著名自分史「吉田茂」

オリジナル

吉田 茂

よしだ しげる

吉田 茂

1878年~1967年

-20

強硬外交の「大陸派」から親英米派へ転じ戦後GHQの傀儡政権に君臨、「押付け憲法」・恒久的米軍駐留と膨大な経費負担・不平等安保条約を受容し戦後日本の従米路線を決定付けた貴族趣味の「ワンマン宰相」

寸評

基礎点 0点 吉田茂は、板垣退助の腹心竹内綱の妾腹の子で、横浜の貿易商吉田健三に入嗣し11歳で膨大な遺産を相続した。学業成績が冴えない吉田茂は学校を転々したが、学習院大学科の閉鎖に伴う無試験編入という裏口を使って東大法学部に潜り込み、28歳で外交官試験に合格した。吉田茂は中国領事など外務省の傍流を歩んだが、牧野伸顕伯爵(大久保利通の次男)の長女雪子と結婚し、岳父の威光でパリ講和会議の随員に加えられ1928年外務次官へ栄進、陸軍も顔負けの対中国強硬論で鳴らし(大陸派)幣原喜重郎・重光葵の「協調外交」と対立した。二・二六事件の直後、吉田茂は同志近衛文麿の命により広田弘毅(外交官同期の主席)の組閣に働き、本命の外相は逃したが同格の駐英大使に任じられた。駐英大使後任の重光葵は国際的に高い評価を得たが、吉田茂は貴族趣味に染まるだけで相手にされず1939年「待命」となり一線を退いた。牧野伸顕の影響もあり強硬外交から親英米派へ転じた吉田茂は、日独伊三国同盟に反対し、対米開戦後は早期講和を訴え東條英機内閣打倒に加担、1945年2月「近衛上奏文事件」に連座し憲兵隊に2ヶ月間拘置された。第二次大戦後、逮捕歴が「反軍部の勲章」となり吉田茂はウィロビー参謀第2部長から「窓口役」を仰せつかり、1954年までGHQ傀儡政権の外相・首相を占め「軍事は解体」「経済も解体」「民主化は促進」の占領政策を実行、日本国民にはGHQとの「対等」を演じ「ワンマン宰相」と畏怖された。重光葵・芦田均ら自主外交派が排除されるなか、吉田茂は日本一国を「俎板の上の鯉」の如く差出し、「押付け憲法」を受入れ、国家予算の2割を超す「戦後処理費」を献上し、講和条約と引換えに不平等な日米安保条約・行政協定を呑まされた。講和独立後も吉田茂は政権にしがみついたが、東西冷戦の本格化で日本の再軍備へ転じたアメリカに見捨てられ、再軍備・自主外交を掲げる鳩山一郎に政権を奪われた。しかし吉田茂の経済優先・外交従米路線は池田勇人・佐藤栄作・宮澤喜一らに引継がれ高度経済成長により「保守本流」に定着、アメリカが日本を「保護国」と呼ぶ状況は今も続く。
-20点 第二次大戦後の重要期に通算2616日も首相を務めた吉田茂は、極端な従米路線を採ってGHQの命じるままに日本解体政策を実行し「押付け憲法」と米軍基地問題という今なお解決を見ない重大な禍根を残した。「占領下の日本政府などというものは、あってなきがごときもの」という状況でGHQに逆らうことは難しく吉田茂が反抗しても別の人間に挿げ替えられたに違いない。しかし吉田茂と同時期に、宿敵というべき重光葵は敢然と米軍基地撤退・駐留経費負担廃止を要求して非業の死を遂げ、後任首相の鳩山一郎と石橋湛山も対米依存脱却・自主外交を推進、強かな岸信介はCIAから保守合同の資金援助を引出しつつ首相に就くと日米安保条約・行政協定の不平等是正に挑んだ。さらに「吉田学校」の後継者でも、池田勇人は「経済自主」を掲げて対中貿易の道を拓き、佐藤栄作は沖縄返還に絡む「密約」問題でアメリカを激怒させ報復の「ニクソン・ショック」に遭難している。こう考えると吉田茂の単純明快な従順さは尋常ではなく、親友の近衛文麿首相と同様、重大局面に能弁なだけの腰抜けが政権を担当すると最悪の結果を招く好例となった。日本は高度経済成長に乗りアメリカに次ぐ経済大国へ発展を遂げたが、東西冷戦に伴うアメリカ自身の都合による対日政策転換と製造業者の努力の賜物であって吉田茂とは関係無い。返す返すも、戦後日本の針路を決める重大局面で「ワンマン宰相」吉田茂が登場したことは日本人にとって最悪の不幸であった。

史実

1878年 旧土佐藩士で民権土佐派幹部(板垣退助の腹心)竹内綱の妾腹の五男竹内茂(吉田茂)が東京神田駿河台にて出生

1878年 西南戦争に呼応する立志社の策動が発覚、竹内綱(吉田茂の実父)が士籍剥奪・禁獄1年に処される

詳細を見る

1880年 国会期成同盟結成、実父の竹内綱も参加

1881年 吉田茂が旧福井藩士で横浜貿易商の吉田健三に入嗣

1881年 自由党結党、板垣退助総裁の腹心竹内綱(吉田茂の実父)も加盟

詳細を見る

1887年 保安条例、自由党の竹内綱(吉田茂の実父)が退去3年を命じられ横浜太田町の吉田健三(茂の養父)宅に寄寓

詳細を見る

1889年 大日本帝国憲法発布

詳細を見る

1889年 吉田健三が死去、養嗣子の吉田茂は11歳で50万円(現在価値で20億円)もの遺産を相続

1890年 第一回衆議院総選挙で民党が過半数を獲得、自由党の竹内綱(吉田茂の実父)も当選

詳細を見る

1894年 日清戦争勃発

詳細を見る
もっと見る

交遊録

マッカーサー 主人
ウィロビー 副主人
ケーディス 副主人の政敵
ホイットニー 副主人の政敵
トルーマン 王様だが主人の政敵
アイゼンハワー 新王様
ドッジ 市場原理主義者
ダレス 主人の政敵
グルー 戦前の米大使
クレーギー 戦前の英大使
もっと見る