扇谷上杉家の重臣で小田原城主の大森氏頼が死去、北条早雲は後継の大森藤頼に取り入って安心させ、武蔵の合戦で扇谷上杉定正が落馬死した機を衝き、巻き狩りと偽って小田原城を急襲し奪取、扇谷上杉家に取り入って報復を防ぎつつ関東制覇を睨む

  • 思い出アルバム
  • 日本史年表
  • 扇谷上杉家の重臣で小田原城主の大森氏頼が死去、北条早雲は後継の大森藤頼に取り入って安心させ、武蔵の合戦で扇谷上杉定正が落馬死した機を衝き、巻き狩りと偽って小田原城を急襲し奪取、扇谷上杉家に取り入って報復を防ぎつつ関東制覇を睨む
戦国時代の先駆け北条早雲には多くの伝説がある。一説によると、応仁の乱に嫌気がさした足利義視は一時伊勢に隠退したが、随従した北条早雲は義視の帰京後も伊勢に留まり、同地で意気投合した仲間6人(御由緒六家;荒木兵庫・多目権兵衛・山中才四郎・荒川又次郎・大道寺太郎・在竹兵衛)と盟約し関八州制覇を志して共に駿河今川家に乗込み、早雲が城持ちになると盟友達は家老として一軍を率い後北条氏の覇業を支えたという。伊豆征服直後の正月二日「一匹の子鼠が杉の大木二本をかじり倒すと、鼠は虎に化した」初夢をみた北条早雲が「子年の早雲が両上杉を倒して関東を征する瑞夢」と喜んだ話も伝わる。所領と兵力を持たない今川家の謀臣が伊豆・相模二国を征するまでに謀略を駆使したのは事実だろう。一説には、伊豆を征服し関東に野心を研ぐ北条早雲は小田原城を望んだが、城主で扇谷上杉家重臣の大森氏頼は一筋縄ではいかない人物で、油断を誘おうと手厚い贈物を遣わして懇親を申込むも逆に警戒され撥ね付けられた。北条早雲は冒険を避けて堀越公方足利茶々丸追討に専念したが、茶々丸を滅ぼした頃に運よく大森氏頼が病没し子の大森藤頼が立った。それでも早雲はすぐには攻めず、再びせっせと贈物をして若い藤頼を篭絡し攻守同盟まで結ぶに至り、扇谷上杉氏当主定正の落馬死の機に満を持して腰を上げた。使者を小田原に遣って「狩りのため勢子を箱根山に入れたい」と申入れると、油断しきった大森藤頼は機嫌よく了承、勢子に化けた軍勢をまんまと越境させ、日没を待って千頭の牛の角に松明を結びつけ小田原城を急襲、周章狼狽した大森藤頼は命からがら逃げ落ちた。小田原を得た早雲は再び猫被りに戻り、しおらしくも扇谷上杉氏への帰順を願出て報復をかわし、以後は伊豆・相模の領国経営に専念して上杉氏打倒と関東制覇の夢は子孫に託した。領国からの盲人追放に擬して他国にスパイを送込んだという話も伝わる。一方、富国強兵の現実的要請からであろうが、占領地の豪族や領民には大いに仁政を施し歓迎をもって迎えられたという。