著名自分史一覧 時代:戦前

戦前

前の20件 1 2 3

  • 斎藤 実 (さいとう まこと)

    1858年~1936年

    仁礼景範の娘婿として薩摩海軍閥に連なり、山本権兵衛の下で海軍次官・海相を長く勤め首相に上り詰めた後、二・二六事件で殺害された「山本権兵衛の副官」

  • 犬養 毅 (いぬかい つよし)

    1855年~1932年

    慶應義塾グループ・大隈重信派の「バルカン政治屋」として台頭、中継ぎの政友会総裁となり首相に上り詰めたが、五・一五事件に斃れた政党政治の生き字引

  • 濱口 雄幸 (はまぐち おさち)

    1870年~1931年

    大蔵官僚から政党政治家に転身、民政党総裁として首相に上り詰め金解禁と軍縮に取組むが、凶弾に斃れた「ライオン宰相」

  • 田中 義一 (たなか ぎいち)

    1864年~1929年

    陸軍長州閥の領袖ながら政友会総裁に納まって首相に上り詰めたが、張作霖爆殺事件で昭和天皇と陸軍中堅幕僚の板挟みとなった「おらが首相」

  • 若槻 禮次郞 (わかつき れいじろう)

    1866年~1944年

    桂太郎側近の大蔵官僚として蔵相となり、桂新党を承継して憲政会総裁、首相に上り詰めたが、満州事変にお墨付き与える大失策を犯した元祖官僚政治家

  • 加藤 高明 (かとう たかあき)

    1860年~1926年

    外務官僚から外相を歴任し対華21カ条要求等の対外硬路線を主導、岩崎弥太郎の女婿故に政界で重宝がられ、桂太郎の同志会を承継し首相となった三菱のシンデレラ

  • 清浦 奎吾 (きようら けいご)

    1850年~1942年

    山縣有朋の子分となり内務官僚・司法大臣として忠勤に励んだ後、楔として貴族院に送込まれ親山縣・反政党の牙城を築いた出世人

  • 加藤 友三郎 (かとう ともさぶろう)

    1861年~1923年

    山本権兵衛を支えて海軍の軍政を取り仕切り、優れた決断力で国際協調路線・軍縮に舵を切った頭脳明晰なエリート海軍人

  • 高橋 是清 (たかはし これきよ)

    1854年~1936年

    裸一貫から英語を武器に日銀総裁、蔵相、首相に出世、日露戦費調達、金融恐慌沈静化とデフレ退治を果したが、二・二六事件で波乱万丈の人生を閉じた本物の「財政の第一...

  • 原 敬 (はら たかし)

    1856年~1921年

    結婚で長州閥に食込み、首相に上り詰めて「初の本格的政党内閣」を実現したが、政党政治の限界を示す役割を演じた虚構の平民宰相

  • 寺内 正毅 (てらうち まさたけ)

    1852年~1919年

    陸軍長州閥に属し山縣有朋の子分というだけで首相に上り詰め、シベリア出兵と米騒動を巻き起し、藩閥専横と超然主義の限界を身を持って示したビリケン宰相

  • 山本 権兵衛 (やまもと ごんべえ)

    1852年~1933年

    西郷隆盛・従道兄弟の庇護下で軍政の才能を発揮、日清・日露戦争を勝利に導いた「日本海軍の父」

  • 西園寺 公望 (さいおんじ きんもち)

    1849年~1940年

    岩倉具視の引きで公家政治家となり、伊藤博文の後継として軍部の暴走抑止に努めたが、最後はテロに屈した昭和のキングメーカー

  • 桂 太郎 (かつら たろう)

    1848年~1913年

    叔父のお陰で長州閥首脳に取り入り、日露戦争勝利の栄誉に恵まれた山縣有朋の側近

  • 大隈 重信 (おおくま しげのぶ)

    1838年~1922年

    「対外硬」と口八丁で参議に出世、自滅するも政党政治家として首相となり、脱亜論に乗せられて対華21カ条要求をしでかした「反日」の元凶

  • 松方 正義 (まつかた まさよし)

    1835年~1924年

    薩摩人ながら志士歴が無く伊藤博文の引立てで参議兼大蔵卿に就き「松方財政」でインフレ退治に成功、反動デフレに見舞われたが首相・元老・公爵に栄達し19人の子女と89...

  • 黒田 清隆 (くろだ きよたか)

    1842年~1900年

    「維新の三傑」の政争に翻弄され西南戦争後は酒乱となり、開拓使官有物払下げ事件に逆ギレして「超然主義」を唱え民権派と三菱を弾圧、順送りで2代首相・元老に栄達した...

  • 山縣 有朋 (やまがた ありとも)

    1838年~1922年

    奇兵隊幹部から運良く陸軍長州閥の首領に納まり汚職にまみれながら徴兵令を敷き外征のための軍事国家建設と政党弾圧に邁進、統帥権・軍部大臣現役武官制で文民統治を抹...

  • 伊藤 博文 (いとう ひろふみ)

    1841年~1909年

    高杉晋作の功山寺挙兵を支えた長州維新の功労者、大久保利通没後の明治政界を主導し内閣制度発足・大日本帝国憲法制定・帝国議会開設・不平等条約改正・日清戦争勝利を...

前の20件 1 2 3

もっと条件を絞る

ジャンル 時代別
点数別
フリーワード