著名自分史「林銑十郎」

オリジナル

林 銑十郎

はやし せんじゅうろう

林 銑十郎

1876年~1943年

30

永田鉄山・石原莞爾の傀儡として陸相・首相に担がれ、朝鮮軍の越境出動で満州事変を成功に導いた陸軍統制派のロボット

寸評

基礎点 30点 林銑十郎は、永田鉄山・石原莞爾ら一夕会系陸軍幕僚の傀儡として陸相・首相へ上り詰めた。満州事変において朝鮮軍司令官の林銑十郎は石原莞爾・神田正種らの策謀に乗り朝鮮軍の無断出動を断行、第二次若槻禮次郞内閣の事後承諾で処罰を免れ好戦国民から「越境将軍」と持て囃された。一夕会が統制派と皇道派に分裂すると、林銑十郎は皇道派の真崎甚三郎・荒木貞夫と袂を別ち永田鉄山の統制派に鞍替え、陸相に担がれ統制派優遇人事を容認した。永田鉄山が暗殺され陸軍中央で指導的地位に就いた石原莞爾は「猫にも虎にもなる」(自由に操れる)林銑十郎を首相に担いだが、政見も政治力も無い林首相は僅か4ヶ月で自滅した。林銑十郎は陸軍の下克上・一夕会系幕僚の台頭において欠かせない役割を演じたが、単なるロボットに過ぎず特筆すべき業績は無い。

史実

1876年 加賀藩士林孜々郎の嫡子林銑十郎が金沢市にて出生

1894年 朝鮮で甲午農民戦争、日清両軍が朝鮮へ派兵し一触即発

詳細を見る

1894年 日清戦争勃発

詳細を見る

1894年 林銑十郎が四高(金沢大学)補充科を中退し陸軍士官学校に転入

1895年 下関条約で日清戦争終結、朝鮮(李朝)が初めて中国から独立しソウルに独立門建立

詳細を見る

1895年 三国干渉~露仏独が日本に遼東半島返還を要求

詳細を見る

1895年 台湾総督府設置

詳細を見る

1896年 林銑十郎が陸軍士官学校(8期)卒業

詳細を見る

1897年 林銑十郎が陸軍歩兵少尉に任官し歩兵第7連隊附へ配属

1898年 列強による清の植民地争奪競争が激化

詳細を見る
もっと見る

交遊録

永田鉄山 年少のボス
武藤章 永田の後継者
田中新一 永田の後継者
東條英機 永田の後継者
真崎甚三郎 恩人転じて政敵
荒木貞夫 恩人転じて政敵
石原莞爾 年少のボス
板垣征四郎 石原派の仲間
神田正種 石原派の仲間
山縣有朋 政敵
もっと見る