2 nariakira

しまづ なりあきら

島津 斉彬

1809年~1858年

80

雄藩薩摩藩の礎を築き、西郷隆盛や大久保利通を登用、雄藩連合による公武合体運動に乗出した四賢候筆頭の名君

同じ時代の人物

Sunhyou

基礎点

90

島津斉彬は、薩摩藩を率いて中央政局に乗出し、雄藩連合による公武合体運動を推進した。藩主在任期間は短かったが、西郷隆盛や大久保利通ら偉材を世に出し、遺志を継いだ弟の島津久光が公武合体、転じて討幕を成遂げた。また、集成館事業など西洋文明導入による富国強兵・殖産興業の先覚者であり、幕府や諸藩、維新政府にも多大な影響を与えた。

-10

将軍継嗣問題で大老井伊直弼に敗れ、寿命が尽きて維新の動乱に参加できず、幕末随一の英明と覇気を誇りながら島津斉彬個人としては大きな政治的成果を挙げられなかった。

Shijitsu

1809

10代薩摩藩主島津斉興の嫡子島津斉彬が江戸薩摩藩邸で出生(島津久光は8歳下の庶弟)

もっと見る

1825

異国船打払令

もっと見る

1828

薩摩藩が財政破綻に瀕しお手上げ状態となった島津重豪が調所広郷を藩政改革主任に登用

詳細を見る

もっと見る

1829

徳川斉脩の急死に伴い弟の徳川斉昭が9代水戸藩主に就任、水戸学に基づき尊皇攘夷運動を牽引

もっと見る

1830

鍋島斉直の隠居に伴い鍋島直正が10代佐賀藩主に就任、佐賀藩の藩政改革と近代化が始まる

詳細を見る

もっと見る

1830

島津重豪が調所広郷に財政再建を厳命

詳細を見る

もっと見る

1833

島津重豪が江戸高輪邸にて死去(享年89)

もっと見る

1837

水戸藩主徳川斉昭と水戸学派が実権を掌握し藩校弘道館を開設し藩政改革を始動

詳細を見る

もっと見る

1838

松平斉善の急逝に伴い松平春嶽が末期養子となり16代福井藩主に就任、中根雪江ら改革派が藩政改革を始動

詳細を見る

もっと見る

1840

アヘン戦争(~1842)

詳細を見る

もっと見る

1842

異国船打払令を緩和し薪水給付令施行

もっと見る

1844

水戸藩守旧派の工作により幕府が徳川斉昭を隠居・謹慎処分、嫡子の徳川慶篤が10代藩主となる

詳細を見る

もっと見る

1845

水野忠邦が罷免され、開明派の阿部正弘が老中首座となる

もっと見る

1846

フランスが琉球の開国を要求

もっと見る

1848

島津斉彬派が薩摩藩の琉球密貿易を老中阿部正弘に密告

詳細を見る

もっと見る

1849

島津斉興・久光派の調所広郷が死去

詳細を見る

もっと見る

1849

お由羅の方呪詛疑惑騒動

詳細を見る

もっと見る

1849

お由羅騒動

詳細を見る

もっと見る

1850

薩摩藩で島津斉彬の襲封を支持する西郷隆盛・大久保利通らが若手藩士グループを結成(精忠組に発展)

