっと見る

1867

薩土密約

詳細を見る

もっと見る

1867

薩土同盟

詳細を見る

もっと見る

1867

中岡慎太郎が京都の土佐藩邸に浪士を集め陸援隊を結成

詳細を見る

もっと見る

1867

西郷隆盛・小松帯刀・大久保利通の薩摩首脳が長州藩に立寄り山縣有朋・品川弥二郎らに薩長同盟を確認

詳細を見る

もっと見る

1867

土佐藩の後藤象二郎と福岡孝悌が老中板倉勝静に大政奉還の建白書を提出

詳細を見る

もっと見る

1867

西郷隆盛が不逞浪士を江戸へ遣わし幕府を挑発、謀略に掛った江戸市中取締の庄内藩は江戸薩摩藩邸を焼打ち

詳細を見る

もっと見る

1867

薩摩藩・西郷隆盛が土佐藩・後藤象二郎からの出兵延期要請を拒否

もっと見る

1867

徳川慶喜が二条城で大政奉還を発表

もっと見る

1867

大久保利通・西郷隆盛・岩倉具視の謀略により朝廷が薩長などに討幕の密勅を下す

詳細を見る

もっと見る

1867

朝廷が幕府の大政奉還を勅許

もっと見る

1867

西郷隆盛と木戸孝允が山口で討幕挙兵を確認、西郷は薩摩へ

もっと見る

1867

薩摩藩主島津忠義が周防国三田尻で長州藩世子毛利広封と会見し討幕出兵を協約

詳細を見る

もっと見る

1867

薩摩藩主島津忠義が藩兵3千を率いて上洛(軍司令官は西郷隆盛)

もっと見る

1867

長州藩世子毛利定広が藩兵1千余を率いて上洛(薩摩藩を警戒し出兵に反対した大村益次郎は掛助役に左遷)

もっと見る

1867

坂本龍馬(33)と中岡慎太郎(30)が京都近江屋で見廻組に襲われ死去

詳細を見る

もっと見る

1867

新撰組の近藤勇が御陵衛士の伊東甲子太郎を酒宴に誘い七条油小路で暗殺、遺骸を放置し来援した藤堂平助らも殺害

もっと見る

1867

王政復古の大号令

詳細を見る

もっと見る

1867

三職の設置

詳細を見る

もっと見る

1867

長州藩が朝廷により公式に赦免され藩主毛利敬親は従四位・参議に復帰

もっと見る

1867

小御所会議(最初の三職会議)で薩摩藩の大久保利通・西郷隆盛と朝臣の岩倉具視が徳川慶喜の辞官納地を強行採決

詳細を見る

もっと見る

1867

大阪城に退去した徳川慶喜が辞官納地を拒否、諸外国に徳川政権による外交継続を宣言

もっと見る

1868

鳥羽伏見の戦いに官軍が圧勝~戊辰戦争始まる

もっと見る

1868

土方歳三率いる新撰組が鳥羽伏見の敗戦で壊滅、土方らは大阪城へ退き会津藩士と共に徹底抗戦を主張

詳細を見る

もっと見る

1868

徳川慶喜が松平容保・松平定敬を伴って大阪城を脱出し軍艦で江戸へ逃げ帰る

詳細を見る

もっと見る

1868

土佐藩の板垣退助が迅衝隊を率い独断で戊辰戦争に参戦、東山道先鋒総督府参謀として官軍を指揮

詳細を見る

もっと見る

1868

陸奥宗光の献策により維新政府が外交団と協議、各国は局外中立を表明

詳細を見る

もっと見る

1868

明治天皇が徳川慶喜追討の親征を宣言、薩摩(西郷隆盛)・長州・佐土原・大村の東海道軍と薩長・土佐(板垣退助)など諸藩混成の東山道軍が江戸へ進発、徳川慶喜は小栗忠順ら主戦派を退け恭順派の勝海舟に全権を託す

