著名自分史「岸信介」

オリジナル

岸 信介

きし のぶすけ

岸 信介

1896年~1987年

100

戦前は満州国の統制経済を牽引し東條英機内閣の商工大臣も務めた「革新官僚」、米国要人に食込みCIAから資金援助を得つつ日米安保条約の不平等是正に挑んだ智謀抜群の「昭和の妖怪」

寸評

基礎点 80点 「謎の発病」で退陣した石橋湛山に代わり自民党総裁を引継いだ岸信介が組閣した。「昭和の妖怪」岸信介は謎が多く真意が見えにくいが、アメリカの一枚上手を行く稀有な政治家であった。戦前の岸信介は統制経済を牽引した「革新官僚」で満州国総務庁次長として「弐キ参スケ」に数えられ、東條英機内閣の商工大臣を務めたことでA級戦犯容疑で投獄された。しかし獄中で岸信介が予見した通り東西冷戦に伴うアメリカの対日政策変更で不起訴のまま釈放され、1951年公職追放解除で政界に復帰した。社会党に拒まれた岸信介は実弟の佐藤栄作を頼り自由党に入るも吉田茂の従米路線に反対し除名処分、反吉田勢力が結党した日本民主党に加わり鳩山一郎総裁・重光葵副総裁に次ぐ幹事長に就任した。一方、岸信介は米国要人にも人脈を広げ国務長官・CIA長官のダレス兄弟と親密になりアイゼンハワー大統領にも食込んだ。1955年「保守合同」に際しダレス国務長官は保守政党への財政支援を示唆しCIAから巨額の資金が供与されたが(200万ドルとも1000万ドルとも)、受取り手の中心は岸信介であった。従米派とみられた岸信介首相はアメリカの期待に応え再軍備を推進したが、「戦前の大日本帝国の栄光を取り戻す」べく日米安保条約の不平等是正に挑みアジア重視の外交政策(外交三原則)に取組んだ。アイゼンハワー大統領は「安保改定」に理解を示したが米軍とCIAは岸信介政権を危険視し、池田勇人・三木武夫ら自民党従米派と「安保闘争」の妨害で本丸の日米行政協定には踏込めずに終わった。「新安保条約」成立直後に岸信介内閣は退陣したが安保闘争も忽ち終息、「学生運動指導者らに確たる目的はなく、従米派の政治家・財界人・新聞各社が岸信介内閣打倒のために仕掛けた扇動工作」との説が説得力を持った。岸信介は新安保の有効期限を10年に区切り以降は1年前予告で破棄できる条項をねじ込み「真の独立」を次代へ託したが、佐藤栄作以後の内閣は不変更新を続ける。2015年安倍晋三内閣は「集団的自衛権」を合法化したが、祖父の岸信介が目指した双務的体裁の実質化・米軍撤退・軍事的独立への再挑戦と信じたい。
10点 岸信介は「昭和の妖怪」の渾名どおり常人には善悪の判別が難しいキャラクターだが、天才的智謀と愛国的信念の持主であったと思われる。戦前の岸信介は「革新官僚」の中心人物として統制経済を提唱し、「国家総動員体制」の陸軍統制派や「大政翼賛会」の近衛文麿首相と同志的関係にあり、東條英機内閣で商工相に補されたが、敗戦が決定的になると閣内不一致で東條内閣を退陣へ追込んだ。岸信介が満州国で行った壮大な実験的経済政策は成功を収め、戦後「傾斜生産方式」に代表される官僚主導の計画経済へ受継がれ日本復興の原動力となった。「開戦内閣」閣僚の岸信介はA級戦犯容疑で巣鴨プリズンに収監されたが、獄中にあってソ連の機関紙『プラウダ』などを入手して情報分析に励み、東西冷戦の激化に伴うアメリカの対日占領政策の変化を正確に予見していた。岸信介は『獄中日記』に「冷戦が起り始めている。このまま米国とソ連の対立が進めば、米国は自分を使いにくるだろう」と書き留め、後年「冷戦の推移は、巣鴨でのわれわれの唯一の頼みだった。これが悪くなってくれば、首を絞められずにすむだろうと思った」と述懐している。公職追放解除で政界復帰を果した岸信介は、米国要人に接近してアイゼンハワー大統領やダレス国務長官に食込み、CIAから巨額の資金援助を引出して「保守合同」を実現したが、首相に就任するとアメリカが嫌がるアジア重視の自主外交(外交三原則)を掲げ不平等安保の改定に挑戦した。猖獗を極めた「安保闘争」は岸信介内閣の総辞職で忽ち終息したが、打倒目標は日米安保条約より理解し難い岸首相個人だったのかも知れない。
10点 従米派と見られた岸信介はアメリカの期待を担って組閣したが、首相に就任すると「国際連合中心・自由主義諸国との協調・アジアの一員としての立場の堅持」という「外交三原則」を掲げ自主外交に乗出した。岸信介は首相として初めて東南アジアおよびオセアニアの諸国を歴訪し、アメリカを刺激しかねない「東南アジア開発基金構想」を提唱した。岸信介首相の歴訪で戦争賠償問題は大きく前進しインドネシア・ラオス・カンボジア・南ベトナムと相次いで賠償協定を締結し国交回復を達成、日本政府が賠償額に相当する生産物やサービスを日本企業から調達し相手国に供与する方式を採ったため日本企業の東南アジア「再進出」にも道を拓いた。また岸信介首相は国際連合中心主義を実践し1958年日本は初めて国連安全保障理事会の非常任理事国となっている。岸信介は自民党きっての「親台湾派」「親韓国派」で退陣後も頻繁に両国を訪問、満州国以来旧知の朴正煕韓国大統領と池田勇人首相の間を取持ち日韓国交回復をサポートした。なお、軍事クーデターで発足した朴正煕政権は、国家予算を上回る日本の経済援助(日韓併合で同じ国だったので戦争賠償はありえない)で韓国経済を再建し李承晩が敷いた無闇な反日原理主義を改め本来の敵である反共反北へ舵を切ったが、盧泰愚の失脚で真当な軍事政権は終わり、金泳三以後の親北政権は教育により反日をエスカレートさせ「従軍慰安婦」と「靖国参拝」に特化した朴槿恵(父朴正煕の親日政策を自己批判)の反日専門政権へ至る。