詳細を見る

もっと見る

1850

12代将軍徳川家慶・老中阿部正弘が薩摩藩主島津斉興に引退勧告

詳細を見る

もっと見る

1850

佐賀藩の枝吉神陽・大隈重信・副島種臣・江藤新平・大木喬任・島義勇らが義祭同盟を結成

詳細を見る

もっと見る

1850

佐賀藩が日本初の反射炉の実証炉を建設し洋式砲の鋳造を開始

もっと見る

1850

井伊直亮が死去し弟の井伊直弼が15代彦根藩主に就任、藩政改革に着手し譜代筆頭として幕政に乗出す

もっと見る

1851

島津斉彬が老中阿部正弘を後ろ盾に父の島津斉興を引退させ11代薩摩藩主に就任、富国強兵・殖産興業を掲げ集成館事業など藩政改革に着手

もっと見る

1851

佐賀藩が洋式技術導入のため精煉方を開設

詳細を見る

もっと見る

1852

オランダ商館長が長崎奉行にペリー来航を予告、佐賀藩主鍋島直正が軍備を増強

詳細を見る

もっと見る

1852

ジョン万次郎が琉球に上陸、島津斉彬の謁見を経て、土佐藩に仕官

もっと見る

1852

彦根藩主井伊直弼が長野主膳を知行150石で藩士に召抱え藩校弘道館の国学教授に任じる

詳細を見る

もっと見る

1853

「からくり儀右衛門」こと田中久重が佐賀藩精煉方に着任

詳細を見る

もっと見る

1853

[ペリー来航]マシュー・ペリー艦隊が浦賀に来航、フィルモア米大統領の親書交付

詳細を見る

もっと見る

1853

徳川斉昭が江戸防備のため大砲74門を幕府に献上、老中安倍正弘の要請により幕府海防参与に就任

もっと見る

1853

海防参与徳川斉昭の献策により幕府が大船建造を解禁

もっと見る

1853

徳川家定が13代将軍就任、将軍継嗣問題が勃発

もっと見る

1853

老中阿部正弘に抜擢された江川坦庵が佐賀藩主鍋島直正の技術支援を得て伊豆韮山に反射炉を設置

もっと見る

1854

ペリー艦隊が再来航し日米和親条約締結(蘭露英仏と続く安政五ヶ国条約)、吉田松陰がアメリカ船での海外密航を企てるが失敗し自主して伊豆下田の牢に投獄される

詳細を見る

もっと見る

1854

ロシア艦隊が長崎に来航し通商を求める

詳細を見る

もっと見る

1854

薩摩藩主島津斉彬が参勤交代で江戸入り、中小姓として随行した西郷隆盛を江戸藩邸で御庭方役に任じ直属の謀臣に抜擢

詳細を見る

もっと見る

1855

安政の大地震、徳川斉昭のブレーン藤田東湖が圧死

詳細を見る

もっと見る

1855

徳川斉昭の要求により南紀派の老中松平乗全・忠固を更迭、堀田正睦が老中首座就任

詳細を見る

もっと見る

1855

幕府がオランダから蒸気船観光丸の寄贈を受け長崎に海軍伝習所を開設、旗本の勝海舟ら1期生が入学

詳細を見る

もっと見る

1855

薩摩藩が日本初の国産蒸気船を開発

詳細を見る

もっと見る

1855

薩摩藩が国産2号となる洋式軍艦昇平丸(帆船)を建造、幕府に献上

詳細を見る

もっと見る

1856

アロー号事件(~1860)~英仏連合軍が仕掛けた第二次アヘン戦争

詳細を見る

もっと見る

1856

水戸藩の石川島造船所(IHIの前身)が洋式帆船「旭日丸」を建造し幕府に献上

詳細を見る

もっと見る

1856

薩摩藩主島津斉彬が一門の島津敬子(篤姫)を将軍徳川家定に入輿させる・西郷隆盛が諸業務を担当

詳細を見る

もっと見る

1857

薩摩藩主島津斉彬が下級藩士の西郷隆盛・大久保利通を徒目付に登用

もっと見る

1857

薩摩藩主島津斉彬が徳川慶喜擁立工作のため西郷隆盛を上洛させる

詳細を見る

もっと見る

1857

阿部正弘死去

詳細を見る

もっと見る

1858

佐賀藩主鍋島直正が洋式船舶の建造・修理・運用のため三重津海軍所を開設

詳細を見る

もっと見る

1858

老中首座堀田正睦が条約勅許取得に失敗(岩倉具視・大原重徳らの廷臣八十八卿列参事件)

詳細を見る

もっと見る

1858

井伊直弼が大老に就任、一橋派の粛清が始まる(安政の大獄)

詳細を見る

もっと見る

1858

佐賀藩主鍋島直正が大老井伊直弼と交流を深める

詳細を見る

もっと見る

1858

幕府が日米修好通商条約に無勅許調印、英仏蘭露とも同様(安政五カ国条約)

詳細を見る

もっと見る

1858

徳川家茂が14代将軍就任、一橋派が将軍継嗣問題に敗北

詳細を見る

もっと見る

1858

薩摩藩主島津斉彬が幕府抗議のため藩兵5千を動員し上洛を計画

詳細を見る

もっと見る

1858

西郷隆盛・有馬新七が島津斉彬に先発して上洛し準備工作

詳細を見る

もっと見る

1858

薩摩藩主の島津斉彬が急死し率兵上洛計画が頓挫(享年50。毒殺説あり)、養嗣子(島津久光の子)の島津忠義が12代藩主に就任し10代藩主の島津斉興(斉彬・久光の父)が実権を奪回

詳細を見る

もっと見る

1864

島津斉彬に照国大明神の神号が贈られる

詳細を見る

もっと見る

1884

華族令公布、島津忠義の島津宗家と島津久光の玉里島津家が最高位の公爵を受爵

詳細を見る

もっと見る

1901

島津斉彬に追贈正一位

もっと見る

Kouyuuroku

島津重豪

敬愛した曽祖父

もっと見る

島津斉宣

重豪嫡子

もっと見る

島津斉興

敵対した父・斉宣嫡子

もっと見る

島津久光

本当は仲が良い異母弟

もっと見る

島津忠義

薩摩藩主を継いだ久光長子

もっと見る

篤姫

将軍徳川家定に入輿させた従妹

もっと見る

黒田長溥

重豪実子で年下の大叔父・窮地を救ってくれた福岡藩主

もっと見る

調所広郷

気の毒な政敵

もっと見る

西郷隆盛

抜擢した寵臣

もっと見る

大久保利通

期待の若手

もっと見る

ジョン万次郎

技術顧問

もっと見る

徳川家斉

重豪娘婿の11代将軍

もっと見る

徳川家慶

12代将軍

もっと見る

徳川家定

13代将軍

もっと見る

徳川家茂

14代将軍

もっと見る

徳川斉昭

一橋派の首領

もっと見る

徳川慶篤

斉昭嫡子・水戸藩主

もっと見る

徳川慶喜

斉昭七男・一橋派の旗印

もっと見る

会沢正志斎

斉昭の師

もっと見る

藤田東湖

斉昭謀臣

もっと見る

安倍正弘

公武合体運動の盟友

もっと見る

松平春嶽

四賢候にして一橋派の盟友

もっと見る

橋本左内

春嶽謀臣

もっと見る

山内容堂

四賢候にして一橋派の盟友

もっと見る

吉田東洋

容堂謀臣

もっと見る

伊達宗城

四賢候にして一橋派の盟友

もっと見る

鍋島直正

従兄弟にしてライバル

もっと見る

井伊直弼

宿敵

もっと見る

長野主膳

井伊謀臣

もっと見る

長野主膳

井伊謀臣

もっと見る

松平乗全

井伊の子分

もっと見る

松平忠固

井伊の子分

もっと見る

間部詮勝

井伊の子分

もっと見る

堀田正睦

井伊寄りの老中首座

もっと見る

水野忠央

井伊の盟友

もっと見る