織田信長の傅役平手政秀が諌死、斎藤道三と娘婿の織田信長が尾張・美濃国境の富田正徳寺で会見・「うつけ者」の悪評が高い信長の異能を感じ取った道三は子孫の臣従を予言

  • 思い出アルバム
  • 日本史年表
  • 織田信長の傅役平手政秀が諌死、斎藤道三と娘婿の織田信長が尾張・美濃国境の富田正徳寺で会見・「うつけ者」の悪評が高い信長の異能を感じ取った道三は子孫の臣従を予言
斎藤道三の実家とされる松波家は、北面の武士として代々朝廷に仕えた家柄だったが、父松波基宗の代に帰農して京都西ノ岡に土着した。当時朝廷の衰微は著しく、公家侍では暮らしが立ち行かなくなったのだろう。斎藤道三は、土岐頼芸に仕官後、長井家家老西村家の遺跡を継いで西村勘九郎を名乗り、次いで恩人長井長弘夫妻殺害で稲葉山城と家名を乗っ取り長井新九郎に改め、最期は美濃守護代斎藤氏の遺跡を継いで斎藤山城守秀竜となった。道三の号は、土岐氏と美濃国侍の反抗挙兵に遭い剃髪入道した際に称したものである。父松波基宗は左近将監の官職もり実力は無いが家格は田舎の豪族より高かったはずであり、道三が敢えて西村や長井を名乗ったのは松波氏ではなく微賎の出自だったためとする説も説得力がある。斎藤道三は油売り時代に灯油商奈良屋又兵衛の娘を妻としたが、仕官後に離縁したようだ。土岐頼芸から下された深芳野は嫡子斎藤義龍のほかに三男をもうけたが、身分は妾のままであった。正妻は東美濃随一の豪族明智家から迎えた小見の方であり、一説には明智光秀の叔母であるという。おそらく斎藤道三には多くの妾があり、嫡子斎藤義龍、織田信長に嫁がせた帰蝶のほかにも多くの子をもうけている。土岐頼芸の落胤と考えられた斎藤義龍は、地侍の慰撫に大きな力を発揮したが、頼芸を追い落とした道三を憎むようになり、廃嫡の企てを知ると弟の竜重・竜定を斬殺し道三の居城を急襲、徳望薄い道三は孤立し難なく討ち取った。一見愚鈍な外貌が道三に嫌われたというが、実は蝮の子に恥じない猛将でライバル織田信長にも引けをとらなかったが、道三の祟りか僅か5年後に病死した。家臣に鼻を削がれた道三と同じく、ハンセン病で顔面が爛れ落ちたとも伝わる。斎藤家を継いだ嫡子斎藤龍興は凡庸な人物で、竹中半兵衛に稲葉山城を乗っ取られても発奮せず、早々に織田信長に滅ぼされた。斎藤家は滅亡したが、傍流の井上家や松波家が徳川幕府旗本として存続したとされる。