もっと見る

1868

西郷隆盛が東征大総督府下参謀(実質的司令官)に任命される

もっと見る

1868

徳川慶喜が上野寛永寺に謹慎し主戦派の松平容保・松平定敬・小栗忠順らを江戸から追放し恭順派の勝海舟に全権委任、徳川家達に徳川宗家の家督を譲る

詳細を見る

もっと見る

1868

松平容保が会津若松城に戻って謹慎し養子の松平喜徳(徳川慶喜の実弟)に10代会津藩主を譲る

もっと見る

1868

西郷隆盛が独断で先鋒軍を率いて先発し箱根を占拠

もっと見る

1868

東海道軍筆頭参謀の西郷隆盛が勝海舟との会談で総攻撃を中止し江戸城無血開城、長州藩の大村益次郎や佐賀藩の江藤新平は薩摩藩の専断に反発

もっと見る

1868

甲州勝沼の戦いで板垣退助の東山道軍が近藤勇・土方歳三の甲陽鎮撫隊を撃破、近藤は板橋刑場で斬首され京都三条河原に首を晒される

詳細を見る

もっと見る

1868

奥羽越列藩同盟が成立

詳細を見る

もっと見る

1868

西郷隆盛・大村益次郎の官軍が上野彰義隊を殲滅

詳細を見る

もっと見る

1868

官軍が高崎市に隠遁した小栗忠順を襲い斬首

もっと見る

1868

木戸孝允の版籍奉還の献策を長州藩主毛利敬親が承諾

詳細を見る

もっと見る

1868

明治天皇が江戸城に入城~実質的な東京遷都

詳細を見る

もっと見る

1868

太政官設置

詳細を見る

もっと見る

1868

河井継之助の長岡藩が降伏

もっと見る

1868

明治政府が徳川宗家16代当主の徳川家達に駿府70万石を与える・徳川慶喜も駿府へ移され駿河宝台院で謹慎

もっと見る

1868

旧幕府海軍の榎本武揚らが軍艦8隻を奪い江戸を脱出、仙台で旧幕府軍を吸収し箱館五稜郭で蝦夷共和国樹立を宣言するが旗艦の開陽丸が座礁沈没

詳細を見る

もっと見る

1868

明治天皇即位礼、明治に改元

もっと見る

1868

板垣退助の官軍に会津若松城を攻囲され会津藩が降伏、松平容保は江戸へ移され蟄居

詳細を見る

もっと見る

1868

盛岡藩に続き庄内藩が降伏、東北戦争終結

もっと見る

1869

会津藩が家名断絶・領地没収に処され松平容保と10代藩主松平喜徳は永禁固刑

もっと見る

1869

土方歳三が弁天台場の戦いで戦死(享年35)、榎本武揚の五稜郭が降伏し函館戦争・戊辰戦争終結

詳細を見る

もっと見る

1869

四民平等~華族・士族・平民の三身分制の実施

詳細を見る

もっと見る

1869

徳川慶喜が赦免され静岡で平穏な余生を送る

詳細を見る

もっと見る

1869

版籍奉還

詳細を見る

もっと見る

1869

松平容保に長子の容大が誕生、松平容大に家名存続が赦され陸奥斗南藩3万石へ移封

もっと見る

1870

松平春嶽が議定を辞し政界引退

もっと見る

1870

戊辰戦争により処罰された旧会津藩士の謹慎が解かれる

もっと見る

1871

廃藩置県

詳細を見る

もっと見る

1871

岩倉使節団派遣

詳細を見る

もっと見る

1872

山内容堂が死去(享年46)

もっと見る

1873

徴兵令布告

詳細を見る

もっと見る

1873

地租改正法・地租改正条例布告

詳細を見る

もっと見る

1873

岩倉使節団帰国

もっと見る

1873

明治六年政変、西郷隆盛が参議・陸軍大将を辞任し鹿児島へ退く

詳細を見る

もっと見る

1873

内務省設立、大久保利通が初代内務卿兼参議として独裁政権確立(大久保政府)

詳細を見る

もっと見る

1873

勝海舟が参議・海軍卿に任じられる

もっと見る

1874

西郷隆盛の征韓論を退けた大久保利通が台湾出兵を強行、木戸孝允は参議を辞任し下野、西郷隆盛が弟の西郷従道の要請に応じ薩摩士族を送る

詳細を見る

もっと見る

1876

廃刀令布告

もっと見る

1876

岩倉具視が華族会館館長に就き旧公家偏重の優遇政策を推進、旧大名・士族の反発を招く

もっと見る

1876

秩禄処分

詳細を見る

もっと見る

1877

西南戦争、西郷隆盛が鹿児島城山にて自害(享年51)

詳細を見る

もっと見る

1877

木戸孝允が京都にて死去(享年45)、京都霊山護国神社に葬られる

もっと見る

1878

大久保利通が紀尾井坂で不平士族に斬殺される(享年49)