史実

1896年 山口県庁官吏(酒造業に転身)佐藤秀助の次男佐藤信介(岸信介)が吉敷郡山口町にて出生(佐藤栄作は実弟)

1898年 列強による清の植民地争奪競争が激化

詳細を見る

1902年 第一次日英同盟協約締結

詳細を見る

1904年 日露戦争開戦

詳細を見る

1905年 ポーツマス条約調印

詳細を見る

1906年 南満州に関東都督府設置

詳細を見る

1906年 南満州鉄道会社(満鉄)設立・後藤新平が初代総裁就任、アメリカの干渉が始まる

詳細を見る

1909年 アメリカが満鉄の中立化を提唱

詳細を見る

1909年 伊藤博文がハルビン駅頭で朝鮮人に射殺される(享年68)

詳細を見る

1910年 伊藤博文暗殺を機に軍部・対外硬派が韓国併合を断行、韓国統監府を朝鮮総督府に改組し軍政を敷くが民生向上により義兵運動は沈静化

詳細を見る
もっと見る

交遊録

東條英機 「弐キ参スケ」仲間・商工相として倒閣に加担
星野直樹 「弐キ参スケ」仲間
鮎川義介 同郷の遠縁で「弐キ参スケ」仲間
松岡洋右 同郷の親戚で「弐キ参スケ」仲間
石原莞爾 満州の先駆者
板垣征四郎 満州の先駆者
武藤章 暴走陸軍の謀主
田中新一 暴走陸軍の謀主
南次郎 東條派
瀬島龍三 満州人脈
もっと見る