著名自分史「大久保利通」

オリジナル

大久保 利通

おおくぼ としみち

大久保 利通

1830年~1878年

130

島津久光を篭絡して薩摩藩を動かし岩倉具視と結んで明治維新を達成、盟友の西郷隆盛も切捨てる非情さで内治優先・殖産興業・富国強兵の路線を敷き近代国家の礎を築いた日本史上最高の政治家

寸評

基礎点 120点 大久保利通は、強靭な意志力でシナリオを描き粘り強くキーマンを動かして明治維新を成遂げた「維新の三傑」、声望は西郷隆盛に及ばないが功績と手腕は最高である。鹿児島城下の加治屋町で3歳年長の西郷隆盛と共に育ち尊攘派グループ「精忠組」を結成、デビューは島津斉彬の懐刀として活躍した西郷に遅れたが斉彬没後は主役となった。斉彬の突然死に西郷ら同志が希望を失うなか、大久保利通は、次代を担う島津久光に目を付け趣味の囲碁を自らも習得して接近を図り、島津斉興の死で久光が実権を握ると側近に抜擢され、自ら推挙した門閥閣僚の小松帯刀と共に薩摩藩を尊攘藩に改造した。大久保利通は、我が強く統制好きな久光の下で苦労しながら公武合体運動を推進め、突出脱藩を主張する有馬新七ら精忠組急進派を命懸けの説得で抑えて挙藩一致体制を堅持、久光を説伏せて西郷隆盛の赦免を勝取り薩摩藩同志の抑え役兼他藩への周旋役に据えた。島津久光は文久のクーデターで幕府政治を改革し参預会議により宿願の公武合体を成就したが、八月十八日政変・禁門の変で長州藩を追放した徳川慶喜は専横を強め、尊攘派に恨まれた久光は憤慨して政局を放棄、藩政を託された大久保利通と西郷隆盛は長州征討に固執する幕府を見限り薩長同盟を結んで討幕路線へ転換、岩倉具視と連携して朝廷を確保し一気に王政復古、戊辰戦争、明治政府樹立を達成した。新政府での大久保利通は、ラジカルな木戸孝允と士族に同情する西郷隆盛の意見調整に腐心しつつ、欧米視察を通じて殖産興業・富国強兵の必要性を確信、明治六年政変で岩倉と共謀して西郷の征韓論を覆し反抗勢力を一掃して初代内務卿兼参議に就き独裁政権を樹立した(大久保政府)。ドライな大久保利通は、台湾出兵で薩摩士族のガス抜きを図りつつも秩禄処分を断行、全ての特権を奪われた不平士族の反乱が相次いだが断固たる姿勢で確固撃破し西南戦争で西郷と薩摩志士を処断、史上空前の内乱の渦中で不敵にも第一回内国勧業博覧会を開催したが、翌年不平士族に襲撃され落命した(紀尾井坂の変)。大久保利通の内治優先・殖産興業路線は弟子の伊藤博文と大隈重信へ引継がれた。
20点 大久保利通は、位人臣を極めたが金銭に潔癖で没後は借金しか遺さなかった。大久保が登庁すると職員が静まり返るほどの威厳があったが、公正無私な人柄で薩摩閥に固執せず伊藤博文や大隈重信らを引立てて政治的後継者を育成し、官僚機構の基礎を創った。
-10点 明治政府は財政上も治安維持上も士族特権を縮小せざるを得ず、大黒柱の大久保利通の存命中に廃刀令・秩禄処分を断行し不平士族反乱を断固鎮圧して膿を出切ったことは幸運であったが、西南戦争で有為の薩摩志士を多く喪ったことは国家的大損失であり、臨機に妥協もてきた大久保利通の政治手腕をもってすれば最悪の事態は回避できたと思われる。

史実

1830年 薩摩藩の下級藩士大久保利世の嫡子大久保利通が鹿児島にて出生、幼少期に城下の加治屋町に移住

詳細を見る

1840年 アヘン戦争(~1842)

詳細を見る

1842年 異国船打払令を緩和し薪水給付令施行

1844年 大久保利通が元服

1846年 フランスが琉球の開国を要求

1846年 大久保利通が出仕し記録所書役助に就く

1849年 お由羅騒動、斉彬派に連座した大久保利世が鬼界島へ遠島に処され嫡子の大久保利通も記録所書役助を解かれ謹慎処分

詳細を見る

1850年 薩摩藩の西郷隆盛・大久保利通らが若手藩士グループを結成(精忠組に発展)

詳細を見る

1850年 12代将軍徳川家慶・老中阿部正弘が薩摩藩主島津斉興に引退勧告

詳細を見る

1850年 井伊直亮が死去し弟の井伊直弼が15代彦根藩主に就任、藩政改革に着手し譜代筆頭として幕政に乗出す

もっと見る

交遊録

牧野伸顕 次男
島津斉彬 偉大な主君
島津久光 斉彬庶弟・良き主君
島津忠義 薩摩藩主を継いだ久光長子
黒田長溥 斉彬の大叔父で後援者
西郷隆盛 竹馬の友にして盟友
小松帯刀 良き上司
喜入摂津 大久保派
中山尚之助 大久保派
吉井友実 精忠組同志
もっと見る