[神流川の戦い~天正壬午の乱]本能寺の変の混乱に乗じた北条氏政が上野国の織田領に侵攻、野戦に敗れた主将の滝川一益は厩橋城・箕輪城を放棄し逃走、北条軍は信濃まで侵出し旧武田領を巡って上杉景勝・徳川家康の軍勢と三つ巴戦、上杉が信濃北部4郡、北条が上野国、徳川が甲斐・信濃を切り取り次第との条件で和睦し、徳川家康は甲斐と信濃の大部分を制圧し三河・遠江・駿河・甲斐・信濃五ヶ国の太守となり羽柴秀吉(豊臣秀吉)と対峙

  • 思い出アルバム
  • 日本史年表
  • [神流川の戦い~天正壬午の乱]本能寺の変の混乱に乗じた北条氏政が上野国の織田領に侵攻、野戦に敗れた主将の滝川一益は厩橋城・箕輪城を放棄し逃走、北条軍は信濃まで侵出し旧武田領を巡って上杉景勝・徳川家康の軍勢と三つ巴戦、上杉が信濃北部4郡、北条が上野国、徳川が甲斐・信濃を切り取り次第との条件で和睦し、徳川家康は甲斐と信濃の大部分を制圧し三河・遠江・駿河・甲斐・信濃五ヶ国の太守となり羽柴秀吉(豊臣秀吉)と対峙
徳川家康は少数の従者と堺見物中に本能寺の変に遭遇、切腹も覚悟したが、服部半蔵の手引きで伊賀越えし生還、途中別れた穴山梅雪は落ち武者狩りに殺された。混乱に乗じた北条氏政が滝川一益を追い払って上野を押え織田領に殺到、上杉景勝も牙を剥き三つ巴戦となったが(天正壬午の乱)、和睦成って甲斐・信濃を制圧した徳川家康は三河・遠江・駿河と合わせて五ヶ国の太守となり、豊臣秀吉に対峙した。清洲会議、賤ヶ岳合戦は静観したが、1584年織田信雄に加担し挙兵、池田恒興・森長可の奇襲軍を殲滅し優位に立つも、愚かな信雄が無断で単独講和、名目を失って停戦に応じた(小牧・長久手の戦い)。天下統一を急ぐ秀吉は宥和路線に切替え、母と妹を人質に送られた家康は遂に膝を折り、以後は織田信長同様に律儀に仕えた。1590年、九州征伐を終え西日本を平定した秀吉は小田原征伐を開始、北条氏に近い家康は早期降伏を促すが氏政・氏直(娘婿)父子は拒絶、結局降伏開城するも滅ぼされた。秀吉は強敵家康から駿遠三甲信の5カ国150万石を召上げ、北条氏旧領の関八州250万石へ移封、東海道筋に子飼い大名を連ね会津に蒲生氏郷を配して封込策に出たが、家康は黙って従い江戸の都市開発に励んだ。朝鮮出兵を無傷で過ごし、1598年豊臣秀吉が死去、抑え役前田利家も翌年亡くなると、健康オタク徳川家康の独壇場となった。豊臣家の内部分裂に乗じて加藤清正・福島正則・黒田長政ら反石田三成・淀殿派の首領に収まり、勝手な婚姻政策で結束を固めると、1600年会津征伐の罠に掛かった石田三成が挙兵、小早川秀秋・吉川広家の寝返りを誘って関ヶ原合戦に勝利すると、1603年徳川幕府開設、2年後秀忠に将軍を譲り徳川氏世襲を世に示した。西軍諸将には大鉈を振るったが、本人の実力と為政者の都合で領地を入替えた信長流を廃し世襲藩固定化で外様大名を安心させつつ、政権運営は将軍家と小身の譜代衆が握り、参勤交代や天下普請で抵抗力を削ぎ、下々にも現在身分の凍結を強制して太平秩序を醸成した。1615年大坂夏の陣で豊臣家を滅ぼして後顧の憂いを絶ち、翌年75歳で大往生を遂げた。