著名自分史「井上礼之」

オリジナル

井上 礼之

いのうえ のりゆき

井上 礼之

1935年~-年

70

バブル崩壊後の「失われた20年」にM&Aを軸とする先駆的中国進出と欧米市場開拓で奇跡的成長を遂げ「田舎企業ダイキン」をエアコン世界一に押上げたサラリーマン社長随一の偉材

寸評

基礎点 50点 井上礼之は、バブル崩壊後の「失われた20年」に「ダイキン工業」をエアコン世界一へ躍進させた至高のサラリーマン社長である。1924年山田晁は住友傘下に「大阪金属工業」創業、飛行機部品からフロン製造へシフトし、戦後株式上場を経て朝鮮特需の砲弾受注で蘇生、小型冷凍機用フロンで伸張し、1951年国産初のエアコンを開発し1963年ダイキン工業へ改称した。1957年同志社大学を出た井上礼之は京大農学部教授の父親のコネで大阪金属工業に就職、総務人事畑で累進し44歳で取締役となった。ダイキン工業は業務用エアコンの先駆となり土屋義夫から山田晁の長男山田稔へ承継されたが、1988年ココム違反事件とダンピング裁定で米国輸出差止めを喰い井上礼之は渦中の化学部門再建を託された。バブル崩壊で山田稔社長の多角化路線が挫折し、1994年円高と冷夏でダイキン工業は17年ぶりに赤字転落、派閥抗争に辟易した山田は井上礼之をゴボウ抜きで4代目社長に抜擢した。井上礼之は直ちに不採算部門を閉鎖しルームエアコン事業再建と中国進出に集中したが、雇用には一切手を付けず、不良社員を海外拠点で活用し人材育成に力を注いだ。井上礼之の「創造的破壊」で蘇生したダイキン工業は、中国に製販拠点を拡げ欧州各地に代理店開設、1999年ルームエアコン「うるるとさらら」のヒットで復活を遂げ、松下電器産業と包括提携を行った。井上礼之は国内外でM&Aを駆使し2006年「OYLインダストリーズ」(マレーシア)買収で売上高1兆円突破、OYL販売網を使い米国再進出を果した。2002年井上礼之は岡野幸義へ社長を譲り会長兼CEO就任、リーマンショックと粉飾決算事件で14期続いた連続増益は途絶えたが、2011年米国キャリア社を抜いてエアコン売上高世界一を達成し、2013年円安転換で業績を伸ばし株価は最高値を更新した。井上礼之の独裁下でダイキン工業の売上高は3倍に拡大し、海外販売比率15%の「田舎企業」は売上高・利益・従業員数とも海外比率7割の国際企業へ発展した。2014年79歳の井上礼之は元秘書の十河政則社長にCEOを譲ったが、取締役会長に留まり更なる海外進出へ野望を燃やす。
20点 井上礼之は創業者ではないが、1994年にバブル崩壊で傾いた「ダイキン工業」の社長を託され「失われた20年」に逆行する形で売上高を3倍増させ国際企業へ飛躍、2011年にはエアコン売上高世界一を達成し、終身雇用など「日本式経営」でもやればできることを実証した。長い円高不況下で日本の家電産業は価格競争力を失い露骨な通貨安政策を続ける韓国・中国の企業に市場シェアを奪われたが、家電一般と同じく市場成熟化・同質競争の段階にあるエアコン分野で世界市場を席巻した井上礼之の経営手腕は奇跡的といってよいだろう。中国進出やM&Aはどのメーカーもやっていることで、同業者から「田舎企業」と揶揄されたダイキン工業に特段の企画開発力や技術力があったとも思えないが、結果は歴然であり、徹底的かつ適切な「選択と集中」およびエリートとはいえない社員の奮闘を引出した井上礼之流「人本主義」の成果ということだろう。井上礼之のダイキン工業はオフィスビル建築ラッシュの中国に経営資源を集中し業務用エアコンの現地生産とオンライン空調管理・ビルメンなどの付加サービスで市場開拓に成功したが、国内雇用を守るべく「世界一の亀山工場」を建てて高付加価値の大型液晶に集中し事実上破綻したシャープとは対照的であり、トップ以下社員のフットワークが決定的に明暗を分ける結果となった。

史実

1935年 京都帝国大学農学部教授の井上吉之の嫡子井上礼之が京都市にて出生

1936年 二・二六事件

詳細を見る

1936年 広田弘毅内閣(外務官僚)発足~軍国主義化が一気に加速

詳細を見る

1936年 日独防共協定調印

詳細を見る

1936年 広田弘毅内閣が「北守南進政策」を決定

詳細を見る

1936年 ワシントン・ロンドン海軍軍縮条約廃棄

詳細を見る

1937年 第一次近衛文麿内閣(公家・外相広田弘毅)発足~亡国の貴公子登場

詳細を見る

1937年 盧溝橋事件で日中戦争が始まる

詳細を見る

1937年 近衛文麿内閣の増派決定で日中戦争拡大

詳細を見る

1937年 第二次国共合作成立

詳細を見る
もっと見る

交遊録

山田晁 ダイキン工業創業者
山田稔 ダイキン工業2代目・社長大抜擢の恩人
北井啓之 後継候補の一の子分だが腎臓病でリタイア
岡野幸義 一応社長
十河政則 一応社長
池渕浩介 尊敬するトヨタから招聘
高橋基人 中国市場開拓の功労者
松下幸之助 松下電器創業者
井植歳男 三洋電機創業者
早川徳次 シャープ創業者
もっと見る