著名自分史一覧 時代:戦後

戦後

前の20件 1 2 3

  • 大平 正芳 (おおひら まさよし)

    1910年~1980年

    池田勇人から保守本流・宏池会を引継ぎ盟友田中角栄の支持で首相に就任、従米路線へ回帰し「日米同盟」強化と中国への「贖罪外交」を進めたが福田赳夫との不毛な政争の...

  • 福田 赳夫 (ふくだ たけお)

    1905年~1995年

    岸信介の後継者として首相となりカーター米政権の「アジア離れ」を衝いて「全方位外交」を追求、ASEANとの連帯強化と日中平和友好条約締結を果たすも自民党総裁選に弱く...

  • 田中 角栄 (たなか かくえい)

    1918年~1993年

    高等小学校卒ながら政策通の「コンピュータ付きブルドーザー」、「日本列島改造論」はオイルショックで頓挫したが日中国交回復と資源外交で従米脱却を追求、金脈問題と...

  • 佐藤 栄作 (さとう えいさく)

    1901年~1975年

    吉田茂の後継者ながら実兄岸信介の自主外交を踏襲、歴代2位の長期政権を担い沖縄返還を果したが「繊維密約」を反故にし「ニクソン・ショック」で報復された高度経済成長...

  • 池田 勇人 (いけだ はやと)

    1899年~1965年

    大蔵省傍流ゆえに公職追放を免れ吉田茂の「保守本流」を継いで首相に栄達、「寛容と忍耐」で安保問題を封印し従米外交を定着させたが「所得倍増計画」で高度経済成長を...

  • 岸 信介 (きし のぶすけ)

    1896年~1987年

    戦前は満州国の統制経済を牽引し東條英機内閣の商工大臣も務めた「革新官僚」、米国要人に食込みCIAから資金援助を得つつ日米安保条約の不平等是正に挑んだ智謀抜群の「...

  • 鳩山 一郎 (はとやま いちろう)

    1883年~1959年

    戦前は政友会幹部として迷走したが、「憲法改正・再軍備・自主外交」を掲げて吉田茂の従米政権を倒し重光葵外相と共に保守合同(55年体制)・日ソ国交回復・国際連合加...

  • 吉田 茂 (よしだ しげる)

    1878年~1967年

    強硬外交の「大陸派」から親英米派へ転じ戦後GHQの傀儡政権に君臨、「押付け憲法」・恒久的米軍駐留と膨大な経費負担・不平等安保条約を受容し戦後日本の従米路線を決定...

  • 重光 葵 (しげみつ まもる)

    1887年~1957年

    戦前は日中提携・欧州戦争不関与を訴え続け外相として降伏文書に調印、アメリカ=吉田茂政権に反抗しA級戦犯にされたが鳩山一郎内閣で外相に復帰し自主外交路線を敷いた...

  • 幣原 喜重郎 (しではら きじゅうろう)

    1872年~1951年

    加藤高明・若槻禮次郞・濱口雄幸内閣の外相として対英米協調・対中不干渉の「幣原外交」を展開するが満州事変で失脚、戦後首相に担がれるとGHQ命令を粛々実行し「押付け...

前の20件 1 2 3

もっと条件を絞る

ジャンル 時代別
点数別
フリーワード