著名自分史「吉田松陰」

オリジナル

吉田 松陰

よしだ しょういん

吉田 松陰

1830年~1859年

100

「二十一回猛士」と称して海外密航・老中襲撃・討幕挙兵を画策し松下村塾を開いて長州藩を覚醒させ門弟の高杉晋作・久坂玄瑞・木戸孝允に「狂」を植付け討幕の原動力ならしめた純粋激烈な大教育者

寸評

基礎点 100点 吉田松陰は、「二十一回猛士」と称して海外密航・老中襲撃・討幕挙兵を画策し松下村塾を開いて長州藩を覚醒させ門弟の高杉晋作・久坂玄瑞・木戸孝允に「狂」を植付け討幕の原動力ならしめた純粋激烈な大教育者である。松下村塾は僅か1年半の就学期間ながら高杉・久坂・木戸のほか吉田稔麿・入江九一・伊藤博文・山縣有朋・前原一誠・品川弥二郎・山田顕義ら幕末・明治初期に活躍した長州人士の大部分を教化した。大読書人・教養人の吉田松陰は、ペリー来航直後に密航を企てたほど開明的で単純な尊攘思想家ではなかったが、自らを鼓舞して過激な政治的冒険を繰返し、晩年には門弟からも持余され老中襲撃計画の自白など短慮とも思える行動で自らを死地に追込んだが、壮絶な死様は高杉や久坂に討幕を決意させた。

史実

1830年 長州藩の下級藩士杉百合之助の次男杉寅次郎(吉田松陰)が萩郊外の松本村にて出生

1835年 吉田松陰が叔父吉田大助の死去に伴い山鹿流兵学師範の吉田家を継ぐ

1836年 毛利斉熙と11代長州藩主毛利斉元が相次いで死去、毛利斉広(斉熙の庶子)が12代藩主を承継

1837年 12代長州藩主毛利斉広の急死に伴い毛利敬親(11代藩主毛利斉元の嫡子)が13代藩主を承継

1838年 村田清風が長州藩庁の実権を握り藩政改革に着手

詳細を見る

1838年 8歳の吉田松陰が家学教授見習として藩校明倫館に出勤

1840年 10歳の吉田松陰が藩主毛利敬親の御前で『武教全書』を講義し大評判を得る

1840年 アヘン戦争(~1842)

詳細を見る

1842年 異国船打払令を緩和し薪水給付令施行

1842年 吉田松陰の叔父玉木文之進が松下村塾を開く

もっと見る

交遊録

毛利敬親 主君にして良き理解者
毛利定広 敬親養嗣子の長州藩世子
高杉晋作 松下村塾の双璧
久坂玄瑞 松下村塾の双璧
吉田稔麿 松下村塾の四天王
入江九一 松下村塾の四天王
寺島忠三郎 松下村塾生
伊藤博文 松下村塾生
山縣有朋 松下村塾生
前原一誠 松下村塾生
もっと見る