著名自分史「斎藤道三」

オリジナル

斎藤 道三

さいとう どうさん

斎藤 道三

1494年~1556年

60

恩人を殺して家名と稲葉山城を乗っ取り、傀儡守護の土岐頼芸まで追放して美濃国盗りを達成したが、最期は嫡子(土岐頼芸落胤説が濃厚)斎藤義龍に討たれた悪逆無道・戦国随一の梟雄

寸評

基礎点 70点 斎藤道三は、恩人を殺して家名と稲葉山城を乗っ取り、傀儡守護の土岐頼芸まで追放して美濃国盗りを達成したが、最期は嫡子斎藤義龍に誅殺された悪逆無道・戦国随一の梟雄である。「美濃の蝮」の下克上物語は親子二代の事績とする説も有力である(以下は従来説)。父の松波基宗は、代々の禁裏北面の武士ながら朝廷の衰微により帰農して京都西ノ岡に土着、生来利発な息子(道三)の才を惜しみ立身の夢を託して京都妙覚寺に預けた。頭脳明晰で弁舌も爽やかな法蓮房(道三)は将来を嘱望されたが、弟分南陽房の下山を機に還俗して松波庄五郎と名乗り灯油商人となった。禿オヤジのイメージが強いが実は大変な美男子で諸芸に通じていたといい、永楽銭の穴から油を注込む名人芸で評判をとり行商で大繁盛したが、故郷の美濃で常在寺住職となった南陽房(日運)との縁が出世の糸口となった。南陽房の親戚長井長弘の推薦で美濃守護の次男土岐頼芸に仕官すると忽ち信任を獲得、知行地と長井家家老西村家の名跡を与えられて西村勘九郎を名乗り、愛妾深芳野まで下賜された。深芳野は半年後に豊太丸を出産するが、周囲は土岐頼芸の落胤と信じ、これが成人して斎藤義龍となる。翌1527年クーデターを起して土岐政頼を追放し弟の土岐頼芸を美濃守護に擁立、3年後には目の上の瘤長井長弘を謀殺して稲葉山城と家名を押領、東美濃の有力者明智氏から正妻を迎え、美濃守護代斎藤氏の遺跡を継いで斎藤山城守秀竜と名を改め、美濃一国の実権を掌握した。1541年堪忍袋の緒が切れた土岐一族が挙兵、引責剃髪して斎藤道三と号し頼芸の庇護下で難を逃れたが、翌年には反撃に出て謀主の土岐頼満(頼芸の弟)を毒殺、さすがに怒った土岐頼芸も追放して名実共に美濃国守となり、打倒道三で和解した土岐政頼・頼芸兄弟を担ぐ越前朝倉孝景・尾張織田信秀の連合軍を撃退して反抗勢力を一掃した。1554年家督を斎藤義龍に譲って隠居するも廃嫡を企て、内戦に敗れて63年の生涯を閉じた。救援に駆けつけた娘婿織田信長に美濃の国譲り状を贈ったというが、義龍の子龍興の代に斎藤家は信長に滅ぼされる。
-10点 斎藤道三は、良くも悪くも中世的慣習破壊の先駆者であり、娘婿の織田信長にも多大な影響を与えたと考えられる。良い面では、門閥・権威主義を完全否定して社会経済の合理化を前進させ、逸早く長槍や鉄砲を導入するなど進取の気概を示している。悪い面では、己の出世のために恩人を殺害・追放すること虫でも殺す如くであり、領民統治も残酷を極めたという。曰く、「微罪の者でも、道三は牛裂きの酷刑に処したり、極め付けは釜茹での刑執行にあたり受刑者の妻や親兄弟に火を炊かせた」「年貢未納の農民を処刑する場合、蓑を着せて火を放ちて焼き殺し、蓑虫踊りと称して楽しんで見物した」・・・。戦国時代、卑劣・残酷な逸話は枚挙に暇が無いとはいえ、斎藤道三ほど露骨に酷なキャラクターは宇喜多直家、次いで松永久秀・織田信長くらいのものだろう。

