著名自分史「濱口雄幸」

オリジナル

濱口 雄幸

はまぐち おさち

濱口 雄幸

1870年~1931年

60

大蔵官僚から政党政治家に転身、民政党総裁として首相に上り詰め金解禁と軍縮に取組むが、凶弾に斃れた「ライオン宰相」

寸評

基礎点 60点 濱口雄幸は、東大法学部3番卒のエリート大蔵官僚ながら上司と衝突して左遷され、恩人の後藤新平に随い同志会入りして政党政治家に転身、加藤高明内閣・第一次若槻禮次郞内閣を閣僚として支え、民政党総裁として首相に上り詰めた。世界恐慌下の金解禁は時機を誤って大失敗し、軍縮促進政策でも大した実効は挙げられなかったが、決然と己の信念を貫いた濱口雄幸の政治姿勢は政党内閣の首相としては出色であった。

史実

1870年 土佐藩足軽身分の水口胤平の三男水口雄幸(濱口雄幸)が長岡郡五台山にて出生

1889年 濱口雄幸が土佐安芸郡の豪農濱口義立の一人娘夏子の婿養子となる

1895年 濱口雄幸が帝国大学法科(東大法学部)を卒業(生涯の盟友幣原喜重郎と同級生)

詳細を見る

1895年 濱口雄幸が高等文官試験に合格し大蔵省入省

1897年 濱口雄幸が大蔵大臣官房会計課長に昇進

詳細を見る

1898年 濱口雄幸が大蔵省の上司と衝突し地方へ左遷される

詳細を見る

1902年 濱口雄幸が東京の外務省本省に復職するが傍流を歩む

詳細を見る

1904年 日露戦争開戦

詳細を見る

1905年 ポーツマス条約調印

詳細を見る

1906年 第一次西園寺公望内閣(政友会)発足、阪谷芳郎が大蔵大臣就任(松田正久と途中交代)、若槻禮次郞が大蔵次官就任

詳細を見る
もっと見る

交遊録

後藤新平 恩人
桂太郎 最初のボス
加藤高明 ボス
濱口雄幸 政党の兄貴分
河野広中 政党仲間
大浦兼武 政党仲間
尾崎行雄 政党仲間
片岡直温 不肖の仲間
床次竹二郎 政党仲間
大隈重信 傀儡首相
もっと見る