著名自分史「東條英機」

オリジナル

東條 英機

とうじょう ひでき

東條 英機

1884年~1948年

0

陸軍統制派の最年長者として対米開戦時の首相に担がれ、ヒトラー並みの独裁者に仕立てられ「生きて虜囚の辱め」を受けた生真面目で陰険な暴走陸軍人

寸評

基礎点 20点 東條英教陸軍中将(盛岡藩出身)の嫡子で陸士(17期)・陸大を何とか優等で卒業した東條英機は、留学地のドイツで長州閥打倒を掲げる永田鉄山(陸士16期)に私淑し陸軍幕僚グループ「一夕会」「統制派」の幹部となった。「皇統派」に恨まれた東條英機は傍流を転々し予備役編入も噂されたが、永田鉄山斬殺および二・二六事件を起した皇統派が自滅すると統制派最年長ゆえに一躍陸軍首脳へ台頭、武藤章(25期)らの「中国一激論」を支持し不拡大派の石原莞爾(21期)らを失脚させて日中戦争泥沼化へ導いた。関東軍参謀長・陸軍次官を経て第二次・第三次近衛文麿内閣の陸相に就いた東條英機は、田中新一(25期)らの強硬路線に従い日独伊三国同盟・国家総動員法・南部仏印進駐へと閣議をリードしたが、対日開戦を決意したアメリカは石油禁輸を断行、甘い期待を裏切られ政権を投出した近衛文麿に代わり組閣した東條英機は苦渋の決断でアメリカに宣戦布告した。東條英機首相は戦局悪化を隠して徹底抗戦を叫び続けたが、サイパン陥落で敗戦が決定的となり、岡田啓介・米内光政・若槻禮次郞・宇垣一成ら講和派重臣が結束し粘る東條を引きずり降ろした。戦後、GHQはナチス・ドイツのヒトラーに倣い東條英機を大日本帝国の独裁者に仕立てたが、実際の東條英機は統制派最年長ゆえに陸相・首相に担がれたに過ぎず、組閣後に恐怖政治を敷き独裁的権力を振るったとはいえ、真に敗戦責任の重い戦略指導者は陸軍では永田鉄山・石原莞爾・武藤章・田中新一、政治家では近衛文麿・松岡洋右らであった。GHQの捜査を予見した東條英機は踏込まれる直前に拳銃自殺を図るも死に損ね、巣鴨プリズンに繋がれ東京裁判で死刑に処された。『戦陣訓』の作者で非戦闘員にも「生きて虜囚の辱めを受けず」と強要した(石原莞爾などは「こんなもの読む必要なし」と無視したが)東條英機大将の無様な自殺失敗と逮捕劇は、公家ながら服毒自殺を遂げた近衛文麿との好対照もあり、軍国主義者さえ失望させ帝国陸軍のイメージを失墜させた。
-20点 陰険で執念深い東條英機は、憲兵を駆使して容赦なく反対者を粛清し徹底的な言論統制を敷いた。皇統派に憎まれ関東軍の憲兵隊司令官に左遷された東條英機は自軍の共産分子摘発に精を出し、関東軍参謀長に栄転すると憲兵を私用に使い始め「憲兵のドン」と恐れられた。関東大震災時に大杉栄一家殺害事件を起した憲兵大尉の甘粕正彦は、陸士恩師の東條英機の影響下にあり、出獄後は満州で陸軍の謀略に挺身し「夜の帝王」と恐れられた。さて、陸相・首相に上り詰めた東條英機は、身の回りの些事にも憲兵を使って目を光らせ陰険な報復を繰返した。東條英機は、宿敵の石原莞爾を予備役に追込んだ後も憲兵を貼付けて執拗に動静を探り、統制派の武藤章が対米講和へ傾くと反東條内閣の動きを憲兵情報で捉え前線のスマトラ島へ放逐、対米開戦を主導した田中新一まで反抗を理由にビルマ方面軍へ追放した。東條英機の魔手は陸軍外へも及び、東條の独裁を糾弾し内閣打倒を企てた中野正剛を憲兵隊の監禁で自殺へ追込み、東條批判をした言論人の松前重義や海軍の肩を持った毎日新聞の新名丈夫を徴兵した陰謀も明らかになっている。カタブツの東條英機は部下や身内の醜聞にも目を光らせた。あるとき、東條英機は甥の山田玉哉陸軍少佐を首相官邸に呼びつけ、いきなり「このバカ者!」と怒鳴りポカポカと殴りつけた。意味不明の山田が問い質すと「貴様は女の手を握ったろう!」と言う。東條英機の妹(次枝)宅を訪問したさい酒に酔って若い女中の手を握った一件に思い当たった山田が「アレか」と呟くと、東條は「アレとは何だ!」と激高しまた殴ったという。首相が官邸で陸軍少佐をしばきあげるという前代未聞の珍事であったが、粘着質の東條英機は山田を赦さず最前線のサイパン送りにすべく画策したという。

史実

1837年 関東軍参謀長の東條英機が察哈爾派遣兵団を率いて出陣し独断で日中戦争の戦線を拡大

詳細を見る

1884年 エリート陸軍人(のち中将)東條英教の嫡子(上に二男があったが既に死没)東條英機が東京市麹町区にて出生

1904年 日露戦争開戦

詳細を見る

1905年 ポーツマス条約調印

詳細を見る

1905年 東條英機が陸軍士官学校(17期)卒業

1906年 第二次日韓協約締結、日本が朝鮮を保護国化し文治派の伊藤博文が初代韓国統監に就任

詳細を見る

1906年 南満州に関東都督府設置

詳細を見る

1906年 南満州鉄道会社(満鉄)設立・後藤新平が初代総裁就任、アメリカの干渉が始まる

詳細を見る

1907年 韓国軍隊解散、ハーグ密使事件、第三次日韓協約締結

詳細を見る

1907年 第一次日露協約締結

詳細を見る
もっと見る

交遊録

永田鉄山 中堅幕僚グループの首領
岡村寧次 永田の盟友
小畑敏四郎 永田のライバル
石原莞爾 優秀な後輩
板垣征四郎 石原派
武藤章 統制派のリーダー
田中新一 統制派のリーダー
土肥原賢二 統制派仲間
鈴木貞一 子分
木村兵太郎 子分
もっと見る