もっと見る

1880

松平容保が日光東照宮の宮司となる

もっと見る

1884

華族令公布、松平容大が子爵を受爵

詳細を見る

もっと見る

1885

第一次伊藤博文内閣発足(太政官制の廃止と内閣制度の開始)

詳細を見る

もっと見る

1888

徳川慶喜・松平春嶽が従一位に昇叙、松平茂昭が侯爵に昇爵

もっと見る

1889

大日本帝国憲法発布

詳細を見る

もっと見る

1890

松平春嶽が死去(享年63)、東京品川の海晏寺に葬られる

もっと見る

1890

第一回衆議院総選挙、民党が過半数を獲得

詳細を見る

もっと見る

1890

第一回帝国議会開催

もっと見る

1893

松平容保が正三位を贈位され死去(享年59)

もっと見る

Kouyuuroku

松平義建

父・美濃高須藩主

もっと見る

徳川慶勝

兄・尾張藩主

もっと見る

徳川茂徳

兄・一橋家当主

もっと見る

松平定敬

巻込んだ弟・伊勢桑名藩主で京都所司代

もっと見る

松平容敬

養父・8代会津藩主

もっと見る

松平容大

嫡子・初代陸奥斗南藩主

もっと見る

西郷頼母

良識派の国家老

もっと見る

田中玄清

自刃した家老

もっと見る

神保内蔵助

自刃した家老

もっと見る

萱野長修

切腹した家老

もっと見る

芹沢鴨

悪逆の新撰組局長

もっと見る

近藤勇

新撰組局長

もっと見る

土方歳三

新撰組副長

もっと見る

徳川斉昭

一橋派の首領

もっと見る

徳川慶喜

斉昭七男・暴走将軍

もっと見る

徳川慶篤

斉昭嫡子・水戸藩主

もっと見る

松平喜徳

養嗣子で9代会津藩主・斉昭十九男

もっと見る

徳川家達

徳川宗家の後継

もっと見る

松平春嶽

慶喜の傅役

もっと見る

松平茂昭

春嶽養嗣子・福井藩主

もっと見る

中根雪江

春嶽の側近

もっと見る

横井小楠

春嶽の側近

もっと見る

橋本左内

春嶽の側近

もっと見る

由利公正

春嶽の側近

もっと見る

徳川家斉

11代将軍

もっと見る

徳川家慶

12代将軍

もっと見る

徳川家定

13代将軍

もっと見る

徳川家茂

14代将軍

もっと見る

安倍正弘

公武合体派の老中

もっと見る

井伊直弼

支持した大老

もっと見る

堀田正睦

井伊寄りの老中首座

もっと見る

小笠原長行

高杉晋作に敗れた老中

もっと見る

永井尚志

大政奉還派の老中

もっと見る

板倉勝静

慶喜側近の老中

もっと見る

勝海舟

恭順派の幕臣

もっと見る

大久保一翁

勝の盟友

もっと見る

小栗忠順

抗戦派の幕臣

もっと見る

榎本武揚

抗戦派の幕臣

もっと見る

大鳥圭介

抗戦派の幕臣

もっと見る

島津斉彬

一橋派四賢候

もっと見る

島津久光

盟友転じて最大の敵に

もっと見る

島津忠義

薩摩藩主・久光長子

もっと見る

篤姫

徳川家定に入輿した斉彬従妹

もっと見る

西郷隆盛

完敗

もっと見る

大久保利通

完敗

もっと見る

小松帯刀

薩摩藩家老

もっと見る

黒田長溥

斉彬大叔父・福岡藩主

もっと見る

伊達宗城

一橋派四賢候

もっと見る

山内容堂

一橋派四賢候

もっと見る

山内豊範

容堂養嗣子・土佐藩主

もっと見る

吉田東洋

容堂謀臣

もっと見る

武市半平太

土佐勤皇党首領

もっと見る

中岡新太郎

長州系土佐浪士・暗殺指示

もっと見る

坂本龍馬

薩摩系土佐浪士・暗殺指示

もっと見る

板垣退助

官軍指揮官

もっと見る

鍋島直正

漁夫の利

もっと見る

毛利敬親

長州藩主

もっと見る

毛利定広

敬親養嗣子の長州藩世子

もっと見る

高杉晋作

慶喜の悪夢

もっと見る

木戸孝允

長州のリーダー

もっと見る

大村益次郎

長州の軍事指導者

もっと見る

三条実美

長州系公卿

もっと見る

姉小路公知

長州系公卿

もっと見る

岩倉具視

薩摩系公卿

もっと見る