著名自分史「鈴木修」

オリジナル

鈴木 修

すずき おさむ

鈴木 修

1930年~-年

60

GMとの提携で技術力不足をカバーしつつ軽自動車特化で国内市場を制覇したニッチ戦略の名手、大手不在の後進国で先行しインド市場の過半を制した「スズキ」の入婿社長

寸評

基礎点 60点 1909年ホンダと同じ浜松の地にトヨタと同じ動力織機で創業した「スズキ」は、戦後株式上場を経て小型バイクで自動車製造へ転換、1962年発売の「スズキ・フロンテ」で躍進し1973年から2006年まで軽自動車販売日本一の座を占めた。鈴木修は、中央大学法学部から地銀へ進み1958年鈴木俊三社長の長女(創業者の孫娘)の婿養子となり「鈴木自動車工業」入社、1978年経営難のなか4代目社長に就任すると、自動車排ガス規制に伴うリストラと軽自動車への集中戦略を断行、翌年発売の「スズキアルト」で成長軌道を回復した。鈴木修はGMとの資本提携に踏切り「いい師匠」を得て技術力不足を挽回、主戦場の欧米を避けて大手不在の後進国へ乗出し1983年インド政府と合弁で「マルチ・ウドヨグ社」を設立した。現場主義者の鈴木修は「浜松の中小企業のおやじ」を貫きつつプラザ合意後の円高を受け海外展開を加速、社名をスズキに改め、パキスタン・ハンガリー・エジプト・スペイン・中国・ベトナムへ生産拠点を拡大した。インド市場の過半を制したスズキは世界で賞賛されたが、「強かな」インド政府は干渉を強め2002年鈴木修は苦渋の決断で合弁会社株式を買取り、「マルチ・スズキ・インディア」は堅調で2015年も連結経常利益の4割を占めるが予断を許さない状況が続く。一方、GMとは良好な関係が続きスズキの受入れ出資比率は20%まで上昇したが、2006年GMの経営危機で鈴木修は自社株式の買取りを余儀無くされ、同じGM傘下のスバル・いすゞ自動車はトヨタ系列に再編された。同年スズキは軽自動車日本一の座をダイハツ工業に奪われ、さらにリーマン・ショックで業績急落、2008年会長の鈴木修は8年ぶりに社長に復帰した。スズキはインド以外の新興国市場で失敗を続け現地法人の破産で米国市場撤退、GMに代るべきVWとの包括提携は解消・紛争沙汰となり、日本国内でも軽自動車増税など苦境が続くが、鈴木修は小型車のOEM供給に活路を見出し日産自動車や三菱自動車工業との取引を拡大した。業績回復を果した鈴木修は2015年長男の鈴木俊宏に社長を譲ったが、会長兼CEOに君臨しワンマン経営を続けている。

史実

1930年 岐阜県益田郡下呂町の松田家に松田修(鈴木修)が出生

1930年 豊田佐吉死去

1931年 石橋正二郎が久留米市にブリッヂストンタイヤ株式会社(現ブリヂストン)設立

詳細を見る

1931年 関東軍参謀の石原莞爾・板垣征四郎らが柳条湖事件を起し満州事変勃発

詳細を見る

1931年 朝鮮駐留軍の林銑十郎司令官が独断で越境増援、若槻禮次郞内閣が追認

詳細を見る

1931年 軍事費の急増が始まる

詳細を見る

1932年 満州国建国

詳細を見る

1932年 五・一五事件~海軍将校が武装蜂起し犬養毅首相を殺害(享年77)政党内閣が終焉

詳細を見る

1932年 満州事変後の軍拡で重工業生産が急拡大し景気がV字回復

詳細を見る

1933年 松岡洋右首席全権が国際連盟総会で脱退劇を演じ斎藤実政府は満州撤退勧告を拒否

詳細を見る
もっと見る

交遊録

鈴木道雄 養祖父・スズキ初代
鈴木俊三 婿養子の岳父・スズキ2代目
鈴木祥子
鈴木實治郎 婿養子の叔父・スズキ3代目
稲川誠一 お目付会長
齊藤佳男 お目付会長
内山久男 お目付会長
戸田昌男 暫定のスズキ5代目
津田紘 暫定のスズキ6代目
小野浩孝 娘婿
もっと見る