織田信長が家督と美濃・尾張を嫡子織田信忠に譲る

織田氏は室町幕府三管領の斯波家(他は細川・畠山)の尾張守護代を世襲した名家だが、信長の家はその末流に過ぎない。尾張守護代の織田家には二流あって、一家は尾張の上四郡を治めて岩倉城に居城し、一家は下四郡を治め斯波氏の当主を守護して清洲に居城した。下織田家(織田大和守家)に織田姓を名乗る3奉行があり、信長の家はその一家に過ぎなかったが、武勇に優れた織田信秀が台頭し尾張の旗頭的地位に成り上がった。信秀は盛んに美濃を攻めたが、斎藤道三に撃退され和睦して娘の帰蝶を信長の妻に迎えた。信秀の死後嫡子織田信長が家督を継いだが、うつけと呼ばれた不良児で家臣は承服せず、守護代織田家も反逆して尾張は内戦状態となった。傅役平手政秀の諌死を乗越え、織田信長は剛腕と粘りを発揮し、主筋の下織田家信友を滅ぼし、再三謀反した弟の織田信行を殺し、上織田家信賢と守護斯波義銀を破って尾張国を平定、続く天下統一戦では兄弟の信広・信興・秀成を含む多くの織田一族を喪った。そして本能寺の変、嫡子信忠が共に討たれ、凡庸な次男信雄と三男信孝に豊臣秀吉の織田家簒奪を防ぐ力はなく、信孝は柴田勝家について滅ぼされ、清洲会議で秀吉に担がれ織田家を継いだ信忠の嫡子秀信(三法師)は関ヶ原合戦で西軍に属し改易された。織田信雄は、徳川家康と組んで秀吉に逆らうも早々に軍門に下り(小牧・長久手の戦い)尾張国を保ったが、小田原征伐後家康旧領への転封命令を愚かにも拒絶し改易された。剃髪入道したが家康の斡旋で赦免され、秀吉の御伽衆に加えられ、豊臣氏滅亡後徳川家への忠節が認められ大和・上野に5万石を与えられた。信雄の裔は出羽天童藩と丹波柏原藩の小大名二家として残った。他の信長の子では、七男信高と九男信貞が高家旗本に列している。信長の弟では、織田信包が秀吉の御伽衆を経て初代柏原藩主となるが、孫の代に後嗣が絶え信雄流に承継された。茶人で名高い織田長益(有楽斎)は、徳川幕府から大和・摂津に3万石を与えられ、裔は芝村藩と柳本藩の小大名二家となり幕末まで存続した。