70 kodamagentaro

こだま げんたろう

児玉 源太郎

1852年~1906年

100

華も実もある日露戦争の英雄にして植民地経営を初めて成功させた台湾総督、若死にが惜しまれる陸軍長州閥最高の逸材

75 itagakitaisuke

いたがき たいすけ

板垣 退助

1837年~1919年

100

中岡慎太郎の遺志「薩土密約」を受継ぎ戊辰戦争への独断参戦で土佐藩を「薩長土肥」へ食込ませ、自由党を創始して薩長藩閥に対抗し自由民権運動のカリスマとなった清貧の国士

78 mutsumunemitsu

むつ むねみつ

陸奥 宗光

1844年~1897年

100

紀州藩重臣の子ながら坂本龍馬に随従、薩長藩閥政府に反抗し「立志社の獄」で投獄されるが、伊藤博文の引きで復活し第二次伊藤内閣の外相として不平等条約改正と日清戦争を牽引した波乱万丈の風雲児

80 shibusawaeiichi

しぶさわ えいいち

渋沢 栄一

1840年~1931年

100

徳川慶喜の家臣から欧州遊学を経て大蔵省で井上馨の腹心となり、第一国立銀行を拠点に500以上の会社設立に関わり「日本資本主義の父」と称された官僚出身財界人の最高峰

88 toyodakiichirou

とよだ きいちろう

豊田 喜一郎

1894年~1952年

100

豊田佐吉の長男で共に画期的な動力織機を発明するが、繊維産業の凋落を見越し紡績から自動車への事業転換を敢行したトヨタグループ創業者

94 mamorushigemitsu

しげみつ まもる

重光 葵

1887年~1957年

100

戦前は日中提携・欧州戦争不関与を訴え続け外相として降伏文書に調印、アメリカ=吉田茂政権に反抗しA級戦犯にされたが鳩山一郎内閣で外相に復帰し自主外交路線を敷いた「ラストサムライ」

97 kishinobusuke

きし のぶすけ

岸 信介

1896年~1987年

100

戦前は満州国の統制経済を牽引し東條英機内閣の商工大臣も務めた「革新官僚」、米国要人に食込みCIAから資金援助を得つつ日米安保条約の不平等是正に挑んだ智謀抜群の「昭和の妖怪」