史実

1494年 累代の禁裏北面の武士だが帰農して京都西ノ岡の郷士となった松波基宗の子に松波庄五郎(斎藤道三)が出生

1494年 [明応の政変]管領細川政元が足利義材(義稙)を追放し足利義澄を11代室町将軍に擁立、義稙は越前朝倉軍に捕えられ幽閉されるが、脱出して越中に逃れ将軍在任を宣言し上洛軍を挙兵(越中公方)、義稙についた朝倉氏が一向一揆などの反抗勢力を掃討

詳細を見る

1495年 扇谷上杉家の重臣で小田原城主の大森氏頼が死去、北条早雲は後継の大森藤頼に取り入って安心させ、武蔵の合戦で扇谷上杉定正が落馬死した機を衝き、巻き狩りと偽って小田原城を急襲し奪取、扇谷上杉家に取り入って報復を防ぎつつ関東制覇を睨む

詳細を見る

1495年 周防・長門・豊前・筑前の守護で安芸・石見も支配圏に収め日明貿易・朝鮮貿易で巨富を積んだ大内政弘が分国法『大内家壁書』を遺して死去、嫡子大内義興が家督相続

詳細を見る

1496年 大友政親と対立した嫡子義右が急逝(毒殺説が濃厚)、同盟者の妹婿を殺された大内義興は政親討伐を宣言、政親は迎撃のため海路立花山城へ向かうが赤間関に漂着し捕えられて自害、義興は大友親実の擁立を図るが大内派を粛清した大友親治(政親の弟で宗麟の祖父)が大友氏を相続

詳細を見る

1496年 蓮如が摂津大坂に石山御坊を築き転居(後の石山本願寺、顕如退去後の跡地に豊臣秀吉が大阪城を築く)、以後大坂は寺内町として発展

詳細を見る

1497年 周防の大内義興が宿敵少弐政資・高経父子を攻め滅ぼし九州北部は大内氏・大友氏の二強争覇に突入、次男の少弐資元は追手を逃れるが肥前の一勢力に没落

詳細を見る

1497年 関東管領上杉氏と敵対し30年に及ぶ享徳の乱を戦い抜いた古河公方足利成氏が鎌倉に戻れぬまま死去、嫡子足利政氏が2代古河公方を襲名

1499年 越前朝倉氏の参軍を得られぬまま足利義材(義稙)が挙兵上洛を強行、比叡山延暦寺・根来寺・高野山金剛峰寺と連携して近江へ進軍するが六角高頼に敗北、逃れた河内で管領細川政元に敗れ大内義興を頼り周防山口へ亡命、政元・将軍足利義澄は綸旨も得て西国28大名に義興討伐を号令し大友親治(宗麟の祖父)・大内高弘(義興の弟で大友氏に亡命中)・少弐資元らの反大内勢力が勢い付くが、義興は大友・少弐連合軍を撃退して筑前・豊前を防衛し毛利弘元(元就の父)ら安芸国人も掌握して勢力均衡を保つ

詳細を見る

1499年 家祖親鸞が起した浄土真宗を再興し平易な『御文』と辻説法で強大な一向教団を築いた蓮如が死去(享年85)、五男実如が承継した一向教団は孫の顕如の代に摂津・加賀を支配する「戦国大名」へ発展し各地に一向一揆を起して諸大名を苦しめるが織田信長に降伏して武力を放棄、子孫は今日まで東西本願寺の門首を世襲し皇族に準ずる権勢を保持する

詳細を見る
もっと見る

交遊録

斎藤義龍 謀反した嫡子
斎藤龍興 信長に滅ぼされた義龍嫡子
斎藤竜重 可愛い息子
斎藤竜定 可愛い息子
斎藤利治 信長に仕え越中侵攻に活躍した末子
帰蝶
斎藤利三 娘婿
春日局 利三娘
明智光継 岳父
明智光秀 妻の甥
もっと見る