著名自分史「平野国臣」

オリジナル

平野 国臣

ひらの くにおみ

平野 国臣

1828年~1864年

70

有職故実マニアから攘夷運動に入り前時代的な異装で奇人視された福岡浪士、『尊攘英断録』で堂々と討幕を主張し有馬新七や吉村寅太郎を扇動し「大和行幸」に加担するが生野の変に敗れ京都六角獄舎で惨殺

寸評

基礎点 80点 平野国臣は、有職故実マニアから攘夷運動に入り前時代的な異装で奇人視された福岡浪士、『尊攘英断録』で堂々と討幕を主張し有馬新七や吉村寅太郎を扇動し「大和行幸」に加担するが生野の変に敗れ京都六角獄舎で惨殺された。挙行は失敗し浪人運動の限界を示すに留まったが、討幕の導火線としての役割を果した。また、討幕の計画と新政府の方針を構想し文章にしたのは平野国臣のみであり、その後の歴史が『尊攘英断録』の通りに推移したことを考えると慧眼は評価されるべきである。足軽身分出身のうえ福岡藩に弾圧されながらも、真木和泉と並ぶ尊攘派浪士のリーダーとして歴史に名を残した。
-10点 平野国臣は純粋激烈で憎めない人柄だが、島津久光の討幕挙兵を吹聴し寺田屋騒動の原因をつくった行動は軽率だった。

史実

1828年 福岡藩足軽平野吉郎右衛門能栄の次男に平野国臣が出生

1840年 アヘン戦争(~1842)

詳細を見る

1841年 平野国臣が福岡藩足軽鉄砲頭の小金丸彦六の養子となり元服

1842年 異国船打払令を緩和し薪水給付令施行

1845年 平野国臣が普請方手付に就く

詳細を見る

1845年 平野国臣が江戸勤番に就く

1848年 平野国臣が福岡に帰国

1848年 平野国臣が養家の娘お菊と結婚、翌年長男が誕生

1848年 平野国臣が漢学・国学者の富永漸斎に入門、笛も習う

詳細を見る

1851年 平野国臣が薩摩藩士の北条右門と知合う

詳細を見る
もっと見る

交遊録

黒田長溥 つれない殿様
島津斉彬 長溥血縁の薩摩藩主
島津久光 斉彬庶弟・寺田屋騒動で上意討ちを命令
島津忠義 薩摩藩主を継いだ久光長子
北条右門 薩摩の盟友
有馬新七 薩摩の盟友
西郷隆盛 薩摩の首領
大久保利通 平野嫌いな薩摩の同志
伊地知正治 薩摩の同志
吉井友実 薩摩の同志
もっと見る